東方星神録   作:あんこケース

59 / 159
この前、なんとなく回したガチャでアプロディーテのシークレットが出ました…………でもウラニアー持ってないんだよなあ……


従者対従者!巫女対巫女!

 

 

 

文「さぁ!純狐選手の華麗なスピード決着の次は従者対決!十六夜 咲夜VS魂魄 妖夢!どちらが主の前で勝利を捧げることができるのか!?」

 

 

その言葉に二人はフィールドに上がる。

 

 

 

 

咲夜「そう言えば、バトルは久しぶりね。」

 

 

 

妖夢「…そうですね。手は抜きませんよ?」

 

 

 

咲夜「フフ、お嬢様や妹様の前でそんな醜態はさらせないわよ。」

 

 

レミリア「咲夜!紅魔の力を見せなさい!」

 

 

 

幽々子「よ~む~!頑張って~!!」

 

 

 

 

観客席からは二人の主が声援を送る。

 

 

 

 

 

咲夜 妖夢「「ゲートオープン!界放!!」」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1ターン 妖夢はNo.24トリプルヘビーを配置してバーストをセット。

 

 

第2ターン 咲夜はクリスタニードルと死神壬龍ジェット・ザ・リッパーを召喚。バーストもセットしたがアタックはせず、ターンエンド。

 

 

 

第3ターン 妖夢はトリプルヘビーをレベル2にあげ、丁の恐竜機ディノニク・ウォーカーを召喚。召喚時効果でデッキを五枚オープンしてその中のグロリアス・シープと白魔神を回収した。そしてそのままアタックして咲夜はライフで受けた。

 

 

 

第4ターン 咲夜は混沌の魔術師アマルディを召喚してデッキを三枚破棄。そしてトラッシュの巳の十二神皇ティアマドーを回収して、ジェット・ザ・リッパーでアタック。効果でディノニク・ウォーカーを破壊してワンドロー。妖夢はライフで受けた。これでターンエンド。

 

 

バトルは第5ターン。実況の文は紫に話しかける。

 

 

 

 

 

文「このバトルをどう見ますか?」

 

 

 

紫「咲夜のクリスタニードルは破壊時にネクサスを破壊する効果があるわ。だから妖夢はアタックがしづらくなっている。上手く手札かデッキに戻せるカードがあればいいけど…………」

 

 

 

妖夢「来た!メインステップ!己械合神マンモ・イージスをレベル2で召喚!召喚時効果で四コアを増やす!さらに白魔神を召喚して合体!

 

アタックステップ!マンモ・イージスでアタック!効果でクリスタニードルをデッキボトムに戻して回復!さらに白魔神の追撃!ジェット・ザ・リッパーを手札に!」

 

 

 

 

咲夜「………バースト発動。ダークマターの効果で一枚ドロー。そしてフラッシュ効果で白魔神を破壊。マンモ・イージスはライフよ。」

 

 

 

咲夜のバーストから紫の煙が噴き出して白魔神を破壊し、マンモ・イージスの一撃を軽減させた。

 

 

 

 

妖夢「く!ターンエンド!」

 

 

 

 

 

紫「咲夜は上手く立ち回ったわね。マンモ・イージスがレベル3でない、超重装甲を持たないうちにブレイヴを除去できたのは大きいわ。」

 

 

レミリア「流石はこの私の従者!!わ・た・し・の!」

 

 

 

 

咲夜「メインステップ。庚の水晶龍アメジスト・ドラゴン・ソニックを召喚して二枚ドロー。そして鳳凰龍フェニック・キャノンをノーコスト召喚してソニックに合体。トリプルヘビーを破壊してさらにバーストをセット。

 

アタックステップ。ソニックでアタック!」

 

 

 

水晶の鎧を纏ったドラゴンがフェニック・キャノンのエネルギーを纏って飛び出した。

 

 

妖夢「ライフで受ける!バースト発動!!そびえよ!白き要塞!我らを守る盾となれ!丑の十二神皇アバランシュ・バイソン!封印して召喚!効果でソニックをデッキボトムに!!」

 

 

 

 

妖夢のフィールドが氷河に包まれ、そこからアバランシュ・バイソンが這い出てくる。そしてアバランシュ・バイソンの砲弾がソニックをデッキボトムに返した。

 

 

 

文「これはカウンター!!上手くキースピードを出しただけでなく、上手く咲夜選手のスピリットを除去しました!」

 

 

 

咲夜「ごめんなさい。それは読めてるの。封印したのでバースト発動。古の神皇ガルダーラ!召喚時効果でコアブースト!これでターンエンドよ。」

 

 

 

咲夜のバーストが緑の光に包まれると大きな鳥が降り立った。

 

 

 

ホルス《おお!爪鳥だ!》

 

 

 

セト《へぇ!封印後のバーストか!面白いもん見た!》

 

 

幽々子「あらら~妖夢には厳しいわね~」

 

 

 

妖夢「…ええい!メインステップ!駆ける戦車!闇を砕け!未の十二神皇グロリアス・シープ!!レベル2で召喚!!

