回帰の刃   作:恒例行事

15 / 34
下弦の壱・毒鬼

 山を歩き回り、鬼を探す。一応俺が一人と、胡蝶姉妹二人組で別れた。鎹鴉に連絡を任せるため、上空を飛んでもらってる。木々の隙間から溢れる光が眩しい。時折風が吹き、葉が揺れる音が靡く。

 

 こうしていれば、何もない平和な山。自然現象と、山の音。この二つのみが折り重なって、心地の良い音楽を奏でる。

 だが、この山には邪魔者がいる。

 

 探らねば。

 人を喰らう悪鬼を。

 

 少しだけ、水の流れる音が聞こえる。

 その音を逃さない様に、足音を消して歩く。鬼の膂力をもってすれば、正直なところ洞窟なんて作り放題だし隠し放題。だが、それはないと思う。

 わざわざ鎹鴉が洞窟と明言したのだ。ならばそうだろう。普段方角しか言わない鎹鴉の答えだ、頼りにしない理由がない。

 

 山に洞窟。

 あり得る可能性としては、人が迷い込みそうな洞窟。休む場所になる様な、そんな場所。そして、山の中を流れる川まで辿り着いた。ここから先の何処か、近くだろうか。

 

 川の水を見る。特に異常な点は無く、魚が生息できるくらいには問題ない。生息していても問題ないことはあるが……陽が出てる内は血鬼術を警戒しなくても良いだろう。

 鬼の血は日に触れれば蒸発する。それは破られることのない、絶対的な鉄則だ。

 

 川を登る。真っ直ぐ続くこの川に沿って、不自然な岩や切り立った丘を探す。卑怯な鬼のことだ。どうせ不必要な時は隠れているのだろう。お前たちのやることはわかりやすい。

 

 ……見つけた。洞穴だ。人間が一人入れるかどうか、そのくらいの大きさ。屈めば入れるだろうが、この大きさは……小さいな。身体の大きさを弄れる鬼か? 

 一先ず、中に入る。中は暗闇だし、大きさがどうなってるかすら分からない。恐怖が沸く──が。抑えつける。大丈夫だ。俺は死なない。死の恐怖など感じない。恐れは無くせ。

 

 ていうか、広げれば良くないか? 

 危ない、無駄に死ぬところだった。冷静に行こう、冷静に。

 

 全集中炎の呼吸・伍ノ型──炎虎。

 

 轟音が響き、洞穴が正体を現す。

 大きな広場の様に中は空洞で、この山の中にどうやってこんな大きさを作ったのか気になるくらいだ。鴉を呼び、カナエ達に伝える様に言ってから中に入る。

 

 臭い。臭いが充満している。

 

 死肉の匂い、腐った匂い、血の匂い──不愉快だ。

 耳を澄ませば、ぐちゃぐちゃと小さくか細いがなにかを咀嚼する様な音が聞こえてくる。その方向へと歩みを進める。

 目は慣れた。見える。至る所に散乱する花や頭部を見るに、この鬼は相当力を付けている。鬼殺隊の隊服を纏った手足が落ちていたり、既に相当数の被害が出ている様だ。

 

 音が最も大きく響く場所まで、辿り着いた。

 ああ、臭うなぁ。臭い匂いが鼻を貫く。

 

 日輪刀を構えて、歩みを進める。無論、歩く音は立てない。

 

「……ぇ……っ……めぇっ……」

 

 僅かに声が漏れている。

 俺に背を向けて、何かを一心不乱に貪る鬼。大きく隆起した筋肉は、後ろ姿だけでわかる凶悪さを秘めている。このまま気付かれない間に、斬ってしまおう。

 

 

 全集中、炎の呼

 

 

 視界が変わる。回って、地面と身体が平行になっている。身体から力が抜けて、地面に倒れ伏す。指一本、動かない。なんだ、なんだこれ。

 

 俺が倒れた音に気が付いたのか、鬼が俺の事を見る。口がいくつも顔についていて、その全部を動かしている。くちゃくちゃと、ぐちゃぐちゃと人肉を貪りながら。

 

