Fate/Select Advance “旧題:静謐が俺の鯖の件について”   作:ボロ刀(改)

1 / 7
始まりについて

 

 今日も朝が……月曜日が来た。

 月曜日はなんで仕事行きたくないと思うかな、てな感じで気怠さを感じながらも壁に掛けてある灰色のサラリーマンの装備一式を皺から守るハンガーから、装備を取ろうとする。

 さて、自己紹介は……30間近のおっさんの名前なんて知りたい奴はいないだろうけど、富田鉄心という。

 野郎はおっさんに興味ない筈だし覚えなくて構わない。

 だって、俺も基本的に仕事関連でもない限りは野郎の名前なんて覚える気ないし、着替えようとしながらも見るのは明るくなり始めた外のいつもの光景……あれ?

 

「何、これ……?」

 

 起きてみたら、窓から見える歩道と道路関係なく走り回る人達と、走り回る人達を追いかけている骸骨達という一見するとB級ホラーの撮影でもしているのかと思える光景。

 いきなり日常から非日常なものを見たお陰で、目がシャッキリと覚めてしまう俺は、興味深々でどこかにカメラマンがいるのかと、窓越しから確認してみたがどこにもカメラマンはおらず。

 そうして探している内に、一人が背中を剣で斬られてしまい赤い液体が道路の一部分を赤く染めていく。

 

「ず、随分とリアルだな。B級ホラーにしては」

 

 背中を斬られ倒れる人に、ボロ布を纏う骸骨が跨がると剣で何度も串刺しにし始めた。

 串刺しにされる、その度に「も、ゆるし……」と窓を開けてまで何が起きているかを見聞きする俺は。

 

「…………え?」

 

 無惨なことになった人から立ち上がると、骸骨は獲物を求めるようにノロノロとした歩きでどこかへ消えようとしていた。

 

「きゃー!?」

「だ、誰か、助けて!!」

「うわあああ!?」

「あ、あなたー!?」

 

 窓を開けていた為、外から聞こえてくるのは助けを求める声と悲鳴と断末魔らしきもの。

 これ、もしかして……

 

 1,所詮、これは只の夢や 2,新手のドッキリ番組か何か 3,ハロウィーン! 4,ところがどっこい、これが現実……!

 

 1は右頬を引っ張ってみたが普通に痛いだけなので、おそらく夢ではない。

 2はここまでやるかというレベルにしか見えないから、違うと思う。

 3は……今は1月だよ、無いわ。

 となると、脳内に浮かび上がった4の選択肢しか選べないのだが、窓から見えるものが現実離れしてるので、これも違うんじゃないかと思ってしまう。

 後、今まで気付けなかった俺がマヌケなのは認めるとして……

 

「ああ……この人は死なない。何度、私が触れても……ああ、私のマスター」

 

 なんか、めっちゃレベル高い静謐のハサンのコスプレしてる子がいつの間にか不法侵入した挙げ句に、俺の右腕を触りまくりな不審者がいました。

 てか、声がそっくりすぎなのも含めて本物が目の前にいるのではといいレベルだし、美少女だし……だけど、不審者でしかない。

 

「君、何してんの?」

「あっ、ごめんなさい」

「今から、警察に電話するね」

「…………」

 

 警察に電話する、の辺りで困り顔のコスプレ美少女は逃げる様子を見せずなことが可笑しく思えたが、今は警察に電話してみて外と美少女のことをなんとかしてもらおう。

 

「……あれ?」

 

 ……電話が、繋がらなかった。

 というより、混雑してしまっているようだった。

 

「マスター……ここも、そろそろ危険になりそうなので、離れた方がよろしいかと」

「マスター? ……お嬢ちゃん、おじさんは君のお遊びに付き合う暇はないよ?」

 

 ここでコスプレ美少女に、マスター呼びされたのには一瞬、胸が跳ねた錯覚をしてしまうが、なんとか冷静に返せたと思う。

 しかし、見た目と声、口調の完成度があまりにも高すぎる辺り、彼女はどんな苦労してその完成度を手に入れたんだ?

