番外個体の獣は少女と旅す   作:星の空

4 / 13
第2話 ステータスプレート

戦争に参戦する以上は自衛と戦う術を体得して磨かなければならない。

イシュタル曰くこの世界の一般人とは隔絶した力を秘めているそうだが、それで鼻を伸ばすのは些か傲慢であろう。

それにいきなりナイフを渡されて抵抗する相手を殺せと言われても不可能そのものだ。

イシュタルもそれはわかっていたようで、この教会のある山の麓の国が鈴達を受け入れるそうだ。

麓の国に行くには下山しなければならなくて、そのために今は教会の出入口にいた。

教会の正式名称は聖教教会と言って、山の山頂に建っているそうだが山特有の息苦しさがなく、鈴からしてみれば魔力の流れ(・・・・・)が感じるため強制的に住みやすい環境にしているのが分かる。

教会の外に出てまず出迎えたのは太陽の光を反射してキラキラと煌めく雲海と透き通るような青空という雄大な景色であり、鈴でさえ思わず見蕩れてしまった。

自慢気なイシュタルに促されて先へ進むと、柵に囲まれた円形の大きな白い台座が見えてきた。大聖堂で見たのと同じ素材で出来た回廊を進みながら促されるままその台座に乗る。

台座には巨大な魔法陣が刻まれていた。教室で見た魔法陣と似ているが違うものだ。

柵の向こう側は雲海なので大多数の生徒が中央に身を寄せる。それでも興味が湧くのは止められないようでキョロキョロと周りを見渡している。鈴はその様子をケラケラと笑いながら柵の上に座った。危ないと思われているようだがこれ以上に危険な目にあっているため気にすることはない。

 

「彼の者へと至る道、信仰と共に開かれん――〝天道〟」

 

皆が乗り切ったらイシュタルが何やら唱えだした。その言霊をキーとして台座にある魔法陣が輝き、滑らかな動きで地上に向けて動き出した。

イシュタルが唱えたのはこの魔法陣を起動させるための詠唱らしい。

ある意味初めて見る魔法に興奮し出す生徒達。それを横目に鈴はこんなことを思い、セイバーに窘められていたりする。

 

(シングルアクションの方が直ぐに起動するのになぁ。詠唱って面倒臭いじゃん。)

(こらこら、そう言いなさんな。出来ないからこれであって出来てたらやってる筈さ。)

(むぅ)

 

やがて、雲海を抜け地上が見えてきた。眼下には大きな町、否、国が見える。山肌からせり出すように建築された巨大な城と放射状に広がる城下町。

国名はハイリヒ王国と言うそうだ。

台座は、王宮と空中回廊で繋がっている高い塔の屋上に続いているのが魔力の線(・・・・)で分かり、これが雲海を抜け天より降りたる〝神の使徒〟という構図そのままである演出であったため、王国すら狂信者で埋め尽くされているのではないかと鈴は心配をした。

王宮に着いた後、直ぐに玉座に招かれて国が教会の下についていることが発覚したり、王国の重鎮との顔合わせがあったがなんとか乗り越えて、今は宛てがわれた部屋にて鈴は横になっていた。

盗聴器や隠しカメラが無いか隈無く探し、最後に防音の魔術(・・)を使用してからたっぷりと溜め込んだ溜息を吐いた。

 

「うはぁあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!何なんだよもう!!!!特異点(・・・)異聞帯(・・・)の次は異世界とかどんだけ運が無さすぎるんだよぉぉぉぉ!!!!そういうのってオカン(エミヤ)兄貴(クー・フーリン)の専売特権でしょぉ!!!!」

「荒れるねぇマスター。 取り敢えず明日に備えて寝なよ。その間にこの城の見取り図は作って置くからさ。」

「はぁい。それじゃあ後はよろしくね、セイバー。」

 

鬱憤を晴らした後は窘めてきたセイバーに情報収集を任せて眠る鈴であった。

次の日の朝までの間にセイバーは城の見取り図を作ったり、図書室からこの世界の常識本や確認と討伐されている魔物の図鑑、この世界の歴史書、世界地図を鈴の部屋に運んだりしていた。

