東方星神録   作:あんこケース

72 / 160
暁闇とは月が出てなくて、夜明け前の暗い時間帯のことです。つまり、夜明けは必ず巡ってくる……そんな意味合いも考えてタイトルにしました。


後、アンケートを実施中です。数日程で締め切りますので、意見をお願いします。


暁闇

会場

 

 

 

 

紫「今戻ったわ!状況は!?」

 

 

 

文「こちらも終わりました!!」

 

 

 

シヴァ《後はあの二人がメジェドをぶっとばせば終いだ!!》

 

 

アレックス《…こっちはかなりきつかったけど……》

 

 

紫達が会場に戻ると、創界神達はかなり疲労していたが上手くやってくれたようだ。しかし、永琳は何か考え事をしていた。

 

 

永琳「…おそらく……メジェドの狙いは眷属のアルティメット達に結界を破壊するためのエネルギーを補填させること……もうメジェド自信が本気を出せば……二人とまともにバトルをするかしら………?」

 

 

ラー《私はしないと思う。何か私達に二人を援護する方法は………》

 

その言葉に少し考えた創界神達。そしてアポローンが何かを思い付いたようだ。

 

 

アポローン《…化神のエネルギーを送るってのはどうだ!?》

 

 

イシス《賛成よ!依姫なら私達の力を扱えるから、ここからでも大丈夫ね!》

 

 

アテナ《では、全員化神を!ですがあまりそちらにエネルギーを削ぎすぎないように!!アテナイアー!!》

 

 

 

マナカ《よっしゃ!行くよ!ケイ!!》

 

 

ケイ《ああ!羽ばたけ!ヒヨク!!》

 

 

化神達が次々と光になって昇っていく。そして幻想郷メンバーは…弾と依姫の無事を祈った……………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弾「依姫…赤のアルティメット対策に少し防御を固めよう。」

 

 

 

依姫「…了解です!メインステップ。氷星獣レオザードと聖星使ジェミニックを召喚!

 

バーストをセットしてアタックステップ!レオザードでアタック!!星読でデッキをオープン!光導女神グラン・リリアなので手札に加えて回復!!」

 

 

 

 

メジェド「ライフで受けよう。」

 

 

 

疾走したレオザードがメジェドのライフを切り裂いた。

 

 

依姫「ターンエンドです!!」

 

 

メジェド「…ふふふふ……メインステップ。ドクロスリーパーを召喚。吹き荒れる嵐!虚空より現れる死神!アルティメット召喚!獄風の四魔卿ヴァンディール!!これでターンエンド。」

 

 

 

ブラム・ザンドの隣にヴァンディールが鎌を握って現れる。しかし、メジェドはまだ動かなかった。

 

 

 

弾「………何を狙って………?」

 

 

 

依姫「……メインステップ……またお願いします!その微笑みは全てを救う!!戦神乙女ヴィエルジェX!!レベル2で召喚!さらに銀河星剣グランシャリオを直接合体させます!これでターンエンド!!」

 

 

 

ヴィエルジェ《…案外…グランシャリオって重いのね……》

 

 

 

空の乙女座からヴィエルジェが現れ、銀河から降ってきたグランシャリオを手に取った。

 

 

 

 

メジェド「…ここからが地獄だ……メインステップ。ネオ・ダブルドローで手札を三枚増やす。さらにブラム・ザンドをレベル5に………

 

 

……アタックステップ!ブラム・ザンドよ!!やれ!!ここで大牙和巳の効果!!このネクサスのコアを全てボイドに送り、アタックしている邪神のソウルドライブをソウルコアを除外する事なく発動!!よって貴様のスピリットを全て破壊して次のリフレッシュステップまで召喚を封じる!!」

 

 

 

 

 

弾「ジェミニックの効果でシープ達とヴァージニア、そしてレオザードと自身は疲労状態で残る!さらにヴィエルジェの星界放を発動!!オレのコアを置くことでライフを増やしてヴィエルジェは手札に!!」

 

 

 

ヴィエルジェ《出たと思ったら……でもソウルドライブをソウルコア無しで打つのはヤバいわね………》

 

 

 

