起きたらゴリラ顔だった   作:mi-ta

91 / 330
百話記念なににするかなー


赤犬同乗 ドンクリーク

 

残念ながらクザンは巡回任務にて海に出ており不在、その為サカズキや他の人間から情報を集めつつ何とか裏からバスターコールを止めようと奮闘するも時は無慈悲に流れてとうとう本部よりサカズキを含めた人員がマリージョアへ向かった。

 

G-1支部へ向かい軍艦に乗り換え道中でクザン含めた他の人員と合流する手筈らしい。

 

とりあえず休暇という事で一月ほどの休みをもぎ取ってサカズキの船に同乗させてもらったがサウロ中将もどうなったかわからないし注意を促す手紙もオルビアの元に届いているか不安だ・・・

 

「おぅ、クリークよ

 

そんな隅で小さくなってどうしたんじゃ」

 

考え事をしてたとこに声をかけてきたのはサカズキ、そういや原作では避難船沈めたんだっけ?

 

「なぁサカズキ、バスターコール発動されても避難船に砲撃するなよ?」

 

「なんじゃと?命令なら別じゃがわしがそんな事すると思っちょるんか?」

 

だいぶ丸くなったよなサカズキも

 

「ちょっとした冗談だ、しかしバスターコールは発動されると思うか?」

 

「可能性は高かろう、わしとクザン含めモース中将、グタ中将、イエキ中将も招集を受けちょる。

 

世界政府の船が先に上陸して証拠を探すっちゅう事じゃが証拠の1つ2つ奴等ならでっち上げても不思議じゃぁなかろう」

 

と手振りを加えつつ状況を説明してくれるサカズキ

 

「だよなぁ・・・、オハラはちょっとした縁で研究を依頼してるし知り合いもいるからバスターコールをかけられると凄く困るんだが・・・」

 

「どんな知り合いか知らんが内通を疑われんようにせぇよ?」

 

「覚えてるか知らんが母親探しをした女の子とその母親だ、考古学者だったらしいから"月人伝説"について調べてもらってるんだよ」

 

「それがあるからバスターコールを止めるっちゅうんか?

 

クリークよおんしも海軍の人間なら覚えとるじゃろう

 

"何を持ってもまず殲滅"

 

バスターコール実行艦隊の作戦行動は迅速かつ徹底した任務最優先の行動が絶対とされちょる、そうそう止めれるもんでもなかろう。

 

おんしが何とかしたくてもそう簡単に覆らん、できるとしたら知り合いじゃあいう親子を避難船に乗せるぐらいしかなかじゃろう。

 

幸いにもおんしは休暇中でバスターコールの人員ではないけぇの」

 

「・・・島が見えたら俺はその時点で離脱する、いざバスターコールが始まったとしてもこっちは気にせずにやってくれ」

 

「ふん、おんしがそんくらいで死ぬとは思うとらんわい

 

・・・何する気か知らんがくれぐれも政府に疑われんようにせぇよ、おんしにはまだやってもらう事が色々とあるき」

 

行動目標はバスターコールを止める、次点でオルビアとロビンその他を助ける。

 

サウロ中将がどうなってるか不明だが原作通りであればこっちの目くらましになってくれるだろう。

 

クザンとも少し話をした方がいいか、たしかクザンに氷漬けにされたんだったよな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




やるだけのことはやってみよう

現在小説の改訂を進める予定ですが数話程を纏める形で考えています。詳しくは作者報告の方にご意見お願いします。

  • 纏めて良し
  • 改訂は問題ないが纏める必要は無い

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。