氷柱は人生の選択肢が見える   作:だら子

2 / 15
(7/7時点:オリ主が入隊してから柱になる話までがゴッソリ抜けていたので慌てて追加しました。Pixivとハーメルンを見比べて「アレッ数字が合わないぞ?!」と気がつかなかったらずっとこのままだったと思う。恐ろしい)




其の二: 「氷柱に至った理由」(7/7時点:抜けていた話分を追加)

こうして私は鬼殺隊に入隊することを決めた。

 

だが、鬼狩りになると決意しても力がないのでは意味がない。ということで、私は義父と戦闘した隊士さんに育手――鬼狩りを育てる先生を紹介してもらった。

 

私に紹介された育手は氷の呼吸の使い手で、現役時代の階級は甲の人だった。ちなみに、『甲』は柱以外の一般隊士に与えられる階級では最上位のものである。こういうのって主人公よろしく元柱に育成されるものかと思ったが、ここは現実。恐らく、元柱の育手直々に鍛えてもらえるのはほんの一握りだけなのだろう。モブの私にはそんなチャンスないってことですね、分かります。

 

(でも、私、ゲームの選択肢が見えるようになったし、楽に修行をこなせるかな…)

 

その考えは師範との修行が始まった瞬間、木っ端微塵となった。何故なら修行中、ほぼ選択肢が登場しなかったのだ。選択肢が出てくるのは余程の緊急事態か、修行が終わった後の師範との会話のみ。あの謎の機能はまるで役に立たなかった。こういう時こそ出てくるべきでしょ?!

 

しかも、残念なことに私に剣士の才能はあまりなかった。

 

師範曰く「真面目なお前なら鬼殺隊で剣士としてだけなら中堅程度にはなれるが、どう逆立ちしても柱などにはなれぬだろう」とのこと。いや、分かってたさ。凡人の私は主人公クラスにはなれないってことはさ?

 

(でもな? 死ぬんだよ!! 上弦の鬼を倒さなきゃ二十五歳で死ぬんだよ!!)

 

泣いた。凄く泣いた。どうして義父はここまで難易度の高い呪いを押し付けてきやがったのか。ふざけるんじゃねえ。挫けそうになる心を奮い立たせ、暴言を吐きなら剣を振るったものだ。

 

――――そして、三年後。

 

私が十三歳の時に師範から最終試験の受験許可が下りた。マジで行きたくねえと思ったが、二十五で死ぬ辛さを考え、私は試験を受けることを決意。私は長らく世話になった師範に礼を言い、旅立った。

 

ガクガクブルブル震えながらも試験を受け、合格。かくして私は正式に鬼殺隊隊士となったのだ。

 

その後もあの憎っくき選択肢のおかげで順調に階級を上げていき、柱を除く一般隊士の階級では上から三番目の『丙』となることができた。中々順風満帆な鬼狩りライフである。まあ、いつも骨を折るような大怪我ばかりしているので正直身体がもたないヤバイ状態だがな! 原作で『柱になるには早くて二年、通常で五年』と書かれていて、前世の私は「結構早く柱になれるんだな」と思ったが、鬼殺隊所属の今なら分かる。

 

(みんな、二〜五年で死ぬか、辞めるんだ)

 

一回の鬼との戦闘だけで骨を折るのは当たり前がこの戦いの現実である。若くても毎度毎度骨を折れば必ず身体にガタがくる。その上、人間は鬼とは違って、少し右足に傷を受けただけで切られどころが悪ければ一生足が動かないなんてザラにあるのだ。一瞬の気の緩みで剣客としての人生が終わる。だからこそ、皆、二〜五年程度で辞めてしまうのだ。

 

(辛すぎ。ほんとなんでこんなところ入隊してんの)

 

一向に上弦の鬼を倒せる気がしないしさ。本当はこのまま鬼殺隊を辞めて、原作で炭治郎達が上弦の鬼を倒す場面に横入りだけをしたい。でも、実力がある程度なければその所業もできないのだ。圧倒的な実力差がある上弦の鬼と主人公や柱の間に今の状態では入れる気がしない。だから、もっとこの隊で力をつける必要がある。ここには色々と教えてくれる人もいるから。

 

「とりあえず、柱の足手まといにならないぐらいまで鍛えよう!!」

 

そう思った矢先にまさか私が『柱』になるなんて思いもしなかった。実力もてんで足りぬ、未熟者の私が。嬉しさよりも「コレ死ぬフラグでは?? 明らかにヤバイのでは??」とガチ震えしたものである。

 

 

――――そんな私が柱になったのは十六歳の時だ。

階級が柱を除いた鬼殺隊隊士の中で一番上の『甲』になったばかりの任務でその地位に就く羽目になった。

 

評価された点はただ一つ。下弦の参、肆の二体から負傷した隊士二名と村人三十名を守り切り、下弦の肆を倒したことだ。一つ言っていい?

