Fate/Select Advance “旧題:静謐が俺の鯖の件について”   作:ボロ刀(改)

6 / 7
宿泊場所の謎の件について

 部長を見送ってからは、俺は自動車が使えないかと思いあちらこちらを探し回ってみたのだが、どれも大抵が衝突事故を起こして壊れていたり、車内が血塗れになっていたり、敵にやられたのかガラスが割れボンネットやドアがベッコベコにへこんで使い物にならなかったりで見つからずのまま。

 かといってバイクでは音が大きいだろうから、この状況での使用向かないだろう。

 そんなことしたら、音で敵を呼んでしまうという自殺行為になってしまう。

 ここは自転車という移動手段に頼るしかいけど、もちろんベルは外すかしないと駄目だろう。

 何かの拍子に鳴ってしまったら、敵に居場所を知られる可能性があるからな。

 

「ホームセンターは、この近くにはないから……」

 

 自転車置き場から勝手に誰かのを借りるか、どこかの大きな店にある自転車を貰うかだ。

 この場合は、手っ取り早く自転車置き場に行った方が早いので、ギア付き5段の自転車を貰っておく。

 掛けられていた鍵については静謐に毒で腐食させて壊してもらい、前の籠にリュックを入れてから、そういえば自転車に乗るのは久しぶりだったことに気付く。

 高校生の頃を最後に、自転車に乗った記憶が全然ないので大丈夫だろうかと不安になったけど案外と体は感覚などを忘れていなかったようで、高校時代と同じ感覚で乗ることが出来た。

 しかし、自転車では自動車のようにそれなりの荷物を運ぶのは出来ない弱点があるので、そこはどうしようと悩んだけど、身軽と音が小さいという条件を重視すれば自転車は悪くないんだよな。

 それに、荷台に箱か何かを用意し、載せられる荷物を中に入れて移動すれば良いので、主な移動手段は自転車に決定となった。

 

「次は少しの着替えだよな。そこはデパートで仕入れるとして……」

「あの、マスター」

「ん? 静謐、どうした?」

 

 デパートへ行き、着替えや荷台に載せられる箱になるものを探そうと移動を始めようとしていると、静謐が何かを言おうとしてくる。

 もしかすると、近くに敵か、もしくは人がいるのかと予想していたのだが、彼女の口から出てきた言葉が……

 

「今日の夜も可能ならば、添い寝の許可をお願いしたいのです」

 

 とのことだった。

 ……どうしよう、とんでもなく魅力的なお願いではあるけれど、それを今、許してしまうと歯止めが利かなくなりそうなんだよな。

 下手をしたら、精神が最高にハイになって理性崩壊じゃないか。

 静謐もそうだが、俺の歯止めが壊れちゃう。

 だから、もっともらしい理由を述べて出来ないと断ろうとしてみたんだけど。

 

「護衛のことでしたら、最適なドールに……騎士王のドールに任せてしまえば心配は無用です。最優のセイバーであるのと、彼女の直感はドールであってもスキルなので健在。ならば、彼女に任せてしまえば襲撃される前に気付けますし、されても彼女が守ってくれます」

 

 はい、論破されてしまいました。

 てか、ドールとはいえ騎士王を添い寝をしたいという欲望の為に悪い方向に利用するとかなんてあんまりなことだ。

 儚げな見た目なのに、以外と図太い神経してたよ。

 なんて恐ろしい子だと戦慄してしまう後、論破されたのと自分の欲望に膝を屈してしまった俺は添い寝の許可を許してしまい、許可を得た静謐は大感嬉と俺に飛びつくように抱きついてくる。

 ああ、俺の誘惑耐性があまりにも脆すぎて、某理性蒸発ライダー並なのではと疑いたくなりつつも、デパートの中で旅の荷物になる物を漁るのであった。

 

 

 ★ ★ ★

 

 

 デパートでの荷物の準備が終われば宿泊する場所探しになるんだけど、これに関しては何でこうなっているんだという大きな疑問が出ても当然の光景が存在していた。

 

「何で、ラブホテルだけは無傷なんだ?」

 