ブラム・ザンドから放たれた黒い炎はジェミニックのシールドに阻まれて半減。唯一直撃したヴィエルジェも光に包まれて手札に返っていった。しかし、依姫はブラム・ザンドの隣でヴァンディールが鎌を振り回しているのが目に入った。

 

 

 

依姫「…!まだ何か来ます!!」

 

 

メジェド「さらにブラム・ザンドの効果でヴァンディールのソウルドライブを発動!!デッキからアルティメットが三体出るまでオープン!そしてそのアルティメット達をノーコストで召喚する!!出でよ!獄海の四魔卿イル・イマージョ!獄土の四魔卿マグナマイザー!

 

そして絶望を喰らえ………我が化神!邪神皇デスピアズ!!」

 

 

 

フィールドにイル・イマージョとマグナマイザー、さらに禍々しい煙から巨大なアルティメットが現れる。とうとうメジェドが本気を出そうとしていた………

 

 

 

依姫「…!フラッシュタイミング!マジック!キャンサーシェルを使用!!弾さまのコアを四個ボイドに置いてアタックステップを終わらせます!!ブラム・ザンドはライフです!!」

 

 

 

ブラム・ザンドの大剣が依姫のライフを砕いたがその後に白い防壁がそびえ立った。

 

 

 

メジェド「ふふふふ…ターンエンド……」

 

 

 

弾「ジェミニックがいて助かった…」

 

 

依姫「弾さまの守りを固めると言う案は正しかったですね……メインステップ……でもスピリットは召喚が出来ない……ターンエンドです……」

 

 

 

メジェド「メインステップ。ブラム・ザンドをレベル3にしてヴァンディールをレベル4に、デスピアズをレベル5にあげる。アタックステップ!マグナマイザーでアタック!TUトリガー!ロックオン!!」

 

 

 

マグナマイザーが剣を振るって走り出した。

 

 

弾「…サジタリウスドロー、天星十二宮水星機アクアエリーズナー、そして天秤造神リブラ・ゴレムX……」

 

 

メジェド「ダブルヒット!相手のコアを四個とライフを一つトラッシュへ!!」

 

 

依姫「セフィロ・シープの効果でコアは一つ以下になりません!そしてバーストを発動!天蠍機動スコルビウムの効果で創界神のコアを全て外して召喚!」

 

 

 

弾「さらにフラッシュタイミング!天駆ける闇祓う光!超神光龍サジットヴルム・ノヴァ!!スコルビウムに煌臨!!煌臨時効果でイル・イマージョを破壊!!」

 

 

 

マグナマイザーの斬撃が放たれ、セフィロ・シープは緑のシールドでスピリット達を守ったが、依姫のライフは一つ砕かれた。そしてバーストからスコルビウムが現れると、弾達の後ろからサジットヴルム・ノヴァが駆けあがってスコルビウムに煌臨し、矢を放ってイル・イマージョを破壊した!しかし……………

 

メジェド「…さて……頃合いか……フラッシュタイミング!我がソウルコアを除外!!デスピアズよ!我が力を纏い、更なる姿へと進化せよ!煌臨!!邪神皇デスピアズ・ゾーク!!

 

 

 

依姫「くぅ………!!」

 

 

 

弾「…これは!?」

 

 

 

メジェドがカードをデスピアズに重ねると、バトルフィールドに衝撃波が走り、思わず依姫は後ずさる。そしてデスピアズがさらに大きく、圧倒的なオーラを放つようになっていく……そして六色の宝玉を埋め込んだ翼を広げ、真の邪神皇……デスピアズ・ゾークが煌臨した……………

 

 

 

メジェド「煌臨時効果は不発だが……我の狙いはそこではない………」

 

 

 

依姫「ぐは!!!?」

 

 

弾「依姫!!?」

 

 

 

突然、依姫の体が地面に叩きつけられた。デスピアズ・ゾークの力が強すぎて普通に立っていられなくなってしまったのだ。そして弾はバトルフィールドも壊れかけていることに気づいて声を荒げる。

 

 

 

弾「お前!まさかこれを狙って!!!」

 

 

 

