氷柱は人生の選択肢が見える   作:だら子

11 / 15
其の十一: 「雷少年が聞いた『音』」

「明道先生が…! 明道先生が…!」

「た、炭治郎動くのやめとけって! 死んじゃうぞ!!」

「何言ってんだ紋逸!! 動かなきゃセンセーが死ぬ!!」

「だから紋逸じゃなくて俺は善逸な! ……話が逸れた!! そーじゃなくて、先生に上官命令で待機を言い渡されてるでしょ?! 『あの』明道先生が何の対策もなしに上弦と戦ってるわけないだろ!」

「でも…!!」

 

今にも飛び出しそうな炭治郎と伊之助の裾を掴み、なんとか引き止める。二人の力が強すぎてズルズルと引き摺られた。そのせいで怪我をした自分の足が痛んだが、気にすることなく必死に二人を止める。

 

(確かに炭治郎と伊之助の言うことは分かるけどさ…!!)

 

あの上弦の参は驚くほどに強い。今まで聞いたことのないくらいの『強者の音』がした。自分の手がガクガク震えるし、鼻水が出てくるし、直ぐにでも逃げたいほど恐ろしい。だが、逃げるわけにはいかなかった。ここには二百人にも及ぶ乗客がいる。弱くて情けない俺だけど、民間人を見捨てることだけはできなかった。

 

(まあ、今の俺の実力じゃあ上弦には敵わないから何言ってんだって話だけども!!)

 

それでも炭治郎や伊之助の言う通り、明道ゆき先生の下へ走るべきだ。彼女の隣に立ち、あの上弦の参に斬りかかるべきだ。理由は簡単。『柱』である明道先生が今の俺達の生命線だからである。彼女が死んだ瞬間、乗客と俺達の生存率がガクッと下がる可能性が高かった。故に、現在の『先生一人に上弦を任せて俺達は観戦』という状況はどう考えても得策ではない。

 

(けど、けど! あの人は言ったんだ!)

 

「待機。上官命令です」って。

 

普通ならそんな言葉は無視して助けに入った方がいいに決まっている。自身の足がすくんで怖くても泣き叫んでも力を振り絞って戦うべきだ。そうでなければ明道先生が、乗客が、死んでしまう。

 

(でも、できない。明道先生は俺達の助けを望んでいない)

 

――――俺が、俺達が弱いから。足手まといになるからあの人はこちらに『待機命令』を出したんだ。それを自覚して死ぬほど歯痒かった。勿論、俺達に明道先生は乗客の命を任せてくれている部分もあるのだろう。だけど、一番の理由はきっと俺達の『弱さ』だ。

 

(アーッ!! ほんと頭痛い!!)

 

色々考えて俺は頭を掻きむしりたい気持ちになる。炭治郎と伊之助の服を掴んでいなければ、実際にグシャグシャと髪を掻き混ぜていたと思う。

 

(もぉおぉ嫌だよォ! 何で俺がこんなこと考えなきゃいけないわけ?! 上弦なんかと遭遇しなきゃいけないわけ?! ふっっざけんなよ!!)

 

自分の境遇にブチ切れそうになる。今の危機的に咽び泣きたい。しかし、そんなことをすれば戦えるものも戦えなくなるのでグッと抑さえた。拳に力を入れながら、スッと面を上げる。視線の先には明道先生がいた。彼女は切られた左腕を止血することもできないまま、もう一方の腕の方を上弦に掴まれている。その姿を見て、ギリギリと歯を噛み締めた。情けない。自分が情けない。弱い自分が情けない。何故、俺はいつもこうなんだろう。颯爽と助けられるほどの力がないんだろう。俺は自分が一番嫌いだ。

 

(どうしたら、どうしたらいいんだろう…。考えろ、考えるんだ我妻善逸…!!)

