星王のヒーローアカデミア   作:『S』P

1 / 2
初投稿です。
しかもスマホ。
あらすじのとおりなので読んでない方はしっかりと読んでそれを理解した上で読みたい方はどうぞ。


EP:1 プロローグ

そろそろ…か……

 

この世界ではいろんなことがあったけど

今となってはいい思い出だ 。

 

「いやだぁ…!いやだよぉ…!星王さまぁ……!」

 

「ッ……!我が主……!」

 

あぁ、側近の剣士たちが泣いてる…

「なく……な……」

ダメだ。こんな情けない声しか出ない。

でも、言わなきゃ。

「思い出は…ちゃんと…ここに…ある……。」

 

「ッ…!泣いてなど……いまぜん……!」

 

嘘つけ、鼻水たらたらのくせに……

「あぁ……」

あれ、もう声が出ないな。

まだ話したかったけど…しょうがないな…

 

あぁ…どんどん暗くなっていく…眠くなっていく…

 

「…!せい……う……まッ!目……けくだ…い!!」

 

あぁ…もう…耳が…遠くなって…いく……

 

でも…不思議と…嫌じゃない……な……

 

とても……暖かく…て……心地いい……

 

あい…つ…も…こんな…かんじだっ…た…のかな……

 

あいつも…ユージオ……も……

 

 

 

 

桐ヶ谷和人

STLの時間加速の負荷に耐えられず死亡

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ピピピピッピピピピッピピピピッ

 

「ん……またずいぶん懐かしい夢を見たな……」

ほんとに懐かしい夢だ。

それにしても…

あかさたなヒロもうこの世界に来て15年か…」

 

俺がこの世界に来てもう15年がたった。

 

どういう原因でこの世界に来たかは知らないが

俺は転生したらしい。

 

だが俺はここに来る時にお約束の転生の間とか

神にはあっていない。

 

本当にどうやってきたんだろうか?

 

「まぁ…今更気にしても意味ないよな。」

 

そうだ、今更気に来ても意味ない。

とりあえず…シャワー浴びるか…

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

事の始まりは中国軽慶市。

そこで発光した赤子が生まれた。

 

そしてその日を境に世界中で「超常」が起こるようになった。

そして原因が解明されず時は流れ……

 

いつしか「超常」は「日常」に…

 

空想(ゆめ)」は「現実」に!

 

世界総人口の約八割が何らかの"特異体質"となり

人々はその特異体質を"個性"と呼んだ!

 

だが力を持てばそれを悪用する者も現れた。

人々は彼らを"(ヴィラン)"と呼び、

そしてそれらから人々を守る者を"英雄(ヒーロー)"と呼んだ。

 

そしてその者たちはいつしか人々の憧れとなり

脚光を浴びる職業となった!

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「えー、お前らも3年ということで!本格的に将来について考える時期になってきた!今から進路希望の紙配るが、皆はだいたいヒーロー志望だよな?」

 

先生がそう言うとみんな人それぞれ個性を見せびらかした。

おいおい、学校って個性使用禁止じゃないの?

「うんうん、みんないい個性だ。でも、学校内ではしよう禁止な。」

 

先生も先生で甘すぎだろ……

普通だったら生徒指導室だぞ…

 

まぁこのまま平和に終わっt「そういえば、爆豪と緑谷、あと桐ヶ谷は雄英だったな。」

 

はい、爆弾発言、バカヤロー

 

「はぁ!?無個性の緑谷が?無理だろw」

 

「勉強できるだけじゃヒーロー科は入れねぇぞw」

 

ほら、言わんこっちゃない。

緑谷が可哀想だ。

あ、爆豪が絡んだ

 

「おい!凡個性どころか無個性のお前がぁ!どうして俺と同じ土俵に立てるんだァ!?アァ!?」

 

あーぁ、緑谷かわいs「てめぇもだ!!ゴキブリ野郎!」ってゴキブリ野郎!?

 

「てめぇもなんで俺と同じ土俵立てるんだァ!?」

 

「ゴキブリ野郎とは失敬な!俺は人間だ!」

 

「うっせぇ!黒だったらゴキブリなんだよ!!」

 

こいつッ、黒色をバカにしやがって…

 

「まあまあ、爆豪も桐ヶ谷もその辺にしとけ」

 

「チッ!」

先生の注意で爆豪は大人しくなった

 

爆豪のやついつか絶対やり返す……

 

そのあと緑谷のノートが爆破された以外は何事もなく平和に終わった

 

 




初投稿です しかもスマホ(2回目)
誤字脱字に気づいた方は遠慮なく言ってください。
ちなみにゴキブリ野郎はそーどあーと・おふらいん2でユウキがキリトを虫に例えたときにゴキブリと言っていたのでそれを使いました。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。