 

全て!! 選択肢のおかげだから!!

 

選択肢が怒涛の勢いで目の前に現れて、逃げる方向や攻撃するタイミングやらを示してくれたのだ。いつもは邪魔で胃痛事案の選択肢だが、戦闘時は非常に役に立つ。私は迷わず生き残れる選択肢を選び、進んだ結果がこれだった、それだけなのだ。

 

しかも、下弦の肆を私が倒したみたいな扱いになっているが、実際に倒したのは負傷した隊士の方である。隊士二人のうち一人は辛うじて動けたので彼女に切ってもらったのだ。だから、私は柱になるべきではない。

 

(というか、今の実力で柱になったら私が死ぬ!! 他人を守れるほど強くねーんだわ!!)

 

鬼殺隊当主から直々の呼び出しと柱になるよう通達があった時は真面目に白目をむいた。頭を抱え、下弦の参と肆から一緒に逃げた隊士達に泣きついたものである。「私には向いてない相応しくない。頼む、私は柱なんぞなるべきではないとお館様に進言してください」と言ったら無言で隊士達に送り出された。泣いた。まさかの仲間からの裏切りにショックを受けながら、こうして私は鬼殺隊本拠地、産屋敷邸へ向かったのだ。

 

屋敷に到着後、私は鬼殺隊当主、産屋敷耀哉――通称、お館様と初めての顔合わせを果たした。会って一言二言交わした瞬間、私は直ぐに口を開いたものだ。柱を辞退したすぎて。恥知らずにもめちゃくちゃ反論しまくった。

 

「お言葉ですが、お館様。私は下弦の参、肆の二体から負傷した隊士二名と村人三十名を守り、下弦の肆を倒しましたが、実際に倒したのは私ではありません。別の隊士です」

「そうだね」

「柱になる条件は階級が甲の者かつ、『十二鬼月を倒す』か『鬼を五十体倒す』か。私は甲の階級をいただいておりますが、後者二つのどちらも満たしていない。柱には相応しくありません」

 

私が鬼殺隊になったこの三年間で倒した鬼の数は十体。柱になれる人材は三年目でもっと殺しているだろう。私の討伐数はあまりにも少ない。正直、階級が甲なのもあまり釈然としていないのだ。

その上、先程から何度も述べているが、下弦の肆は私が倒したのではなく、負傷した隊士の女性だ。実力が足りなさすぎる私が柱なんぞになれば死ぬ。確実に死ぬ。ゲームの選択肢が出てるのだって、いつ消えるのか分からないのだから。

 

絶対に柱になりたくない私は再び口を開く。

 

「また、氷柱になるにしても私より優れた氷の呼吸の使い手がいるのはご存知かと思いますが。私は剣士として凡庸です」

「確かにその通りだ。だが、君には誰よりも優れた知恵がある。実力差や圧倒的に不利な状況さえ覆す――そんな戦略を練るのは君にしかできないんだよ」

「いや、ですから、それは、」

 

選択肢のせいなんだよォ!!

 

隊士の中で『予知じみた戦略を練る知将』だの『天才的な空間把握能力者』だの評価を受けているが、全部選択肢のせいなんだよ。私の実力じゃねえーんだ!! だが、言えない。言えるはずがない。主人公、炭治郎達の『鼻がいい』などという特性とは違い、私のコレは『ゲームの選択肢が見える』である。頭おかしいどころの話じゃない。精神病を疑われるレベルだ。

 

必死に私が辞退を申し出ても、お館様は笑みを浮かべて「柱になれ(要約)」しか言わない。ほとほと困り果てた私はお館様に「……柱になるにあたって、条件が一つあります。そちらを受け入れてくださるなら柱になりましょう」と言った。『こいつとんでもねー要求するんじゃね?』と少しビビらせたらお館様も諦めるかなと思ったが故の発言だったのだが…うん、うん。

 

「分かった。受けよう」

 

条件が何かも聞かずに受け入れちゃうお館様マジお館様。しかも、その条件の内容を一切考えてない私もマジ私。引きつった笑みを浮かべながら頷いたのだった。

 

 

《ピロリン》

▼称号『知の氷柱』を手に入れました

 

 

…ねえ、追い詰めるのやめてくれない?? 死ぬほど泣きたいんだけど??