 

:::::::::

 

翌日

 

王国騎士達の訓練場に集まった生徒達に十二センチ×七センチ位の銀色のプレートが配られた。鈴は咄嗟に4、5枚程抜き取ったがあまり気にされはしなかった。

不思議そうに配られたプレートを見る生徒達に、騎士団長メルド・ロギンスが直々に説明を始めた。

騎士団長が直々にする訳は執務からの脱出と対外的対内的にも〝勇者様一行〟を半端な者に預けるわけにはいかないということらしい。

執務からの脱出とも言うようにメルドの性格は豪放磊落な性格で、「これから戦友になろうってのにいつまでも他人行儀に話せるか!」と他の騎士団員達にも普通に接するように忠告するくらい気さくな人物である。

おかげで生徒達はある程度リラックスが出来ているため、此方としては有難いものだ。

 

「よし、全員に配り終わったな?このプレートはステータスプレートと呼ばれている文字通り自分の客観的なステータスを数値化して示してくれるものだ。最も信頼のある身分証明書でもある。これがあれば迷子になっても平気だからな。失くすなよ?それじゃあ説明を始める。プレートの一面に魔法陣が刻まれているだろう?そこに一緒に渡した針で指に傷を作って魔法陣に血を一滴垂らしてくれ。それで所持者が登録される。 〝ステータスオープン〟と言えば表に自分のステータスが表示されるはずだ。あぁ、原理とか聞くなよ?そんなもん知らないからな。神代のアーティファクトの類だ。」

(アーティファクト…………ヴィマーナとかの類かな。)

「アーティファクト?」

 

アーティファクトという言葉を聞いて何処ぞの金ピカの空飛ぶ舟を連想する鈴とは反対に、聞き慣れない言葉だからか生徒達を代表して光輝が聞き返した。

 

「アーティファクトって言うのはな、現代じゃ再現できない強力な力を持った魔法の道具のことだ。まだ神やその眷属達が地上にいた神代に創られたと言われている。そのステータスプレートもその一つで、複製するアーティファクトと一緒に昔からこの世界に普及しているものとしては唯一のアーティファクトだ。普通はアーティファクトと言えば国宝になるもんなんだが、これは一般市民にも流通している。身分証に便利だからな」

 

メルドの説明を後目に鈴は親指を前歯で切って魔法陣に塗り着けた。すると魔法陣が一瞬淡く輝き、小さく呟くとステータス表が現れた。

 

====================================

谷口鈴 17歳 女 レベル:1

天職:結界師・【魔術師】

筋力:50【1050】

体力:40【6640】

耐性:85【5585】

敏捷:74【7974】

魔力:92【9892】

魔耐:65【7576】

技能:結界術適性・光属性適性・【魔力操作[+魔力放出(跳躍)][+魔力圧縮][+遠隔操作]】・天歩【[+縮地][+瞬光]】・夜目・遠見・直感・気配感知【[+特定感知]・魔力感知[+特定感知]】・気配遮断【[+幻踏]】・毒耐性・麻痺耐性・石化耐性・恐慌耐性・全属性耐性・【令呪】・【魔術[+強化][+ガンド][+治癒][+ルーン][+支配][+置換][+解析][+流体操作][+▪有▪界]】・詠唱【[+高速神言][+洗礼]】・【逸話昇華[+神速][+中国武術][+忍術][+勇猛]】・【宝具[+破滅の黎明(グラム)]】・言語理解

====================================

 

「あるぇ?おっかしぃなぁ?」

 

見た瞬間に隠蔽してもおかしくないだろう。そんな数値とスキルの羅列が鈴のステータスプレートに表示されていた。

数値はあの大冒険のせいだろうからまだいいが、問題は技能だ。

問題あるかないかを確認するべく今尚説明をしているメルドに耳をやる。

 

「ステータスは日々の鍛錬で当然上昇するし、魔法や魔法具で上昇させることもできる。また、魔力の高い者は自然と他のステータスも高くなる。詳しいことはわかっていないが、魔力が身体のスペックを無意識に補助しているのではないかと考えられている。それと、後でお前等用に装備を選んでもらうから楽しみにしておけ。なにせ救国の勇者御一行だからな。国の宝物庫大開放だぞ!」

