波の尖兵の意趣返し   作:ちびだいず

98 / 152
錬目線です。


暴走

「宗介、久しぶりだな。元気にしていたか?」

「ああ」

 

 まさか、こんな所で失った仲間と会えるとは思えなかった。

 俺のパーティだった頃とはすっかり違っているが、やはり宗介は宗介だった。

 だが、俺が近づくと、なぜか宗介は短剣を構えた。

 腰に装備したものではなく、どこかで見たことがあるような宝石の装飾がされた短剣だった。

 

「何を考えている?!」

 

 騎士が俺を守るように、宗介に立ちはだかった。

 どうしたと言うのだろうか? 

 

「ぐあああああああああああああ!!」

 

 そして、一瞬で血飛沫をあげて倒れた。

 

「ソースケさま?!」

「宗介?!」

 

 宗介は、嫌な笑みを顔に貼り付けている。

 な、何が起こった?! 

 

「クックック……。なぁ、錬。お前は、世界を守ることはどう言うことだと思う?」

 

 な、なんだこれは?! 

 

「……どう言うことだ?」

 

 俺は剣を構える。

 それも、今一番強いサンダーソードだ。

 

「なあオイ、教えてくれよ錬。クックック……。世界をお前は守れるのか?」

「もちろん、守ってみせる!」

「滑稽だな。こんなゴミクズみたいな世界、滅んでしまえば良いだろう?」

「宗介……?」

「ソースケ様、何を?!」

 

 宗介はそう言うと、()()()()()()()

 

「エアストスロー、セカンドスロー、ドリットスロー、コンボ、サウザンドスロー」

 

 宗介の手につき次とナイフが出現する。

 

「俺を殺せなければ、錬、お前に世界は救えない。さあ、戦え!」

 

 ふっと宗介が消える。

 一瞬でHPが削れる。

 痛い、なんだこれは?! 

 見ると、身体中にナイフが突き刺さっていた。

 

「なっ?!」

「弱い。が、さすがは精霊具の勇者様だ。硬いな。だが、次で終わりだ」

 

 俺は負けるのか?! 

 それになぜ、俺が宗介に攻撃されているのかわからなかった。

 

「おやめください! 何を考えているのですか?!」

「勇者殺しだ。この世界を破壊する」

「なっ?!」

 

 ダメージを負った騎士が立ち上がり、再び宗介の前に立ちはだかる。

 

「何を考えている?! キクチ=ソースケ!!」

「クックック……。何を? はっはっは、わかっているだろう?」

 

 宗介は明らかにおかしかった。

 まるで、魔王を彷彿とさせた。

 

「なぜ、俺にこの選択をさせたのか、お前達メルロマルクの連中ならばわかるだろう? なあオイ!」

 

 再び宗介の手元のナイフが消えて、鎧の男の身体中に突き刺さる。

 

「ファスト・ヒール!」

 

 宗介を慕う女が慌てて彼を回復させる。

 

「クックック……。そんな強さもないくせに、何が守るだ。そもそも錬。お前は一体何を守っているんだ?」

「うをおおおおおおおおお!!」

 

 騎士が剣で攻撃するが、宗介は最小限の動きで的確に避ける。

 

「チェインブレイク」

 

 宗介は武器を鎖鎌に変形させると、騎士を鎖鎌の鎖で巻きつけて、鎖を爆発させた。

 

「う、ガハッ……!」

 

 再び倒れ臥す、騎士。

 

「お前は何も守れはしない。人も! 世界も! そして、お前の心もだ! あははははは! はははははははははは!!」

「くっ! 何をわかったような口を!」

 

 俺は、宗介を敵として認識する。

 ここで奴を倒さなければならない! 

 

「さぁぁぁぁぁぁ! この菊池宗介を止めてみろぉぉぉぉ! 俺は世界を殺すぅぅぅぅ!!!」

「俺がお前を止めてみせる!」

 

 俺は宗介の間合いに近づく。

 

「遅い」

 

 振りかぶった剣は受け流され、顔面にナイフが突き刺さる。

 剣の加護のおかげで、頰に切り傷ができただけで済んだが、完全に俺を殺す攻撃だった。

 

「遅い」

 

 宗介の姿が消えると、一瞬で周囲にナイフのドームができ、俺に向かって飛んでくる。

 

「はああああああ!!」

 

 俺は180度埋め尽くされたナイフを剣でなんとか防ぐ。

 足や腕に刺さるが、剣の加護のおかげで大きい怪我にはなっていなかった。

 

「遅いぃぃ!!!」

 

 宗介は武器を手斧に変化させる。

 

「トマホォォォォォゥクゥ!!」

 

 そして、斧を投擲する。

 

「レン様!」

 

 ウェルトが盾で宗介の投擲した斧を防ぐ。

 

「ぐっ! ソースケさん!」

「ウェルトォォォォ! お前はここで殺してやるかぁぁ!」

「あの時はすまなかったと思っている! だが、今は波の時だ!」

「だから殺すんだよオォォ!!」

 

 もはや、宗介は話の通じる状態ではなかった。

 

「ウェルト、テルシア、ファリー! あの時俺を嵌めた罪、今ここで断罪してやる。どうせ死ぬんだ。ここで俺が殺してやる! はははははははははは!!」

 

 宗介は再びスキルを使うと、また消える。

 

「うわあああああああああ!!」

「きゃああああああああああ!!」

「ウェルト! テルシア! くそおおおおお!」

 

 俺は宗介を殺すために剣を振るう。

 宗介は平然と俺の剣を紙一重で回避して、手痛い反撃を食らわせてくる。

 

「流星剣!」

「流星投擲!」

 

 俺が必殺スキルの流星剣を放つと、それに合わせて宗介も流星シリーズの技を使ってきた。

 全て相殺される。

 おかしい、まるで、宗介が勇者の武器を持っているかのようであった。

 

「もしかして、あの武器は七星武器の投擲具では?」

「……どう言うことだ?」

 

 ファリーがそう推察する。

 

「でも、なんでソースケさんが投擲具を? 投擲具の勇者様は他の国にいるはずなのに?」

「そう言う推察は地獄でしていろ」

 

 宗介はそう言うと、再び一瞬で消えて、ナイフのドームを作り出す。

 そして、一斉に降り注ぐ。

 剣でなんとか打ち払うものの、ダメージが蓄積していく。

 あの攻撃は一体なんだ? 

 俺たちは地面に倒れ伏した。

 

「クックック……。さあ、トドメだ!」

 

 宗介はそう言うと、武器を禍々しいナイフに変化させた。

 俺の胸ぐらを掴み、首筋にナイフを突きつける。

 ぐ、まさかのゲームオーバーか。

 やはりあの時、宗介が離脱したのがフラグだったのだろうか? 

 だが、宗介の動きがピタリと止まる。

 

「う、ぐ、が! な、何を……!」

 

 宗介はそう言って頭をかきむしる。

 ナイフの柄から手を離しているにもかかわらず、ナイフは地面に落ちない。

 

「レン様! 今のうちに!」

「だが、宗介が!」

「いつ、再び殺しにくるかわかりません! 早く波を鎮めるのが勇者様の役目です!」

 

 バクターに諭され、俺はそうだったと思い至る。

 まるで何かに洗脳されたようにしか見えない宗介を置いて、俺たちは撤退した。

 くそっ! 俺は強いんじゃなかったのか? 

 宗介にまるで歯が立たなかった事に俺は悔しい思いを抱き、波の本体の方向に撤退した。




宗介は、時を止めるスキルを使っています。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。