 

 

 

――――かくして、私は柱になったのである。

 

 

今までの人生やら柱になった経緯やらを思い出して私は人知れずため息を吐く。

 

(このまま柱合会議バックレたい…)

 

現在、私がいる場所は鬼殺隊本拠地、産屋敷邸である。十六歳の時に氷柱となってから既に三年もの月日が経過していた。

 

バックレるのは…うん。無理だろうな…。柱合会議をバックレたりなんかすれば風柱の不死川や蛇柱の伊黒にどんな嫌味を言われるかわからない。他の柱にしてもそうだ。炎柱の煉獄なら「うむ、柱としての責任感が足りないな!」と鍛錬と称した一方的なリンチをくらう羽目になると思う。辛すぎやしないか?? 柱になったのデメリットしかないんだが??

 

(しかも、柱合会議ではお館様と氷柱である私が中心に進むの本当にやめてほしい)

 

ひとえに私が頭脳だけで柱にのし上がった隊士だと思われているからだろう。こちらが考えた戦略が次の方針として組み込まれることが多いので本当に辛い。

 

後、柱合会議ついてだが、自分が担当している区域や鬼の動向などの報告のほかに今後の方針決め等もある。仮にも柱は鬼殺隊の幹部。鬼殺隊の運営の殆どをお館様が決めているとはいえ、我々柱も案を出さねばならないのだ。その案を出す代表の柱がほぼ私なの真面目に解せない。

 

この会議辛い。辛すぎる。戦闘時並みにゲームの選択肢が怒涛の勢いで現れるからな。この言葉だけでどれほどこの会議が胃痛事案か分かってもらえるかと思う。私、そんなに賢くないのに。二十五歳で死ぬ呪いをときたいだけなのに…。

 

(柱になったせいで体鍛える以外にも、もっともっと勉強をする必要がでてきちゃったからなあ…)

 

選択肢が見えるんだから別に鍛錬や勉強をする必要はないのでは? と思う方もいらっしゃるだろう。私も思った。選択肢に従っていればいつかは上弦の鬼も倒せるだろうと。だが、それは間違いだと新人の頃に気が付いたのだ。任務中、鬼との戦闘でいつものように選択肢が目の前に現れた時のことである。

 

 

▼どう行動する?

①鬼の腹へけりを入れる … 下

②鬼に切りかかる … 下

 

 

選択肢の両方が生存率低下の『下』だと…?!

 

この選択肢と長い間付き合ってきたが、選択肢のすべてが『下』なのは初めてだった。どちらを選んでも生存率の低下。思わずその選択肢に戦慄したものである。

 

ちなみに、選択肢の横の『下』やら『上』の意味は未だによく分かっていないが、私の中で『下』は生存率と好感度の低下、『上』は生存率と好感度の上昇だと仮定することに決めた。ずっとこの選択肢を疑ってかかってもストレスが溜まるだけだからな。とりあえずこのゲームの機能一つ一つを分析して仮の分類に分けることにしたのだ。

 

話が逸れたが、選択肢に生存率低下しかないのは初の経験だった。全力で焦ってどうにかしようと努力したが、時が止まったゲーム空間では無意味。泣く泣く私はテキトーに選択した。

 

結果、今までにないくらいの大怪我を負ったのである。

 

医者には「処置が遅れていたら死んでいただろう」とまで言われた。生存率低下の選択肢を選ぶ恐怖を存分に味わったものだ。半泣きになりながら「何故、選択肢に『下』しかでなかったんだろう」と必死にワケを考えた。理由が分からねば次は選択肢がどちらも『死』かもしれない。そうなったら本当に私は死ぬだろう。ウワッ無理。辛い…。死の恐怖に怯えながら分析に分析を重ね、たどり着いたのは一つの答えだった。

 

「ステータスを上げなかったからか…?」

 

自分の今置かれている状況がゲームだと仮定すると、パラメータやステータスがあるはず。現に、戦闘時以外にも選択肢の横に毎回『上』や『下』があり、人との会話中に『上』を選ぶたびにその人物との仲がより深まっていくのを感じている。好感度設定があるならばパラメータやステータスがあってもおかしくない。

 

