Parallel Worid of ZI-O -仮面ライダーピリオド-   作:楓/雪那

5 / 10
Impossible Gameを攻略せよ/2016

アナザービルドの件から数日後

 

ウォズ君から聞いたところによると、ゲイツ君とツクヨミちゃんはソウゴ君家のクジゴジ堂に居候してるらしい。

なんと学校の中までついて行って監視してるんだとさ。

2人ともしばらくは様子見のつもりらしいから当分は大丈夫かと思うけど。

 

『それお前に関しては、だろ。』

 

うん、ソウゴ君の周囲に迷惑かかろうと知った事じゃないから。

 

『お前、未来の主に対して薄情すぎないか?』

 

いやだって私れっきとした社会人だからね?いちいちあの2人に構ってクビにでもなりたくないし。

 

今日の私はクスクシエでお仕事。

そう、あのクスクシエである。

もう一度言おう、クスクシエである。

 

高校時代からこのお店でバイトさせてもらっていて、大学卒業後は晴れて正社員にしてもらえたんだよ。

 

ちなみにバイト時代は映司さんもアンクも後藤さんもいたんだけど、知っての通り皆いなくなっちゃった。

今では店長の知世子さんと私、後はバイトの比奈ちゃんしかいません。

因みに今日は中国の日。

 

他のバイト?以外にもこの店のバイトに求めるもののハードルって高いのよ?

 

 

「エミちゃーん、この小籠包とレバニラ炒めを三番テーブルさんによろしくね〜。」

「はーい!あ、比奈ちゃん一番テーブルさんの注文よろしくお願い!」

「分かりました!」

 

お昼の時間はやっぱ忙しい。三人で回していくのは大変だけど、知世子さんバイトの募集要項変えないんだもんなぁ。

 

およ?電話だ、誰だろ…ってソウゴ君じゃん。こんな忙しい時に「ゲイツを何とかして」みたいな内容だったらブチ切りしよ。

 

『いやそもそも電源落としとけよ。』

「はいもしもし、どったのソウゴ君?」

『エミさん!学校にアナザーライダーが出た!』

 

さいですか。

 

『心底どうでもよさそうだな。』

 

過去形ってことはどうせ逃げられたんでしょ?

そもそも対応ウォッチ持ってないだろうし。

 

「んで、そのアナザーライダーは何してたの?」

『…なんかエミさん、不機嫌?』

 

当たり前でしょ、こちとら仕事中だっちゅーの。

 

『俺のクラスメイトが『クリア不可能なゲーム』ってのをやってたら突然現れて、そいつに何かしたら戦わずに消えちゃったんだ。その後クラスメイトは意識が戻らなくて…』

「なんとなくだけど正体は分かったわ…きっと…」

 

そこまで言いかけた時、悲鳴が聞こえてきた。

電話を無理矢理切ってそっちに行ってみる。

…ビンゴね。

 

『あの見た目…スナイプのアナザーライダーか。』

 

そうみたいね。

紺色のボディにボロボロになったマフラー、右目はボサボサの髪の毛で隠れて口は牙がむき出し、右腕はライフルと一体化していて胸部の割れたディスプレイには『SNIPE』の文字、ヘルメットには『2016』。

アナザースナイプはお客さんの1人を襲っている。

私はすかさず背後に飛び蹴り。

 

「おっ客様‼︎当店内での暴力は禁止となっております‼︎喧嘩するなら外でどうぞ‼︎」

 

『客蹴って外に追い出そうとしている店員のセリフじゃねーぞ。』

 

いいのよ、さっきのソウゴ君の説明からしてこいつは突然現れたみたいだし。

そのまま私は変身しようとウォッチを構えるが、アナザースナイプは消えた。

 

 

 


 

 

 

アナザースナイプが消えた後、お店には比奈ちゃんが呼んだ救急車が来てアナザースナイプに襲われてた少年を聖都大学付属病院に運んで行った。

私も知世子さんに許可を取って、自分のバイクに乗って病院に行った。

案の定ソウゴ君達もいたのだが、彼らの証言と私の証言は一致していなかった。

 