「なんだぁ、また新しい餌が来たのかぁ」

 

 そう言いながら、俺の顔を掴んで持ち上げる。離せ、クソ野郎。

 

「無駄無駄。俺の血鬼術が充満してるから、この洞窟内に入った時点でもう逃げられない。……ああー。さっきの大っきい音はお前?」

 

 ギリギリと腕に力を込めて俺の頭を握りしめながら、その口を開く。見たこともない誰かの皮膚や肉、髪の毛などが口からはみ出ていて気持ち悪い。吐き気がする。

 

「まぁいいや。やっぱりあのお方の言う事は間違いない。このままお前みたいな奴を待って、俺が上弦に上がってやる」

 

 迫り来る口から目を逸らして、鬼の顔を見る。

 その左目には──下壱と、刻まれていた。

 

「──あ、む」

 

 死ねクソ野ろ

 

 

 

 

 ……とんだ初見殺しだ。

 吐き気が止まらん。川の水を適当に飲んで、吐き出す。多少スッキリした胃の中を意識しない様に考えながら、洞窟を睨みつける。

 

 この腐乱臭に、毒が混じってる。日が当たれば消えるのだろうが、少なくともアイツがある奥深くには日は通ってない。……洞窟内での戦闘は不可能に近いな。

 だが相手の情報が得られたのは大きい。

 

 毒を警戒する様に、と言うより……無駄に近寄れない。物理的な強さに見せかけて、まさか毒で確実に殺すとはな。

 

「不磨さん、見つかりましたか?」

 

 合流したカナエが話しかけてくる。隣にはしのぶがいるから、どうやら潜伏してる鬼はこいつだけで良さそうだ。

 

 鬼はこの中に居る。

 あと、この空気を吸うな。毒が混じってる。

 

「毒……うっ」

 

 スン、と一度鼻で匂いを嗅いだしのぶが顔を顰める。

 中は死体と食い残しが散乱してる。この洞窟が、この鬼の住処で間違いない。

 

「……もしかして、先に入りました?」

 

 カナエが、ほんの少しだけ怒気を滲ませて言う。

 

 ……いいや、入ってないさ。なぁ鴉。

 

「カァ」

「あ、今は話さないのね」

 

 カナエが鴉に突っ込む。やっぱそう思うよな。

 

 血鬼術による影響だろうな。日が出ている所だと問題ないが、暗闇の中だと厄介だ。……どうするか。

 

「……やはり、予定通り夜間での戦闘が良いと思います」

 

 しのぶが言う。

 俺もそう思う。一番の懸念としては、これだけの濃度を放てる鬼が外に出てきて──果たして、俺達がこれを吸わずに戦えるかだ。恐らく不可能だろうな。

 

「はい。短期での戦闘が望ましいと」

 

 頷いて同意する。

 一撃で済ませるしかない、か。

 

 そもそも夜になって出歩いてくるかどうかだが……出てこなかった場合。

 

 俺が中に入って誘き出そう。

 

 吸ってはいけない相手、か。やりづらい事、この上ない。

 だが、やらねばいけない。

 

 厄介だ。これまで相対したどの鬼よりも──そういえば、あの鬼が変な事を言っていたな。あのお方、だとか。

 

 ──そして、上弦になると。

 

 聞き出す。

 これまで相手してきた鬼の中で、一番上弦の鬼に近い。絶対に、何をしてでも話を聞き出さねばならない。上弦の鬼の居場所、そしてなれる条件。

 

 あの憎たらしい鬼が、上弦の弐への道筋が。

 少しずつ、少しずつ光明が差してくる。ああ、待っていろよ。お前は絶対に俺が殺してやる。どれだけ死のうと、どれだけ果てようと、お前の事だけは忘れない。

 この憎しみの怨嗟は忘れてはやらない。お前の犯してきた全て、おれが背負って纏めて叩き込んでやる。

 

 死後の世界があるというならば──地獄に叩き落とす。

 

「……不磨、さん?」

 

 カナエが話しかけてくる。

 すまん、話の途中だったな。

 

