東方星神録   作:あんこケース

43 / 159
不穏なタイトルですが……フランのバトル回です。

ジオウの最強フォーム見ました………ありゃチートだ……時戻すわ、ライダー呼ぶわ、ジーニアス&スイカ&ゴウラムペガサス&ガタキリバ………


あらすじ 鈴瑚とのバトルに勝った依姫。その少し前、フランは特訓中にシヴァと出会い、フードとバトルすることになる。


裏切りと絶望

第1ターン フランはシヴァの破壊神殿を配置。

 

第2ターン フードは獄海勇士スキッドメンを召喚してバーストセット。これでターンエンド。

 

第3ターンフランはシヴァの破壊神殿の効果でカードを裏向きでフィールドに置いてドローを増やした。

 

フラン「いっくよ~!配置!破壊の創界神シヴァ!効果で三枚トラッシュに置いて二つコアを置くよ!さらにムトゥードラゴンを召喚!さらに二枚ドロー!これでターンエンド。」

 

シヴァ《まずは小手調べ………》

 

フランの後ろにシヴァが現れ、フィールドには悪魔の翼をもつドラゴンが出てきた。

 

 

フード[メインステップ。チョウチンリザードを召喚。ドローして破棄。アシカモシカを召喚。コアブースト。アタックステップ。スキッドメンでアタック。]

 

フラン「ライフで受けるよ!」

 

スキッドメンが銛でライフを砕いた。

 

フード[ターンエンド。]

 

フラン「イテテ、破壊神殿の効果でドロー!メインステップ。ムリダンガムドラゴンを召喚!効果でデッキから二枚裏向きでフィールドに置いてチョウチンリザードのコアをはずすよ!」

 

フランのフィールドに紫に金色の装飾を着けたドラゴンが現れてチョウチンリザードのコアを除去した。

 

フラン「アタックステップ!ムリダンガムドラゴンでアタック!効果で手札を二枚、フィールドに置いて三枚ドロー!」

 

シヴァ《踊ってこい!ムリダンガムドラゴン!!》

 

フード[ライフで受ける。]

 

ムリガンダムドラゴンが大きな爪でライフを切り裂いた。

 

フラン「ターンエンドだよ!」

 

フード[メインステップ。マジック、ストロングドローを使用。三枚ドローして二枚破棄。獄海提督スキッドメン・アドミラルを召喚。Uトリガー、ロックオン。]

 

フィールドに青と金のイカの頭をしたアルティメットが現れた。

 

フラン「……ナヴァラサドラゴン。コストは4!」

 

フード[ヒット。ムトゥードラゴンを破壊。アタックステップ。スキッドメン・アドミラルでアタック。Uトリガー、ロックオン。]

 

フラン「ムトゥードラゴンの効果は使わないよ!………コスト6!韋駄天龍スカンダーグ!ガード!アタックはライフで受ける!」

 

アドミラルの剣がフランのライフを砕いた。

 

フード[ターンエンド。]

 

フラン「ドローステップ!………ようし、反撃だよ!メインステップはそのままで、アタックステップ!ムリダンガムドラゴンでアタック!手札を置いてドロー!そしてコストを6として扱う!

 

フラッシュタイミング!シヴァのコアをスピリットに置いて神煌臨!全てを壊す世界の破壊龍!破壊神龍ヴァルドラム!

 

シヴァ《あの気に入らねえヤツを潰しやがれ!》

 

ムリダンガムドラゴンがシヴァから出た紫のオーラに包まれて、一体の大きなドラゴンに変わる。

 

フラン「煌臨時効果でスピリット、アルティメット、ネクサス全部破壊!でも裏向きのカードが四枚以上なら私のは破壊されない!ぎゅっとして………どっか~ん!!」

 

ヴァルドラムが咆哮するとフードのフィールドがまっさらになった。

 

フラン「さらにヴァルドラムの効果!手元のカード四枚を破棄してライフも壊す!これで最後!シヴァの転神発揮!これでシヴァはスピリットとしても扱えるようになる!」

 

シヴァ《お!俺をフィニッシャーにしてくれるのか?それは良かった………あいつ、一発ぶん殴りたかったんだよ!!》

 

ヴァルドラムがビームでライフを砕いた後、シヴァがノリノリでフィールドに降りて構えた。

 

フード[ライフで受ける。]

 

ヴァルドラムがライフを一気に二つ爪で叩き割った。

 

フラン「シヴァ!!」

 

シヴァ《この………野郎がぁぁ!!!!》

 

シヴァの右ストレートが最後のライフを撃ち抜いた!

