起きたらゴリラ顔だった   作:mi-ta

115 / 330
やってきましたシャボンディ


訓練進捗 ドンクリークさん

フレバンスを発って数週間、ようやく船はマリージョアに到着したのでフレバンス元国王をマリージョアにて世界政府の役人に引き渡しそのついでに元国王が国の権利を周辺国家に売り渡した事とそれにより戦争状態になった事をちくっておく。

 

そしてこちらはそのままマリージョアを突っ切ってマリンフォードへ。

 

コング元帥に今回の件を報告し書庫の閲覧許可を貰いに行く。

 

王族を怒鳴りつけた事や避難民二百人程の脱出については"・・・こちらで何とかしておく、避難民については世界政府に報告する必要は無いだろう"との事だったのでこの件は後で箝口令を敷く事となった。

 

そしてゼファーのおっさんのとこで訓練をしているシグマ、カフウ、ギンの元へ向かいかくかくしかじかうんぬんかんぬんとゼファーのおっさんに説明、シグマとカフウの訓練を中断し書庫にいる間、ロビンの護衛についてもらう。

 

ギンが"オレも手伝いますか?"と聞いてきたので"大丈夫だ、お前はゼファー先生の特訓を頑張ってクリアしてくれ"と10歳となり背も伸びたギンの頭をワシワシと撫でながら言うとシグマ達の方に向かい"シグマ、カフウ、ロビンねーちゃんを頼むぞ"と伝えていた。

 

ゼファーのおっさんことゼファー先生に進捗を聞いたところ

 

「この3年間で座学と基礎は固めた、体力づくりも勿論だ。

 

後は今からの2年で戦闘技術を教え込む、後で本人にも聞くが、どういう風に鍛えて欲しい?」

 

などと言われたので

 

「おっさんにまかせる、若しくはギンの好きにさせてやってくれ。

 

おっさんはプロだからな、下手に素人が口出すよかいいだろう」

 

と言うと

 

「おっさんじゃねぇ、ゼファー先生だ」

 

と黒腕の異名に恥じぬ武装色にて黒く染まった腕でゲンコツされた。

 

ちょっと、普通に殴ったら硬いからってわざわざ武装硬化しなくても・・・とは思ったが口には出さないでおく。

 

そうしてゼファー先生達と別れ海軍書庫へ、管理人に話を通してロビン、シグマ、カフウを入れてもらいこちらは単身シャボンディへ向かう為に船舶部へ。

 

丁度シャボンディ諸島行きの船があった為乗せてもらい半日程で到着、御礼を言ってシャボンディ諸島の土を踏んだ。

 

ついた時間は既に夕方になっていたそのまま泊まって行きますか?と聞かれたが"少し用事を済ませたいのでな、先に片付けてくる"海軍コートを脱ぎ無法地帯へ足を踏み入れ目指すは12番GR

 

12番GRの隠れ家のドアを開ければ少し鼻につく異臭

 

「ドクター!Dr.インディゴ!!」

 

「ウルサイぞキサマ!怒鳴らなくても聞こえている!!」

 

コツコツと足音を立て部屋の奥から出てきたのは一人のピエロ・・・

 

待て、そのメイクは目立つからやめてくれって言ったんだがなぁ・・・

 

 

 

 

 




とりあえずなんかの役に立つかもしれないのでDr.インディゴも連れてくか

知らない方へ

Dr.インディゴ

filmストロングワールドにて登場、金獅子のシキお抱えの科学者。

現在はシキを処刑では無く投獄にしてもらう代わりにクリークに協力している。

現在小説の改訂を進める予定ですが数話程を纏める形で考えています。詳しくは作者報告の方にご意見お願いします。

  • 纏めて良し
  • 改訂は問題ないが纏める必要は無い

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。