東方星神録   作:あんこケース
<< 前の話 次の話 >>

67 / 74
ひやっほい!!!ここからライダーネタがてんこ盛りだぁ!!!

何か、ソードアイズのオーバーレイや烈火魂のソウルドラゴンみたいに特定の条件で特殊な姿になるってカッコいいと思います。なのでこれから数話はそんな変化を書いていこうと思います。


VS邪神!夢守る赤き雷神皇!!

弾と依姫がバトルフィールドに移動した頃……

 

 

 

フラン「シヴァ!頑張って!!」

 

 

 

 

シヴァ《わかっているよ!!!》

 

 

 

 

創界神達は必死に結界を維持しようとこらえていた。そこに…………

 

 

 

ゼウス《!!!あれは!!!》

 

 

 

 

ゼウスが叫ぶと、空から何かが降ってくる……それは……とても禍々しいオーラを纏ったアルティメット達だった。するとメジェドの声が響いた。

 

 

 

 

メジェド「…ハハハ!!!お前達にはこいつらと遊んでもらおうか!!!」

 

 

 

 

白蓮「このアルティメット達は!!!?」

 

 

 

オシリス《メジェドの側近のアルティメット達だ!!先日、トトが言った戦国六武将のオリジナルでもある!!!》

 

 

ラー《ホルス!トト!そいつらを任せる!!エジットの名に懸けて、絶対にそいつらを倒せ!!》

 

 

 

ホルス トト《了解!!》

 

 

 

アンターク《私も援護します!!》

 

 

アルテミス《トト!いくわよ!!》

 

その言葉に文と隠岐奈もバトルの準備を始めた。さらに、インディーダの二人も結界からアルティメット達の退治に動き出す。

 

 

 

シヴァ《おい!ブラフマー!俺たちも行くぞ!!》

 

 

 

ブラフマー《ああ!よし!サラちゃん……じゃなかった……さとり!祭りの始まりだ!!!》

 

 

 

さとり「…全く……まぁ……私も活躍シーンが少なかったですので……やりますか!!!」

 

 

 

 

 

そう言って、さとりは青いアルティメットと向かい合う。すると、その隣に霊夢と紫も並び立った。

 

 

 

 

霊夢「あんた達ばっかり戦わせる訳にはいかないわ!!幻想郷を守るのは私の仕事よ!!」

 

 

 

紫「ふふふ…霊夢も立派になったわね……」

 

 

 

 

ゼウス《よし!博麗の巫女よ!!儂も力を貸そう!!行くぞ!アポローン!!》

 

 

 

ヘラ《さて……紫ちゃん…うちらも手伝うで……なぁ……オシリス……?》

 

 

 

 

アポローン オシリス《ええ!!?》

 

 

 

驚く二人だったが、ゼウスとヘラの決意に負けて、結界維持から離れた。そうなると…………

 

 

 

 

セト《おい!速く終わらせろよ!!!》

 

 

 

ヘルメス《こっちはキツいんだからね!!》

 

 

 

十神が結界から離れたので、残りの神々はかなりの負担になるが、気力を加奈子や神子達から分けて貰って持ちこたえた。

 

 

 

 

 

霊夢「幻想郷は……神世界は……滅ぼさせはしない!!ゲートオープン!!解放!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1ターン 霊夢は創界神ゼウスを配置してトラッシュに行った三枚中、二枚が対象だったので二コアを置いた。

 

 

 

第2ターン メジェドはバーゴイルを召喚してコアブースト。さらにバーストをセットしてターンエンド。

 

 

 

第3ターン 霊夢はアポローンを配置して一つコアを置いた。そしてサンダー・Z・ピューマを召喚。召喚時効果で三枚オープンして、その中の創星の射手リュキオースを回収した。これでターンエンド。

 

 

 

 

第4ターン メジェドは龍魔皇イビルフリードを召喚。Uトリガーはヒットしてトラッシュのコアが全て戻った。そしてバーゴイルをもう一体召喚して、イビルフリードでアタック。効果でサンダー・Z・ピューマを破壊してワンドロー。霊夢はライフで受けた。

 

 

 

そしてバトルは第5ターンである。

 

 

 

 

霊夢「メインステップ!星を駆ける射手!創星の射手リュキオースを召喚!超祈祷でゼウスとアポローンに三コアを追加!!さらに龍射撃でイビルフリードを破壊!……ターンエンド…」

 

 

 

ゼウス《うむ。いい判断だ…今は儂の神技の出番ではないな……》

 

 

アポローン《もうちょい、スピリットが増えればいいね…》

 

 

 

 

