アイシア   作:ユーカリの木

10 / 43
第二章:殺人鬼の正義 2

 そこは、翡翠色の光に溢れていた。おびただしい数の翡翠色の妖精が、虚ろな眼窩を見せながら宙に浮かんでいる。

 

 宣言をした日の夜。六本木にあるタワーマンションの一室。家主が高給取りと思わせる高価な調度品に飾られたリビングに、更科那美は老女の姿でソファーに腰かけていた。傍に立つ鎧は老人に変化していた。家主の隣の部屋に住む老夫婦の姿だ。

 

 那美は、鎧から訊いた情報を元に家主を油断させるべくこの姿になったのだ。顧客リストにある男性を殺すために。

 

 室内にはもう一人男性がいた。床に転がりながら首を掻きむしり、そろそろ窒息死せんとばかりに目を見開きよだれを垂らしている。男性には妻とふたりの子どもがいるが、既に寝室に引っ込んでいてリビングに来る様子はない。元型体系によってリビングに来ないよう精神誘導を施した観念結界が張られているからだ。

 

 魔法は便利だと那美は思った。子どもの身であってもこんなに簡単に人を殺す用意ができる。

 

 タワーマンションのセキュリティは顔認証システムが使われている。高位の元型魔導師にとってはざるも同然だった。

 

 宣言が放送されている最中、那美たちは既に動いていた。鎧が半日掛けただけで隣の住人の顔を確認し、変身するだけの情報を取りそろえた。後は夜を待つだけだった。魔法があるだけでこんなにも簡単な仕事になる。

 

「そろそろ殺すか」

 

 老人姿の鎧が潰れた声で言った。

 

「うん、そうだね。もういいよ、妖精さん」

 

 妖精が姿を消す。酸素濃度が極限まで低下していた室内に、生きるために必要な空気が戻る。男性がむさぼるように息を吸った。

 

 鎧が右で刀を抜いた。左手で男性の胸倉を捕まえて無理やり立たせる。混濁していた男性が意識を捕まえ、ようやく自分の立場がいかに危ういかを知った。

 

「や、やめてくれ! 命だけは、命だけは頼む……!」

 

 男性の命乞いを那美は一笑に付した。

 

「そういう懇願をあなたは無視して子どもを買った。当然の報いだよ。さようなら、おじさん」

 

 鎧が刀を一閃させた。男性の首が飛び、血が勢いよく吹き出す。血を被った那美は、凄絶な笑みを浮かべる。

 

 転がった男性の首を一瞥し、那美は言った。

 

「まずは一人目」

 

 そのとき、鎧が鋭い声を上げた。

 

「ASUに察知された! 逃げるぞ!」

 

 那美は咄嗟に窓の外を見る。そこには、元型魔法で作られた妖精がこちらを覗いていた。

 

 

 

 ◇◆◇

 

 

 

 関東支部に泊まり込みをしていたアイシア班の面々の端末が鳴る。ブリジットからだ。

 

「更科那美の居場所が特定できた! リアルタイムの場所を転送するからすぐに向かってくれ!」

 

 アイシアの判断は早かった。

 

「了解。ブリジットはそのまま追跡を続けて。オットーはこっちに寄越して、四人で捕まえるよ」

 

 合流したオットーと共に、四人で関東支部を出てAWSで夜の空を疾走する。那美は六本木のタワーマンションから移動しているところだった。相対速度を考えるにこれならばすぐに追いつける。飛行中、アイシアは警視庁へ更科那美の所在が分かった旨とこれから逮捕へ向かうことを伝えていた。警官とASU刑事課を待つよう進言されたが、遅いと一喝していた。次にISIA本部へ連絡し、戦闘魔法の使用許可を要請。どうやら受諾されたようだ。

 

 すぐに六本木の煌びやかな街が眼下に広がる。那美と鎧が向かっているのは進路からみて六本木一丁目駅だ。裏道を使ってブリジットの要請を撒こうとしているが難儀しているようだった。 

