とある科学の超人(リミットバースト)   作:はらしょ。

15 / 15
その後

 目を覚ますと、見覚えのない病室だった。

 生きてる……。

 

「痛ってぇ……」

 

 そういえば今両腕折れてるんだったな。

 閉ざされたカーテンからは、うっすらと日の光が漏れている。

 壁に掛けられている時計を見ると、時刻は朝の6時だった。

 変な時間に起きちまったなー。

 徐々に目が覚めてきて、もう寝直せそうにない。

 両腕も使えないし、このまま誰かが来るまではぼーっとしてるしかねえのか……。

 いや、結構キツいなそれ。

 何かないかと病室を見回してみる。

 特に何もねえな。

 眠りから覚めていくにつれてだんだんと、頭の中に色々な思考が巡り始めた。

 そういえば、実験はどうなったんだろうか。

 俺がこうして無事に生きているってことは、妹達も無事だと思いたいが。

 だが、実験が再開されれば振り出しに戻ってしまう。

 御坂さんには何か考えがあるみたいだったが……。

 その時、病室の扉がコンコン、と叩かれた。

 こんな朝っぱらから誰だ?

 わざわざこの俺の見舞いなんて。

 誰かは知らんが、別にどうでもいいか。

 どうせこのままだったら暇だし。

 

「入っていいですよー」

  

 俺の返事を聞くと、ゆっくりと扉は開かれた。

 

「調子はどうなの?」

 

「なんだお前か」

 

「なんだとは何よ!」

 

「いや、別にガッカリしたとかそういうこと言ってんじゃねえよ」

 

 俺の見舞いにやって来たのは、実験を止めるために協力した2人のクローンの内の、短気な方だ。

 でも不便だなぁ。

 毎回呼ぶ時に短気の方だのビビりの方だの言

うのはめんどくさいし。

 

「そういえばさー、お前って名前とかないの?」

 

「今更過ぎない!?」

 

「まあ確かに知り合ったのはちょっと前だけどさー。不便じゃね?」

 

「確かにそうね」

 

「だろ?」

 

「はぁ。凛、これが私の名前よ。ちなみにもう一人の方は鈴ね」

 

「凛と鈴か」

 

 外国風の名前をイメージしていたものだから、思ったより和風系の名前が出てきて驚いた。

 

「でもよぉ、見舞いに来てくれるのは嬉しいんだけどさ。何もこんな早くに来なくても良かったんだぜ?」

 

「あまりあの子たちには会いたくないのよ。それにお姉様とも」

 

 あの子たちとは、妹達のことか。

 でも、御坂さんのことだって慕ってる様子だったしなんでわざわざ避けてんだ?

 

「まぁ、別に無理に聞いたりしねえけどよ」

 

「そうしてくれると助かるわ」

 

「でも鈴はなんで来てないんだ?」

 

 まさか嫌われてるとかないよな?

 

「あの子は今バイトよ」

 

「え?バイトとかしてんの?あの性格で出来んのか?」

 

「当たり前でしょ?じゃなきゃどうやって生きてくって言うのよ」

 

 支給金は貰えてないのか。

 鈴の方は知らねえけど、こいつの能力はレベル4に相当する。

 バイトなんかしなくても、結構な金が貰えると思うんだけどなぁ。

 ますますこいつらの立場が分かんなくなってきたな。

 他の奴らと比べて異常に感情豊かだし。

 なんでこの2人だけが実験に対して敵意を表すことになったのだろうか?

 謎だらけだな。

 まぁ、良い奴ってことには変わりないみたいだし、そんなに気にしなくてもいいか。

 こいつらが話す気になってから聞けばいいだろう。

 

「今度は鈴にも来るように言っておくわ」

 

「ああ」

 

「それと……」

 

「どうした?」

 

「ありがとう」

 

「お、おう」

 

 こいつが素直に礼を言ってきたことに少し驚いた。

 いつもツンツンしているせいか、モジモジしている姿は新鮮で少し可愛いと思ってしまう。

 

「まぁ、困ったことがあったらいつでも言ってくれ」

 

「この借りは必ず返すわ。あんたは早く怪我治しなさいよね」

 

「海翔で良いよ」

 

「え?」

 

「俺もお前のこと名前で呼ぶんだし、お前が俺を名前で呼ぶのだって普通だろ?」

 

「はぁ?ちょっと気を許したからって調子に乗らないでくれる?いいからあんたはさっさと退院しなさい!」

 

 凛は乱暴にドアを閉めて行ってしまった。

 俺調子に乗ってたか?

 まぁ多分、照れ隠しだと思うけど。

 てかそうじゃないと、激怒するほど俺の名前呼びたくないみたいじゃねえか。

 照れ隠し……だよね?

 

「はぁー……」

 

 また暇になってしまった。

 さすがにこんな早くに来るやつはもういねえよなぁ。

 何もやることがないので、俺は目を閉じて今までのことを思い返すことにした。

 最初はマジで意味分かんなかったよなー。

 本当に御坂さんが殺されちまったかと思った。

 凛のやつは勝手に勘違いして本気で殺しにかかってくるし。

 何だかんだで和解は出来たけど、まさかあの一方通行と戦うことになるとは。

 度胸試しであいつに挑むやつがいるって言ってたが、正直頭おかしいんじゃねえの?

 この件が絡んでなかったら俺だったら絶対に挑まねえけどな。

 結局惨敗だったし。

 待てよ?

 あの戦いで俺がやったことって、ただ一方通行にボコボコにされただけじゃね?

 多分一方通行はあのウニ頭が倒したんだろうし。

 い、いや俺だって1発入れてやったし。

 その一撃が後々響いて決定的な隙を作った……ことにしとこう!

 でもどうやってあの反射を攻略したんだろうか?

 単純に反射にぶっ刺さる能力を持ってたのか。

 それとも俺も知らない弱点でもあったのか。

 上には上がいるもんだ。

 今までそこまで強さに拘ってきたわけじゃない。

 けど、これから先何があるか分からない。

 またあの実験が再開されるかもしれないし、もしかしたらあの2人を殺す事だって計画の内なのかもしれない。

 どちらにせよ、あの2人の学園都市での立場はあまり良くないだろう。

 それにこれからは俺だってそうなってしまうかもしれない。

 大袈裟にいえば、学園都市に反逆したようなもんだしな。

 最悪命を狙われることだって考えられる。

 自分の身、そしてあいつらを守るためにもこれからもっと強くならないといけない。

 色々考えてるうちに、また眠くなってきたな。

 なんか大事なこと忘れてる気がするけど、今は大人しく寝ておこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




今回もお読み頂きありがとうございました。
だいぶ間が空いてしまって申し訳ありません。
凛と鈴の名前に手間取ってしまいました。
正直外国風の名前にしようと思ったんですが、色々考えて日本風にしました。
2人がなぜこんな風になったのかはちゃんと考えておりますのでいつか皆様にその話もお届けしたいと思います!
ではまた次回!

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
一言
0文字 一言(任意:500文字まで)
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。