メジェド「メインステップ。無限の龍、アルティメット・ムゲンドラゴンを召喚してアタックステップ。ムゲンドラゴンでアタックだ。WUトリガー、ロックオン!」

 

 

 

分霊のメジェドのフィールドに金色の鎧を着た赤いドラゴンが現れて飛び出した。

 

 

 

霊夢「…ティグリゴレウスとレーデイア…どっちもコストは4……!」

 

 

 

メジェド「Wヒットだ。ムゲンドラゴンに赤のシンボルを二つ加える。」

 

 

 

霊夢「仕方ない!リュキオースでブロック!!」

 

 

 

リュキオースが炎の矢を放つが、ムゲンドラゴンは鎧から剣を伸ばして叩き斬るとそのままリュキオースを切り裂いた。

 

 

 

メジェド「ターンエンド。どうした?作られた英雄?」

 

 

 

ゼウス《聞くな!儂らのバトルをするぞ!!》

 

 

 

霊夢「ええ!メインステップ!コレオンを召喚。進化する青き炎槍!超・十二神皇エグゼシード・フォーミュラー!!」

 

 

 

 

アポローン《よし!十二神皇だ!》

 

 

 

霊夢のフィールドにフォーミュラーが現れる。そして霊夢はカウンターの体制に入った。

 

 

 

霊夢「アタックステップ!フォーミュラーでアタック!ゼウスの神技でエクストラターンを追加!さらに超封印からの炎走破!!バーゴイルを破壊して最高レベルでムゲンドラゴンに指定アタック!!」

 

 

 

フォーミュラーのビームがバーゴイルを破壊して、レーザーソードでムゲンドラゴンを拘束した後、フォーミュラーの角が貫いてそのままメジェドのライフを二つ砕いた。

 

 

 

 

 

霊夢「そしてライフを二つ貰うわ!これでターンエンド!そしてさらに私のターン!フォーミュラーで再度アタック!アポローンの神技でバーゴイルを破壊してワンドロー!!」

 

 

ゼウス《これでかなりのアドを稼げるぞ!!》

 

アポローン《ソイヤ!!》

 

 

 

 

ゼウスの雷がもう一度霊夢のターンを始めさせ、フォーミュラーがまた走り出す。そしてアポローンの矢がバーゴイルを破壊した。

 

 

 

メジェド「ライフで受けよう。バーストを発動!エクスティンクションウォール!ライフを増やしてアタックステップを終わらせる。」

 

 

 

氷の防御壁がメジェドのフィールドにそびえ立った。

 

 

 

 

霊夢「…く!ターンエンド……!」

 

 

 

メジェド「…ハハハ!博麗の巫女も大したことなかったな!メインステップ!全てを焼き付くす地獄の炎!世界を焦土と化す神!アルティメット召喚!獄炎の四魔卿ブラム・ザンド!!」

 

 

 

 

メジェドのフィールドの紅の柱からブラム・ザンドが現れると大きく吠えた。

 

 

 

ゼウス《ぬぅ……こいつか……!》

 

 

 

メジェド「アタックステップ!ブラム・ザンドよ!世界を焼き付くす炎を見せよ!ソウルドライブ!!発揮!!スピリットを全破壊!!さらに我がリフレッシュステップまでスピリットの召喚を封じる!!」

 

 

 

メジェドの腕がソウルコアを砕き、そこからエネルギーを得たブラム・ザンドの黒い炎がコレオンとフォーミュラーに直撃して焼き付くした。

 

 

 

霊夢「…次のターンまで!?……ライフ!!」

 

 

 

 

ブラム・ザンドの剣が霊夢のライフを壊した。

 

 

 

メジェド「ターンエンド……さぁ…どうする…?夢なき……志なき人形よ…」

 

 

 

 

アポローン《霊夢!できることをやろう!》

 

 

 

霊夢「……よし!メインステップ!アクセルでヤシウム!トラッシュからフォーミュラーを手札に!!さらにZ魔神を召喚してターンエンド!どっからでもかかって来なさい!!」

 

そう言う霊夢にメジェドは笑いながらターンを始める。

 

 

 

 

 

メジェド「ハハハ!ならお望み通りにしてやろう!メインステップ!生還者リューマン・ファルコと剣神無双リューマン・ゴッドソードを召喚!アタックステップ!ゴッドソードでアタック!効果で一枚ドロー!」

 

 

 

メジェドのフィールドに二体の竜人が現れ、ゴッドソードが炎の剣を構えて飛び出した。

 

 

 

霊夢「ライフで受けてバースト発動!!選ばれし探索者アレックスの効果でワンドローしてアタックステップを終わらせるわ!!」

 

