東方星神録   作:あんこケース

77 / 163
今回はオリンの残りの創界神を書いてみます。一応、背景世界では名前だけの登場なので、少し自己解釈が入ります……


オリンの飲み会

オリン とある世界の神殿………

 

 

 

 

 

 

ゼウス《…えー……第………何回だっけ?…まぁ、いいじゃろ!飲み会だぁぁぁぁぁ!!》

 

 

 

 

うえぇぇぇぇぇぇぇぇぇい!!!!

 

 

 

 

今日はオリンで定期的に開かれる飲み会の日。そこにはオリン十二神のほとんどが集まる。今回のメンバーは……

 

 

 

ゼウス、ポセイドン、ヘラ、デメテル、アポローン、アルテミス、アテナ、アプロディーテ、ヘルメス、アレス、デュオニソス、ヘファイストス、ペルセポネである。そしてなぜかいるヘカーティアと弾……

 

 

 

ヘルメス《…あ!ハデスは忙しいから欠席だって!》

 

 

 

アレス《…またか…ああ…お前さんが馬神 弾だな?オレはアレス。一応、軍神なんだ………あんまり勝てた覚えないけど……》

 

 

 

ペルセポネ《…昔、スサノヲにぼこぼこにされてたわよね……あ、私はペルセポネです……母がご迷惑を……》

 

 

 

デュオニソス《ヘイヘーイ!少年!オレはデュオニソス!!オリンのパーティーにゃオレがいる!楽しんで行こうぜ!》

 

 

 

ヘファイストス《……あ…ヘファイストスだ……あまり…喋るのは…得意じゃないんだ……よろしく……》

 

 

 

……慣れって怖いな……弾は創界神はだいたいこんな感じだと分かっていたので、もう戸惑うことはなかった。そして、全員がジョッキを一飲みした時、アプロディーテが話し出す。

 

 

 

アプロディーテ《はいはーい!たぶん、知らない人もいるので、改めて発表しまーす!なんと………!!アテナに男が出来ました~!!!!》

 

 

 

…当然、知らない創界神は耳を疑った。

 

 

 

アレス《……あれ?今日ってエイプリルフールだっけ?》

 

 

ヘファイストス《……マジ……?》

 

 

 

デュオニソス《……酔いが覚めた……》

 

 

 

ペルセポネ《……まさか…私と同じように…誰かに強引に……♥️》

 

 

 

デメテル《マジで!!?どこの誰と付き合うてるん!?》

 

 

 

アテナ《違います!》

 

 

 

アプロディーテの言葉に慌てて否定するアテナだったが、顔が赤くなっているので、誤魔化しきれていない。他の面子はウンウンと頷いている。

 

 

 

ヘカーティア《…実はね!まだそいつには告ってはないんだけど、いい感じよん!》

 

 

 

アポローン《…いや…いい感じか……?》

 

 

ヘルメス《正確には、まだ付き合ってはなくて、片思いでアタック中……そんな感じだよ…》

 

 

 

ペルセポネ《はい!アプロディーテさん!馴れ初めを聞きたいです!!》

 

 

 

アテナ《やめなさい!それよりも、アルテミスの眠らせた男の方が面白いでしょう!!》

 

 

 

アルテミス《ブッッッッッッッ!!?》

 

 

……流石知恵の女神……手早く生け贄を用意した……アルテミスは突然の不意打ちに吹き出したが………

 

 

 

 

ゼウス《いや、それは皆知っとるやつだぞ……》

 

 

 

ヘラ《もう、そのネタの賞味期限は切れてるわ。》

 

 

 

弾「……悪い…オレも知ってる……」

 

 

 

アルテミス《ぬえぇぇぇぇぇぇぇぇ!!やっぱり!!!?ポセイドンの冗談だと思ってたのにいぃぃぃぃぃ!!!》

 

 

アポローン《おお…妹よ…そんなアルテミスもかわい……っっっっっっ!》

 

ヘファイストス《…シスコン…ダメ…絶対…》

 

 

……知恵の女神の策…失敗……発狂しながら頭を抱えるアルテミスと、それに興奮したアポローンの爪先をおもいっきり踏みつけたヘファイストス。予定とはずれたが、このまま話が有耶無耶になってくれれば………だがアテナのそんな願いは叶わなかった……

 

 

 

デュオニソス《…ゴクゴク……ぷっはぁー!んで!?オレさまはアテナが惚れている男ってのに興味があるぜ!もしかしてこの少年とかかい!?》

 

 

ポセイドン《正解だ!デュオニソス!だからこそ、弾を今回の飲み会に誘ったのだ!!》

 

 

 

アテナ《……な…そ…そんなこと……》

 

 

 

デュオニソスがアルコールでテンションを取り戻して言い放った一言……それに対するアテナの反応で全員が理解した。さらにヘカーティアが追い討ちをかける……

 

 

 

 

ヘカーティア《…はーい!ここに証拠写真がありまーす!!》

 

 

 

ペルセポネ《おお!準備が良いわ!!ヘカテー!!》

 

 

 

アテナ《…な!!!?》

 

 

 

 

そう言ってヘカーティアは何枚かの写真を取り出した。ちなみにこの写真を撮った某烏天狗は「あややややや!!」と笑っていることだろう…………

 

