回帰の刃   作:恒例行事

14 / 34
共同作戦

「は?」

 

 こういう命令が下ったと、説明した瞬間の声がソレだった。言いたくなる気持ちもわかる。俺も言いたい。

 

「そういう訳だから、これからよろしくお願いします……?」

「──そうはならないでしょっ!」

 

 しのぶが怒号を発する。言いたいことは分かる。分かる。凄く良く分かる。お館様何考えてるんだとか、この組織何考えてるんだとか。

 

「……貴方が姉さんに近付きたくて書いたってこともあり得るのよ」

 

 敬語が外れ、睨んでくるしのぶ。

 俺に言うなよ。それに、これを持ってたのは俺じゃ無い。カナエだ。

 

「だけど、貴方が書いて鴉に渡したって可能性だってあり得るでしょう?」

「まぁまぁしのぶ、それは無いから安心して」

「なんで逆に姉さんはそんなに落ち着いてるのよ!」

「え〜、だって不磨さん柱よ? 柱の人間がそんなことすると思う?」

「うぐっ……そ、それはたしかに」

 

 実際その通りだと納得したのか、少し声の音量を下げる。

 どちらにせよ、俺たちは鎹鴉が居ないと鬼の場所に辿り着けない。ならあまり変わらないだろ。……俺としても申し訳ないとは思ってるがな。

 

 姉妹で鬼殺隊に入るような仲だ。そこに男が急に入ってきて、信用できる相手でもない。不愉快な気持ちを抱くのは当然だろう。

 

「──はい! 取り敢えず今日はここくらいにして、休みましょう?」

「…………そうね。姉さんの言う通り、今日は休ませていただきます」

 

 我先にと、一度礼をしてから部屋から出て行くしのぶ。

 そんなしのぶをみて何か考える仕草をした後、カナエも俺に一礼してから出て行った。

 

 ……お館様。一体、何を考えておられるのですか。

 

 体調管理のできない者に、柱は務まらない。そう言う事なのでしょうか。言い分はわかるし、理解も納得もできる。鬼殺隊の柱が、そんな情けない事で止まっていい事にはならない。

 だが、どうして。どうしてわざわざ、あの二人なのでしょうか。

 

 カァ、と鴉が鳴く。

 お前はどう思う? 

 

「カァ」

 

 普段喋るんだからこう言う時くらい話せよな。

 

 

 

 

 朝。

 屋敷の者に出された料理を平らげ、支度を済ませ屋敷の前で待機する。刀を隠さねばならないのが面倒くさいが、もう慣れたことだ。

 

「お待たせしました」

「…………」

 

 カナエとしのぶが同時に出てくる。

 二人とも身なりを整えたようで、昨日と変わらぬ装いで佇んでいる。

 なら行こうか。鴉、場所は? 

 

『西ィ! 西の山ァ!』

「わ、随分と元気ですね」

 

 喧しく叫ぶ俺の鎹鴉に対して、カナエが笑う。

 そうか? こんなものだと思っていたが。

 

「…………さぁ。飼い主に似たんじゃないですか?」

 

 しのぶがチクリと毒を刺してくる。

 俺に対してかなり辛辣だな──どうでもいいが。良くも悪くも、俺にとって何の関係もない。しのぶを注意するカナエに、どうでもいいから放っておけと答える。

 

 好きに言えばいい。だが、俺たち三人以外がいる場合は言うなよ。

 今はお前の感情も理解できるから好きに言わせてやる。だが、他の隊士がいる場合は別だ。柱として、階級を無視するわけにはいかない。何のための階級だと思ってる? 

 

 無言で鴉の示した方向へと歩こうとするしのぶ。

 筋金入りだな。頑固で、真っ直ぐ。……俺も似たようなものか。人のことは言えないな。鬼を殺すのさえ邪魔しなければ何でもいいさ。鬼殺隊は鬼を殺す部隊だ。

 

 仲間は助けなければいけない訳ではない。

 生き残って、より多くの鬼を殺す。それが出来ればいい。

 

「……なんだかそれは、悲しいです」

 

 カナエが言う。

 悲しい、か。人の人生の在り方は、人によってしか決められない。どう生きるかはお前たちの勝手だが、鬼殺隊という組織に入ったんだ。それはわかっているんだろ。だから、鬼を殺してる。どれだけ哀れんでも、同情しても、鬼は殺さなければならない。

 お前の生き方も大概だよ、胡蝶カナエ。

 

「──姉さんを、悪く言うなッ!」

 

 近寄って、睨みつけてくるしのぶ。

 悪くなんて言ってないさ。事実を述べただけだ。

 

 鬼を殺すのに、同情してどうする。

 哀れんでどうする。

 

