東方星神録   作:あんこケース

60 / 161
純狐さんのバトルは速く終わるので書くのが楽ですが、盛り上がりに欠けるのが難点です。なので今回はよっちゃんの熱い(エグい)バトルをお楽しみください。


青き神海賊団VS緑の十二神皇!!

文「さぁ!次のバトルでベスト4が決まります!!選手の二人は前に!!」

 

 

 

魔理沙「待ちくたびれたぜ!よ~やく出番だ!!」

 

 

 

依姫「………大丈夫………勝てる………」

 

 

バトルする気満々な魔理沙と対照的に緊張した顔つきの依姫。それを見てポセイドンが話しかけてきた。

 

 

ポセイドン《…依姫……バトルは航海だぞ……》

 

 

依姫「……航海……ですか?」

 

 

ポセイドンの言葉に首を傾げる依姫。

 

 

ポセイドン《…たとえ、万全の準備をしたとしても嵐は起こるし日照りが続くこともある………もう、今は考えるな!勝利と言う宝島へ向かって、ただ真っ直ぐ進むだけよ!!》

 

 

依姫「……ありがとうございます…!何か……モヤが晴れました。」

 

 

依姫は降ろしているポセイドンに感謝して、バトルフィールドの反対側に立つ魔理沙と向き合った。

 

 

魔理沙「どうした?何かぶつぶつ言ってたが?」

 

 

依姫「…ああ、すみません…霊夢とのバトルをどうするか考えていたもので………」

 

 

魔理沙「かっち~ん!へぇ!バトルの後になって後悔するなよ!!」

 

 

依姫「…航海するのは今からですよ!」

 

 

依姫 魔理沙「「ゲートオープン!界放!!」」

 

 

 

 

 

 

 

第1ターン 魔理沙はチキンナイトと白雲に茂る天翼樹を配置した。

 

 

第2ターン 依姫はゴッドシーカー神海賊バンドウスを召喚して四枚オープン。その中の創界神ポセイドンと三叉神海獣トリアイナを手札に加えて、ポセイドンをそのまま配置。対象カードは一枚だったので一個、コアを置いた。

 

 

第3ターン 魔理沙は乙騎士エウロス・ファルコンを召喚してアタック。アタック時効果でコアを増やしてバンドウスを疲労させ、依姫はライフで受けた。そしてバトルは第4ターンに入る。

 

 

文「フム!魔理沙選手はデッキ破壊を警戒しているようですね!!」

 

永琳「…どちらのスピードが速いかが勝負を分けるわね。」

 

 

紫「…………あんた、何でいるの?」

 

 

その言葉を永琳はスルーした。それを尻目に依姫はバトルを進める。

 

 

 

依姫「……よおし!メインステップ!まずはバーストをセット。神海賊団新米船長ドルフィリポス!大海を割る青い槍!三叉神海獣トリアイナ!召喚時効果でチキンナイトとエウロス・ファルコンは退~場!!」

 

 

依姫の後ろから三つ首の獣が水しぶきをあげながら飛び出してきて、ビームで魔理沙のスピリットを破壊した。

 

 

魔理沙「ぬおお!?」

 

 

依姫「アタックステップ!トリアイナ!レッツゴー!ドルフィリポスの効果で一枚破棄。さらにデッキから五枚を破棄!!そしてその中にスピリットが三枚あればコアを増やしちゃうけど…………三枚あったわね!なので一コアもらいま~す!」

 

魔理沙「やられっぱじゃ終わらないぜ!フラッシュタイミング!神速封印!緑のファンタジスタ!卯の十二神皇ミストラル・ビット!!レベル2で召喚!!トリアイナはライフで受ける!」

 

 

トリアイナが魔理沙のライフを突き砕く隣で、緑の嵐が起こってミストラル・ビットが現れた。

 

 

依姫「んん~ターンエンドですね。」

 

魔理沙「ふぇ~あっぶね!メインステップ!エウロス・ファルコンとアサシンミツカドを召喚!ミツカドの召喚時効果で創界神のコアを一つボイドへ!さらにマジックでハンドリバース!三枚ドロー!

