とある科学の超人(リミットバースト)   作:はらしょ。

14 / 15
とあるヒーロー

 夜の操車場には、絶叫が響いていた。

 

「ぐがあぁ!」

 

 俺の左腕は、可動域の真逆の方向へと折れ曲がってしまっている。

 しかし、この絶叫は俺だけのものではない。

 一方通行は、俺の拳を受けて吹っ飛ばされて、砂利の上に倒れ込んでいた。

 

「い、痛ェ……、クソッ」

  

 なんとか俺は一方通行の反射を破ってダメージを与えることに成功した。

  

「いやァ、今のは正直ビビったぜ。まさか俺の反射をパンチで破るとは。この俺をここまで追い詰めたのはお前が初めてなんじゃねェかァ?」

 

 一方通行にダメージを与えることが出来たのは大きな進歩だ。

 しかし、有利か不利かと聞かれれば、圧倒的に後者だった。

 この一撃で決めるはずが、反射を完全に破りきらず思った以上に威力が下がってしまっていて、逆にこっちの左腕が折れてしまった。

 まだまだ全開で戦えるこいつに対してあと足2本で戦わなくちゃならないのはぶっちゃけキツイ。

 いや、移動のことを考えるとあと1本か。

 さっきのような大きな隙はもう作れないだろう。

 

「けど、その体じゃァもう戦えねェンじゃねェの?」

 

「お前なんて足だけで十分だ」

 

「ッ……!?」

 

 気を紛らわすまてにハッタリをかますが、こんなハンデ背負って勝てる相手じゃない。

 

「じゃあやってみろよォッ!」

 

 一方通行は、足元の小石を思いっきり蹴りつけた。

 能力によって弾丸のように加速した小石は、俺の腹へと突き刺さる。

 

「ごほっ、」

 

 衝撃は骨まで響き、激痛が俺の両腕を襲った。

 

 一方通行は俺に休ませる暇を与えまいと、一気に距離を詰めてくる。

 

「遅っせンだよォッ!」

 

 動きは直線的で、避けること自体はそう難しくなかった。

 俺は次々と繰り出される一方通行の攻撃を避けていく。

 

「ぐっ……」

 

 細かいステップで生まれる僅かな振動が折れた骨へと伝わって、その痛みが徐々に集中力を削いでいく。

 実際、一方通行は気付いてないかもしれないが、さっきまである程度の距離を取って避けていた腕が、どんどんとその距離を縮めできている。

 このままでは腕に触れてしまうのも時間の問題だ。

 

「辛そうだなァ。早く楽になっちまえよォ!」

 

 攻撃の激しさが一気に増す。

 一方通行の両腕が、まるで機関銃のように俺を襲った。

 1発1発に対処するのが精一杯で、もう余裕なんて無い。

 左方から、俺の顔面目掛けて一方通行の腕が伸びてきた。

 ギリギリのタイミング。

 俺はそれを右へのステップで回避しようと、右脚へと力を込める。

 しかし。

 

「しまっ……」

 

 風船に空いた穴から空気が抜けていってしまうように、右脚から力が抜けていった。

 回避するどころか、俺は膝をついてしまった。

 当然と言えば当然か。

 空中で自分の体を支えることが出来るほどの空気抵抗を生み出す蹴りを放ったんだ。

 本来なら絶対にありえない事だし、むしろよくここまで耐えたものだ。

 

「ハハァッ!随分しぶとかったが最期は呆気なかったなァッ!」

 

 もう一度体制を立て直すよりも、一方通行の方が速い。

 今度こそ死を覚悟した。

 一方通行の腕に触れるまで、後数秒ほど。

  

 ──ごめん、みんな。

 

「一体何をしているのですか?とミサカは簡単な状況説明を求めます」

 

「あァ?」

 

 どこから声が掛けられ、一方通行の腕が俺の顔の数センチ前でピタリと静止した。

 俺は、声がした方向へと顔を向けた。

 声の主は御坂さんとそっくりの容姿をした少女だった。

 しかし、容姿はそっくりだが雰囲気がまるで違う。

 今日殺されるはずの、妹達の1人だろう。

もう来ちまったのか。

 

「見て分かンねェのか?今からこいつを殺すンだよ。良くあンだろ?秘密を知っちまった一般人を口封じのために殺すって展開。結構楽しいなァこれ」

 

「この実験は統括理事会が動いて隠蔽しています。この方が何をしようとも、特に問題はないのでは?とミサカは当然の疑問を投げかけます」

 

 彼女の乱入で何とか助かった……、が。

 状況的には今の方がまずい。

 正直もう俺には一方通行とやり合うほどの力は残っていなかった。

 どんなに力を出し切ったって、どんなに知恵を振り絞ったって、きっと無様に敗北してしまう。

 このままでは2人ともこいつに殺されてしまう。

 

「はァ、やっぱめンどくせェなァお前」

 

「必要のない殺人は控えた方がいいかと。とミサカは命の大切さをあなたに伝えようとしてみます」

 