 

ぐるぐると頭を回転させながら明道ゆき先生のことを考える。先生の言った通りこのまま「待機」で本当に大丈夫なのだろうか。明道ゆき先生を助けなくていいのだろうか。先生の死がもうそこまで差し迫っている。助太刀に入らなくては明道先生が殺されて…………ああもう!! これだから俺はこの人が苦手なんだよ!! はっきりと作戦内容を伝えてくれない! 明道先生は「敵を騙すなら味方から」と言って大事なことを教えないから凄く嫌だ。

 

―――実を言うと、俺、我妻善逸は氷柱・明道ゆきが苦手である。

 

理由は三つあった。まず一つ目の理由は『明道先生の見た目と中身がチグハグすぎて怖い』からだ。あの人からはいつも沢山の感情の『音』がする。喜びと幸せな音が聞こえたかと思えば、直ぐに絶望と悲しみ、怒りの音が鳴り響くのだ。加えてその『音』がまるで一人で音楽会を開いているかのような爆音ときた。ありえないほど煩かったのだ。まあ、そこまでならまだいい。感情が煩い人っていうのは稀にいるからだ。

 

でも、明道ゆき先生は他とはちょっと違った。

 

強烈な感情の『音』をさせておきながら表面上のあの人は常に穏やかだったのだ。「感情? いつも変わりありませんよ」みたいな表情を涼やかに浮かべるのである。情緒不安定すぎる内面と、それに相反する顔を見て、俺はこう思った。

 

「えっ怖っ近寄らないでおこ…」

 

いや、だって仕方がないじゃん。誰だってこうなると思うぞ。しかもあの人、激しい感情の『音』のせいで何を考えているかまるで分からないしさ。炭治郎曰く「自分の考えを分からせないためにわざと感情をごちゃごちゃにしてるんだと思う」らしい。それを聞いて余計に先生には近づくまいと思った。鬼殺隊最高位を戴くような人間は、やっぱりヤベー奴しかいないんだろう。絶対無理。怖すぎ。

 

(まあ、炭治郎は何故かどんどんと明道先生へ話しかけていたけど…)

 

炭治郎は俺と同じように『匂い』で明道先生の内面に気が付いているはずだ。それなのにも関わらず炭治郎は恐れず、怖がりもせず、先生に近づいていったのである。流石のあれには戦慄した。とんでもねえ炭治郎だ。やべえ炭治郎だ。なんてやつなんだ。あいつは本当にすげえよ…。

 

近づくのを躊躇うほど感情と表情が一致しない女の人。

それが氷柱・明道ゆきに自分が一番最初に抱いた印象であり、彼女を苦手な理由の一つだった。

 

 

――――次に、二つ目の理由は『明道ゆき先生が厳しすぎる』からである。

 

もう本当にあの人厳しいの。厳しすぎて吐くくらい厳しいわけ。明道先生本人は何もしないでニコニコ笑ってるだけなんだけど、彼女の下に就いている人達が怖かった。氷柱邸での研修はあまり思い出したくない。色々な教師達がギュッギュッと知識を詰めてくるだけではなく、日夜、鍛錬鍛錬鍛錬の繰り返し。逃げようとしたら直ぐに教師の一人に捕まえられて訓練の量を増やされた時は泣くかと思った。

 

(特に真菰さんが厳しかったな…。めちゃくちゃ可愛かったから幸せでもあったけど…)

 

炭治郎の姉弟子であり、明道先生の継子でもある超絶美人の真菰さん。最初に顔を合わせたときは可愛すぎて「結婚!!」の文字しか浮かばなかったくらいだ。それほどまでに美しい女の人だった。

 

まあ、手合わせでボコボコにされるんだけど!!

 

炭治郎の姉弟子なだけあって死ぬほど強かった。可愛い顔に反して攻撃が本当にエゲつないの。俺、真面目に死ぬかと思ったもん。しかも、真菰さんは座学の授業でも厳しく、嫌がる伊之助を椅子に座らせて筆を取らせた猛者である。あの一件以来、伊之助は真菰さんと明道先生だけは「マコモサン」「アケミチセンセー」と呼ぶようになったほどだ。

 

余談だが、あの後、明道先生にこの『真菰さん事件』を言ったんだが、微笑まれるだけで終わった。その笑みを見て、「アッそうだこの人がこの研修の監督だった。俺を地獄へ突き落とした張本人じゃん…」と気がついて心が痛かったものである。

 

この厳しさが俺にとっては非常に辛く、明道先生が苦手になる要因の一つだった。

 

 