 

 

 

シヴァ《さて………どうする?》

 

フラン「弾にいさまに伝えに行く!」

 

シヴァ《伝えに行くって今、あいつの居場所知ってんのってあれは!》

 

ふと上を見たシヴァが見たのは、太古の昔、共に戦った戦友だった。

 

シヴァ《おーい!!!!ホルス!!!俺だ!!シヴァだ!!!!》

 

ホルス《ん!?おい、シヴァじゃねえか!!お前も来てたのか!?》

 

文「あややや、ホルスさま、お知り合いですか?」

 

ホルスがシヴァを文に紹介してフランにもホルスのことを説明した。フランが黒フードとバトルしたことを話すと……

 

 

ホルス《何だ、お前たちもか!俺達もなんだよ。黒フード!》

 

文「そうなると……創界神さま達を狙っているのでしょうか?」

 

シヴァ《……いやぁ、俺達はそんな簡単にはやられないし………》

 

フラン「それより、早く弾にいさまに伝えにいこ!!」

 

ホルス《ああ、そうだな。ついてこい!》

 

シヴァ《少しはスピード抑えてくれよ。ハーフボイルド》

 

ホルス《だからもう………!!》

 

その言葉と共に四人は飛び上がった。

 

 

 

 

 

 

時は戻り………依姫は永遠亭の近くまで戻って来た。すると見慣れた後ろ姿をした女性が立っていた。

 

 

依姫「え!?御姉様!?どうしてここに?」

 

アルテミス《…ああ、そう言えば兄貴に聞いたことあるわね……》

 

ヘルメス《おおお、なんと綺麗な……メアド聞いちゃまずいかな?》

 

アポローン《………待て、何か様子がおかしい。数日前の豊姫とは別人のようだ………》

 

そう言うアポローンに依姫は豊姫に尋ねた。

 

依姫「御姉様、どうされましたか?来るなら言って欲しかったです。御姉様?」

 

何も話してこない豊姫に訝しげにそう話しかけた依姫に豊姫は驚きの言葉を放った。

 

 

 

 

 

豊姫「依姫………あなたはここで死んでもらうわ。」

 

 

そう言って、紫の弾丸をぶつけようとしてきたのだ!

 

依姫「え」

 

ヘルメス《ちぃ!》

 

間一髪、ヘルメスが動いて弾丸を風で打ち消した。

 

アポローン《おい、豊姫!どういうつもりだ!?》

 

豊姫「創界神さま達はお下がりください。これは月の都の決定です。」

 

依姫「!!!!!?」

 

依姫は驚愕した。自分が愛して、守って来た月の都に裏切られた………それをよりによって実の姉から伝えられて殺されかけている…………そのショックは依姫の心を折るには十分だった。

 

アルテミス《依姫!!気をしっかり!!》

 

ヘルメス《ここは退くぞ!!捕まれ!!》

 

アポローン《ああ!ふん!》

 

アポローンが炎の矢で牽制した後、ヘルメスが四人を連れ去った。アルテミスは追ってこられないように結界を張ったようだ。

 

豊姫「………逃がしたか………まぁ、いいでしょう…………」

 

 

 

 

 

 

 




はい。ありがとうございました。


月の都の裏切りと失意のよっちゃん。ここから物語は動いていきます。次の新第二章 失意と復活 覚醒編でまた会いましょう。



次回予告 集まる創界神!弾降臨!!

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。