ソウゴ君とゲイツ君はそれぞれ別の場所でアナザーライダーに遭遇したらしいのだが、その容姿は全く違っていた。

 

ソウゴ君があったのはピンクの髪が特徴的なアナザーライダー、十中八九エグゼイドのアナザーだろうね。

対してゲイツ君は青いボディで剣を持ったアナザーライダーに会ったと言う。スナイプ、エグゼイドと来たからきっとブレイブのアナザーライダーかな。

 

ただ三人のアナザーライダーには共通点がある。

三人とも『クリア不可能なゲーム』をプレイしていた人のみを襲っていたのだ。その周囲の人間すら襲わずに、だよ。

 

このゲームを鍵と見た三人は『天才ゲーマーM』なる人物を探しにここに来たらしい。

思わぬところで目的が一致したね。

 

『お前は単純にエグゼイド関連だから、って理由だもんな。』

 

エグゼイドの歴史が変わってるなら大我先生もこっちにいるかもしれないからね。

 

そんでもって皆は飛彩先生と接触、永夢先生はいなかったらしいけど彼の残したメモを渡してくれたらしい。

 

はい、ここまでのあらすじ説明終了!

 

「これ…何て書いてあるの?」

「ドイツ語…だね。『上上下下右左右左』…ゲームのコード、とか?」

 

書かれてあった内容通りにソウゴ君がゲームをプレイすると、突然周りがゲームエリアに変化する。

そこで待ち構えていたのは三体のアナザーゲーマーライダー。

 

「エミさん、あのアナザーライダー倒せるウォッチって持ってない?」

「残念ながらありません♪とは言え『M』が私達をここに呼び寄せたのなら一度くらいは倒しておかないとかな。」

 

彼がただの医者になったとは言え、無意味にコレを放っておくわけないしね。

 

『ZI-O!』

GEIZ!

PERIOD!

 

「「「変身!」」」

 

『KAMEN RIDER ZI-O!』

KAMEN RIDER GEIZ!

KAMEN RIDER PERIOD!

 

「ちょうど3対3だし、1人1体ずつ相手にしようか!」

「分かった!」

 

『ジカンギレード!ケン!』

ZIKAN ZAX!OH-NO!

ジカンサーベル!サ・サ・サーベル!

 

ジオウはジカンギレードを持ってアナザーエグゼイドへ、ゲイツはジカンザックスを持ってアナザーブレイブと戦い始める。

 

私もジカンサーベルという名の武器をふるってアナザースナイプと戦う。

向こうは遠距離型かと思いきや、案外近接戦もできるらしく左手の鉤爪を振るってくる。

 

ボ・ボ・ボウガン!

 

試しに距離を取ってボウガンモードに変えてみると、やはり本領は遠距離戦らしく右手のライフルを乱射してくる。私はそれを躱したりボウガンで相殺して防ぐ。

ちょっと決定打にかけるかなぁ。

 

2人の方をチラ見してみると、ジオウはアナザーエグゼイドの軽快な動きに、ゲイツは氷の上を滑りながら炎の剣で攻め立てるアナザーブレイブに苦戦している。

 

「スピード勝負のつもりか?なら乗ってやる!」

DRIVE!

Armor Time!Drive!DRIVE!

 

そう言ってゲイツはドライブアーマーを装着する。

ってか彼、他にもウォッチ持ってたのね。ひょっとして盗品?

 

私もちょっと試してみようかな

 

「ソウゴ君、これ貸したげる!」

「え⁉︎…あ、ありがとう。」

「後でちゃんと返してよ?」

 

LAZER!

ROUGH!

 

Armor Time!Level Up!LAZER!

Armor Time!CROCODILE!ROUGH!