つまり、一定のステータスがなければ選択肢に生存率上昇や好感度上昇が現れない場合があるのかもしれない。最近、私が選択肢に頼りきりで鍛錬や勉強を怠っていたのも、そう思う理由の一つだった。

 

「ヒエッッッッ怖ッッッ!! 死ぬ気で鍛錬しよ…」

 

そう考え、私は毎日必死で鍛錬をするようになったものだ。とはいっても、私は剣士の才能はあまりないので、学問により力を入れた。給料の殆どが本の購入や家庭教師の雇用で飛んでいったほどである。このせいで私の家は完全に図書館と化していた。本嫌いなのに。

 

柱になる前ですら必死の鍛錬を積んでいたのに、柱へ任命されてからは更に努力する羽目になった私。寝る以外は仕事か鍛錬、勉強である。どうしてこうなった??

 

(もう鬼殺隊辞めたい…)

 

今の自分なら上弦の鬼vs柱&主人公勢の間に入り、上弦の鬼だけ殺す実力はあると思うので、辞めてもいい気がする。でも、辞められないんだよなあ…。

 

一度、鬼への恐怖でストレスマッハになり、トチ狂ったことがある。その際、退職届をお館様に提出したけど突き返されたからね。ガチ泣きしたからね。我々の宿敵、鬼舞辻無惨が生前でファンから『パワハラ上司』と呼ばれていたが、まさかのお館様もパワハラ上司だった。それ以来、私は退職できないでいる。

 

何度目か分からぬため息を吐いた時、目の前の襖がスッと開いた。お館様の登場だ。私を含めた柱は一斉にひれ伏す。それを見たお館様は優しい声色で言葉を発した。

 

「よく来たね、私の可愛い剣士達。顔を上げなさい」

 

も〜〜〜柱やめたいよ〜〜〜! 鬼殺隊やめたいよ〜〜〜! と内心で叫び散らかす。しかし、そんな感情は一切表に出さずに彼に言われたように顔を上げた。お館様が座布団に座った瞬間、岩柱の悲鳴嶼行冥が我々を代表して挨拶する。その挨拶にお館様が返事をした後、柱合会議が始まった。

 

それと同時に次から次へと自分の目の前に飛び出してくる選択肢の数々。議題が一つ持ち上がる度に必ずお館様は私へ議題について聞いてくるので真面目にやめてほしい。それだけで胃痛事案だというのに手のかかる奴がいるんだよ…。私が発言した後、チラッと横を見ると『手のかかるやつ』がムスッとした表情で静かに口を開いた。

 

「……そう簡単に考えられるような頭で羨ましい限りだ」

 

お前だよ、お前!! 水柱、冨岡義勇!!

 

何でそうお前は喧嘩腰で発言するんだ。いや、分かってる。お前の本心は分かってる。「そう簡単に考えられるような頭で羨ましい限りだ」も、「流石は知の氷柱。死んだ錆兎が本来なるべきだった水柱の地位に代理としている俺とは違って、難しいことでも簡単にして戦略を考えてくれる。俺にはそんな才能はない。羨ましい限りだ」が彼が言いたいことである。コレ、私の妄想でもなんでもなく生前で漫画を読んだことと今までの経験から後者の文の方が正しいと気がついた。

 

(冨岡義勇の今の発言に本心が一割程度しか入っていないんだが…!)

 

生前でも読者達に散々言われてただろ! あまりにも口下手過ぎて「そのモノローグを声に出せ!!」って。でも、かと言って彼が話せば話したで言葉が足りなすぎて険悪な雰囲気になるので度々読者達に「冨岡義勇、声に出すな!!」と手のひらクルクルされていた。コミュニケーション能力に問題がある男、それが水柱、冨岡義勇である。

 

生前では好きなキャラの一人だった彼だが、今世の私は冨岡義勇が苦手である。故に無視する。口下手でも心優しい彼には悪いが、フォローが面倒くさい。それに原作では蟲柱、胡蝶しのぶが冨岡義勇のフォローに回っていたので私は何もする必要はないと思う。

 

だけど私には『アレ』がある。そう、ゲームの選択肢が見える機能があるのだ。

 

 

《ピロリン》

▼ 「……そう簡単に考えられるような頭で羨ましい限りだ」と言った冨岡義勇に何と言葉をかける?

①「ありがとう。簡単な戦略になるように頑張って考えたんです」 … 上

②「テメェは黙っとけカス」 … 下

 

 

選択肢ィ〜〜〜ッ!!