――――最後の三つ目は、さっき言ったように『先生は大事なことを全く言ってくれない』だ。あの人は頭脳の明晰さだけで柱にのし上がった異例の剣士らしい。彼女の立てる作戦は最早未来予知の域に達しており、氷柱隊の生還率は常に八割を超えるとか。その話を聞いて俺は妙に納得したものだ。『明道ゆき』からは蝶屋敷にいた蟲柱・胡蝶しのぶさんみたいな強者の『音』がしなかったため、「どうやってこの人は柱になったんだろ」と不思議に思っていたからである。

 

(その噂を聞いていたから最初は「内面と外見がチグハグで関わりたくない人だけど、生き残りやすい氷柱の下に研修に行けて良かった!」と思ってたんだけどな…)

 

確かに生き残れたよ。実践研修では怪我の一つもなかったし、周りが鬼を直ぐに切ってくれるし、通常よりも任務が早く終わって万々歳だったよ。きっと普段の俺なら「やっぱり氷柱部隊の研修に来れてよかった! 最高!」と考えてたと思う。でも、俺は素直に喜べなかった。

 

明道ゆき先生の無茶振りのせいでな!!

 

明道先生は事前に作戦内容は伝えてくれるのだが、その途中途中に予期せぬ事件を起こしやがるのだ。

例えば「向こう側に鬼がいる『音』がするけど、確かあっちは他部隊が対処してくれるから行かなくていいよな~。俺達は待機を命じられているし」と思っていたとする。するといつのまにか俺達の下へ他部隊が対処していたはずの鬼が何故か登場することが多々あるのだ。そんなことってある?? 先生、待機って言ったじゃん。休めると思うじゃん。「俺達の下に鬼が誘い込まれるから待機」だとは思わないよ…。先に言って…。

 

その後、俺は明道先生に「なんでぇごんなごどずるんですがァ!!」と泣きついたものである。しかし、明道先生は左右非対称の色を持つ瞳を細めてこう言ってきたのだ。

 

「これが最善だと思ったからですよ、我妻」

 

どこが最善?! 突然の鬼にビックリした俺は終始気絶してたんだけど?! 実際にあの時、戦っていたのは炭治郎と伊之助なんですけど?! この先生ほんと意味わかんない。鬼がどこに出現するとか誰が戦うとか大事なことだと思います。心の準備をさせてください。切実に。これだから賢い人は嫌なんだよ。「全部自分が理解してるからお前は知らなくていい」みたいな? ほんと勘弁してくれ。

 

以上「先生の中身と外面がチグハグすぎて怖い」「想像以上に厳しい」「肝心なことを伝えてくれない」の三点が明道先生を苦手な理由である。あの人優しい顔してるくせに中身がエゲツなすぎて無理の極みなんだけど。ウエッダメだ氷柱研修を思い出して吐き気が…。ちょっと俺、明道ゆき先生に拒絶反応でてない?? 大丈夫これ?? 先生のことを考えて微妙な気持ちになるが、今の俺の中にある『想い』はまた別のものだった。

 

(確かに明道先生は苦手だけど、できれば一緒に任務とか絶対にしたくない人だけど、)

 

それでも死んでいい理由には決してならない。

 

上弦の鬼と対面している明道先生を見ながら唇を噛みしめる。彼女の真っ白な髪は先生自身の血で赤く染まっており、サラシだけが巻かれた上半身は傷しかなかった。腕もなく、日輪刀もなく、絶体絶命の危機。だが、それでも俺は動かなかった。勿論、待機命令を言い渡されているからというのもある。だが、一番の理由は――――

 

 

――明道先生の目が死んでいないからだ。

 

 

現在の氷柱『明道ゆき』からは心が折れるような『音』がしても、何度も何度も立ち上がって戦う、決意に溢れた『音』がしてくる。まるで溶けた氷が再び冷やされ、もとに戻るかのような強い『音』がするのだ。冷たくて鋭くて全てを凍えさせるような『音』だった。そして今もまた、『明道ゆき』の心は再び凍てつく氷に戻るのだ。今まで爆音しかしなかった先生から聞こえたその『音』に俺は静かに拳を握った。

 