メジェド「そうだ。たとえ、どれだけ強いバトラーでも立っていられないのならどうしようもあるまい。それに……ゾークの気を受ければただでは済んでいないだろう……さぁ、どうする?馬神 弾……その娘を取るか?それともこのまま放っておいてバトルを続けるか?」

 

 

 

メジェドの言葉に歯ぎしりする弾。すると、近くからアテナイアーやサンダー・Z・レオンなどの化神達のエネルギーを感じ取った。

 

 

 

弾「……!永琳達の力を感じる…そうか…皆が化神をエネルギーにして送ってくれたのか…よし!依姫!!今、オレ達の近くに集まっているエネルギーを全部体に降ろせ!!」

 

 

 

依姫は薄れる意識の中、どうにか周りの化神達を降ろし始める。すると少しずつ意識が戻り、立ち上がれるようになってきた。

 

 

依姫「…はぁ…はぁ…皆様…ありがとうございます……さぁ!まだ私は戦えます!!フラッシュタイミング!クローズドジェミニ!!直ちにバトルを終わらせてこのターンの間はライフは一つしか減りません!!」

 

マグナマイザーが黄色の光に邪魔されて何もできずに戻っていく。

 

 

 

メジェド「…この……くそ!ターンエンド!!」

 

 

 

依姫「あなたのような者に幻想郷は!神世界は滅ぼさせません!!メインステップ!師匠!使わせていただきます!赤く染まりし月よ!世界を救う希望となれ!月紅龍ストライク・ジークヴルム・サジッタ!召喚!!」

 

 

弾「裏の射手座よ!今表に現れよ!射手星鎧ブレイヴサジタリアス!!召喚!」

 

 

依姫の後ろからストライク・サジッタが現れ、さらに空に逆さまの射手座がのぼり、そこからブレイヴサジタリアスが降り立った。

 

 

依姫「ブレイヴサジタリアスの効果でこのブレイヴと合体しているスピリットはもう一体の光導ブレイヴと合体できます!!サジットヴルム・ノヴァにブレイヴサジタリアスとグランシャリオをダブル合体!!」

 

 

 

ブレイヴサジタリアスがサジットヴルム・ノヴァに吸い込まれ、グランシャリオが手に収まると依姫の体の化神達も力を与える。サジットヴルム・ノヴァの体は黄金の鎧に包まれ、各箇所にはそれぞれの化神が描かれる。そして頭部に王冠のようなアーマーが装着されたその姿はまるで最善の魔王のようだった!

 

 

 

依姫「アタックステップ!グランド・サジタリアス・ノヴァでアタック!!効果でマグナマイザーを破壊!!そして界放によりライフを三点減らします!!」

 

 

 

弾「さらにブレイヴサジタリアスのブレイヴ時効果!ヴァンディールを指定アタック!!そしてフラッシュタイミング!アクセルでグランリリアを使用!!グランド・サジタリアス・ノヴァを回復!!」

 

 

グランド・サジタリアス・ノヴァが体からジェフティック=トトのライフルを手に出現させ、ホル=アクティの風を纏わせた弾丸でメジェドのライフを三点、撃ち抜いた。

 

さらにグランド・サジタリアス・ノヴァはアテナイアーの槍とタイフォームの鎌を取り出して、マグナマイザーとヴァンディールに斬りかかった。二体は剣と鎌で受け止めたが、グランド・サジタリアス・ノヴァはジェラシックドールの糸で二体を縛り上げ、翼からセクメトゥームの光弾とアルティメット・リバース・ドラゴンの虹色のビームをゼロ距離でぶっぱなして二体を爆殺した!!