「お前それを俺に今更言うかァ?」

 

「本物の人間を殺すのはミサカたちを殺すのとは訳が違います。ここは見逃してあげてみては?とミサカはしつこく説得してみます」

 

 そう言った彼女の顔からは、 理不尽な実験で自分の命が奪われることに対しての疑問や躊躇いが一切感じられなかった。

 まぁあいつらから聞いてた事だが、あいつのそんな態度を見てると腹が立つ。

 

「……良いこと思いついたぜ」

 

「良いこととは?とミサカは具体的な説明を求めます」

 

 そこで、一方通行は今まで彼女に向けられた視線をこちらに向けた。

 

「今からお前に良いもン見せてやるよ」

 

「どういうことだ?」

 

「命懸けてまで守ろうとしたこいつが目の前で何も出来ずに殺される……。一体どんな気分なんだろうなァ?」

 

 一方通行はまるで最高の玩具を見つけた子供のように、興奮して体を震わせていた。

 これは脅しでもなんでもない。

 こいつは俺の反応を楽しむためなら今すぐにでも目の前の少女を殺してみせるだろう。

 

「まァ結果的には今回の実験は失敗になっちまうが。足りねェ分はまた作って足せばいいだけだもンなァ」

 

「やめろ……」

 

「いやなら止めてみなァッ!」

 

 一方通行はそう吐き捨て、猛スピードでクローンへと突進して行った。

 彼女も咄嗟に抵抗を試みたようだが、間に合わない。

 俺は両脚に力を込めた。

 体はもうボロボロで、今にも限界を迎えようとしている。

 けれど、彼女が殺されるという時に、黙って見ている訳にはいかない。

 溜めたエネルギーを一気に放出し、俺は飛び出した。

 ベクトル操作による加速は恐ろしい速さだったが所詮力の向きを操作したに過ぎない。

 細かい動きなら相手に分があるかもしれないが、単純な直線なら大量のエネルギーを放出すれば追いつくことも難しくない。

 俺は彼女の盾になるべく、一方通行の前に背中を向け立ち塞がった。

 直後、彼女に向かって放たれた小石の弾丸たちが、俺の無防備な背中を叩く。

 

「がはっ」

 

 次々と襲いかかる衝撃に肺の酸素を強制的に吐き出された。

 このまま俺が倒れてしまえばこいつを守れない。

 しかし、力めば力むほど体から力が抜けていく。

 

 あ、れ?なんで急に目の前に空が……?

 

「アハハァッ!ついに立つことすら出来なくなったか!お前も馬鹿だよなァ。こんなガラクタ庇うなんてよォ」

 

 あぁ、そうか。

 倒れちまったのか、俺。

 早く立ち上がれ!

 そう必死に命令しても、体は応えてくれない。

 

「こんなガラクタに命賭けれるなンて、ある意味尊敬しちまうぜ全くよォ!」

 

「……」

 

 もう声を出す気力さえ無かった。

 きっとこのまま殺されんだろうなぁ、俺。

 そんな絶望的な状況の中、俺の頭の中にはある男の顔が浮かんでいた。

 死に際に名前も知らない男の顔が浮かんでくるなんておかしいよな。

 御坂さん、ちゃんと助けてって言えたかな。

 その一言を聞けば、きっとあいつは奇跡を起こす。

 あいつの名前は知らないし、もちろんどんな人間なのかも分からない。

 けど、そのたった一言を引き出すためにあんなにボロボロになれるなんて、ただのバカってわけじゃねえよな。

 こんだけ頑張ったのに良いとこ全部持ってかれるのは癪だが、ここは正義のヒーロー様に賭けてやるか。

 俺は、途絶えそうになる意識を何とか保ち、必死に願った。

 早くあの少年が現れることを。

 俺はどうなってもいい。

 せめて彼女だけでも救ってくれ。

 

「ちっ、だンまりかよ。面白くねェな」

 

 さっきから一言を言葉を発っさない俺に、とうとう一方通行は興味を無くしたようだった。

 

「まァ、せいぜいこいつが殺されんのを黙って見とくンだな」

 

 一方通行の狙いがついに彼女に定まった。

 ──その時。

 

「今すぐ御坂妹から離れやがれ!」

 

 夜の操車場に、1人の少年の声が響き渡った。

 ヒーローは遅れてやって来るって話はよく聞くけどよぉ。

 なんなんだよこの狙ったようなタイミングは。

 まあ、色々言いたいことはあるけど。

 あとは任せた。

 俺は心の中でそう告げ、静かに意識を失った。

 

 

 

 




今回もお読み頂きありがとうございました。
くだぐだしてしまった一方通行戦も今回でおしまいです。
本当は海翔さんに勝たせてあげたかったけど、普通に考えて勝てるわけないし、ここは上条さんに任せることにしました。
あとこれは関係ない話ですが、初めて感想を貰いました。
面白いと言っていただいてすごく嬉しかったので、これからも頑張ります!

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。