回帰の刃   作:恒例行事

34 / 34
熱に浮かされ

「……煉獄さん?」

 

 泣き崩れ、動くことの出来ない俺たちの場所へ何者かがやってくる。

 黄色い頭に、黄色い羽織。

 

「炭治郎。煉獄さん、どうし……」

 

 炭治郎──竈門と杏寿郎が呼んでいた少年へと声をかける。

 

 ……杏寿郎は、死んだ。

 

「え? いや……え? まず、あんた誰だよ。なんで煉獄さんが死ぬんだよ」

 

 上弦の参が来た。

 杏寿郎が、二人を守った。

 

「上弦の、参が……? なんで、なんで来たんだ」

 

 ……俺のせいだ。

 俺が、アイツをあそこで殺しておけば杏寿郎は死ななかった。全部、俺の責任だ。俺が杏寿郎を見殺しにした。

 

「……あんたは、名前は?」

 

 ──……俺の名前か。そんなもの、どうでもいい。

 

 何が決して摩耗しない、不磨だ。

 削りとれて、角が取れ、丸くなって、そのままどんどん小さくされている。それも誰かがやっている訳じゃなく、俺が自分で選んだ果てで起きている。

 

 やはり俺は碌でもない。早く、死んでしまえ。

 

「──そんなことない!」

 

 炭治郎が叫ぶ。

 まるで俺の考えを理解しているかのように、俺に向かって。

 

「絶対に、絶対、煉獄さんは、死んでしまえなんて、言わない。言わないんだ……!」

 

 涙を流しながら話す炭治郎。

 

「──喚いてんじゃねぇ!」

 

 猪の被り物をした少年──嘴平少年も続く。

 

「どんだけ苦しくても、どんだけ悲しくても──言われただろうが!」

 

 ──ああ、眩しい。

 こいつは、こいつらは、全員が眩しい光を放ってる。既に、煉獄は継がれている。素晴らしい、素晴らしいよ杏寿郎。お前は、お前は永遠に俺の憧れだ。

 

「いつまでも泣いてんじゃねぇ!」

「お前も、大泣きしてんだろ……」

 

 少年達が三人集まって、大泣きする。

 杏寿郎、お前は本当に凄いよ。こんなに慕われて、こんなにも影響を与えて、皆に希望を教えて……お前がいてくれて、良かった。

 

「オイオイ、いつまで喚いてん……炎柱様?」

 

 いつのまにか、隠の人間達も集まってきたらしい。

 もう、行こう。俺は鬼殺隊には居られない。

 

「え、炎柱様? ……嘘、だろ……てか、あれ、まさか、先代……?」

 

 動かなくなった杏寿郎を見た後に、俺に気がつく奴がいる。

 まさか、俺を覚えてる奴がいるとは──ああ、覚えるか。俺程情けない奴は居ないからな。

 

「え、本当に先代!? なんで!? 死んだんじゃないの!?」

「えっ」

 

 隠の言葉に、少年たちの方から声が聞こえる。

 ああ、俺はそういう事になっていたのか。ええと、誰だったか……お館様? の配慮か? 

 

 なんでもいいか。

 俺はこの後自分で行くから、この少年達を頼む。

 

「……えぇ……? いや、でも……首とか、血出てますよ」

 

 どうでもいい。

 どうせ死にはしない。

 

「回帰さん!」

 

 炭治郎が話しかけてくる。

 振り向いて、顔を見る。

 

「きっと、きっと──しのぶさんも会いたがってる(・・・・・・・・・・・・・)!」

 

 ………………しのぶが、俺に? 

 そんな訳が無い。アイツは俺を恨んでる。恨んで怨んで憎んで、殺したいと思ってる筈だ。俺はアイツに殺される事に文句はない。寧ろ、殺してくれるなら喜んで命を渡す。

 だからこそ、今は行けない。杏寿郎に、魅せられた。ならば、俺も命を燃やすしかない。この残り火が、残滓のような掠れた炎が……少しでも、あそこに手が届くなら。

 

「違う! しのぶさんは、しのぶさんは……貴方と同じように、囚われている! それを救えるのは、回帰さんしか居ない!」

 

 今更、帰れないさ。

 

「駄目なんだ! 今帰らないと、今、戻らないと……! 俺は、真菰に託されたんだ(・・・・・・・・・)!」

 

 ──真菰? 

 

 待て、炭治郎。真菰、あれ、なんだ、真菰? 

