晴れのち雨男   作:外道男

2 / 2
2

今日から雨男に関する日記を付けようと思う。

 

先ず、あいつの特徴は

➀雨の日に現れる

そして、雨が止むと居なくなる。

➁格好はいつも同じ

黒ずくめの不審者。おなし←洗濯してる?

➂雨が好き。

私とは絶対に気が合わない。

➃恐らく、私以外には見えてない。

少なくとも学校の友達や家族には見えなかった。

 

あいつは私と話がしたいらしい。

次に雨が降ったらすぐに見つけ出してやる。

 

 

雨が降り出した。

 

見つけた。

 

 

 

 

「やあ」

 

「そんな所で何してんの?」

 

「何もしてないさ」

 

ヒカルが雨合羽を着て公園に来ると、雨男は滑り台の上に立って空を見ていた。

その場所にいる理由を聞いても前回同様まともな返事は無かった。

ヒカルは滑り台の階段側に腰掛けて雨男と同じように顔を上げた。

雨粒が顔を打つのは嫌な気分だが、今はまだ小雨で大した影響は無い。

 

 

話の種は、雨を眺めるのが嫌になったヒカルから切り出した。と言っても雨男と話すことは、雨の話以外に無いのだろうが。

 

「何で雨が好きなの?」

 

「それは無意味な質問だと思わないかい?」

 

「はあ…?」

 

相変わらず、はぐらかすような答え方ばかりする奴だ。ムカつく。

 

「好きって事に理由を付けても、白けるだけさ」

 

「何言ってんの。ワケわかんない」

 

「君は晴れが好きかい?」

 

「うん」

 

「それはどうして?」

 

「…雨が嫌いだから」

 

「そういう事さ」

 

いや、どういう事だ?

この男と話していても全く会話になる気がしない。

好きとか嫌いとか、そういう観点で話をしても、そもそも見えているものが違うのだから話が噛み合っていない。

仕方なくヒカルは話題を変えた。

 

「お前、何歳なの?」

「生まれたばかりさ」

 

「…馬鹿にすんなよ」

「してないさ。君は?」

 

「…14歳」

「じゃあ俺も14歳」

「この野郎」

 

駄目だ。

やっぱりこの男は自分をからかっている。まともに会話する気などさらさら無いに違いない。

 

ヒカルが溜め息を吐くと同時に砂場を踏む音がして、振り向くと雨男は滑り台を下りていた。

 

「…今更だけど、何で傘差さないの」

「雨に打たれたいと思ったことは?」

「あるわけないじゃん」

「俺はいつも思っているよ」

「変なヤツ。…雨なんて悲しくなるだけじゃん」

 

「それだよ」

「え?」

 

いつの間にか雨男はヒカルの隣に立っていた。

自分の雨合羽のせいで絶妙に顔が見えないが、笑ってはいないようにヒカルには見えた。

 

「多くの人が悲しい時に雨を意識する。悲しみと雨を絡めて考える。雨を悲しみの象徴とする」

 

雨には何の責任も無いのにね、と雨男はヒカルを流し見た。

 

「…何が言いたいの」

「雨が悲しみを集めてしまうなら、悲しみを受け止める者が必要だ。だから」

 

 

その為に僕がいる。

それが、今日最後の奴の台詞だった。

差し込んだ陽の光を感じてヒカルがフードを脱いだ時、既に雨男は消えていた。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。