 

何でこの二択?! 悪意がありすぎじゃない?! どうして①と②の間くらいの選択肢が無いんだ。②「テメェは黙っとけカス」なんて発言した暁には冨岡義勇に殺される。いや、殺されはしないが鍛錬で半殺しにされかねない。それに加えて私の品性が疑われる。ただでさえ弱い私は周りに媚びへつらう必要があるのに暴言なんて吐けば見捨てられちゃう。自分勝手な理由で悪いが、これが私である。仕方がなく私は好感度上昇の選択肢を選ぶのだ。

 

 

▼選択されました

①「ありがとう。簡単な戦略になるように頑張って考えたんです」 … 上

 

 

「ありがとう。簡単な戦略になるように頑張って考えたんです」

「……そうか」

 

そうか、じゃねーよ!! もっと声に出せよ!!

 

お前のことだからきっと頭の中でのみ私へ色々と言葉を返しているのだろう。一つ言っておくぞ。何一つ伝わってねーからな!! 私も原作知識と選択肢による誘導がなければお前のことぜっっったい理解できてなかった。

それを考えると原作でフォローを入れていた蟲柱の胡蝶しのぶ凄い。いや、この場にいる彼女も勿論凄いが、私がいるせいで冨岡義勇にあまりフォローしてくれないんだよね…。嫌だ。本当に嫌だ…。こんなこと好きなキャラに言いたくないけど、本当に疲れる…。

 

あと一つ嫌な点は水柱である冨岡義勇と同じ任務に駆り出されるのが多々あることだ。私が使う『氷の呼吸』は水と風の派生の呼吸である。故に氷と水の呼吸は相性がいいので私と彼は一緒にされてしまうことが多いのだ。

 

(別にね? 守ってくれるなら冨岡と同じ任務はいいんだよ?)

 

この冨岡義勇とくればほぼ私を守ってくれねーからな!! 私の作戦を聞いた後、スタコラサッサと全力で別行動しやがるのである。作戦内容が別行動ならまだいいのだが、共戦している際にも彼は一切私のことを守ってくれない。しかも、柱の任務は大体危険なものが多いので毎回毎回死にかけるのだ、私がな!! あいつ冨岡義勇は毎度ほぼ無傷だ!!

 

(もしかして冨岡義勇は私のことが嫌いなのか?)

 

毎回毎回好感度上昇の選択肢を選んでいるはずなんだけどなあ…。あいつだけ好感度上昇の選択肢と見せかけて実は低下だったりするのか。ありえそう。辛すぎ。一時期真面目に「私は冨岡に嫌われてるのか」と悩んで何度も奴を訪ねたり、好感度上昇の選択肢を選んだりしたのだが、一向に何も変わらなかった経験がある。これはもう無理だと諦め、いつも通りに接することに決めた。

 

(つーか、お館様よ、どうして水柱の冨岡義勇とばかり私を組ませるの?!)

 

氷と相性がいい呼吸は水以外に風があるよね?! 風は氷の派生前の呼吸の一つなんだから、風と組ませてよ。私、風柱の不死川となら別に組んでもいいし。彼、口が悪いし、常に私に対して「頭だけしか取り柄のない弱ぇお前なんざ柱に相応しくねえ!」と言うし、相手にするのは正直とても大変だ。だけど、任務中は「ハア、相変わらず弱ぇな!」といいながら積極的に私を守ってくれるのだ。それだけで好感度爆上げである。

 

冨岡のことを考えているといつのまにか柱合会議が終わっていたらしい。お館様は既に退出し、我々柱の前には食事の準備がされ始めた。

余談だが、会議終了後は昼食会や夕食会がある。昼食時が過ぎていればお八つ会みたいなものが開催されるのが常だ。前まではお館様も一緒に食事をしていたが、最近は体調が悪いのか中々出席されないのが現状である。

 

食事の用意が始まった途端、恋柱の甘露寺と炎柱の煉獄がパクパクと食べ始める。しかし、煉獄のみが途中ピタリと手を止めグリンと首を回して私を見てきた。うわっ怖っ!!

 

「うむ、そうだ! 食事が終われば鍛錬をしよう!!」

「……、……は?」

「そりゃいいじゃねーか。この前、こいつ氷柱のくせに『甲』の氷の呼吸の使い手に負けかけてたからな」

「俺もそれを見てな! 少し鍛錬を手伝うべきかと!」

 

どうしよう。今日が私の命日かもしれない。

 

顔をひきつるのを感じながら、生き残る方法を必死で考えるのだった。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。