さよならティターンズ(2部完結)   作:フォード2

24 / 47
ハンバーガー回です。


第23話 マクダニエルでハンバーガーを

 宇宙世紀.0086年の7月、サラミス改級「セイロン」は月面都市フォン・ブラウンに入港した。乗組員の有給休暇を消化するためである。

 

 ホセがマイクに集合場所を確認している。マイクは黒の革ジャンに青のジーパンを着ていた。

「マイク、遅刻したら罰金1万ドルな」

 

「わかった。1時までに用事を済ませるよ」

 

「ところで、隊長と中尉はどこに行くって? 」

 

「barでビリケードとダーツをするらしい」

 

「昼間から酒かよ。中尉は酒を飲まないと生きられないのか」

 

「まるでイワンのバカみたいじゃないか。笑えるぜ」

 

 

 

 午後1時過ぎ、マイクとホセはディック鉄砲店の入り口をくくった。店内は照明がついておらず、薄暗い雰囲気を醸し出している。

 

 店長が「いらっしゃい」と2人に挨拶した。マイクは許可書を提示して欲しい商品名を告げた。

 

「小型の拳銃を探しているんだ。例えば、GLOCK19やGLOCK26のようなポケットに入る物が欲しい」

 

「お客さん、銃に詳しいね。軍人さんかい? 」

 

「ええ、まぁ」

 

 マイクは単刀直入にほしい商品を告げた。彼はグロックシリーズのような信頼性が高い拳銃を求めていた。

「GLOCK26 GenNGの在庫あります? 」

 

 店長は嬉しそうな表情で拳銃を解説していた。

「GLOCK26はオーストリア製だ。引き金を引けば9mm弾を発射できる」

 

「お客さん、GLOCK19やワルサーPPKはどうかな。どれも身を守るには最高の銃だよ」

 

 マイクはグロック26のスライドを引いて、空撃ちしながら感覚を確かめていた。

「GLOCK26の値段は? 9mm弾込みで」

 

「GLOCK26は700ドル50セントだ。装填数は10発と少ないぞ」

 

 マイクは店長の問いに「それでいい。拳銃は信頼性が一番だ」と答えた。彼はケースに入ったGLOCK26を大切そうに抱えながら店を出た。

 

 

 

 

 2人はマクダニエル・ハンバーガーで昼食を取った。マクダニエルはコロニーや月を中心に展開するハンバーガーチェーン店だ。マイクはベーコンチーズバーガー、ホセはアボガドバーガーを食っている。

 

「マクダニエルは8ドルでポテトとコーラがセットでついてくる。価格の安さが魅力的だな」

 

「テレビでもCMをバンバン流しているもんな。さすがはチェーン店だぜ」

 

「古き良き開拓時代に思いを馳せ変わらぬ味をお届けするってな」

 

「牧場で育てた牛のパティはボリュームがあっていいな」

 

 マイクは出来立てのハンバーガーにかぶりついた。たちまちにパティから肉汁があふれる。チーズが溶け込んだパティに油っこいベーコン、気分はもう最高だ。次に彼は塩が効いたポテトをむしゃむしゃとほおばった。そして塩辛くなった口にコーラを一気に流し込む。

 

 

 ホセは好物のアボカドバーガーに食らいついた。ビーフとアボカドが抜群のコンビネーションを示している。それにマヨネーズと絡めたオニオンが良いアクセントを効かしていた。ホセはアボカドに故郷のメキシコを感じた。彼にとってアボカドは思い出深い食べ物だった。

 

 

 ホセは床に置いたケースに視線をやった。そして鉄砲店に行った時から考えていた疑問を口にした。

「マイクはアメリカで拳銃を持ち歩いていたのか? 俺は持ち歩かなかったよ」

 

「アメリカは物騒な所だからね。ぼくはSIG P320コンパクトを持ち歩いていた」

 

 ホセは首を横にかしげながら言った。アメリカ系にはガバメントを使うイメージがあったからだ。

「アメリカ系は45口径にこだわると聞いていたが。イメージと違うな」

 

 マイクは笑いながら答えた。彼は45口径のガバメントが時代遅れの産物だと考えていた。

 

「それは古臭いステレオイメージ。一種の偏見だよ」

 

 

 

 

 

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。