回帰の刃   作:恒例行事

24 / 34
蓮の花

──全集中・炎の呼吸。

 

 その場から一気に翔ける。

 右足で大きく踏み込み、左足で着地。そのまま左足に力を込めて、憎たらしい鬼の頸めがけて刀を振るう。

 

「わ、早いね!」

 

 何処までも馬鹿にしたようなその態度が気に入らない。

 

 カン、と甲高い音を立てて手に持つ扇で刀を止められる。

 

「へぇ、炎の呼吸かぁ。俺とは相性が良さそうだね」

 

 恐ろしいほどの力。

 全力で呼吸を行なっていてこれか──憎たらしい。平然と受け止められた箇所から刀を離して、頸ではなく別の箇所を狙う。扇の大きさ的に、小回りはあまり効かないはずだと判断して手首を狙う。

 

「お──機転も利く。優秀だなぁ」

 

 パキ、と音が聞こえる。

 刀と扇がぶつかる音でも、何でもない。何だこの音は。

 

血鬼術──蓮葉氷

 

 左手で振るわれた扇を、後ろに避けることで回避して──呼吸が十分に出来てないことに気がつく。

 苦しい。毒を食らってる? いや、あの感覚じゃない。

 

 ぶるりと身体が震える。

 これは…………寒い、のか? 

 

「無理しないほうがいいよ。俺の血鬼術をまともに吸い込んじゃったからね。そのうち肺から巡って細胞が死んでくよ」

 

 成る程、血鬼術か。

 死ぬわけではなく、行動不能にする。クソめんどくさい奴だ。

 はぁあと息を吐いて、猛烈な痛みが身体の奥底からするのを感じる。

 

 自分の首に刀を当てて全力で呼吸を行う。

 

「え」

 

 覚悟を決めろ。

 俺は死なない。こいつを殺すその時まで。

 だから、自分で死ね。自殺しろ。痛みを堪えろ。

 

 首に食い込む刃、痛みを感知するより先に、視界が歪んでいく──斜めに変わっていくのを感じる。

 ……ああ。

 

 鬼は、この程度の痛みで苦しんでたのか。

 益々憎たらしいよ、クソ野郎。

 

 

 

 

「あれれ、来ない? ならこっちから行くけど」

 

 童磨──いや、クソ野郎が扇を構えて歩いてくる。

 舐め腐りやがって。呼吸を行い、足に力を込める。

 

 出し惜しみは一切しない。一撃で殺す。防がれるのなら、それごと叩き潰せばいい。

 深く、深く呼吸を刻む。

 

 己を薪にしろ。

 憎しみを燃やせ。

 怒りを増幅させろ。

 

奥義──玖ノ型・煉獄。

 

 一瞬だけ、あの憎たらしいクソ野郎の顔つきが変わった。

 

 予想して無かったか? 

 素早く、それでいて高い火力を出せる技があると思ってなかったか? 

 

 ふざけるな。こっちはお前を殺すために生きてるんだ。

 

 血鬼術? 

 

 いいや、俺の方が早い。

 舐めてかかった、お前の負けだ。無様に死ね。いますぐ死ね。

 

 ──最後に見たのは、クソ野郎の愉し気な表情だった。

 

 

 

 

 

「あれれ、来ない? ならこっちから行くけど」

 

 ふざけるな。

 このクソ野郎、ふざけんなよ。

 

 どうしてあそこから返せる。

 どうしてあの状態から斬り返せる。

 

 おかしいだろ、化け物。

 

 再度呼吸を行う。

 煉獄じゃダメだと言うのなら、幾つも組み合わせろ。届かないわけがない。届かせるんだ。

 

 全集中・炎の──

 

「──不磨さん!」

 

 その声に動きを止める。

 見てみればクソ野郎も動きを止めている。目を細めて、それでいて愉快な表情。イラつく野郎だ、死んじまえ。

 

「落ち着いてください。十二鬼月の上弦の弐ですよね?」

 

 そうだ。俺がずっと追い続けた、俺の人生を賭けて殺さねばならない憎たらしいクズ。

 

「ひどい言われようだなぁ」

 

 あははと笑うその姿に、益々怒りが沸く。

 何笑ってんだよ。何息してんだよ。早く死ねよ。

 

「うーん……でもなぁ。どうせ死んででも想ってくれるなら、女の子の方がよかったなぁ。ね、何て名前なの?」

 

 ──いい加減黙れよ。

 

 全集中・炎の呼吸──壱ノ型。

 

 不知火の速度で、炎虎の威力を叩き出せ。

 カナエが制止してくるが、それを振り払って突撃する。試して試して、こいつが死ぬまで何度だって。

 

「よっと」

 

 軽く受け止めたクソ野郎の髪の毛を掴む。

 そのまま頸を根元から引き千切る様に力を籠める。

 

「うわわわ、すごいなぁ」

 

