鬼夜叉と呼ばれた男   作:CATARINA

66 / 77
ヘラクレスゥ!!!


アルゴノーツ

……一手遅かったらしい。

船に乗っていたヘクトールが黒髭を裏切り、聖杯を簒奪。

ヘクトールには女神さまを攫われ逃げられたと。

 

やられたね。

黒髭が何やらカッコイイ事を言ってるが俺にはそんなヒマは無い。

ヴァイキングの海図とヘクトールの向かった方向を計算して目的地を定める。

…海賊船?煩い、こっちは忙しいんだよ。

無造作に矢を放ち船体を吹き飛ばす。

幸いというか…航行力はこっちの方が高い。

直線で追うしかねぇか。

 

ドレーク船長の提案に乗り、嵐を突き進む。

ワイルドハントって奴か、悪かない。

この後幽霊船に出会い、攫われて石化されたテトラ船長…もといゼ〇ダ姫を救出し…あれ?

間違えた。

夢幻の砂時計は名作だと思います。

 

「アナタ随分と余裕ね!」

だってねぇ。この辺単調でさ。

ドレーク船長の乙女ボイスくらいしか見所さんが居ないんだもん。

 

幽霊船にビビる乙女ドレーク船長を鼓舞しながら嵐を超えた。

予想の五割増くらい反応生娘だった。ドレーク船長やっぱり彼氏いない歴=年…

ながまさ は めのまえが まっくらに なった!

 

閑話休題。

 

まぁさ。ヘクトールに追いついたんだよ?

追いついた。

だがさ、

 

 

 

 

ヘラクレスが居るのは流石に予想外だわ。

 

 

 

 

「■▪■▪▪▪▪ーーーッ!!!」

 

「勝てないさ!勝てるものか!このヘラクレスはあらゆる場所であらゆる化け物と戦った。

敗北などなく、最後には神にまで至った男!それがヘラクレスだ!」

 

知ってるよ!十二の試練に射殺す百頭!

話せば話す程馬鹿らしい、

ぼくのかんがえたさいきょうのえいゆう様だよな!イアソーン!!!

 

しかも竜牙兵邪魔!ああもう。

一度武器をしまい、どこかの大学を彷彿とさせるタックルで船から叩き落とす。

 

面妖な変態英雄(チーター)共め…

女神さま奪還したんだからさっさと逃げるぞ!

ここが正念場だ!押し返せ!

 

……とは言えだ。

 

「■▪▪■▪▪▪▪▪!!!」

 

コイツをどう処理したものか。

 

今のとこはギリギリ捌けてる。だが、正直もたないな。

…ッ!しまった!エウリュアレ!

突然ターゲットを変えたヘラクレス。

エウリュアレをその斧剣で叩き潰そうとする。

 

それを止めたのは、一人の怪物(討ち取られる者)だった。

 

アステリオスはその剛力でヘラクレスの命を一度奪った。

しかし、未だに張り付いて動かない。

驚いた。筋力でアレに張り合うか。

 

「ころ、した、ころした、ころした、ころした!なにもしらない、こどもを、ころした!

 ちちうえが、そうしろって。ちちうえが、おまえはかいぶつだからって!

 でもぜんぶ、じぶんのせい、だ。きっとはじめから、ぼくのこころは、かいぶつだった

 でも、なまえを、よんでくれた。みんながわすれた、ぼくの、なまえ…!

 なら、もどらなくっ、ちゃ。ゆるされなくても、みにくいままでも、ぼくは、にんげんに、もどらなくちゃ…!」

 

アステリオス…お前……

 

「ますたぁ、も、なまえ、よんでくれた。みんな、かいぶつだと、きらわなかった!

 うまれて、はじめて!うまれて、はじめて、たのしかった…!

 ぼくは、うまれて、うれしかった!

 えうりゅあれを、よろし、く…!ぜんぶ、えうりゅあれの、おかげ、で――」

 

 

ぼくは、えうりゅあれが、だいすき、だ!

 

 

次の瞬間、アステリオスはヘラクレス諸共ヘクトールの不毀の極剣に貫かれる。

不毀の極剣のランクはA。つまりヘラクレスをも殺しうる。

これで漸く二度命を奪った。

 

しかしだ。

アステリオスを犠牲にして漸く二回。

大英雄にはまだ十一の命がある。

そして()()()()()()()()()()()

 

………アステリオス。

良い男だよ、お前は。

ホント、残念だ。

 

だが、安心しろよ。

お前の心意気はしっかりと受け取った。

 

市ちゃん。悪いが、所長達を頼む。

ん?まさかぁ、死んだりしないよ。

もしかして俺が負けると思ってる?残念だな、ハハッ。

()()()()()()()()で、()()()()()()()()()、俺は市に語り掛けた。

信用してくれよ。必ず戻って来る。

だから錆びないように武器は預かっといてくれよ。

 

所長ちゃん、そんな顔すんなよ。

「!」

 

「……別に奴らを倒してしまっても良いんだろ?な?」

 

そして俺は不毀の極剣を拾い上げ、ヘラクレスに向き直ると。

 

「お前には水底がお似合いだぜ!」

そう言ってヘラクレスを海に叩き落とした。

これだけじゃ時間稼ぎにならんからな。

槍を持ったままアルゴノーツに逆に乗り込む。

 

『完全武装』、んーいい武器だね。

ヘクトールの宝具 不毀の極剣を俺の宝具として上書きする。

ちょうどその頃黄金の鹿号が撤退を始めた。

良いねぇ、退路の無い戦いってのも悪くない。

 

「はぁ!?何なんだお前は!?こんな事をして何になるんだ!?」

 

分かんないか、ま、分からなくてもいいさ。

俺に変更はない。

 

 

安っぽい言い方だけどさ、アンタらには消えて貰わないとならない。

……ま、やるんなら本気でやろうぜ!その方が楽しいだろ!?ハハッ!!!

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。