 

 ふたりに追い付く。ラファエルは離れたところで狙撃ライフルを持って待機。アイシアと弓鶴が前衛、中衛にオットーを置いて那美と鎧の前に降り立った。

 

 女児の姿になっていた那美が、弓鶴たちを見て首を傾げる。

 

「ASUの人? わたしを捕まえにきたの?」

 

 アイシアが一歩前に出て答える。

 

「川口市と赤坂の連続殺人事件の最重要参考人として身柄を拘束しにきました。無駄な抵抗はお勧めしません」

 

「ASUは犯罪魔導師に容赦がないんだよね。殺されちゃうのかな?」

 

 弓鶴は眉を顰める。十一歳の子どもが知っている情報ではない。

 

 那美が笑う。子どものものではない、大人の妖艶な笑みだった。

 

「まだ鬼退治は終わっていない。だから、ここで捕まるわけにはいかない。鎧さん!」

 

『承知した』

 

 鎧が刀を抜き、切っ先を前方に向けた八双の構えを取る。弓鶴も持ってきていた同田貫を鞘に入れたまま構えた。アイシアもローブの内から拳銃を二丁取り出して銃口を鎧へ向けた。

 

 一触即発の緊張感。

 

 アイシアによる最後の通告。

 

「もう一度訊くけど。抵抗せずに捕まってくれないかな?」

 

「動画で言ったよねお姉さん。邪魔する人も殺すって」

 

「仕方ないか……。弓鶴!」

 

 既に弓鶴は動いていた。足元で指向性の爆発が発生。錬金魔法によって足元に生み出した金属を急激に気化爆発させたのだ。その爆風を利用して彼は鎧との距離を一気に詰める。同時、アイシアは精霊魔法による《電磁結合》により、紫電を纏って反射神経と速度を上げて鎧の背後に回っていた。

 

 そしてオットーは那美を囲うように秘跡魔法が《歪曲体系》により周囲の空間を歪めて逃げ道を塞ぐ。完璧な詰み手だ。

 

 銃声。ラファエルの狙撃だ。因果体系の《時流制御》によって、通常の四倍速で放たれた狙撃弾が那美の足首へ一直線に向かう。直撃する寸前、鎧が刀でそれを弾いた。驚異的な反射神経だ。

 

 その一拍の隙に弓鶴が一歩右足で踏み込む。腰のひねりと体重移動を加えて抜刀。一閃。神速を超えた居合の一刀が鎧を寸断――……する寸前に刀で受け止められる。だがこれは想定内。背後からアイシアが肘打ちを食らわせる。同時、精霊体系が《電磁結合》で精神を焦がすほどの電流が流される。その効力圏から逃れるために弓鶴は一歩引いた。鎧の全身に凶悪な雷が流れる。が、

 

『ぬるい!』

 

 鎧がコンクリートの地面に刀を刺す。すると、地面から円錐型のコンクリートが伸びて弓鶴とアイシアを狙う。元型体系で精神を吹き込まれた地面が疑似生命体化し、己が身を伸ばしたのだ。予想外の攻撃方法に弓鶴の動きがわずかに止まる。その隙が致命的だった。彼の身体を射抜かんと伸ばされた円錐は、しかして、オットーによって張られた秘跡魔法の結界によって阻まれた。

 

「助かったオットー」

 

「いいから態勢を立て直す!」

 

 《電磁結合》による強制動作によって逃れていたアイシアの檄が飛ぶ。彼女は近接戦を不利と見たか、一度距離を取ると術者である那美を狙って連続発砲。路地裏に薬莢の澄んだ音が響く。これでどうだと言わんばかりのアイシアの顔に驚愕。元型魔法によって生み出された妖精によって銃弾が宙に縫い止められていた。音速を超える銃弾をすべて受け止めるなど化物か。

 

