回帰の刃   作:恒例行事

9 / 34
怪物同士

──痛みが巻き戻る。

 

 思わず声を出しそうになりつつも、頸を斬り落とした勢いをそのままに後ろに跳ぶ。呼吸を乱すな。整えろ。少なくとも、もう一体──敵は二体以上いる。

 頸が落ちたままずるずる動く怪物と、木から飛び降りてきたもう一体が並ぶ。

 

 ──……これは中々、キツイ。

 相変わらず幻痛の様に痛む傷のあった場所を抑えつつ、日輪刀を構える。

 

──全集中・炎の呼吸。

 

 頸を落として駄目なら、全部切り落とせばいい。俺は一番最初、そうやって生き残ったはずだ。

 なりふり構うな。動けなくなるまで殺し尽くせ。それが俺の生き残る、唯一の道筋なのだから。

 

──壱ノ型・不知火。

 

 踏み込む。一の踏み込みで大地に罅割れ、二の踏み込みで急加速。既に頸の無くなった怪物へ向けて、胴体を二つに割るために刀を振るう。

 ──ガ、と。直前で何かにひっかかる 。なんだ、何に引っかかった──ずぶり。

 

 俺の腹を貫く爪。もう一体の、攻撃。

 クソが、次は、おまえから──

 

 

 

 

 

──痛みが巻き戻る。

 

 ならば、そのまま反転して無傷の方を斬る。斬り落とした直後、頸のなくなった怪物を蹴り飛ばす。前方に飛んで行った頸無しを無視して後ろから近寄ってきているはずの無傷に振り返る。既に目の前に迫った猿の顔と、虎の手足に驚く。思わず動作が遅れ──

 

 

 

 

 

──痛みが巻き戻る。

 

 頭を、左右から握られ潰された。ぐわんぐわんと歪む視界を捩伏せつつ、先ほどと同じように頸無しを蹴り飛ばして後ろへと抜刀する。

 

──弐ノ型・昇り炎天。

 

 斬りあげと振り向きを同時に行うことで、先ほどの攻撃に対処する。迫り来る顔面を避けるように上体を予め逸らして、潰そうとしてきた両腕を回避した。立ち上がる形で狙ってきているので、当然この怪物は四足歩行から二足歩行に切り替わっている。そこを狙え。頸を狙って駄目なのならば──身体を半分に断ち切ってやる。

 

 ザク、と。

 股と言っていいのだろうか。足と足の間に日輪刀が突き刺さる。斬り上げろ。力を込めろ。呼吸を乱すな。ここで断ち切るのだ。

 

 重い。めちゃめちゃ重い。どうしようもない岩を相手にしているような、そんな感覚。だが──諦めない。ここでお前の胴体は分割してやる。声を上げながら、腕に力を全力で込める。ここが正念場だと、腕がブチブチ音を立てるのも気にしない。

 

 ミチミチと音を立てながら、日輪刀が進んでいき──振り切った。

 

 その勢いを保ったまま、頸無しが接近してくることを読んで上段の技を繰り出す。

 

──伍ノ型・炎虎。

 

 唸れ。心よ、奮い立て。

 勇敢に吠えろ。無謀に攻めたてろ。炎が、捲き上る。まるで世界が焼けているのかと錯覚する程の炎。燃えろ。盛れ。

 

 予想通り、振り向いたその先に迫り来る怪物。一度やられた事は、俺は覚えているぞ。それが痛みを伴うものならば、尚更な──! 思い切り、振り下ろす。頸の断面に突き刺さった日輪刀は、なんの躊躇いも無く怪物の身体を半分に切り分けた。

 

 ズシン、と音を立てて倒れた四つの巨体。乱れた息を整える。辛い。呼吸が安定しない。だが、俺は生きている。死んでない。死ぬほど痛かったが、生きている。まだ、俺の意思は尽きてない。

 この死に戻りと言っていい現象は、謎が多い。なぜ俺だけなのか。なぜ死なないのか。なぜ、なぜ……疑問が尽きない。いつの日か、これに慣れて死にまくっていた時に急に巻き戻れずに死ぬかもしれない。

 

 そうなれば、俺は何も成せずに死んでしまうだろう。それは避けたい。

 強くならねば。何にも負けない程、鬼を必ず殺して。そして、あの上弦に俺は立ち向かうのだ。

 

 ぴくりとも動かない怪物に、とどめ──ではなく。確実に動けなくなるように、何度も刻む。

 腕を切断した。足を切断した。胴体を、下半身を分割して、それぞれ叩き潰した。頸が残った方は頸を斬り落とし、その頭も入念に斬り刻んだ。

 

 ……まるで猟奇殺人の現場だな。自分のやった行動に少し嫌悪感が湧く。だが、これも仕方ない事だ。俺は、いつの日にかあの上弦を殺さねばならない。そのためには、ここで死んでいる暇はないのだ。

 

 月の灯りが差し込む。段々と痛み始めた身体に、そういえば噛まれたなと思い出す。よくよく見てみれば腕や足にも小さな切り傷がある。小さな、というと少し語弊のある大きさだが、先ほどまで食らっていた痛みに比べれば全然痛くない。

 

 ──そうだ。こいつらは本命じゃない。頸を斬って死なない時点で、こいつらは鬼本体じゃない。頸を斬られて死なない鬼は居ない。つまり、これはあくまで血鬼術によって何かしらの細工をされただけだ。