先生は「私が死ぬ? 笑止千万。死ぬのは貴様の方だ、上弦の参」と大胆不敵に笑いながら話し始める。腕が切られても尚、笑みを浮かべる彼女は狂気じみて見えた。上弦は明道先生の言葉を聞いて片眉をクイと上げる。

 

「俺が死ぬ? 戯言を。もう話すなと言ったはずだが。それとも本当に俺に敵うと思っているのか。弱い人間のお前が?」

「…人は弱い。だが、それでいいのさ。弱さがあるからこそ強さがあるのだから」

「話にならないな。これほどの弱者が柱になったのは鬼殺隊の力が落ちたのではなく、何か理由があるかもしれないと思い直して話を聞いていたが…。違うようだな」

 

呆れた声色で上弦の参は明道先生の首に手を回した。それでも先生は言葉を紡ぐことをやめない。ただひたすらに上弦の鬼を見つ続けていた。傷が入った青緑色の左目がキラリと輝く。

 

「百年、五百年、千年経とうとも私達鬼殺隊は戦い続け、途切れることはなかった。この理由が、この重さが、貴様には分かるか? ――――必ずいつの日にか鬼舞辻の喉笛を搔き切る時がきっとくる」

「来るわけがない。貴様の刃ではあのお方に届くどころか、お姿さえ見れないだろう」

「ああ、私では無理だろうな。『明道ゆき』の刃では鬼舞辻にも届かない。だが、」

 

明道先生が言葉を止めた瞬間だった。

 

――――目が眩むような眩しさと熱風が全身に叩きつけてきたのは。

 

謎の強風と熱さに俺や炭治郎、伊之助は吹っ飛ばされた。一、二回転がったあたりで慌てて起き上がる。えっ、何。何なの?! 隣にいた炭治郎が俺と同じように「何だ…?! 急に熱風で飛ばされた…?!」と焦っていた。炭治郎の声に同意しながらバッと慌てて面を上げる。そして驚いた。

 

(上弦の参が、燃えている)

 

加えて、両手足全てを欠損させ、大火傷をその身に負いながらもがき苦しんでいたのだ。あの、傷一つすら付けられそうにない『強者』の鬼が地にひれ伏していた。その光景に思わず目を白黒させる。「一体、どうやって」と思ったが、その原因は直ぐに分かった。

 

列車が爆発したのだ。

 

上弦の参の真後ろには明道先生が切り離した一番先頭の車両が丁度転がっていた。きっとその機関車が爆発したのだろう。どういう原理で起爆したのかまでは理解できないが、これだけは分かる。

 

「先生は、明道先生は『これ』を待っていた…?」

 

ポツリと思わず口から零れ落ちた言葉が自分を納得させた。震える手を抑えながら俺は大破した機関車に視線を向ける。つい先程までこの車両からはボコッボコッという『音』が聞こえていた。鍋の水がなくなった後もずっと火にかけていたような『音』だ。その後、大量の水蒸気が吹き出たような別の『音』がしたと思えば、次の瞬間、この爆破が起きていた。

 

(偶然? いや、偶然にしては出来過ぎてるよな…)

 

『偶然にも』ボイラー等がある機関車一両だけが転倒し、『偶然にも』上弦の鬼がその車両を背にして立ち、『偶然にも』列車が爆発した。こんな偶然あってたまるか。しかも、上弦の次に機関車の近くにいた明道先生は無傷である。恐らくは鬼を盾にしたのだろう。上弦の参のような怪我の再生が早く、強い鬼は最高の肉盾だったに違いない。

 

(やっぱり俺の考えは間違えじゃなかった)

 

氷柱・明道ゆきは待っていた。機関車が爆発する時をずっとずっと待っていたのだ。腕を犠牲にしても、死ぬような怪我を負っても、彼女は待ち続けた。上弦の鬼や俺達の行動全てを計算し尽くして戦略を練り上げ、列車が爆破される瞬間を待ってみせたのだ。正気の沙汰とは思えないその精神力と知略に思わず俺は震える。エッ怖…。柱って怖…。みんな人外すぎじゃない…? 柱ってこんなのしかいないの…?