 

 

 

アプロディーテ《…あら~これは人里で腕を組んで歩いている写真ねぇ~……普段のアテナとは全く違うわ……》

 

 

デメテル《………お!こっちは食事中の写真やね!…そんなアホな…アテナがあーんしとる……!!( ; ロ)゚ ゚》

 

 

 

アレス《……これ……完全に…アテナが服…選んで貰ってるよな…》

 

 

 

ヘルメス《…ちなみに弾……これ全部…本当だよね…?》

 

 

 

弾「……コクン……」

 

 

 

…今明かされる驚愕の真実……静かにジョッキを飲みながら頷いた弾に、知っていた連中も知らなかった連中もワイワイと騒ぎ始めた………

 

 

 

そしてそこからは、弾に質問が飛び交った。やれどこまで進んだ…やれどうやって口説いた……弾が諦めて事情を話すと……

 

 

 

ペルセポネ《…ロマンチック……アテナさんにとって……弾君は白馬の王子様ね……私も夫との出逢いを思い出すわ……》

 

 

デメテル《…うちはまだ認めておらんからね!!》

 

 

 

ヘラ《そろそろ、認めてあげたらどうや…?》

 

 

 

アプロディーテ《…でもライバルは多いわよ……今のうちにゼウスに挨拶でもしたら?》

 

そう話している女神陣に、男連中はさすがに聞きづらくなったのか、静かになったが…ようやく発狂から復帰したアルテミスが核弾頭を投下した………

 

 

 

 

アルテミス《……実は…私…見たわ……夜にアテナが弾にチューしてるの……》

 

 

 

………全員がシーンとなった………… そして…アテナからブチンという音が聞こえた気がした………

 

 

 

 

アテナ《全員……!表に出なさい!!!!》

 

 

 

ポセイドン《マズイ!!》

 

 

 

ヘファイストス《…アレス…!どうにかして…軍神だろう……!?》

 

 

 

アレス《オレ、アテナに勝ったことねぇよ!!!》

 

 

 

……流石のアテナでもここまで言われたら、ぶちギレるだろう……後少しでアテナイアーを出現させようとしたその時!!

 

 

 

 

弾「ちょっと待て、アテナ…!!」

 

 

 

アテナ《!!!!!?》

 

 

アテナを後ろから押さえた弾。アテナにとってこれはクリティカルヒットだった。

 

 

 

 

弾「……一流の創界神っていうのは……そんなに気が短い訳じゃないだろ?」

 

 

 

アテナ《……はい……申し訳ありません……》

 

 

 

全員驚いた。あのアテナが止まった処か…謝った……もうそこからは、その話題になることはなかった……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲み会も終盤になって、全員酔いが回ってきたころ…

 

 

 

 

アプロディーテ《…あら弾…あなた案外、お酒に強いのね……》

 

 

弾「いや…萃香や勇儀達に鍛えられたからな……」

 

 

 

ヘカーティア《…幻想郷には蟒蛇が多いからねぇ……》

 

 

 

そう言って話している三人。アポローンとアレス、ペルセポネ、そしてポセイドンは酔いつぶれてグースカ寝ている。デメテルとヘラはヘルメスとデュオニソスに、旦那やペルセポネ関係の愚痴を聞かせている……アルテミスは笑い上戸なのか大笑い中…さすがに居づらいのか、ヘファイストスはゼウスと一緒に隅でこっそり飲んでいた。

 

 

 

 

弾「……案外……創界神って……人間じみてるよな……」

 

 

 

アプロディーテ《そうよ……思考は人間と変わらない…できないこともある……それでも私達は皆の期待に答えないといけない……》

 

 

 

弾「…それでも…オレはやる…!そうあいつらに誓ったんだ…!!」

 

 

ヘカーティア《…ふふふ…全く…アテナが惚れるのもわかるわね……あら?》

 

 

 

ヘカーティアが気づくと、アテナが頭をふらふらさせていた。普段なら節度を持って飲む彼女だが、今回は色々問い詰められたこともあってか、とんでもなく飲んだようだ……そして頭が倒れる………弾の膝の上に………

 

 

 

 

弾「…!…全く……立派なのか…甘えん坊なのか……」

 

 

 

ヘカーティア《…ねぇ…アプロディーテ…今のうちに写真撮っとく?》

 

 

 

アプロディーテ《…さんせーい!》

 

 

 

 

そう言って撮った写真をネタに、またアテナが冷やかされるのはまた別のお話……………

 

 

 

 

 

 

 




はい。ありがとうございました。


新しい創界神より、アテナさまの話が中心になってしまいました……でも、この話を中心にした方が、色々と話が進むんです……


後、公式に出ている創界神達の設定は彼らのメイン話で書きます。変に公式と矛盾が出ると面倒なので。


ペルセポネ

オリンの女神の一人 デメテルの娘で冥府の女王。昔、冥府神ハデスに誘拐まがいの行動で結婚を申し込まれたが、人柄や大変な冥府の仕事をこなしている彼を見て惚れ込む。しかし、母親のデメテルが認めてくれなかったために、半分家出をしてハデスと結婚する。そのあと、時たまデメテルの元に帰っているそうな。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。