 

 

アタックステップ!グロリアス・シープでアタック!!」

 

 

 

 

妖夢のフィールドにグロリアス・シープか降り立つと、嘶きながら走り出した。

 

 

 

咲夜「確か、ブロック不能だったわね……ライフで受ける!」

 

 

グロリアス・シープの光線がライフを撃ち抜いた。

 

 

 

妖夢「……ターンエンドです………」

 

 

 

 

紫「…妖夢は上手く攻められていないわね……」

 

 

 

ヘルメス《さっき異魔神を破壊されたのが痛いね……》

 

 

 

 

咲夜「…悪いけど妖夢。このターンで終わりよ。メインステップ。神皇統率する司令官!巳の十二神皇ティアマドー!!ガルダーラとティアマドーにフェニック・キャノンを合体!

 

 

アタックステップ!ティアマドーでアタック!アタック時効果で封印!そして神軍!トラッシュと手札からウロヴォリアス・リバースを一体ずつ召喚………わかっていると思うけどライフを砕かないとブロックできないわよ?」

 

 

 

天からティアマドーが降りてくるとフェニック・キャノンがガルダーラとティアマドーに力を注いだ。さらにティアマドーが紫のビームを発射すると、妖夢のスピリットが石になり、フィールドから骨になったウロヴォリアスが二体這い出てきた。

 

 

 

妖夢「……フラッシュタイミング!マジック!デルタバリア!!ライフで受けます!!!」

 

 

 

咲夜「な!!!?弾様の……!!…ターンエンド……」

 

 

 

 

妖夢の前に三角のバリアが現れてライフが0になるのを防いだ。

 

 

 

文「妖夢選手は上手く凌ぎましたが、依然として厳しい状況です!ここからどうするのか!?」

 

 

 

妖夢「……ドローステップ!………今度は私の番です!メインステップ!幻魔神を召喚してバイソンに左合体!スピリット達をレベル3にしてアタックステップ!グロリアス・シープでアタック!効果でバイソンはアンブロッカブルに!!」

 

 

 

 

幻魔神がバイソンに力を注ぎ込み、超装甲 紫を得たことでウロヴォリアス・リバースの効果を恐れることはなくなった。

 

 

 

 

咲夜「残念。フラッシュタイミング!マジック!絶甲氷盾!アタックステップはここで終了よ。」

 

 

 

咲夜の手から氷のシールドが放たれた………が…………

 

 

 

 

アルテミス《ん~!異魔神出せたのは良かったんだけどね………》

 

 

 

妖夢「……その言葉………そのまま返します!手札の翼神機グラン・ウォーデンの効果でマンモ・イージスにソウルコア無しで煌臨!そしてマジックを打ち消す!!」

 

 

 

マンモ・イージスがグラン・ウォーデンに変わるとグラン・ウォーデンは剣で咲夜の氷のシールドを切り裂いた!

 

 

 

文「なんと!!妖夢選手!グラン・ウォーデンを仕込んでいた!!これで絶甲氷盾は無効化されます!!」

 

 

 

咲夜「嘘!ガルダーラでブロック!」

 

 

 

ガルダーラがグロリアス・シープに飛びかかったが、シープは背中の砲台からビームを出して吹き飛ばした。

 

 

 

妖夢「アバランシュ・バイソン!覚悟!!」

 

 

 

咲夜「……お嬢様………申し訳ありません………」

 

 

 

 

アバランシュ・バイソンの砲弾の嵐が襲いかかった!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文「これは大逆転!!劣勢をひっくり返して勝ったのは魂魄妖夢選手だ!!!」

 

 

 

 

咲夜「まさか、グラン・ウォーデンは読めなかったわ………」

 

 

妖夢「まあ、ピン指しでしたし……」

 

 

 

そう言って二人はフィールドの隅のベンチに戻った。そしてその隣では二人の巫女が準備を終えていた。

 