 弓鶴もぐっと腹に力を込めて那美本人を狙うべく足を踏み出すが、直後極大な悪寒がして頭を下げた。鎧によって放たれた横凪が完全に首を捉えていたのだ。もう少し反応が遅れていたら首を落とされていた。

 

「弓鶴は鎧をお願い!」

 

 アイシアが指示を出す。だが、鎧の方が一手早かった。

 

『ASUは厄介だな。悪いが引かせてもらおう』

 

 鎧が刀を地面に滑らせ振り上げる。摩擦熱で火花が生まれる。首筋を狙った一刀を弓鶴は避けるが、火花が急に巨大化する。危険度が未知数で弓鶴は大幅に距離を取る。

 

 いまや火花は炎の塊となり、姿形を変態させる。炎は巨大な鳥になっていた。まるで荘厳の不死鳥の威容。強烈な熱波が周囲を灼熱に変える。弓鶴は錬金魔法で耐熱防壁を目の前に築き輻射熱から身を守る。

 

『燃え尽きろ』

 

 火炎鳥が大きく羽ばたいた。それだけで火災旋風が発生。炎が大気を取り込み回転しながら上昇し、巨大な竜巻となる。弓鶴は全滅を覚悟した。だが、オットーが即座に全員分の防御結界を展開。人ひとりを軽々と炭化させる炎の渦から身を守る。

 

 一分ほど耐え忍んで火災旋風が消えたときには、そこには那美と鎧の姿は消えていた。撤退の判断が早すぎる。

 

「ブリジット!」

 

 アイシアが端末に叫ぶ。

 

「……すまない。あの一瞬で的確に我の妖精に炎弾で狙ってきた。すべて焼かれたよ。いま探してる」ブリジットの悔しそうな声。

 

「エル!」

 

「……すみません、こっちもバレてたみたいです。治療をお願いします……。肩に被弾しました」ラファエルの荒い息遣い。

 

 アイシアの瞳に逡巡。すぐに指示を発する。

 

「ブリジットはそのまま那美の捜索! オットーも加わって! 弓鶴は私と一緒にエルと合流!」

 

 全員が返事を終える前にアイシアがAWSを起動して飛び上がっていた。弓鶴もこれに追従する。狙撃ポイントにて左手で肩を押さえていたラファエルの下へ降りる。

 

 ラファエルの肩はローブを貫通して炭化していた。アイシアが精霊魔法の《生態結合》で治療を開始する。

 

「参った。ちょっとあれは強すぎる。普通はあんなぽんぽん多種多様の疑似生命体は作れないよ」

 

 アイシアが焦りの混じった声で言う。

 

「あれブリジットより強いぞ。確実に第九だろ」

 

「だね。鎧を押さえてから那美の身柄を確保する予定だったけど、あれじゃ無理だね。生きたまま捕まえるのは無理だと思った方がいい」

 

 反論できなかった。実際弓鶴も、オットーがいなければ二回は死んでいたのだ。更科那美を止めるには殺す以外の方法がない。そして、そんな強大な力を魔法使いが己が正義を身勝手に奮っている。

 

「最悪だ。本当に最高位級の魔導師が顧客リストを元に殺しまわってる訳か」

 

「最悪どころじゃなくて悪夢だね。ASUの精鋭部隊が必要な案件かもしれない」

 

 一度言葉を止めたアイシアがブリジットを呼ぶ。

 

「見つかった?」

 

「すまない、完全に撒かれた」

 

「今回は完全にこっちの失態だね……」

 

「あっちが真面目に戦っていたら全員殺されていた。リストの消化を目的として逃げたのだろう。結果として最高位相手によく生き残った。上出来の部類さ」

 

 珍しくブリジットがアイシア達を労わる言葉を放った。

 

 ようやくいまになって、弓鶴は身震いした。第九階梯の魔導師があれほどの力を持つなど知らなかったのだ。恐らく、あれでも実力の一端しか見せていないだろう。それほどまでに最高位魔導師の実力は群を抜いている。