 そう、俺が今、呟いた言葉がその光景だ。

 単純に考えれば、初日の時に人がいなかったからではないかと思うかも知れないけど、ホテルの従業員とかはいた筈だから、外見は綺麗でも中が敵に荒らされていても不思議ではない。

 しかし、どのラブホテルも建物の外見は全くの無傷なのは流石に可笑しいにも程がある。

 しかも、試しに一つ一つラブホテルの中へ入ってみると、中にいた従業員達が全員……外に出掛けたのを除いたのが無事であり、従業員達は何で無事に済んでいるのかと質問をしても当の本人達も意味不明であったことに余計分からなくなる。

 従業員達の貴重な証言によると、スケルトン達は何でか知らないけどラブホテルだけは壊さず侵入せずを徹底して守るかのように、それ以外は好き勝手に動き回っているらしい。

 ……なんでさ?

 

「理由は全くの不明ではありますけど、安全な宿泊施設が利用可能なのですね?」

「はい……ですが、そのお陰で私達は無事に済んでいるのは気味が悪いというか、安心したような……」

 

 静謐も理由は全く分からずで、無事に生きていることは嬉しいけれども理由が分からないので不気味だと、ある意味不安を抱いている従業員の1人。

 おまけに、ここではドールを召喚することが不可能であることに俺は、なんとなく思いついたことを口にしてみる。

 

「RPGで言うところの、宿屋みたいな役割をしてるとかかな?」

「そうだとしても、それに選ばれたのが何でラブホテルなんだという疑問が出るぞ?」

 

 年若い男性従業員に突っ込みを入れられながらも、理由は分からんけど安全な場所にいられるということは体をゆっくりと休めることが出来るなら今は深く考えないでおくことにした。

 それと安心して休めるならばと、俺は宿泊したいと頼んで返してくれたのには世の中まだ捨てたものでないと感激してしまうのだった。

 宿泊の許可を貰った後、俺は借りた一室の中でベッドに寝転がりつつスマホに入れてあるFGOのアプリの内容を再確認。

 

「あったかいです……」

 

 再確認の際、静謐が俺に抱き枕のようにくっついてきて柔らかくて良い匂い……待て、落ち着くんだ俺。

 そっちの戦闘準備を万端にする必要は今はない。

 とある名言風味にすれば、集中するというのは自分との闘いだ。

 静謐の誘惑にも勝てないような奴が、どうして自分との闘いに勝てるんだ。

 集中、集中……とにかく今はアプリの中に何かないかを探すことに集中しなきゃ。

 という、変なテンションや考えに行きながらスマホを弄っていくと、ある機能が出現しているのを確認する。

 

メニュー】

 英霊強化

 装備

 礼装・コマンドコード購入と強化

 ドール解放

 ステータス

 現在のQP・マナプリズム・レアプリズムの所持量

 バトルサポート

 ガチャ(New)

 ヘルプ

 

 なんと、ガチャ機能が出ていた。

 まずはタップしてみると、一日一回は十連ガチャをすることが可能で、それ以上を回すにはQPを支払う必要があるとヘルプの説明にあった。

 十連一回につき100万QPを消費し、出てくるものはお馴染みの礼装と英霊。

 ここまではQP消費を除いて今までと変わらないが、ピックアップガチャもあった。

 ピックアップされているのなんとまだ当てたことのないマーリンであり、日替わりと表示されていた。

 つまり、次の日になれば別の英霊がピックアップされ、それを繰り返すのだろう。

 

「ガチャかぁ……」

 

 因みに俺のQPは約2700万はある。

 無料を回した後は、QPの課金をするべきかに迷いながらガチャを回してみると出てきた結果。

 

 魂喰い×2 カムランの戦い エミヤ(弓) ロビン・フッド 激辛麻婆豆腐×3 若返りの霊薬 ジャガーマン

 

 不発で終わった。

 というか、よく考えてみたら、まだ育成し終わってない英霊……今はドールがいる。

 それらの育成に使えるだけ使ってから、QPの課金をするかどうかを考えようということにした俺は、QPをドール強化に消費していく。

 これは補足だが、静謐は既に強化の限界に到達していた為、これ以上強くするのは不可能だった。 

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。