 まるで初体験の玩具で遊ぶ子供のような声をあげながら、俺に対して扇を振るう。

 見えない。振ったことはわかるが、どこをやられたのかがわからない。

 

 そう思った途端、髪を掴んでいた左腕の肘から先の感覚がなくなる。いや、正確には──肘から先が、斬り落とされた。

 

「流石に、髪の毛を掴んでくるような人と戦うのは初めてだ」

 

 うるせぇ、くたばれクソ野郎。

 

 胴体を大きく斬られ──急にクソ野郎から離れる。

 

「──不磨さんっ! 不磨さん、大丈夫ですか!? しっかり……!」

 

 状況的に、カナエが引き剥がしてくれたようだ。

 俺の刀は、あのクソ野郎の足元に落ちたまま。距離を詰めてくるような事もせずに、此方を見てニヤニヤ嗤っている。

 その、気持ち悪い、面を、やめろ。

 

「えっ、酷いなぁ。俺こうみえて結構人気者なのに」

 

 憎しみが、向かっている対象としては、人気かもな。

 

 ゲホゲホと咳をして、口から大きな血の塊を吐き出す。

 もういいよ、カナエ。

 

「いいわけない! 絶対に諦めませんから!」

 

 涙を浮かべながら俺の傷跡を抑えるカナエの、刀を抜く。

 

「……何するつもりですか」

 

 ……悪いな。借りるわ。

 

 そのまま、カナエの刀を首に突き刺した。

 

 

 

 

「あれれ、来ない? ならこっちから行くけど」

 

 ……クソ野郎が。

 認めたくない。認めたくはないが──こいつは恐ろしく強い。

 

 その実力も、血鬼術も。

 

 まさしく、上弦の弐──上から弐番目に相応しい強さだ。

 

 ……カナエ。

 

「っ……はい」

 

 悪いが、力を貸してくれ。

 俺一人じゃ、アイツを殺せない。

 

「結構冷静だねぇ。凄く殺気立ってたのに」

 

 耳を貸すな。

 こいつは話せば話すだけ不快感を浴びせてくるクソ野郎だ。鬼だとすら思うな。こいつはクソだ。クズだ。生きる価値がない。

 

 血鬼術は、氷。

 吸い込んだら呼吸がまともに出来なくなる、気を付けろ。

 

「あれ? 俺、キミと何処かで会ったことあったっけ?」

 

 ──握る力が、極まる。

 不愉快な奴だな、お前。お前を生んだ奴の顔を、見てやりたいよ。

 

「俺の両親? ああ、それは無理だね。あの人たち愚かだし、もう死んじゃったしね」

 

 ……クソ野郎が。

 

 この、クソ野郎が──! 

 

 全身から炎が迸る。

 まるで俺の怒りがすべて炎になったかのような荒ぶり方。

 

「そもそも、俺の両親の顔なんて見てどうするのさ。家族なんて所詮──」

 

 その口を閉じろ。

 今すぐ閉じろ。

 家族を殺されたあの日から、ずっとずっとずっと……お前を殺すことを目的に生きてきた。

 

「よほど家族が大切だったんだね、可哀そうに。──なら、今度は君も食べてあげよう!」

 

 死ね。

 

 飛び出したい気持ちを抑えて、カナエと目を合わせる。

 一瞬怯えるような表情を見せたが、気にせず前にでる。

 

 こいつ相手に接近戦は不利だ。一撃離脱で殺さないと。

 唸りと共に炎が舞う。氷が何だ。ならば氷を全て払えばいい。

 

 五ノ型・炎虎。

 

「すごいすごい、怖いなぁ──」

 

 俺の攻撃が完全に本命じゃないことは見抜いている。

 こいつの狙いはカナエだ。俺じゃない。

 

 だからその隙を突く。カナエが本命だと思わせて、俺がもう一度煉獄を放つ。あと一歩踏み込めば届くその距離まで俺が前進してきた意味、お前は考えているか? 

 

「──おっと」

 

 舞うように刀を振るったカナエの攻撃を容易に回避する。そしてついでだと言わんばかりに氷を吹きかけてくる。

 

 気持ち悪い、死ねよクソ野郎。

 

 そう思いながら再度刀を振る。

 炎虎の威力と範囲なら、十分な程に振り払える──筈だった。

 

 パキ、と音がする。

 これは、何かが凍った音だ。なんだ、何が凍った。何を凍らせてきた。

 

「一度見た。どういう物かはわかった。そうしたら後は置いておくだけ、簡単だなぁ」

 

 ──この、この、お前……クソ野郎。

 化け物が。一度見ただけで、理解した? 俺の技を? 俺の腕を? 