 

 元型魔法は本来戦闘には向いていない魔法体系だ。それなのに最高位魔導師が魔法を扱えばこうなるのだ。彼我の実力差に思わず笑いたくなるほどだった。

 

 治療を終えたアイシアが立ち上がる。

 

「ブリジットとオットーは引き続き更科那美を追って。私たちは……戻ろうか」

 

 その美しい横顔は悔しさが滲んでいた。

 

 

 

 関東支部に戻った弓鶴たちを待っていたのは、ASU支部長直々の叱責だ。曰く、なぜ刑事課を待たなかったのか、雑魚が粋がったのか、無能者、糞にも劣る畜生、弱者は死ね、などといった晴れ晴れするような罵倒だ。無駄な悪罵を一時間程度聞いた彼らはぐったりとした気分で警護課のオフィスへ戻った。

 

「支部長って思ったほど語彙が少ないんだね。罵倒内容の陳腐さに思わず笑いそうになったよ」

 

 アイシアが暢気に笑う。だが、雰囲気のどこかに悔しさが混じっているようにも見えた。当然だろう。魔法使いはプライドが高いのだ。いかに内容が陳腐だろうが、あれだけ馬鹿にされて腹が立たないわけがない。

 

「……あの男、絶対殺す。必ず殺す。隙を見せたら狙撃して殺してやります……」

 

 ラファエルはライフルを抱えながら暗い顔でぶつぶつと呟いている。よほど腹に据えかねたのだろう。

 

「さて、これからどうしようか。事件が終わるまで帰るなってお達しだし。まったく、いつの時代のブラック企業なんだろうね」

 

 アイシアが椅子の背もたれにだらしなく寄りかかってぼやく。

 

 長時間労働が問題になり働き方改革が世界的に広がって久しいが、残念ながら公務員には適用されていない。そういう意味ではISIA直下のASUも同様だ。

 

「警察側なんか初日からそうだろ」

 

「そうなんだけどね」

 

 アイシアは珍しく不満そうだ。思い返せば、彼女が残業をする姿をあまり見たことがなかった。

 

「そんなに帰りたいのか? 普段何やってるんだよ」

 

「うん? ゲームだね」

 

 回答が斜め過ぎて驚いた。ゲームをやっているアイシアなど想像がつかなかったからだ。

 

「グレートマザー社が出してるアイシア・スフィアズって知らない?」

 

「ああ、結構有名な奴だな」

 

 弓鶴の記憶では《第七天国》上で運用されている仮想ネットワークゲームのはずだ。

 

《第七天国》とは、電気・ガス・水道・インターネットに次ぐ第五のインフラだ。集合的無意識上に存在し、現実と全く同じ物理法則や魔法法則で構築されている疑似的な空間だ。Iotの魔法版であるSot:Sorcerynet of Thingsはインターネットの代わりに《第七天国》を使用している。AWSも《第七天国》にある魔法クラウドサーバから魔法を引き出すことで空飛ぶ靴となるのだ。

 

「確かそれって魔法を使って遊ぶ奴だろ。魔法使いがやってどうするんだ?」

 

「訓練になるからだよ」

 

 更に回答が斜め下になって弓鶴は呆れる。

 

「……それ遊んでるのか?」

 

「遊びではやってないかな。主に魔法訓練の一環だね」

 

「普通にASUの本部から《第七天国》に繋いで訓練すればいいだろ」

 

「自分が扱える魔法体系以外の魔法を使えるんだよ。傾向と対策を練ることができるから便利なんだよね」

 

 自慢げにアイシアが言うが、問題はそこではない。

 

 とりあえずアイシアの趣味が魔法であることはよく分かった。やはり彼女も魔法使いということだ。年頃の女性がそれでいいのかと少し不憫に感じた。

 

 残念な目で見ていると、今度はアイシアが弓鶴に質問を投げる。

 

「そういうキミは休みの日はどうしてるの? どうせ訓練でしょ?」

 

