さよならティターンズ   作:フォード2

27 / 38
第26話 黒いゲルググ

 ライアン小隊は隊を2つに分けて戦っている。ライアンとホセはザク改、チャーリーとマイクはゲルググとリック・ドム2と交戦していた。

 

 

 ビームナギナタとビームサーベルが激しくぶつかり合っている。チャーリーとエルガーは互いの技量を認めつつ、エゴをぶつけ合っていた。

 

「ジオン残党はテロリストなんだよ! ジオン残党は! 」

 

「貴様も30バンチ事件の真実を知らないようだな。ティターンズは30バンチの住民を毒ガスで全滅させた。貴様らが1500万人を皆殺しにしたんだぞ」

 

「それは嘘の情報に決まっている。30バンチの住民は伝染病で壊滅したはずだ」

 

「事件の真実を知らないだと。知らなかったでは済まされないぞ」

 

 

 

 ザンジバルが信号弾を2発打ち上げた。撤退を知らせる合図だ。ゲルググは2機のリックドムと合流し、マイクとチャーリーの前から姿を消した。

 

 エルガー中尉はコックピットの中で「また会おうぜ。ティターンズの小僧」とつぶやいた。

 

「ユリユス、レイズナー。ザンジバルに帰るぞ」

 

「エルガー隊長、ムサイはどうするつもりですか? 」

 

「今から拾う。見捨てるわけにいかんだろう」

 

 

 

 

 

 ゲルググとジムクゥエルが戦っている頃、3隻のサラミス改級は3機のザク FZ型(ザク改)と交戦していた。ザクはMMP-80マシンガンとバズーカを構えて攻勢をかけている。

 

 角つきのザク改はザクバズーカを2本持ち、左右交互に砲弾を発射していた。隊長機のザクはバズーカを1本投げ捨てるとマシンガンに武装を持ち替えた。

 

 

 ザクの迎撃に出たジムⅡの3番機は90mm弾の直撃を浴びて爆散。2番機もバズーカを食らった衝撃でコロニーの残骸に機体をぶつけた。残るモビルスーツは1番機と4番機だけになった。

 

「ドイツ頭が来たぞ。気をつけろ」

 

 2番機のパイロットは「このポンコツめ、ビームライフルが使えるだけじゃないか! 」と悪態をついた。ジムⅡはザク改のバズーカ攻撃で片腕を損傷している。

 

 

 ジムⅡの1番機、つまりジムⅡ部隊の隊長機はジムクゥエルに応援を求めた。彼はジムⅡだけでは場を支えきれないと判断したのだ。当初の予定ではジムⅡが前衛、クゥエルが後衛を務める予定だったのだが。

 

「角つきに3番機がやられた。2番機も動けない」

 

「了解。ライアン小隊が前に出る。ジムⅡ隊は後退してくれ」

 

「承知した。ジムⅡ隊はサラミスの護衛に回る。隙をついて2番機の回収もする」

 

 

 ライアン隊長とホセはジムⅡに替わってザクに戦いを挑んだ。ザク改は機動力を生かしつつ、適度に攻撃を仕掛けている。ホセはジムライフルを連射したが、肩のシールドに攻撃を防がれてしまった。

 

「ドイツ頭め、なかなかやるな」

 

 

 ザク改は隕石を足で蹴ってさらに加速した。ジムクゥエルが後を追いかける。ザク改がMMP-80マシンガンからグレネード弾を放つ。ジムクゥエルがグレネード弾を避ける。

 

 ザク改が信号弾に気づいた。3機はバーニアを吹かして一気に離脱。2人は後を追いかけようとするが、ムサイにメガ粒子砲を浴びせられて追撃を断念。ライアン小隊はまたしてもエルガー達を取り逃がした。

 

 ザンジバルとムサイは全速力で離脱した。目指す目標はラグランジュ5の周回軌道だ。サイド4

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。