波の尖兵の意趣返し   作:ちびだいず

86 / 150
【高難易度】投擲具の勇者

「エアストスロー、セカンドスロー、ドリットスロー!」

「せりゃ!」

 

 早速結界を作るために投擲してくるコーラ。

 俺は即座に反応して、勇者スキルで生成されたそれを弾き飛ばす。

 

「甘い!」

 

 バシュンとクロスボウで矢を放つ。

 慣れれば連射もお手の物だ。

 ドスドスと何発か放ったうちの2発が腕と太ももに刺さる。

 

「くっ! このコンボが通用しないだと?!」

「PvPで【前提が多い】技を使うならなぁ! こうしろよ!!」

 

 俺は弓に魔力を込める。

 これはレベル65の時に習得した弓のスキルである。

 

「影縫い!」

 

 魔力を込めた矢がコーラの陰に刺さると、相手を拘束する。

 

「な、動けないだと?!」

 

 俺はコーラの目の前に移動すると、剣を構える。

 

「辞世の句でも読んでいろ。必殺! 双破斬!」

 

 俺は剣を切り上げる。

 俺の魔力は雷に寄っているせいか、多少雷っぽいオーラが出ている。

 

「ぎゃあああああああ!!」

 

 そのまま斬り下ろす。

 HPが高いのか、鎧に大きい傷と切られた際に吹き出た血液が出たぐらいで、叩き切られてはいなかった。

 ビチャっと地面にコーラの血液が飛び散る。

 

「くっそ! 卑怯だぞ! どんなチートを貰ったんだ!」

「んな事聞いている暇があるなら、さっさと俺を殺してみせろ」

 

 コーラごときに人間無骨を使うのもな。

 弓と剣の練習台にでもするか。

 こんな雑魚を簡単に斬首しても、色々と申し訳がないしな。

 

「エアストスロー! チェンジスロー!」

 

 投げた鉄球から、別の投げナイフが飛び散る攻撃をしてくるが、そんなもの避けるのはそう難しくない。

 フェイントも無いし、直線的なのだ。

 

「うわあああああ!」

 

 手投げ斧を投げてきたので、俺はそれを掴んだ。

 あれ、なんか奪えそうな気がする。

 

「俺が見せてやるよ! こうやるんだ!」

 

 クロスボウで矢を射出して、コーラの逃げ道を塞ぐ。

 そして、コーラの手元に戻ろうとするこの手投げ斧をぶん投げる。

 

「トマホォォォォクゥ!」

 

 戻る勢いに俺の投げた力が加わり、ビュンビュン音を立ててコーラに迫る。

 

「う、うわああああああああああああ!!」

 

 ドシュっと手投げ斧が突き刺さる。

 いやはや哀れなことで。

 

「く、くそ、素振りで鍛えたステータスで敵わないと言うのか?!」

 

 しぶとい奴め。

 

「すでに100人以上殺してきた俺に叶うとでも?」

 

 現時点で鎧は返り血で赤黒く染まっている。

 道中でもすでに25人殺している。

 お陰でレベルが2上がったんだがな。

 今はちょうどレベル70だ。

 

「う、うおおおおおお!!」

 

 お、持っている手斧が禍々しいナイフに変化したぞ。

 

「シャドウバインド! バインドスロー!」

 

 カーススキルか。

 喰らう道理もないので避けようとする。

 背後に陰で出来た壁が出来上がっているのを確認する。

 ガキンと投げナイフを剣で受け止めると、物理的におかしいがナイフに押し負けて背後に飛ばされて、陰の壁に拘束される。

 

「ははははははは! 喰らえ! ファラリスブル!!」

 

 陰の壁が浮き上がり、地面から現れた牛を象る容れ物に封じられる。

 なるほど、ファラリスの雄牛ね。

 容れ物内が急激に熱くなるが、これ長時間閉じ込めてないとそこまでダメージを負わないタイプの攻撃じゃ無いかな。

 炎は呪いの効果がついているせいか、最大HPにダメージを受けているが、大したダメージではなかった。

 確かに、皮膚が焼き焦げるように痛いが、それがなんだと言うのか。

 

「ふんっ」

 

 力を入れるだけで拘束が解除される。

 

「はぁっ!」

 

 人間無骨を数度振るうと、それだけでファラリスの雄牛を象ったものは破壊されてしまった。

 うーん、ちょっとだけ暑かったな。

 俺はもはや人間をやめているのでは無いだろうか? 