 覚えてる。覚えてるぞ、その名前。俺は、真菰と言う名を覚えてる。

 

「真菰が、どうか助けて欲しいって……! あの人は、優しい人だからって、言っていたんだ!」

 

 真菰、あ、ああ、真菰、そうだ、俺はなんで忘れていたんだ。

 あの山で、俺が救えなかった命。俺は、あそこから、ああ、そうか……。

 救えなかった命を忘れるような奴じゃ、もう、駄目だ。

 

「あ──……」

 

 首を締めようとすると、俺の手に誰かの手が重なっている。

 小さな手だ。さっき、杏寿郎の事を教えてくれた手。

 

 ……俺に、死ぬなって言うのかよ。

 死ぬことしか出来ない俺に、死ぬなって。

 何だよ。何なんだよ。俺は、どうすれば良いんだ。生きて、どうすれば良いんだ。

 

 

 ──生きて。

 

 

 この、声は。

 今の声は、俺は、違うんだ。俺はお前を殺して、生き残るつもりなんてなかったんだ。俺は死のうと思ったんだ。だけど、死ななくて、どうしても死ななくて、死んでも死んでも死ななくて、だから、俺はアイツを殺すって誓ったんだ。

 

「回帰さん! 帰ろう、一緒に!」

 

 ……炭治郎。

 

 お前も、眩しいな。

 お前達がいるなら、俺は居なくても、いいんじゃないか。俺みたいな、何処までも自分勝手な男は、居なくても、いや、居ない方が……

 

「──少なくとも!」

 

 炭治郎が叫ぶ。

 俺の声を遮り、俺に届けるために。

 

 

「真菰は、貴方を怨んでない!」

 

 

 ふわりと、何かが俺の視界に映る。

 その、面は。その狐の面は。

 

 そうか、炭治郎。お前……そうなんだな。

 

「だから、だから……どうか、お願いします。一緒に、戻って、まだ、やり直せるって……」

 

 そして、そのまま声が小さくなっていく。怪我をした状態で声を荒げたからだろう、酸欠か、血液不足か……。何にせよ、炭治郎を死なせるわけにはいかない。

 

 ……わかった。

 覚悟を決める。

 

 隠達。お館様に連絡、それと三人を早く治療出来る環境に連れて行ってくれ。

 

 そして……

 

 

 俺を、胡蝶しのぶの元に連れて行ってくれないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ……変わらないな、この屋敷は。胸が引き裂かれそうになるくらい、変わらない。

 

 カナエが植えた木も育ち、既に立派になっている。それだけ、年月が経った。

 

 

「あのぅ、先代様……」

 

 

 隠の一人が声をかけてくる。

 すまない、俺は後から入る。だから先に炭治郎達を運んでくれ。

 

「わ、わかりました。……その、先代様は覚えていないと思いますが、私前にお二人に助けて頂いたことがあって」

 

 ……悪いが、記憶にないな。実は記憶も曖昧で、覚えてることは覚えてるんだが……鮮明な記憶が、ほとんどない。いつまでも頭の中で繰り返される光景は、あの時の地獄のような光景だけだ。

 

「ああいえ、とんでもございません! ただ、その、花柱様が存命されてる間に命を救われて……ええと、私はあなたが戻ってきてくれて、嬉しいです。すみません、それだけなんです」

 

 そう言いながら炭治郎を抱えて屋敷の中に入っていく。

 カナエと二人の時、か。ああ、胸が苦しいな。お前が遺していったモノはこんなにも多いのに、俺は何一つ覚えていなかった。だめだな、俺は。

 こんなんじゃ、しのぶには口も利いてもらえないだろうな──それでも、いいか。しのぶがそれで少しでも和らぐなら、それが俺に残された、責任という物だから。

 

「すみません、いつまでも屋敷の前に居ないでくれませんか?」

 

 後ろから声を掛けられる。

 

 ああ、すまない。

 

「ん……? あれ、炭治郎さん!?」

 

 運び込まれていく炭治郎に気が付いたのか、顔見知りなのか急いで駆け込んでいく。

 

「あ……」

 

 その隣に居た少女も、同じように炭治郎の場所に行こうとして──俺の顔をみて、動きを止める。

 その髪の結び方、蝶の髪飾り。痛い程に、死にたくなるほどに覚えている。

 

 苦しい。苦しいよ。その髪飾りを見るだけで、あの光景が蘇るから。

 でもそれも全部俺の所為だ。だから、仕方ない。受け入れないといけない。俺の所為だ、俺の所為だ、俺の所為だ。

 

「……え、と…………お久し、ぶりです」

 

 ああ、久しぶり──カナヲ。

 

 そしてその後ろから、俺の事を、信じられない様な物を見た表情で見る人──しのぶに、声を返した。

 

 

 

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
一言
0文字 一言(任意:500文字まで)
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。