 

 

 

文「さぁさぁ!熱気も止まぬうちに次の試合です!こちらは巫女対決!!この勝利は神社の信仰に関わるぞ!!」

 

 

 

 

 

霊夢「……それは負けられないわ!」

 

早苗「…博麗神社はそれでもあんまり人は来ませんけど………」

 

 

 

そう言いながら二人はフィールドにあがって構えた。

 

 

 

 

霊夢 早苗「「ゲートオープン!界放!!」」

 

 

 

 

 

 

 

 

第1ターン 早苗は海底に眠る古代都市を配置。

 

 

 

第2ターン 霊夢はコレオンとさ迷う天空寺院を配置。

 

 

第3ターン 早苗はウバタマンと異海獣アビスシャークを召喚。アビスシャークの効果でコレオンを破壊してコアを増やした。

 

 

第4ターン 霊夢は甲獣キャノン・ピューマをレベル2で二体召喚して一体でアタック。早苗はライフで受けた。そして第5ターン。

 

 

 

早苗「メインステップ。行きます!海魔神を召喚!召喚時効果で殻人と異合をノーコスト召喚!蜂王フォン・ニード!地獄よりきたる三つ首の悪魔!戌の十二神皇グリードック!!この二体を海魔神と合体させます!」

 

 

 

 

 

早苗のフィールドが水浸しになり、そこから海魔神が浮上してくる。海魔神は青と緑に輝くと、フォン・ニードとグリードックを呼びだした。

 

 

 

 

ポセイドン《フム……青緑連鎖……我輩のデッキにも採用してみるか……》

 

 

 

 

早苗「アタックステップ!グリードックでアタックです!封印した後、強奪!相手の手札をオープンさせて、その中のマジックをこちらの効果として使います!………エンペラーフレイムの効果でキャノン・ピューマを一体破壊です!」

 

 

 

 

 

霊夢「サポートセレブレーションが無くて良かった……フラッシュでアクセル!機巧武者Eーナオマサ!このバトルでアタックステップは終了!!ライフよ!」

 

 

 

グリードックがエンペラーフレイムのカードを噛み砕いてキャノン・ピューマを炎で破壊した後、青いビームで霊夢のライフを一気に二つ砕いた。

 

 

 

早苗「ターンエンドです!!」

 

 

 

文「間一髪、防いだ霊夢選手!!ここから逆転できるか!?」

 

 

 

紫「青緑連鎖は相手の召喚時封じと横の展開速度の速さが命………さて、霊夢は………」

 

 

 

霊夢「ドローステップ……メインステップ!壬獣アクセルエッジを召喚!進化する青き炎の槍!!超・十二神皇エグゼシードF!!さ迷う天空寺院の効果でコストマイナス2で召喚!!」

 

 

 

霊夢のフィールドに青い炎を纏った神馬が降り立った。

 

 

 

 

トト《………あれが進化したと言う十二神皇か………》

 

 

 

 

 

霊夢「アタックステップ!フォーミュラーでアタック!!超封印で封印した後、最高レベルへ!!さらに炎走破!!あんたのスピリットを三体破壊してグリードックを指定アタック!!」

 

 

 

早苗「強奪は………さっきと同じですね………」

 

 

 

 

フォーミュラーがエネルギーの光線でウバタマン、アビスシャーク、フォン・ニードを破壊し、グリードックに突っ込んだ。グリードックはかわして鎖をフォーミュラーに巻き付けたが、逆に振り回されてフォーミュラーのエネルギーソードに貫かれた!

 

 

 

 

霊夢「破壊したスピリットの数だけライフをぶっ壊す!とどめよ!アクセルエッジ!!」

 

 

 

 

早苗「やっぱり無理でした~!!」

 

 

 

 

フォーミュラーが早苗のライフを一気に四点砕いた後、アクセルエッジが駆け出して、早苗のライフをうち砕いた!

 

 

 

 

 

 

文「なんと1ターンで一気にライフを奪い取った!霊夢選手の勝利!!!」

 

 

 

早苗「はぁ~弾様とのバトルが………」

 

 

 

霊夢「悪いわね……それは私よ……」

 

 

 

 

 

 

 

そう話している二人を尻目に依姫は目を閉じて静かに出番を待っていた……………

 

 

 

 

 

 

 

 

 




はい。ありがとうございました。


次はよっちゃんのバトルです。なんか久しぶりに書きます。


次回予告 青き神海賊団VS緑の十二神皇!!

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。