 

アタックステップ!エウロス・ファルコンでアタック!効果でコアを増やしてドルフィリポスを疲労!」

 

 

魔理沙は黒い殻人を召喚してポセイドンのコアを減らす。さらにもう一体エウロス・ファルコンを出して攻撃させた。アタックした時の風でドルフィリポスは疲労している。

 

 

依姫「おっと!バンドウス君、ここは君に任せるわ。」

 

 

バンドウスがエウロス・ファルコンの風に吹き飛ばされた。

 

 

 

魔理沙「さらにミストラル・ビットでアタック!跳躍の効果でドルフィリポスを手札に戻してコアブースト&ライフ貫通!!」

 

依姫「いてて、ライフで受ける!」

 

 

ドルフィリポスをバウンスしたミストラル・ビットのレーザーソードがさらにライフを切り裂いた。

 

 

魔理沙「よっしゃ!ターンエンドだぜ!」

 

 

文「おおっと!魔理沙選手!ここで畳み掛けてきた!依姫選手はかなり苦しい!!」

 

 

紫「魔理沙のデッキは残り24枚……次でかなり削れなければ、きついわね……」

 

アルテミス《依姫!頑張んなさい!》

 

 

依姫「ドローステップ……ん?……お勤めありがとうございます!姐さん!メインステップ!創界神ケイ様!降臨!効果で三枚トラッシュへ送って二コアを置きます!」

 

 

ケイ《おい、何暴走族の曹長みたいに………》

 

 

ポセイドンの隣にケイが愚痴りながら現れた。

 

 

アンターク《ええ!!?ケイさん、どうして!?》

イシス《……なにやら特訓の最中に仲良くなって、ケイがダメもとでバトルの参加を頼んだらOKが出たそうよ……》

 

マナカ《ケイ~!!頑張って~!!》

 

 

創界神達が色々と言葉を叫んでいるなか、依姫は反撃体制に入る。

 

依姫「そしてドルフィリポス君をレベル2で再度召喚。アタックステップ!ドルフィリポスの効果で神海スピリットを最高レベルにア~ップ!トリアイナでアタック!まずはドルフィリポス君の効果でデッキを…………」

 

 

 

依姫がそう続けようとしたその時、魔理沙がカードを取り出していた。

 

 

魔理沙「おおっと!それはいけねえな!その効果の発揮前にマジック!アフターイメージ!このターン、私のデッキは破壊されないぜ!!トリアイナはライフだ!」

 

 

 

依姫「な!!?」

 

 

ポセイドン《ぬぅ!!》

 

 

 

ケイ《く!しまった…積んでいたか……》

 

 

魔理沙の黄色の光がフィールドを包み込み、デッキ破壊効果を全て打ち消した。その中でトリアイナはライフを削る。

 

依姫「……ターンエンド………」

 

 

文「これは魔理沙選手が一枚上手だった!アフターイメージで依姫選手のデッキ破壊を封じました!」

 

 

永琳「依姫はまだグレート・オーシャンが引けてないのが痛いわね。」

 

 

紫「あのスピリットの界放があればデッキ破壊メタに関係なくデッキを削れるけど………」

 

 

二人が言っている通り、依姫はグレート・オーシャンを引けていないのが現状だった。手札交換マジックもないので非常に辛い。

 

 

魔理沙「メインステップ!吹き荒れる台風!落ちる雷!超・十二神皇ゲイル・フェニックス・ゼファー!リザーブのコアを全部乗っけて召喚!!!」

 

 

依姫「…これが……!魔理沙のキースピリット……!!」

 

 

魔理沙のフィールドに雷と共に六枚の羽を持った鳥が降り立った。

 

 

魔理沙「アタックステップ!ゼファーでアタック!!雷飛翔の効果!一コストで回復してゼファーのコア以下のスピリットにはブロックされないぜ!!」

 

 

空から依姫のフィールドに雷が落ちてスピリット達をブロック不能にする。

 

 

文「ああッと!!?魔理沙選手が決めにかかった!依姫選手のライフは残り二つ!このアタックを凌げなければ次のミストラル・ビットの効果でライフが0になってしまうぞ!!どうするのか!?」

 

 

シヴァ《かと言ってゼファーの攻撃をブロックはできない……》

 

アレックス《マジックがあればいいけど……コアは足りるかな……》

 

魔理沙《勝った!!これで霊夢とのバトルだぜ!!》

 

 

ゼファーが依姫のライフを砕いた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

依姫「フラッシュタイミング!ケイ様の神技でバーストを条件無視で発動!セト様!お借りします!召喚!闇輝石六将砂海賊神ファラオム!このターンを強制終了!!」

 

 

ケイ《私は置物ではないぞ!!》

 

 

………かに見えたが、依姫のバーストをケイが無理矢理表にして発動させる。そこからまるでファラオのような獣の頭をしたスピリットが現れて、魔理沙のターンを強制終了させた。

 

セト《おお!ファラオム!使ってくれたか!》

 

 

スサノヲ《……随分ヒヤヒヤさせるな……》

 

 

依姫「まだ終わりません!青一色のバーストが発動したので手札の神海賊船カリュブデス号ー女神顕現ーの効果を使いますが……残念!そのまま召喚だけですね……」

 

 

魔理沙「……ん!?これって……私のターン…終わってる……?」

 

 

依姫の手札からさらに海賊船のような体にたくさんの触手を持ったスピリットも現れる。ここでようやく魔理沙はゼファーのバトル処か自分のターンが終わっていることに気がついた。

 

 

依姫「それじゃ!私のターン♪メインステップ!神海賊皇子トリトーンを召喚!効果でデッキを二枚除外!

