だから俺は彼女に恋をした   作:ユーカリの木

21 / 29
幕間
Interlude


 夢のような日々だった。福音の調べでも聴いているかのように幸せで、きらきらと七色に輝いている日を過ごすのは初めてだった。

 

 嬉しかった。言葉に言い表せないほど幸福だった。しかも、あたしの問題の何もかもを解決してもらって、どうすればこの感謝を伝えられるのか分からないほどだ。

 

 だから、この日々に終わりが訪れる明日が怖かった。八幡との物理的距離が離れるのが恐ろしかった。

 

 なにより、本当に自分が好かれているのか自信がなかった。

 

 本当は、あたしよりもあの二人の方が……。

 

 これはある種、強迫観念のようなもので、ふとした瞬間に心に浮かび上がってくるのだ。どうしてもそれを止められなくて、不安で胸がきゅっと締め付けられるように苦しかった。

 

 お願いだから杞憂であってほしい。きっとあたしを見ていてくれる。あたしの傍にいてくれる。ずっと、隣で歩いていてくれる。

 

 確信しているはずなのに、心のどこかが違うと囁く。

 

 だって、たった四日だから。

 

 一緒に過ごした時間が短すぎるから。

 

 信じてるのに……どうしたって嫉妬が顔を出して心にちょっかいを出してくる。

 

 お前じゃあの二人に勝てない。負担ばかりかけているお前が、どうして彼に好かれようか。彼にお前は似合わない。あの二人のほうが遥かにお似合いだ。身の程を知れ。分をわきまえろ。

 

 やめて。一番痛いところばかりを叩かないで……!

 

「八幡……」

 

 家主不在の部屋の中で、布団に包まってひとり呟く。

 

 寂しかった。いま触れたかった。いま傍にいないことがつらかった。たった一瞬でも隣にいないことが、どうしようもなく怖かった。

 

 彼がいないだけで、世界に色が無くなってしまったように感じる。目の前が絶望に満ちているようだ。

 

 こんな風になっちゃいけないと理解している。ひとりで立てるだけの力をもらった。心の平穏を保つ方法も教えてもらった。

 

 ぐっと身体の芯に力を入れる。嵐の中で必死に立ち続けるように、自分の身体を抱きしめた。

 

 不安よ吹き飛べ。

 

 川崎沙希、あんたはそれだけのものを比企谷八幡からもらったんだから。

 

 笑いなさい、不幸など感じたことがないように。

 

 喜びなさい、すべてが幸いだとでもいうように。

 

 だから、八幡……明日、聞いてほしいことがあるの。

 

 ねえ……伝えたいことがあるの。

 

 やっと、言葉にできるようになったことがあるの。

 

 想いがやっと形になったの。

 

 この大切な気持ちをあなたに届けて、同じものを返してくれるのだとしたら。

 

 あたしはきっと、誰よりも幸せになれるよ。

 

 ですから、どうかお願いします。

 

 神様。

 

 少しでいいですから、ほんの少しだけでいいから、あたしの不安を消し去る勇気を下さい。

 

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。