さよならティターンズ   作:フォード2

26 / 37
第25話 ガルバルディβ 反撃に出る

 サイド4(新名称サイド6)をパトロールしていたガルバルディβに黒いゲルググが襲い掛かった。敵はゲルググだけではない。リック・ドムⅡが3機もいるのだ。

 

「リック・ドムが3機だと。ちょっと多いな」

 

「バルダ、ボルカ。いつも通りなんとかなるさ」

 

 ガルバルディβのパイロットは、モビルスーツの性能を最大限に生かして戦っている。機体の性能を生かすのも、殺すのもパイロット次第という言葉があるように。

 

 ガルバルディβは戦艦やコロニーのデブリに身を隠し、リック・ドムⅡの攻撃を凌いでいた。

リック・ドムはセンサーに反応があった場所に片っ端から口径90mmのマシンガンを叩き込んでいる。

 

 ローライは、マシンガンにマガジンを装填しているリック・ドムを狙撃した。ローライは長距離間攻撃が可能なビームライフルをドムに発射。ビームはドムの胴体に直撃し、火の玉が上がっている。

 

「見事命中。ビームライフルはレンジが効くからな」

 

 

 

 エルガー・ハウゼン中尉は、僚機がやられる瞬間を目の当たりにした。中尉は部下をこれ以上死なせないために方針を180度変えた。3人は積極的な攻勢に出ることにしたのだ。

 

「2人共、遠慮するな。ジャンジャン撃て」

 

「エルガー隊長、それでは弾薬が足らなくなります」

 

「あっちにもこっちにもティターンズがいるんだぞ! 出し惜しみをするな」

 

 エルガーはジャイアントバズーカから砲弾を次々に放った。ガルバルディβはゲルググとリック・ドムから距離を取りつつ、ビームライフルを盛んに撃っている。

 

 

 ローライ隊長は「何とかなるさ。応援が来るまで持ちこたえてやる」と意気込みを入れた。彼は部下にも目を配りつつ、敵の動きからも目を離さなかった。

 

 

 

 

 マイクとチャーリーが戦場に到着したのはちょうどその時だった。マイクはジム・ライフルを連射したが、ゲルググはビームナギナタをぐるぐると振り回し、弾丸を弾き飛ばした。

 

 

 マイクは遠距離攻撃では埒があかないと判断し、ビームサーベルを抜いて接近戦に持ち込んだ。彼はゲルググが投げ飛ばしたジャイアントバズーカを弾き飛ばした。両者のビームサーベルとビームナギナタが激しくぶつかっている。

 

「ゲルググがあればティターンズなど屁でもないわ」

 

「その声に聞き覚えがある。お前はエルガー・ハウゼンか? ぼくはアモン・マイクだ」

 

「フハハ、貴様は組織の正義を信じるティターンズの小僧か」

 

「何がおかしい。なぜ、ぼくを見て笑う」

 

「貴様は真実を何も知らないんだなぁ。30バンチコロニーの悲劇を。あれは悲しい事件だったぞ」

 

「お前は何を言っているんだ! 」とマイクは一拍置いて言った。

 

 

 チャーリー中尉が2人の会話に割り込んだ。中尉はマイクに「少尉、惑わされるな。騙されてはいけない」と断言した。。

 

 

 エルガーは舌打ちをした。いらついた表情でチャーリー中尉に斬りかかったのだ。

 

「人の話に割り込むなと親から教わらなかったのか~」

 

「しょうがないやつだな。礼儀を教えてやる」

 

エルガーは「反応が遅いんだよ」と言ってジムクゥエルのシールドを切り裂いた。チャーリーは急いでパックパックからビームサーベルを抜いた。

 

 

 

 

(第26話に続く)

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。