 

アタックステップ!ドルフィリポスの効果でレベルマックス!トリアイナでアタック!」

 

 

魔理沙「まだだ!手札からアフターイメージ!これでまたこのターンは……

 

「ポセイドンの神域を発揮!アフターイメージを無効化!!」

 

…何だって!!?」

 

ポセイドン《ぬぅうぇい!!!》

 

 

魔理沙の手から放たれた黄色の光はポセイドンの三又の銛からの青い大波に呑まれて消え去った。

 

 

依姫「トリアイナの効果でこのバトルの間はデッキ破棄効果がプラス5される!トリアイナのアタック時効果で十枚!!ドルフィリポスの効果で六枚!デッキを破壊!!さらにトリトーンの効果で二枚を除外!!」

 

トリアイナ、トリトーン、そしてドルフィリポスの青いオーラが魔理沙のデッキを破壊した。

 

 

魔理沙「……ええい!!ゼファーでブロック!!」

 

ゼファーの翼とトリアイナの牙が何度も空中でぶつかる。しかしBPはゼファーが1000の差で勝っている。ゼファーの雷がトリアイナを動きを鈍らせ、トリアイナのビームもゼファーの風で弾かれる。このままゼファーがトリアイナを破壊すると思われた。しかし、依姫の手は一枚のカードを掴んでいた。

 

 

依姫「フラッシュタイミング!トリアイナに煌臨!出航せよ!青き龍皇よ!神海賊龍皇ジークフリード・エナリオス!!煌臨時効果でミストラル・ビットを破壊!!BPは16000!13000のゼファーを上回ります!!」

 

 

トリアイナが青く輝くと、そこからポセイドンと同じオーラをして、紫の三叉槍を携えた青いジークフリードが姿を見せた!エナリオスはその手にある愛槍を構えると物凄い速度で飛び回るゼファーの動きを見切って、投げつけた。ゼファーは青い龍型の水流を放ちながら飛んでくる槍に貫かれ、大爆散した!!

 

 

 

依姫「さらにトリトーンでアタック!効果で計三枚を破棄!」

 

 

 

魔理沙「まだだ!フラッシュタイミング!アクセル!蒼き蜂皇オオセイボゥ・A!!カリュブテスとドルフィリポスを疲労!!これでギリギリ持ちこたえられる!!ライフで受ける!!まぁ!減らないが…………!!?」

 

 

 

魔理沙の手からの緑の風は確かに二体を疲労させた。しかし、トリトーンがライフを砕けずに後退した後、エナリオスが青く輝いて、三叉槍を構えていた。

 

 

 

依姫「エナリオスの効果!!神海又は海賊スピリットがブロックされなかった時、デッキを五枚除外!!ターンエンド!!私達の勝ちです!!」

 

 

 

エナリオスが槍を振るって魔理沙のデッキを0にした!!

 

 

 

魔理沙「…まじか…やっちまったな……負けたか……まあ、いいや!スタートステップ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

文「またもや大逆転!!十二神皇使いを打ち破って勝利したのは綿月依姫選手!!!これでベスト4が出揃いました!!!」

 

 

 

永琳「……途中から喋ることを忘れさせたわね……」

 

 

 

魔理沙「あ~も~!!バトスピでも負けたらお前に勝てる要素ないじゃないか!!」

 

 

 

依姫「あはは……」

 

 

《……このまま、弾さまへの奥の手を温存できればいいけど……》

 

 

 

魔理沙の言葉にそんなことを考えながら苦笑いをする依姫。その二人を歓声が包み込んだ…………

 

 

 

 

 

 

 

 

豊姫「…フフフ…そうよ………依姫………そのまま戦い続けなさい……………」

 

 




はい。ありがとうございました。

このバトルでエナリオスを出すことは決めていました。しかし、デッキ破棄の調整がうまく行かず、魔理沙のミス勝ちになってしまいました………


後、この作品のデッキレシピはバトスピwiki様のデッキを参考にしておりますが、ケイのバースト強制発動→ファラオムでターン終了→カリュブデス号ー女神顕現ーの手札破棄……このコンボ考えた人は凄いですね……


そして少し前から最後に出てくる豊姫姉さん……なんか、龍騎の神崎みたいになってる……果たして目的は………?


次回予告 準決勝! 煌臨する太陽!!

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。