さよならティターンズ   作:フォード2

17 / 37
第16話 仲間の危機

 チャーリー中尉はマゼラアタックから放たれた攻撃で足を損傷した。中尉のジムクゥエルにザクJ型が迫りつつある。ザクは砂漠の大地を60kmで歩いている。

 

 モニターには眉間にシワをよせたチャーリー中尉が映し出された。中尉は怒りで顔が真っ赤になっている。

「マイクとチャーリーは好戦的な宇宙人を叩き潰せ」

 

「オレは後回しでいい。さっさとマゼラアタックを始末しろ」

 

 マイクは思わず突っ込みを入れたくなった。

「宇宙人じゃない。スペースノイドだよ」

 

 マゼラアタックのパイロットがスコープを覗きながら言った。

「焼夷榴弾発射。ジムをビビらせてやる」

 

 マイクは慌てふためいた。目がキョロキョロと動いている。彼は明らかに動揺していた。

「うああっ、機外温度1200度です」

 

「マイク、止まるんじゃねぇ。足を動かせ」

 

「マイク、これはナパーム弾だ。大したことない」

 

 

 マイクは横にジャンプして射線から外れた。マゼラアタックはHEAT弾を発射したが、ジムが動いたために照準を外している。

 

 

 ライアン隊長はチャーリー中尉に接近するザクJ型にジムライフルを連射した。ザクは機体を横にスライドさせているが、ザクの動きを読みきった隊長に軍配が挙がった。

 

「マゼラアタックの砲塔は旋廻できない。ホセは背後から攻撃しろ」

 

「了解しました。敵の後ろをとります」

 

 ホセはジムのスラスターを最大限に吹かし、マゼラアタックの後方に着地した。ホセは戦車のキャタピラに90mm弾を浴びせている。マゼラアタックの動きを止めようとしているのだ。

 

「隊長、敵の後ろを取りました」

 

「ホセ、でかしたぞ。今からそっちに行く」

 

 マゼラアタックはジムクゥエルの接近に即座に対応した。マゼラアタックはホセがいる方向に車両を素早く動かし、照準をジムクゥエルに合わせた。

 

「APFSDS弾装填。ジムの装甲を貫いてやる」

 

 

 ホセはコックピットの中で叫んだ。スモークによりメインモニターの視界が見えない。

 

「IRスモークのおかげで赤外線センサーが効かないぜ」

 

「しまった。マゼラアタックにロックされた」

 

 

 マイクが発した突然の提案にホセは困惑した。とても正気の行動とは思えなかったからだ。

「ホセ、ぼくがマゼラアタックに突撃する」

 

「そんな無茶なことをするな。やられるぞ」

 

「マイクは援護もなしで突撃するのか! 」

 

「隊長、自分は仲間のためなら命をかけれます」

 

 マイクは自らを奮い立たせ、マゼラアタックに正面から突貫をかけた。マイクは90mm弾を連射してマゼラアタックの車体を破壊した。戦車が帰る場所をなくしたのだ。

 

「ぼくは仲間を死なせはしない。生き残るためにあいつを倒すんだ! 」

 

 マゼラアタックは車体から分離し、砲塔だけを空中に飛行させた。ジムクゥエルは頭部の60mm機関砲を発射し、マゼラアタックを撃破した。だが、砲塔から放たれた最後の1発を食らって地面に倒れこんだ。

 

 

 ライアン小隊はジオン相手に勝利を収めた。マイクはハッチを開けて小隊に無事を知らせている。彼はマゼラアタックから食らった最後の一撃をシールドで防いでいた。

 

「隊長、ぼくは無事です。チャーリー中尉は? 」

 

「中尉はキャリフォルニアベースに戻る。ジムクゥエルを修理する必要があるからな」

 

 

 チャーリー中尉はかかとを揃え挙手の敬礼をした。

「隊長、オレは先に基地に戻ります。ご武運を」

 

「チャーリー中尉 少しでも体を休めろよ」

 

「了解しました。ライアン隊長殿」

 

 

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。