 

俺が他の柱のことまで妄想してガクガク震えていると、上弦の参が物凄い形相で明道先生を睨みつける。先程の爆発をモロに受けたのが効いたのか今だに上弦は痛みに悶え苦しんでいるようだった。そのエゲツなさに若干引く。上弦の参ですら身体の再生がままならない爆破の威力に恐怖すら覚えた。鬼は地面に這い蹲りながら唸るように声を上げる。

 

「おま、お前ェッ!! 殺してやる。殺してやる!」

 

流石は上弦の参と言うべきか、満身創痍でありながら遠距離から技を放ってきたのだ。俺はそれを見てギョッと目を見開く。瀕死の明道先生があの技を食らえば本当に今度こそ死んでしまう!! 隣で伊之助が「ッセンセー!!」と言いながら走り出そうとした、その瞬間だった。

 

 

――――目の前に炎のような剣撃が舞ったのだ。

 

 

パサリと炎を模った羽織が上から下へと落ちた。一瞬だけ背にある『滅』の字が見える。毛先だけが赤みのある特長的な金髪が目に痛かった。その者は右手に日輪刀を握っており、見慣れた隊服を身にまとっている。俺、我妻善逸は思わず息を呑む。突然、登場した『音』に俺はただただ驚くしかなかった。炎のような男は声高らかに笑う。

 

「よもやよもやだ! まさか列車に乗り遅れるとは! 穴があったら入りたい!」

 

ギョロッとした目を明道先生に向ける男の名は確か――煉獄杏寿郎。氷柱研修の際に写真付きで先生に説明された『炎柱』がそこにいたのだ。自分の中の時が止まるのが分かった。しかし、ゆっくりと状況を把握していき、俺はピエッと声を出す。

 

(エッ、アッ、なんで、なんで柱がここに…?!)

 

俺が唖然と煉獄さんを見ていると、更に明道先生の隣に誰かが並んだ。女性二人と男性一人である。俺の側にいる炭治郎から驚いた音が聞こえてきた。無理もないだろう。こちらの間違いでなければ男の方は炭治郎の兄弟子・冨岡義勇さんだったからだ。その横には恋柱・甘露寺蜜璃さんと、蝶屋敷でお世話になった蟲柱・胡蝶しのぶさんが並んでいる。胡蝶さんは困ったように笑いながら明道先生の側に膝をついた。

 

「煉獄さんは悪くないでしょう。悪いのはゆきさんの方です。きっとゆきさんが煉獄さんをわざと列車に乗り遅れさせたんですよ」

「むっ! やはりそうか!」

「い、嫌〜ッ!! ゆきちゃん何?! 腕がなくなっているじゃない! ゆきちゃんの腕〜〜!!」

「明道…」

 

胡蝶さんが明道先生を手当てする様を見て、目から涙がポロリと溢れるのが分かった。泣いてはいけないのに泣いてしまった自分が情けない。しかし、涙はボロボロと落ちて止まらなかった。流れ落ちる涙はそのままにして俺は炭治郎と伊之助の服からようやく手を離す。ホッと息を吐いた。手の震えはまだ止まらないが、心が落ち着いていくのが分かる。

 

その時、明道ゆき先生が再び笑う。上弦の参に対して彼女は言葉を紡いだ。

 

「『明道ゆき』の刃では貴様や鬼舞辻の首には届かない。だが、だが――――他はどうだろうな?」

 

明道ゆき先生以外の柱がここに四人集結した。長らく続いた鬼殺隊と鬼との戦いに於いて一対一の戦いはあれど、柱四人対上弦一体は中々ないだろう。炎柱・煉獄杏寿郎、恋柱・甘露寺蜜璃、蟲柱・胡蝶しのぶ、水柱・冨岡義勇。四つの多種多様な心の炎が燃え上がる『音』がした。

 

――――かくして、上弦の参戦が始まりを告げるのだ。

 

 




もしかして: オーバーキル


皆さん、本誌は見ましたか。痣のデメリットを知ってビビり倒しました。神は言っている。更にオリ主を勘違いさせよと。

(また、冬コミに当選すればこの鬼滅連載の番外編を出す予定なので良ければ見てもらえると凄く嬉しいです。内容は「水一門との心労お茶会」「蛇・風・水との地獄の共同任務」になります。)

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。