 

 

依姫「もう一度アタックです!!効果でブラム・ザンドを破壊!!そしてデスピアズ・ゾークを指定アタック!!」

 

 

グランド・サジタリアス・ノヴァがイシスターとアプロ・ウラニアーの杖から巨大な光線を放ってブラム・ザンドを破壊する。

 

そして爆煙の中をオデュッセイバーのスピードで駆け抜けて、デスピアズ・ゾークに向かっていく。ゾークは翼の宝玉から光線を放つが、グランド・サジタリアス・ノヴァはサンダー・Z・レオンの雷で打ち消していく。そしてゾークの周りを周りながらアポロヴルムとファナテック・エルクのエネルギーを弓矢に宿して連射する。

 

ゾークが連射でふらふらになった隙を見て、グランド・サジタリアス・ノヴァは大きく咆哮する。するとゾークの周りになんと他の創界神達の化神が出現した!グランド・サジタリアス・ノヴァがもう一度咆哮すると、それぞれ攻撃体制に入る。

 

 

 

アポロヴルムの炎を纏ったホル=アクティがゾークの眉間に突進した後、すぐにアテナイアーとタイフォームが両方の脇腹に槍と鎌を突き立てる。

 

グレートオーシャンがゾークの頭頂部に全体重をかけた頭突きをお見舞いして、ジェフティック=トトのライフル、アプロ・ウラニアーとイシスターの杖からの特大の砲弾が翼の付け根を撃ち抜くと、オデュッセイバーとグラン・デーヴァを咥えたユナイト・ホーンが次々と全身を切り裂いていく。

 

続いてムラクモレックスとヤマタハイドラノカミ、ヴァルドラムが同時に突撃して一体の大きな龍になり、腹に風穴を開けると、ファナテック・エルクにまたがったジェネレイタードラゴンとヒヨクの炎を両方の杖に灯したグランリリアがゾークの両肩ごと腕を破壊する。

 

ジェラシックドールとアウザールが糸と鎖を放ってゾークを拘束して、セクメトゥームとサンダー・Z・レオン、そしてリバース・ドラゴンがステンドグラス、光、雷の槍で胸をえぐりとる。

 

 

 

そしてふらふらのボドボドになったゾークにグランド・サジタリアス・ノヴァはグランシャリオを構えて飛び上がると、目の前にオリン、エジット、アマハラ、インディーダ、そしてウルの紋章が浮かび上がって通り抜けるグランド・サジタリアス・ノヴァの力を極限にまで高め、ゾークの顔のちょうど真ん中にグランシャリオを叩きつけた!!ゾークはそのまま上から下まで真っ二つに斬られ、ようやく大・爆・散・した!!!

 

 

 

 

 

 

依姫 弾「「ストライク・ジークヴルム・サジッタ!!!」」

 

 

メジェド「まさか………こんな……人間と……若輩創界神ごときに…………!!!!」

 

 

 

そう喚くメジェドに弾はいい放つ。

 

 

 

弾「まだわからないのか?人間だから…若輩創界神だからお前を倒せたんだ!!!」

 

 

 

依姫「天誅!!!!」

 

 

 

メジェドの最後のライフをめがけて飛び出したストライク・ジークヴルム・サジッタに依姫は飛び乗って、未だに出現している化神達のエネルギーを吸収して愛刀に全力のパワーを貯める。

 

そしてサジッタがメジェドに向かって炎を纏わせた爪で切り裂いて、操られていた豊姫の体を救出すると依姫はフルパワーで横一文字に両断した!!!!

 

 

 

メジェド「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゼウス《!!皆の者!!結界のヒビが!!!》

 

 

 

ゼウスの言葉に空を見上げると、結界のヒビが修復されていっている。そして空からグランド・サジタリアス・ノヴァに乗った弾とストライク・ジークヴルム・サジッタに気を失ってはいるが、無事に救出できた豊姫を抱き抱えて、笑っている依姫が降りてきた。

 

 

それを確認した創界神達と幻想郷メンバーは、ようやく一息をついてその場に座り込むのであった………………

 

 

 

 

 

 

 

 




はい。ありがとうございました。


完全に最後のゾークへの攻撃は平ジェネFOREVERですね。

実は、グランド・サジタリアス・ノヴァは当初はサジット・キング・ノヴァと言う剣のキングフォームをモチーフにする予定でした。しかし十二宮をアンデットのように鎧にすると、ジーニアス・サジットと被る&グランドジオウの能力を見たときの衝撃で急遽、こちらに変えました。化神の一斉攻撃とか……ゾークが可哀想になってきました………



さて……これで異変は解決です…しかし…まだ出てきてないあいつと宴会の風景を書いて終わりにしようと思います………


次回予告 月影と天道 天津星への願い

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。