 

 

メジェド「フン!だがゴッドソードの効果で手札のリューマン・ザ・フォーミュラーをノーコストで召喚だ!ターンエンド!」

 

 

アレックスの六色のシールドがアタックステップを終わらせたが、ゴッドソードの炎からさらに大きな竜人のアルティメットが現れた。

 

 

アポローン《大型がもう一体か……ここが正念場だな…》

 

 

 

 

 

霊夢「ドローステップ……え…このカード……」

 

 

 

 

霊夢はドローしたカードを見て驚く。するとゼウスは補足するように霊夢に言った。

 

 

 

ゼウス《おお!そいつはお前さんのリボル・ティーガの弟よ!昔の戦争の時に眷属に入ったのだ!使うといい!》

 

 

 

 

霊夢「……あんた…さっき私に夢が無いって言ったわね……ええ…無いわよ…!アリスのように完全な自立人形作りにも妖夢みたいな立派な剣士になるってのもない……でも……その夢を守ることはできるわ!!私は博麗 霊夢!!この幻想郷の守り人よ!!

 

 

 

 

メインステップ!まずは皇獣王Zを召喚してZ魔神と合体!

 

神の雷纏う神皇!夢を守る赤き寅!赤き雷神皇リボル・ティーガ・Z!!

 

こいつもZ魔神と合体よ!!」

 

 

 

ゼウス《見よ!儂の懐刀を!!》

 

 

 

 

霊夢の後ろから走ってきた寅にゼウスの雷が放たれると、赤い鎧に砲台がレールガンのようになったリボル・ティーガがフィールドに降り立った。さらに背後のZ魔神が力を注ぎ込むとリボル・ティーガの体から稲妻が迸り、鎧にも砲台が現れる。そして背中の二つの砲台が変形して一つのブラスターになった!

 

 

 

 

霊夢「アタックステップ!皇獣王Zの効果でコアを回収!!ブラスター・ティーガでアタック!!効果でゴッドソードを破壊!!

 

 

さらにアタック時効果!神砲撃!二枚オープンし、その中のZ又は鋼鉄スピリットの数だけ創界神にコアを置いてライフをぶっ飛ばす!!サンダー・Z・レオンとZフレイムだったので二つよ!!喰らいなさい!!そしてZ魔神の効果でブラム・ザンドを指定アタック!!

 

まだまだよ!神煌臨でアポローンのコアを使って、サンダー・Z・レオンを皇獣王Zに煌臨させるわ!!」

 

 

 

 

メジェド「なんだと!!?」

 

 

 

皇獣王Zがゼウスの雷でサンダー・Z・レオンに変わり、ブラスター・ティーガから強烈な砲弾が発射されてメジェドのライフが一気に二つも壊れた。

 

さらにブラスター・ティーガは砲台をビームソードにしてブラム・ザンドに斬りかかった。ブラム・ザンドは両手の大剣で受け止めたが、そこから雷を流し込まれ、麻痺してしまう。その隙を突いてブラスター・ティーガのビームソードがブラム・ザンドに突き刺さり、とてつもない衝撃波を円形に放出して破壊した!!

 

 

 

霊夢「止めよ!サンダー・Z・レオンでアタック!!アタック時効果でライフを貫通!!」

 

 

 

ゼウス《さぁ…死んで貰おうか…!!》

 

 

 

アポローン《さぁ!行け 霊夢!!》

 

 

メジェド「…まだだ……まだ私を倒せたと思うなよ……!!!」

 

 

 

サンダー・Z・レオンからミサイル状の雷が放たれた!!

 

 

 

 

 

バトルが終わってメジェドが消滅すると霊夢はゼウスに話しかけた。

 

 

 

霊夢「ねぇ……私…やっぱり…夢があったわ……」

 

 

 

ゼウス《…む?どんな夢なんだ……?》

 

 

 

 

霊夢「……単純に…この世界で…皆とどんちゃん騒ぎしていたい……そんなモンよ……」

 

 

 

その言葉にゼウスとアポローンは改めて幻想郷の暖かさを感じるのであった…………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




はい。ありがとうございました。


リボル・ティーガ・Zはファイズのブラスターフォームをイメージしました。バトスピに出ているだけでなく、色合いや砲台などの共通点が多かったので採用しました。リアルだと最近はリグ・ヴェーダを合体させて、フラッシュを挟まないでライフを砕いて来るブラスターフォームのイメージが強いです。


次回予告 VS邪神!吹き荒れる極限の風!!

オリジナルカードを使ってよいか?

  • ①いいよ OK
  • ②それはちょっと……
  • ③そちらにお任せ


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。