 

ステータスの上げ方は分かった。あと、装備を選ぶと言われても鈴には彼の竜殺し(戦士の王)から4本の短剣と1本の直剣を継承しているため必要は無い。

技術について聞きたいのと、周りにバレたくない一心で少しソワソワし出す鈴。それを見ているセイバーは鈴の珍しい姿を見て和んでいたりする。

 

「次に〝天職〟ってのがあるだろう?それは言うなれば〝才能〟だ。末尾にある〝技能〟と連動していて、その天職の領分においては無類の才能を発揮する。天職持ちは数少ない戦闘系天職とそれなりに少ない非戦系天職に分類されるんだが、数少ないというように戦闘系は千人に一人、ものによっちゃあ万人に一人の割合だ。非戦系も少ないと言えば少ないが……百人に一人はいるな。十人に一人という珍しくないものも結構ある。生産職は持っている奴が多いな」

 

鈴は天職を2つ持っているが、魔術師というのは元からで結界師というのがこの世界での職種であろう。技能の始めに書かれている2つは知らないものもある。想像するだけで動きの幅が広がるものだ。

 

「後は……各ステータスは見たままだ。大体レベル1の平均は10くらいだな。まぁ、お前達ならその数倍から数十倍は高いだろうがな!全く羨ましい限りだ!あ、ステータスプレートの内容は報告してくれ。訓練内容の参考にしなきゃならんからな」

 

この世界のレベル1の平均は10らしい。見事にオーバーだ。数値も数値でかなりいけない。まぁ、今から見せるであろう光輝のステータスを参考にすればいっか。

 

============================

天之河光輝 17歳 男 レベル:1

天職:勇者

筋力:100

体力:100

耐性:100

敏捷:100

魔力:100

魔耐:100

技能:全属性適性・全属性耐性・物理耐性・複合魔法・剣術・剛力・縮地・先読・高速魔力回復・気配感知・魔力感知・限界突破・言語理解

==============================

 

技能の数は大体同じ位でステータスの数値は隠蔽した時のままでいいだろう。

 

「ほお~、流石勇者様だな。レベル1で既に三桁か……技能も普通は二つ三つなんだがな……規格外な奴め! 頼もしい限りだ!」

「いや~、あはは……」

 

メルドの称賛に照れたように頭を掻く光輝。

ちなみに参照として提示されたメルドのレベルは62。ステータスは平均300前後、この世界でもトップレベルの強さだそうだ。

鈴があっさり超えてしまっている件にはセイバー共々唖然とした。

それにしても光輝はレベル1で既に三分の一に迫っている。成長率次第では、あっさり追い抜きそうだ。

光輝のステータスが分かった時に聞きたかったことが聞けた。

技能は才能とイコールの関係らしく、これ以上増えることは無いそうだ。

しかし、例外が1つだけあり、それは派生技能というもので長年磨き続けた末に〝壁を越えた〟者が取得する後天的技能だとか。

これで、本格的に隠すものと少々暈すもの、そのまま出しておくものが選べる様になった。

魔術師という天職と派生技能は全て隠し、あのバケた数値は100以下になるようにして、見つかるとやばそうなものは全面的に隠す。

その結果は

 

====================================

谷口鈴 17歳 女 レベル:1

天職:結界師

筋力:50

体力:40

耐性:85

敏捷:74

魔力:92

魔耐:65

技能:結界術適性・光属性適性・天歩・夜目・遠見・直感・気配感知・気配遮断・毒耐性・麻痺耐性・石化耐性・恐慌耐性・全属性耐性・詠唱・言語理解

====================================

 

誰も違和感を覚えないであろう状態となった。メルドに見せてもなんの警戒や羨望もなくするりと通り、他の者を待つだけとなった。

自分の後にハジメに関する件でひと騒動起こるのだが、巻き込まれてステータスがバレないようにするので精一杯であった。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。