 いや、そんなこと考える前に今の俺の格好はシャツとトランクスだけだ。

 つまり、着替えたいから出ていってくれないかな? と、コスプレ美少女に言ってみると、彼女は意外と素直に従い玄関のドアから出ていってくれた。

 

「何なんだ、一体?」

 

 念の為にドアの鍵を閉めてやる後、サラリーマンの装備を整えた俺はドアを開け外へ出ると彼女は壁に寄りかかった状態でドア近くに立っていた。

 

「まだ、いたのか?」

「いたも何も……私は、あなたのサーヴァントです。いるのは当然です」

「まだ、その設定を引っ張るのか?」

 

 確かに超が付きそうな位の美少女なのは確かだけど、不法侵入してからのコスプレ演技に付き合わせようとするのは、美少女でも俺はご免なさい。

 つまり、付き合えませんと言いたいのだ。

 

「はいはい。お遊びなら、他の人に付き合ってもらってね?」

「あの、説明をしますから待って下さ……」

「急に黙るって、どうし……?」

 

 アパートから出て、早歩きでコスプレ美少女を置いていこうとした途中、追いかけてきた彼女は何か言いかける途中で急に口を閉じてしまう。

 閉じてしまうと、俺の前の何かを睨むようにしているので何かあるのかと視線を前へやると……

 

「マスター……離れて下さい。すぐに終わらせますので」

 

 子供の胸を槍で刺し貫いた形で運んでいる、骸骨がいた。

 それを見るなり、彼女は静謐のハサンが持つのと見た目が非常に似ている短刀を両手に持ち、まるで俺を守るように前へ出る。

 

「あ、あの子供……同じ、アパートの子? えっ、これ、マジで何なの?」

「スケルトンを始末したら、私が知る限りのことを教えますので、慌てないで下さい」

 

 スケルトンが槍に刺して運んでいるのは、俺を時々にからかうことがある同じアパートの夫妻のまだ小学生の男の子。

 男の子の目からは、怖かっただろうか涙の跡が痛々しく、槍に刺された左胸からは赤い液体が……人間の血液がポタポタと流れ出している。

 対して、静謐のハサンのコスプレをする美少女は怯えもせずに短刀を構えているのに、彼女の後ろにいる俺は目の前のものを受け入れられないのと、骸骨から発している威圧感と殺意か何かにより体が勝手に震えてしまいそうだった。

 

「はっ!」

 

 俺が棒立ちになっている間に彼女は短刀を振るい骸骨の頭を砕いてから、その後は胴体……正確には右の肋骨に触れる。

 すると、触れた部分から急に脆くなったかのように骸骨は粉々になってしまうのを見た俺は……

 

「毒による、腐食?」

「はい。その通りです、マスター」

 

 静謐のハサンは、武装を毒で腐食させることを任意で可能らしい。

 なので、生物ではないが骸骨も武装と同じような扱いをすれば、この通り骸骨は体を保てず腐食により崩れたという訳になる。

 ただ、それを認めることはつまり、このコスプレ美少女はコスプレ美少女ではなくて……

 

「ゲームのしすぎで、俺の頭が可笑しくなったか。それとも、性質の悪い夢……痛い痛い!?」

「ご、ごめんなさい。ですが、夢だと思われたくなくて……」

 

 精神科の病院へ行かなきゃならないかとも思いながら、夢なら覚めてほしいと願っていたら彼女はいきなり俺の頬を左右から引っ張り出す。

 とんでもなく痛い上、大の男がやってもここまで痛いなんてならない痛みを身を持って味わった ので、彼女は華奢な見た目だが只者ではない。

 ……って、信じられないものを見たせいで、男の子のことを忘れていた。

 男の子の元へ歩み、どうか生きててくれ、これはドッキリであってくれと、男の子が生きているかを確かめてみたが。

 

「冷たい、な……」

「はい。この子は、マスターの知り合いですか?」

「知り合いだ。同じアパートの住人、だった」

 

 一体、何が起きているのか? 彼女に返答をしながらも、信じたくない現実の……抱き上げた男の子の死体の冷たさを感じながらも、俺は落ち着かないと始まらないと何度か深呼吸をする。

 …………よし、少しは落ち着いたかな?

 さて、さっきの骸骨と彼女の戦いを思い出してみると、明らかにそこらの一般人には不可能な何かで骸骨はやられたのは理解できる。

 更に、彼女が静謐のハサンの格好をしている為に俺は、毒による腐食と呟いたら彼女はそれを肯定した。

 後、アパートから出る前に触っても死なないとか言ってたし、凄い嬉しくしながら触りまくってたし。

 これだけで考えを纏めたら、彼女はコスプレ美少女ではなく本物の静謐のハサン、ということになるが、流石にあり得ない。

 何故なら、静謐のハサンはFate作品の……二次元にしか存在していない筈なのだから。

 

「……マスター。その子を、どうしますか?」

 

 しかし、彼女は短いながらも俺の目では動きがわからなかった骸骨と戦い勝利した。

 更に、この骸骨はFGOに出てくるスケルトンに酷似している。

 となれば、骸骨の、スケルトンの存在と、彼女……静謐のハサンの存在を現実のものとして受け入れなければならない。

 

「……この子を両親の所にやったら、説明を頼む」

「……はい」

 

 だが今は、男の子を両親の所に帰してやらなきゃな。

 話はその後でも、問題ないよな?


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。