 同情すれば、帰ってくるのか。喪った人間が、時が、戻るのか。いいや、決して戻らない。鬼は卑怯で、浅ましく、下卑た存在だ。人を喰らい、嘲笑い、悪意でしか行動することが出来ない。そういう生命体だ。

 

 だから俺たち鬼殺隊が必要なんだ。鬼を殺すのに必要以上の感情を抱くのは勝手だが、それが原因で殺さないだとかはやめてくれ。

 鬼は全員殺すべきだ。一匹残らずな。

 

「……不磨さんも」

 

 そうして、俺に憐れむ様な表情を向けるカナエ。

 

「──その生き方は、悲しいです」

 

 ……行くぞ。

 お前のその生き方は、いつか致命傷を招く。必ずな。

 

「……ふふ」

 

 そう告げると、仄かに笑うカナエ。

 何かに納得した様な、何かに安堵した様な表情を見せて此方を見る。

 

「なら、その致命傷を受けたら──助けてくれますか?」

 

 ……俺の手が届く限り、助けよう。致命傷になる前に、な。

 

「………………ふん」

 

 笑うカナエと、苛立ちを見せるしのぶ。

 ……前途多難だな。

 

 一刻ほど歩き、その間に多少の雑談──しのぶは混ざってこなかった──をカナエと交えつつ、目的地である山に到着した。

 どこまで言っても山ばっかりだ。鬼は山を好む傾向が強いのだろうか。……というより、鬼が身を隠せる様な場所はそう多くない。だから傾向として山を住処にするのだろう。

 

 鴉、鬼の正確な位置はわかるか? 

 

『……洞窟?』

 

 疑問形かよ。

 まぁ助かった。山の中の洞窟か、それとも付近の洞窟か──……どっちにしてもやり辛いことこの上ない、か。夜になるまで待機してもいいかもしれん。

 そこまで考えて、俺が一人じゃないことに気がついた。俺一人なら夜でもいいんだが、やり直しの効かない二人を夜の山に放り込むのはあまり良くない。

 

 お館様に指令されて、一回で二人とも死なせましたでは話にならない。俺は柱だ。煉獄の、煉獄槇寿郎の後釜であり煉獄杏寿郎の露払い。情けない様をこれから重ねるわけにはいかない。

 

 ……昼のうちに入山する。

 洞窟の中では不利だが、俺の闘気で多少は照らせる。

 

「あの……」

 

 カナエが声をかけてくる。

 

「ごめんなさい、私の戦い方が少し特殊で。洞窟の中はあまり得意では無いの」

「姉さん……」

 

 カナエの戦い方が? 

 ……花の呼吸だったか。俺はその呼吸の使い手に会ったことがないから分からないが、狭い場所が不利だというのは俺も同じだ。というか、根本的に刀を振るのに適して無い。

 

「なら、どうして態々洞窟に入ろうとするんですか」

 

 しのぶが責めるような口調で言ってくる。

 単純に生存率が上がるからだ。たしかに洞窟は巣と言っても過言では無いだろうが、外に出ることができれば鬼は追えなくなる。昼の間ならな。だが、夜になってしまえばそうとは言えない。

 夜の山が、鬼にとっての巣では無いとは言い切れない。寧ろ慣れてるだろうな。

 

 そうなってしまうと、逃げ場がなくなる。

 いざという時のお前達の逃げ場が。

 

「……理由は納得出来ました。私はそれでいいと思」

「──しのぶ」

 

 しのぶが俺に応えようとした時、カナエが話を遮る。

 二人で目線を交わして、なにかを伝え合っている。やがて、カナエがニコリと笑って、しのぶが溜息を吐いて俺に話してくる。

 

「……すみません。実は私、鬼の頸を斬れないんです」

 

 …………ん。

 すまん、どういう事だ? 

 頸を斬れない。ん? 

 

 それは、気持ち的な問題ってことか? 

 

「いえ。物理的な問題です──これを」

 

 そう言いながら、日輪刀を俺に見せてくる。たしかにこれは、斬るというよりは……突き? 

 剣先が返しのようになっており、全体的に細い。斬ることには適していないであろうその日輪刀を再度納めて、話を続ける。

 

「私は、見ての通り身体が小さいんです。だからか、筋肉量が少ない。そのせいで鬼の頸を斬ることが出来ないんです」

 

 ……成る程な。

 だから狭い場所は駄目、なのか。

 

「……はい」

 

 …………そうなると、洞窟は駄目だな。

 夜にしよう。夜の山の方が戦いやすいだろうしな。

 

「で、でも」

 

 問題ない。俺が二人を纏めて支援して、しのぶがカナエを支援しろ。カナエが鬼の頸を斬れるなら問題ない。日が出ているうちに場所を探して、鬼の姿を捉えておこう。それくらいはしておかないと、後から不利になる。

 

 十二鬼月でも無いのなら、問題ないさ。たとえ十二鬼月であっても──何一つ、問題ない。

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。