 

ジオウは黄色で両肩にガシャットを模したものが突き刺さり、手にはタイヤ、足にはブーストブーツがついたレーザーアーマーを纏う。(毎度思うけどレーザーターボよりだよね。)

 

私は左肩にクロコダイルクラックボトルのようなものが突き刺さり、全体的にワニを彷彿とさせる紫色のアーマー、ローグアーマーを身に纏う。

 

「おぉ〜…なんかノリノリでいける気がする‼︎」

「大義の為の犠牲になりなさい♪」

 

ジオウはハイジャンプするアナザーエグゼイド目掛けて足についたブースターを噴射して取っ組みかかる。地に叩き落とされたアナザーエグゼイドは再び飛び跳ねようとするが、レーザーの力で高速移動するジオウの攻撃から抜け出せずにいる。

 

一方私の方は、ローグの強固なボディでアナザースナイプの射撃によるダメージをゼロにして突き進む。パンチのラッシュからジカンサーベルとスチームブレードでの連続攻撃で距離を取る隙を与えない。

 

「これで!」「トドメだよ♪」

 

『『『Finish Time!』』』

ヒッサツ!Time Burst!

CRITICAL!Time Break!

Crack Up!Time Impact!

 

ゲイツは両肩からタイヤをいくつも射出し攻撃、さらにそのタイヤを踏み台にした連続キックを繰り出す。

ジオウはアーマーが分離してバイクに変形し自律行動してアナザーエグゼイドを宙へ飛ばす。さらにジオウのアーマーとして戻りアナザーエグゼイドのところまで飛び出して空中蹴りを放つ。

私は勢いよく前に飛び出してアナザースナイプにキックを繰り出す。と、見せかけて両足についたクロコダイル・クランチャー・ファングがまるで噛み付くかのように挟み込み、もんのすごい捻りをかけた回し蹴りを決める。

 

三体のアナザーライダーは悲鳴を上げて変身が一時的に解除される。

 

「これで一時的な時間稼ぎはできたね…被害が増える前に『M』を探そう。」

「僕を探しているのかい?」

 

あ、宝生永夢ゥ!(条件反射)

 

「あの人が…『天才ゲーマーM』?」

「そう。彼が聖都大学付属病院小児科医、宝生永夢、そして正史での仮面ライダーエグゼイドだよ。」

「何で君が知ってるの?…ってその声、もしかしてエミさん⁉︎」

 

ああ、そういやこの世界線で私がライダーだって知るレジェンドって基本いないんだっけ。それならまぁ普通驚くか。

 

「久しぶりだね、永夢先生。思い出話に浸る前に君の後ろの人達に私達は用があるんだけど。」

「何であなたが仮面ライダーになっているのか気になるけど…あなた達がそのつもりならこれ以上やらせる訳にはいかないんだ。」

 

……ゑ?もしかしてこれ、戦闘イベント?え、嘘でしょ?嘘って言ってよ。イヤイヤマジで無理だって。だって『ハイパームテキ!』だよ⁉︎勝てる訳ないじゃない!いやいくら私が何十個ものライドウォッチを持ってるったってね勝てない相手だっているのよこんなんエボルになっても無理だって正攻法での勝ち方が『変身前に殺す』か『寿命』かくらいしかないヤツだもん無理に決まってんじゃんホントごめんなさい許して下さいヤダヤダヤダヤダヤダヤダ死にたくない死にたくない死にたくないハイパームジヒだけは勘弁して下さい

 

 

 

MIGHTY ACTION X!

 

 

 

……ん?

 

 

 

「大変身‼︎」

 

 

 

あら?

 

 

 

『ガシャット!Level Up!MIGHTY JAMP!MIGHTY KICK!MIGHTY MIGHTY ACTION!X!

 

 

 

お、舐めプかな?

 

 

 




ローグアーマー/2017

仮面ライダーローグの力を宿したアーマー

左肩にはクロコダイルクラックボトルを模したクラックボトルショルダーとなっており、ここでアーマー内を循環するヴァリュアブルゼリー・Rを生成する。
このヴァリュアブルゼリーはグリスアーマーと異なり、アーマー内を満たし攻撃を受けた時に硬化して機構弾をも防ぐ強度を誇る。その硬さはアーマーの白いひびのようなラインが最も強い。

両腕・両脚にはクロコダイル・クランチャー・ファングという刃がついており、必殺技発動時にはワニの牙のようなエネルギーとなり敵に食らいつく。
さらに両手足のデスロール・クラック・クローによるメリケンサックじみたパーツも合わせて相手に確実なダメージを与えていく。

言わずもがなライダーアーマーではトップクラスの防御性能を誇る。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。