 

「うん。強かったけど──君じゃ俺には勝てないよ」

 

 呼吸が、上手くできない。

 ふざけるな。何なんだお前は、そんな──物語の主役じゃないんだ。そんな、ふざけた話、あるかよ。

 

 氷で覆われた両手。握った手に力は入らず、刀も同様に凍らされた。

 そして追加で氷を出され、呼吸もままならない。

 

 そのまま顔に扇を振るってくる。かろうじて首は避けたが、左目を大きく切り裂かれた。

 

「──不磨さん!」

 

 ああ、やめろ、来るな。

 逃げろ。逃げてくれ。来なくていい。

 

 勝てない。カナエじゃ、勝てないから。頼むから逃げてくれ。俺が死ぬまで、来ないでくれ。

 

「不思議な呼吸──でも、前に同じようなのと戦ったことあるからいいや」

 

 サクッと。

 まるで何ともない、虫を叩くような感覚で腕を振るった。

 

 ……カナエ。

 カナエ、生き、てるか? 

 

 身体が、動かない。

 死なないと。俺が、死なないと。舌を噛み切って、今すぐにでも。

 身体が震えてる。寒さで、上手く動かない。

 

「もう無理しない方がいいよ。それ以上やっても苦しいだけだろうし──食べてあげる時間が無くなっちゃうからね」

 

 俺の身体が動く。

 でも、俺の意思によってではない。誰かに持ち上げられ、運ばれてる。

 

「──不磨、さん。大丈夫、ですか」

 

 ギリギリ動く瞳を、声の方──カナエの方へと向ける。

 肩から腰辺りまで、大きく傷が入っている。吐血もしている。

 

 ──……お前。やめてくれ。今すぐ、逃げてくれ。出血してるじゃないか。頼むから、逃げてくれ。

 

「……大丈夫です、絶対に死なせませんから」

 

 動け。

 動いてくれ。

 頼む。今動いてくれないと、お願いだ。

 

「──貴方に会えて、良かった」

 

 ──そんな、優しい顔、するなよ。

 

 

 

 

 ゲホ、と咳をする。

 

 苦しい。痛い。身体の内側が、徐々に蝕まれていくような感覚。斬られた場所は泣き叫びたいくらい痛いし、血を止めようにも呼吸がままならない。

 最悪。どうしてこういうことになるのかな──そういう運命に産まれてしまったのか。

 

「……うそ。まだ動くの?」

「ええ。まだ死ぬわけにはいかないの」

 

 嘘だ。

 

 もう、自分が助からない事は理解してる。

 この鬼が居なくなっても、今すぐ誰かが助けに来ても手遅れ。

 

 ここで死ぬんだと、わかってしまった。

 

「もうやめときなよ。苦しいでしょ? 肺をぶった斬ってるんだ、血が入り込んでまともに息も出来てない。苦しいだろう?」

 

 苦しい。

 やめたい。

 泣き叫びたい。

 

 でも、きっとこの人は──不磨さんは、そんな状況を何度も乗り越えてきた。そうして私達を、何度も救ってくれた。

 

 だから叫ばない。

 苦しくてもやめない。

 

 でも──それとは別で、心が痛い。

 

 折角、上手くいきそうだったんだけどなぁ。

 やっと、こっちを見てくれたのになぁ。

 

 想えば想うほど胸が苦しい。

 

「俺がちゃんと食べてあげるからさ、安心してよ」

 

 ああ──哀れな鬼。

 

 本気で、食べる事で人が救われると思っている。

 そんな訳がない。苦しみと辛さの中で、人が救われる訳がない。

 

 後ろで倒れ、凍らされて動くこともできない想い人を見る。

 

 ごめんなさい。私、不磨さんみたいに強くないから。

 もっと強かったら、勝ててたかな。もっと速かったら、勝ててたかな。私がもっと、違ったら──こんな風に、別れなくてよかったかな。

 

「よっ、と」

 

 気が付けば、目の前にあの鬼が来ていた。

 

 恐怖はない。

 このまま貪られ、死ぬという未来を受け入れる。

 

 でも、心残りがある。

 

 しのぶ、ごめんね。お願いだから、不磨さんに当たらないで。自惚れになってしまうけれど、きっとこの人は──壊れてしまうから。

 カナヲは、大丈夫。いつかきっと、好きな男の子が出来たら変わる。私はそう信じてる。

 

 頸を、食い千切られる。

 痛い。途轍もなく痛い。でももう、叫ぶことも出来ない。

 

 そのまま鬼に左腕を掴まれる。あ、これは──と思ったときにはもう遅くて。

 

 左腕を半ばで折られ、そのまま千切られる。

 痛い。すごく痛い。泣きたい。涙は流れてるかもしれない。

 

 どさりとその場で膝から倒れて、左腕を抑える。血が止まらない。止まるわけないか。

 目の前に視線を向けると、丁度想い人の顔があった。

 

 あ──できればこんな姿、見ないで欲しかったな。それに、そんな顔しないで欲しい。

 声をかけたいけど、もう喉は無い。声は出せなくて、ヒュ、ヒュ、と空気が漏れるような音を出すだけだった。

 

 ──不磨さん、ごめんなさい。

 

 

 あなたの事を、愛しています。

 

 

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。