「……病院に見舞いに行ってるな」

 

「うん? 近親者に入院してる人っていたっけ?」

 

「いや、知人だ」

 

「女の人ですか?」いきなりラファエルが会話に加わってくる。

 

「あれ、弓鶴って彼女いたの?」アイシアがこてんと首を傾けた。

 

 完全に雑談の空気になっていた。日本中を揺るがす大事件なのに何をやっているのかと一瞬自問自答したくなるが、いまできることは何もないから流れに身を任せることにした。

 

「女だけど彼女じゃない。昔馴染みみたいなもんだよ」

 

「弓鶴……その歳で彼女いないんですか。残念ですね」ラファエルが鼻で笑った。

 

「いないとは言ってないだろ。確かにいないけど」

 

「弓鶴は生意気ですけど優良物件です。高給取りの魔法使い。養ってください」

 

「毎日カルボナーラ祭りは勘弁してくれ」

 

「離婚ですね。破局です」

 

 ラファエルと会話をしていると明後日の方向に話題が進むからまともな話にならない。彼女の頭の中にはカルボナーラのことと、結婚して主婦になる夢しかないのではないかと疑いたくなる。

 

「それだけ?」とアイシアが疑問を再び投げる。

 

「なにがだ?」

 

「うん、病院に行ってるだけ? いつも?」

 

 弓鶴は記憶を辿るも、確かに休みの日はいつも病院に行っていた。行かないとホーリーがうるさいのだ。口喧嘩では必ず負けるから休みの日はなるべく病院に通うようにしていた。

 

「いつも行ってるな」

 

「それ彼女じゃないの?」

 

「それだけは認めたくないな」

 

 あの女を彼女としてだけは認めたくなかった。あれは友人関係が精一杯だ。それ以上の関係にはなれそうにない。アイシアは意味不明と言わんばかりに首を振った。

 

「そういう相手の見舞いに行くキミの感情が理解できないよ。もっと他にやることあるでしょ。魔法を学ぶとか、運用方法を訓練するとか」

 

「アイシアはそればっかりです……」ラファエルがうんざりしたように耳を塞いだ。

 

「休みの日くらい魔法から離れろよ……」

 

 弓鶴の心からのつっこみだった。せめて休みの日は仕事である魔法からは離れた方がいいだろう。アイシアには女子力が決定的に欠けている。それはラファエルにも言えることなのだが……。

 

「生き残るためには強くならないとだからね。両親より先に逝くのはごめんだよ」

 

 アイシアが笑って言った。それを言われると何も反論できない。

 

 魔法使いの人生観は過酷で苛烈だ。競争社会の中を生きていて、己が魔法の技量がそのまま評価に繋がる。怠ければそれだけ自身の首を絞めることになる。特にASUで前線に立つ魔法使いにとっては生死に関わることだ。

 

「少しは女らしくしたらどうだ?」

 

 なんとなく弓鶴は言ってみる。ふたりとも見た目だけは抜群に良いのだから、中身を磨けばもっと良くなるだろうという男の願望もあった。だが、アイシアはそれを斬って捨てる。

 

「それで生きられるのならそうするよ。無理だけどね」

 

 アイシアは生粋の魔法使いだ。だから命の次に魔法が重い。

 

 こんな軽い雑談でも生粋の魔法使いとの間には価値観の違いが現れる。これでは一般人と魔法使いがちゃんとした形で理解し合うなど不可能ではないかと思わずにはいられない。

 

「更科那美を捕まえられなかった無能はここかね?」

 

 ふいに、不遜な声が投げつけられた。刑事課のランベール・ディディエだ。表情は嫌味ったらしくにたにたと笑っている。わざわざ煽りに来たのだろう。アイシアとラファエルの表情に厄介な奴がきたと書かれていそうだ。弓鶴もたぶん似たようなものだろう。

 

 アイシアが嫌そうな顔を隠そうともせず言った。

 