 HPが10%も減ってしまったがな。

 

「なっ! 俺の必殺スキルが?!」

「ソースケ! 大丈夫?!」

 

 部位欠損も無いし、呪いのせいで最大HPにダメージを受けているが、特に問題はないだろう。

 残りHPは90%も残っている。

 

「……こんなものか」

 

 レベル70はここまで人間をやめてしまうんだなと思った。

 たぶん、ブラッドサクリファイスレベルならば俺も瀕死のダメージを負うのだろうが、そもそも俺は呪いへの耐性が高いしな。

 伊達に殺してはいない。

 

「それじゃあ、そろそろお前に死を与えよう」

 

 俺は剣を構える。

 これも、レベル66で習得した必殺技だ。

 縮地という前提技能が必要だけれども、俺は既にそれは使える。

 滅多に使わないので、短距離しかできないけれどな。

 必殺技は本当に、俺の脳内から作られているのではないだろうか? 

 

「昔見た漫画の技だけれど、今ここで再現してやろう」

 

 俺はそういうと、剣を刀のように構える。

 縮地で俺は間合いをコーラに一気に詰める。

 

「け、剣が9つに?!」

「必殺、なんちゃって九頭竜閃!」

 

 ナイフみたいな剣で再現しているため、なんちゃってである。

 技名もそのまま。

 俺は飛天御剣流なんて使ったことはない。

 実際に俺が突いているのは鳩尾だけである。

 他は魔力で構成された残像だ。

 

「ぎゃああああああああああああ!!!」

 

 コーラの身体に同時に9つの斬撃が入る。

 袈裟、逆袈裟、胴、逆胴、左右切上げ、唐竹、逆風、そして突き。

 剣の動きの全てを同時に放つのが、この技の肝であるが、俺の技量ではまだまだ再現できないので、魔力で代用した。

 

「が、は……」

 

 ドシャっと言う音とともに、バシャっと血溜まりに倒れる音がする。

 

「「「いやああああああ!! ユータ様あああああああ!!!」」」

 

 と、コーラの体から光の玉が飛び出し、俺に引き寄せられるようにぶち当たる。

 

七星武器、投擲具を入手しました。

 

 と、メッセージが出る。

 あー……、まあ、そうなるよねぇ。

 剣は……全然持てるし、武器として使うことを意識して振っても問題ないが。

 これは、コーラから勇者武器を簒奪したということなのだろうな。

 

「……マジか」

 

装備を勇者武器:投擲具に切り替えますか?

 

 と、メッセージが出る。

 どうやら、切り替え可能なようだ。

 まあ、今は必要がないからな。

 

「ソースケ、大丈夫だった?」

「余裕だな。所詮雑魚は雑魚か」

「でも、呪いが……」

 

 身体を見ると、確かに呪いが俺を蝕んでいる。

 

「治療は後回しで問題ない。さっさと残りの連中を殺しに行くぞ」

 

 俺はそう言いながら、ヴィッチの気配がする女に向かって矢を放ち撃ち殺す。

 他の女は知らない。邪魔してくるなら殺そう。

 

「ソースケが戦っている間に、協力してくれていた貴族から色々話を聞いていたわ」

「ま、少しばかり時間使っちゃったしな」

 

 騎士団程度ならば瞬殺できるが、コーラにはつい時間を使ってしまった。

 リノアによると、殺すべきターゲットは別の場所にいるらしい。

 一般でもなく、VIPでもない、すなわち、奴隷のいる場所に、奴隷紋の管理者が居るようだった。

 

「なら、すぐに向かうか」

「行かせると思うか?」

 

 俺がリノアにそう言うと、被せるように男の声が入る。

 見上げると、あの時の武術家がそこにはいたのだった。




波の尖兵扱いでゲットです。
ちなみに、宗介には投擲具の適性はありません。
波の尖兵扱いで無ければ弾かれますね。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。