 根本的な解決にはならないが、口元を布で覆うくらいしか一先ずの対抗策が思いつかなかった。やらないよりかはマシだと思うが……。

 

「……そう、ですね。私もやったほうがいいと思います」

 

 歯切れ悪く答えるカナエ。

 

 ……そうだ。少しだけ洞窟を崩しておくか。

 日が出ている内ならば血鬼術への対策にもなる上、アイツを夜になった時に誘き出せるかもしれない。昼のうちに起きた異常に気が付けば、きっと夜に出てくるだろう。

 

 洞窟を適当に技を放って壊す。入り口が完全に倒壊したが、俺ならば無理やり突破できる程度の瓦礫だ。

 いざとなれば、突入するしかない。死が目の前に見えていても行かねばならないのは、こう、感じるものがある、だが気にするわけにもいかない。

 

 俺は今は、死なないのだから。

 

 

 

 

 

「──……ねえ、姉さん」

「どうしたの、しのぶ?」

 

 日が落ちてきて、夕焼けが差し込む頃。洞窟を見ることの出来る木の上に、胡蝶姉妹は佇んでいた。

 

 周辺の探索を軽く行い、罠等が無いのを確認した三人はそれぞれの持ち場へとつく事にした。

 胡蝶姉妹は、鬼が出てきた時に不意打ちで頸を斬る役目。

 

 回帰は、単独で鬼と相対し釣る役目。

 

 実力的に考えて、これが最も妥当だと判断した回帰によって決められた。それにはしのぶも納得して、作戦は決められた。

 

「本当に私で、いいのかしら」

「……ええと。役目がってこと?」

 

 こくりと頷くしのぶ。

 役目──すなわち、鬼の頸を斬る。

 

 しのぶは、鬼の頸が斬れない。それは決して情や精神の問題ではなく、肉体的な問題。

 刀を振る力が足りないのだ。それはもう、絶対的な程に。

 

 だからこそしのぶの呼吸は、突きが基本となっている。

 突いて、動きを止めて、他者と連携する。そして、しのぶは姉であるカナエと必ず組んでいる。二人組だからこそ生きていける呼吸と戦い方である。

 

「いいんじゃないかしら。不磨さんだって、しのぶと私達ならできるって判断したから任せたのよ」

 

 そうじゃなかったら、全部一人で終わらせようとしてる。

 その意味を語らずとも読み取ったしのぶは、それを理解してなおいいのかと問うた。

 

「だって、あの人は柱よ。私達とは違う、鬼殺隊の柱。それこそ、何もかもが──」

「しのぶ」

 

 しのぶの言う事を、カナエは理解できた。

 あの日の夜、二度目の邂逅を果たしたあの日、カナエは目の前で見たのだ。十二鬼月と呼ばれる凶悪な鬼を、僅か一振りで断ち切ったのを。

 自分が子供のように弄ばれた鬼を、いとも容易く屠ったのだ。

 

 柱になればそれは当然なのだろうか。

 柱になれるような人物というのは、最初からそうなのだろうか。

 

 胡蝶カナエは、当然の事だが不磨回帰の弱い時を知らない。

 強くて、不屈で、折れる事を知らずに、自分の事を少しだって顧みない。死んですらいいとすら思っていると、カナエは感じている。

 

 一度目の邂逅、助言をしてくれた時の不磨は怪我をしていた。

 それはもう、激痛が走るどころではないくらいの怪我を。

 

 それでも、鍛えようとしていた。

 いや、恐らく秘密裏に鍛えていたのだろう。

 

 狂気。

 

 多分、胡蝶姉妹が感じているのはソレだ。

 

「それでも、あの人は──柱として、在ろうとしてくれてる」

 

 柱として。

 下の者に迷惑は出来るだけかけない。

 上の者が無茶をする。

 

 たとえどれだけの狂気を孕んでいたとしても──不磨回帰は鬼殺隊の柱である。

 

「だから、私達も信じましょう?」

 

 柱は折れない、挫けない、砕けない。

 

 轟々と燃え盛る炎が、暗闇に煌めく。

 

 ──戦いが、始まった。

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。