波の尖兵の意趣返し   作:ちびだいず

52 / 150
先に尚文編をどうぞ!


三勇者モドキ

 景虎が駆け出すのが、戦いの合図となった。

 赤い鎧を着た槍を使う奴、黄色い鎧を着た弓を使う奴、緑の鎧を着た剣を使う奴、まるで三勇者を相手にするような構図になり、俺は苛立ちを抑えられない。

 

「ナオフミ様、来ます!」

「アル・ツヴァイト・ブースト!」

 

 ラフタリアの声と、景虎の支援魔法は唱え終わるのはほぼ同時だった。

 支援魔法のおかげか若干ステータスが上昇する。

 

「亜人ちゃんを寄越しな! 盾えぇ!」

 

 槍の赤い奴……元康亜種が槍で俺を狙って攻撃してくる。

 槍を俺は盾で受け止める。

 キメラヴァイパーシールドの効果が発動し、装飾の蛇が元康亜種に噛み付く。

 

「毒かよ! 舐めんな!」

「フィーロ!」

「いっくよおおお!!」

 

 回復などさせる気は毛頭もなかった。

 思いっきり元康亜種をフィーロが蹴り飛ばす。

 

「あの人、なんか嫌い!」

「ああ、元康を連想させるからな!」

 

 ラフタリアは錬亜種と戦っている。

 戦闘自体はどちらかと言うと、錬亜種の方が優勢に見える。

 チッ! 

 樹亜種が矢を放ってきた。

 

「エアストシールド!」

 

 エアストシールドで俺はラフタリアを守る。

 ガンッと音を立ててエアストシールドに当たると、エアストシールドにヒビが入った。

 それほどの威力なのか! 

 

「フィーロ! 先に樹亜種を倒すぞ!」

「樹亜種ってどんなネーミングセンスだよバーカ! アローレイン!」

「セカンドシールド!」

 

 俺は最近習得したばかりのスキルを使って、空中に盾を設置して、矢の雨をやり過ごす。

 

「隙あり!」

 

 元康亜種が槍で突撃してくるが、景虎の方が槍の扱いは上手いだろう。

 若干扱い方の系統が違う気はするが、景虎の槍の使い方はまるで手の延長で、盾にもなるし、腕にもなる。

 俺は矛先を逸らすように受け流す。

 ガインと音がするが、ダメージはない。

 剣士の方が何倍も強いだろう。

 

「ふんっ!」

 

 こんな未熟な槍の使い方では、元康よりも弱いかもしれない。

 

「フィーロ!」

「はーい! はいくいっく!」

 

 フィーロの姿がブレて、元康亜種を蹴り倒す。

 

「ぎゃああああああああ!!」

 

 元康亜種の鎧が砕け散り、そのまま樹亜種の方に飛んでいく。

 

「はっはー! やるじゃねぇの! ま、そいつは雑魚だからな。今度はこっちの手番だ!」

 

 樹亜種はそう言うと、モーニングスターを取り出した。

 

「俺は弓も得意だが、本業はこっちでね!」

 

 樹亜種の宣言通り、モーニングスターで攻撃してくる。

 

「いいなー、あのじゃらじゃら。フィーロも欲しい!」

 

 そう言いながらも、フィーロはモーニングスターを回避して樹亜種に蹴りを入れる。

 

「あぶねっ!」

 

 樹亜種はフィーロの素早い動きに対応してやがる。

 なので、回避の邪魔をしてやる。

 

「エアストシールド!」

「何?!」

 

 エアストシールドにぶつかった樹亜種はそのままフィーロの連打にノックアウトされた。

 あれだけまともに喰らったのだ。

 しばらくは動けないだろう。

 

 ラフタリアの方を見ると、錬亜種と善戦をしていた。

 

「行きます! たあああ!」

「くっ、なかなかやる!」

 

 不意に殺気を感じて俺は盾を構えた。

 

「ふかああああつ!」

「チッ!」

 

 ギンっと音を立てて、元康亜種の槍を盾で受け止める。

 

「雑魚が! すっこんでやがれ!」

「雑魚じゃねええええ! 盾風情が偉そうにしやがって!」

 

 元康のスキルを真似た……乱れ突きだったか? 攻撃をしてくる。

 俺は盾で丁寧に槍を捌きながら、槍を掴む。

 

「なっ?!」

「フィーロ!」

「はーい!」

 

 フィーロは樹亜種の持っていたモーニングスターを元康亜種にぶん投げる。

 

「な、離せ!」

「誰が離すか! くたばれ!」

 

 俺は槍を固定して、頭に直撃するように誘導する。

 

「うわあああああああああ!!」

 

 ぐチャァ!! 

 俺の目の前で元康亜種は頭が砕け散った。

 良い様だ。

 

「わーい! すとらいくー!」

「フィーロ! 一応殺すなと言っただろう!」

 

 全く、フィーロのせいで見たくもないものを見てしまった。

 まあ、所詮は鳥だ。

 人間の価値観と異なるのは当然だろう。

 それに、撃ってもいいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ。

 俺は怒鳴りつつも、持ち主のいなくなった槍を放り投げて、ラフタリアの援護に向かう。

 

「ナオフミ様!」

「援護に来た!」

 

 俺は盾を構えてラフタリアと錬亜種に割って入る。

 剣士に比べれば、こいつらなど雑魚同然である。

 ダメージも通らないし、動きは剣士に比べれば緩慢である。

 俺は白刃どりの要領で剣をキャッチする。

 

「ぐ、離せ!」

「ラフタリア!」

「はい!」

 

 ラフタリアは剣の腹で錬亜種の頭部を殴る。

 

「かはっ?!」

 

 そのまま吹き飛ばされて、地面に倒れこんだ。

 ん? 元康亜種を殺した時の経験値がかなり大きいぞ……。

 人を殺すと貰える経験値がでかいのか……嫌なことを知ってしまった。

 

「よくやった、ラフタリア、フィーロ」

「ごしゅじんさま! 武器の人、たいへん!」

 

 フィーロの指摘に、俺は景虎の方を向く。

 そこには、白い鎧のいけ好かないやつ……見た目だけは似てるから、昏倒野郎と呼ぶか、そいつが斧を掲げているところだった。

 

「……そして、その誇りとともに、死ぬがよい」

 

 そう宣言すると、昏倒野郎は一瞬で景虎を木を切り倒すように斧で凪いだ。

 景虎は吹き飛び、壁に激突する。

 

「景虎!!」

「カゲトラさん!!」

 

 俺たちはフィーロに乗り、景虎のところに急ぐように指示を出した。

 

「フィーロ!」

「うん!」

 

 あの強力な攻撃だ。

 最悪の場合を考えなければならないかもしれない! 

 俺たちは急いで景虎のもとに向かうのだった。




普通に尚文達は強キャラです。
信頼を受けると強くなる効果で基本的に硬いですしね。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。