「ディディエ。何しに来たの? 暇なの?」

 

「もちろん暇ではないとも。僅かな時間の間を縫ってここに来たに過ぎない」

 

 今回はブリジットがいないからアイシアを無視する選択はとらなかったらしい。いい加減な判断基準だ。そしてやっぱり相当暇なのではないかと弓鶴は思った。

 

「我々を待たずに更科那美と対峙し、逃がしたそうだな。滑稽ではないか。低階梯の者らしい愚鈍な仕事ぶりだ。是非現場で見たかったものだ」

 

 もう話したくないとアイシアの顔に出ていた。しかたなく弓鶴が後を引き取る。

 

「相手は第九階梯級の魔導師だ。お前らが相手したって似たようなもんだろ」

 

「おや、君は……誰かね?」

 

 不遜な者言いをしてランベールが首を傾げる。男がその仕草をしていると殴りたくなる。やっているのが刑事課の人間なら尚更だ。

 

「警備課の八代弓鶴だ」

 

「ああ、確か、あー……第六階梯だったかね? すまないな、低階梯の者はあまり覚えられなくてね」

 

「記憶力が無いんじゃないか? 大丈夫か? 痴呆症が始まってるんじゃないのか?」

 

 こちらとしても言いたい放題言われるのは癪だから、弓鶴は敢えてブリジットのように煽ってみせた。ランベールの眉間に皺が寄る。

 

「極まった魔法使いに老いなど関係ない。忘れたのかね?」

 

「たかが第八階梯が粋がるなよ。そういうことは第九になってから言え」

 

 ランベールの口端がぴくつく。どうも彼は煽り耐性が無いらしい。

 

「たかが第六階梯が言うではないか。私はもうすぐ第九階梯になる。次の魔導師位階検定では最高位になっていることだろう」

 

「夢はいくらでも見られるからな。なれるといいな。ところで、アイシアがお前の顔を見て嫌がってるぞ。嫌われたんじゃないか? さっさと巣に帰れ」

 

 はっとランベールが笑った。

 

「馬鹿なのかね? 魔法使いが上位階梯の者を嫌うはずがないだろう」

 

「そう思ってるのはお前だけだ。いつの時代に生きてるんだ? 中世か? 中世の人間だって心の中じゃ上位者の横暴さに嫌気がさしてたに決まってるだろ。お前頭悪いんじゃないのか? 本当に第八階梯か? 実は第三階梯くらいじゃないのか?」

 

 だんだん面倒になった弓鶴の口から煽り文句が次々と出てくる。ランベールが顔を真っ赤にしていた。どうも逆鱗に触れまくったらしい。いい気味だ。

 

「よかろう。私の実力を知りたいということだな。ならば決闘だ。《第七天国》に来たまえ」

 

「いや、帰れよ。事件中に何考えてるんだよ。それと、いま二十一世紀だぞ? 何時代に生きてるんだお前は。いいからさっさと帰れ。こっちはアイシアとエルが本気でお前のことゲテモノを見る目で見てるんだよ。空気が悪くなってることのに気づかないのか? 第八階梯のお偉いさんなら空気くらい読んでくれ」

 

「怖気づいたということかね? 良かろう、ならば私の勝利ということで帰らせてもらおう」

 

「ああもうそれでいいから帰ってくれ」

 

 失礼する、と言ったランベールが警護課のオフィスを出ていく。全身に疲労感と虚しさがどっと圧し掛かった気がした。無駄過ぎる時間だった。

 

 弓鶴、とラファエルが彼に顔を向けた。まるで稀代の彫刻家による渾身の作品を思わせる、見る者すべてを魅了する微笑みを浮かべていた。

 

「……口悪いですね」

 

 言ってきた内容は最悪だった。弓鶴は脱力する。

 

「追い払ってやったのにその言い方はあんまりだろ……」

 

 アイシアが楽しそうにけたけたと笑っていた。

 

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。