挑み続ける大英雄   作:星の空

2 / 2
第1話 

月曜日

それは週の始まりであり、学生や社会人を憂鬱にさせる日である。

しかしこの男、大英雄(おおひでゆう)にとっては全く違っていた。

今世の(・・・)幼馴染に彼女がいるおかげでこの世界がどの並行世界なのかが分かったため、ある出来事を虎視眈々と待ち続けているのであった。

 

--------------------------------------------

 

「ふぅ。腕も確かに上がったしストックも十分過ぎる程ある。必要最低限の物も造ったからあるし後は行くだけか。」

 

俺は今日の昼に異世界へ攫われると推測していたため準備をしていた。礼装を作成したり武術を収めたりと準備は怠らなかった。

準備が整い次第学校に行く準備をする。

下着姿になったら先にズボンを穿いて次に獅子裘を上半身に巻く。獅子裘が長くて自分が男子生徒の平均身長より低いため胴体と両肩を覆うことが出来る。その上にカッターシャツを着て上着を羽織る。最後両腕に軍帯の1つを着ける。

着替えが済んだら荷物を整えて朝食を食べに行く。

俺自身がいつもの様に最後みたいだ。

 

「お、おっはよぉ!!!!」

「おう、おはようさん。」

 

挨拶をしてきたのは隣の家に住んでいる谷口鈴(たにぐちすず)という茶髪をツインテールにした黄眼の元気が有り余っている、俺の家に居候をしている幼馴染のちみっこい少女だ。

ちなみに俺の容姿は黒髪のロングに右が金で左が紅のオッドアイ。身長は平均以下の159cmで体重は54kgと軽い。体躯は華奢で丸みがある。所謂男の娘という奴だ。

 

「ねぇねぇ、異世界転移なんてほんとなのかな?」

「あくまで推測だ。クラスメイトに南雲や天之河、遠藤といった主要人物が揃っていて尚且つ歴史科が畑山先生なのだ。その時点でほぼ確定。後は毎週月曜日に注意するだけだ。」

「ふぅん。確かにあの4人組はそんな感じだし癖の多い子がクラスメイトだしね。魔術なんて教えられた時は驚いたよ。」

 

鈴には事の全てを教えてある。異世界転移や転生者、果ては異世界で起こること。その全てを教えてある。

教える切っ掛けは鈴が転生者に襲われていたのを助けたからだ。

 

「それはそうといつになったらヤッてくれるのかなぁ?ずっとスタンバイして待ってんだけど?」

「俺より魔力量が多いんだったら良いぞ。多かったらな。」

 

何かと鈴に迫られることが最近の悩みの種である。鍵も複数用意しなければ今頃は…………

後が怖いから止めておこう。

この後、世間話をしたり一悶着あったが何とか登校することが出来た。道中は鈴を抱えて最短ルートで学校に着いた。

2ーAの教室が俺と鈴のクラスなのでそこに入る。入ったらまず男子生徒達から嫉妬の視線、女子生徒達から謎の羨望の視線が送られてくる。

 

「あ!鈴ちゃん、雄くんおはよう!!」

「おぉ!かおりんもおっはよぉ!!!!」

「あぁおはよう。南雲待ちだろうがレポートのせいで遅れると思うぞ。」

「うん。教えてくれてありがと。」

 

このクラスのマドンナであり、学校の2大女神と呼ばれる少女、白崎香織(しらさきかおり)が挨拶をしてきたので返事をして自分達の席に向かう。擦れ違い時に南雲が遅れることを言い忘れない。

これには多少の訳があるが今は別いいいだろう。

席に着いたら荷解きをして授業の準備をする。終えたら後は周りのクラスメイト達と世間話をするだけである。

それから5分後、ホームルーム目前で南雲(なぐも)ハジメが到着。その直後に一悶着あったが俺にはあまり関係が無い。イアソンより道化をしている天之河光輝(あまのがわこうき)が訳の分からないことを言っていたが正直どうでもよかった。

担任が教室に入ってきて皆は着席。ホームルームが開始された。すぐにハジメは寝入り、香織と八重樫雫(やえがししずく)が苦笑いをして光輝がムッとし、坂上龍之介(さかがみりゅうのすけ)や他の生徒達は無視、先程の一悶着を引き起こした檜山大介(ひやまだいすけ)率いる小悪党4人組が殺気を放っていた。

寝入るハジメを無視してたんたんと進み、そのまま授業に入るのであった。

そして、待ちに待った昼休みに突入した。授業が終わり次第鈴が弁当を持ってこちらに来た。

 

「椅子借りたから座りな。」

「えぇ、どうせなら雄の膝に座りたかったぁ。」

「ダァホ。周りの視線がウザらわしくなるわ。今日はあいつらとは食わねぇんだな。」

「そりゃあみんな南雲っちの所に行っちゃったからねぇ。エリエリはお花摘みに行っちゃったし。独り者寂しく食べるより一緒に食べたらいいじゃん。」

「まぁな。…………死にたくなかったら今すぐ教室から出ることを推奨するぞ?」

 

鈴の発言に皆から睨まれたが俺から拒否したからか視線は逸れた。そして、ここに来た訳を聞いて納得しつつ鈴の言っていたハジメの方を見たらあの構図(・・・・)が出来ていたため鈴に教室を出るように促す。

 

「出る訳ないじゃん。あ、エリエリ戻って来た。」

「そろそろ魔法陣が展開されるはずだ。ほら来た。」

 

鈴が教室を出るのを拒否したのと同時に中村恵里(なかむらえり)が教室に入ってきた。その直後に空気が凍った。

光輝の足元を中心に魔法陣が拡大を始めたのだ。魔法陣の端から内側に入ると硬直は解け、自由になる。

教卓辺りで園部優香(そのべゆうか)らと話し込んでいた歴史科教師の畑山愛子(はたやまあいこ)先生が教室から出るように促すが、時すでに遅し。

魔法陣が爆発したかのように輝き、目眩しをする。空間が歪み、その歪みが治まったらそこは教室等ではなく何処かの教会の中であった。

周りの生徒達は分からないが俺からしてみれば無事に渡れた事に安堵した。

後は此処から抜け出して旅に出るだけだろう。

あぁ、身体が疼いてきた。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。