 本体を。鬼を、探さねば。

 

 歩いて、他を探す。気配も何も感じ取れない。月の明かりが僅かに暗闇を裂いているが、それだけだ。悲鳴嶼はどうなったのだろうか。この怪物に初見で対応できたのだろうか。甲の隊士だ、その実力は並大抵ではないだろう。

 柱一歩手前──まだまだ遠い。

 

 細かい傷を塞ぐために呼吸を整える。吸って、吐いて。──全集中・炎の呼吸。血管を塞げ。皮膚を伸ばせ。血を止めて、酸素の巡りをよくするんだ。

 少しでも血液の巡りをよくしなければ。そう考えると、傷を放置しておくのはよくない。血液の巡り、つまり酸素を運ぶ速度は呼吸の深さに直結する。

 

 傷を塞ぎ、一息吐いて──刹那、背後から気配が迫っているのを感じ取る。

 何だ。速い、これは先程の怪物よりも更に──でかい。

 

 振り向いて、抜刀する。──参ノ型・炎心の揺らめき。何が来ても対応できるよう、揺らぎになれ。

 

 そうして待ち構え、音が近づいてくるのがわかる。徐々に近寄ってくるその足音は先程までの静かさとは打って変わり、騒音どころではない。熊が相手でも、ここまで大きな音は出ない。さっきの怪物じゃないのか。

 心臓がどくんどくんと胎動するのがわかる。乱すな。呼吸を乱すな。目の前に集中しろ。そら、近づいてくる。来るぞ、来るぞ来るぞ来るぞ──! 

 

 ふ、と。

 

 音が一瞬止んで、月の光で明るくなっていた筈の視界が暗くなった。なんだ、雲で隠れでもしたのか──そう思って、上に向かって技を放つ。

 

──弐ノ型・昇り炎天。

 

 闘気が炎となって唸る。暗くなった視界を照らして──その正体を目にする。

 

 先程の怪物が、ぐちゃぐちゃに混ぜ合わさった姿。腕の様な物は付いているが、それはあまりにも非生物的すぎる。肉が蠢き、内臓の様な物が顔が付いている場所からはみ出ている。なんだ、この生物は──……そう思ったところで、刀と触れる。

 

 ──重い。果てしなく、重い。先程の二分割する程度の力では到底対抗できない程の重さ。それどころか、留める事すら出来な

 

 

 

 

苦しみが、巻き戻る。

 

 視界が暗くなって──マズい。マズいマズいマズい! 潰される、どうにかして避けなければ──! 

 

──壱ノ型・不知火! 

 

 全力で目の前へと突撃する。

 先程の飛び掛かりは対応できない。俺では──というより、アレに対抗できる人間は居ないだろう。悍ましい何かへと変貌を遂げた先程の怪物に、そうしてしまったのは俺だと本能的に理解しつつ下がる。だが、距離は取り過ぎない。

 

 もし奴の知能が保持されたままだとすれば、理解している筈だ。この飛び掛かりで、俺を確実に殺せると。そうすれば、常に飛び掛かってくる可能性もなくはないのだ。

 

 どうする、ここは逃げの一手しかないか? もうこいつを足止めする方法は無い。切り刻んでも再生して追ってくる時点で、俺に勝機は無い。

 逃げたとして、鬼と戦って勝てるのか? これ程の恐ろしい生命体を──生物かすら怪しいが、これ程の生物を作ってしまうのだ。勝てるのか──そう考えて、刀を握る手に力を入れる。勝てる勝てないじゃない。俺はここでこいつを殺すんだ。

 

 前に進まなければならない。ぐちゃり、ぐちゃりと肉を溢して再生してを繰り返す怪物を前に刀を構える。

 

 殺しても死なない。ある意味俺と似たような怪物を──仕留めれなくても、いい。

 向かってくる度に潰そう。再生してくるというなら、その都度。動けるというのなら、地面の中に埋めよう。木に括り付けて、捻じ伏せて、動けぬように。

 

──全集中・炎の呼吸。

 

 正面に刀を構えて、深く呼吸をする。一秒か、それ未満か──僅かな時の間に、研ぎ澄ます。

 

 (はち)ノ型──紅炎。

 

 

 

 

 ──大きな爆発が山に響く。ソレは、本体を相手にしていた(・・・・)悲鳴嶼にも例外なく届くほどの物であり、強大な何かが戦っている事を理解させるものだった。

 

 そして、悲鳴嶼の目の前には──ぐちゃぐちゃに磨り潰された怪物と、頸から上が消し飛んだ一つの人型。先程まで生命活動を行っていた、下弦の陸と瞳に刻まれた鬼であった。既にその原型は無く、灰になっていくのを待つだけである。

 

 潰しても潰しても動いた怪物も、既にピクリとも動く気配はない。この下弦の鬼が血鬼術で操っていた、若しくは血鬼術で形を与えていたのだろう。だから、本体である鬼を倒せば死ぬ。

 

 斬る、となれば悲鳴嶼でも少しだけ苦労しただろうが──悲鳴嶼の岩の呼吸と、この日輪刀は相性が良かった。叩き潰す、巌の様な堅実さを誇る悲鳴嶼は、この怪物からしてみれば天敵と言ってもよかっただろう。

 

 そうして灰に薄れていくのを確認した悲鳴嶼は、もう一人共に入った隊士の事を確認しに行く。先程の音は、恐らくその隊士だろうと悲鳴嶼は考える。この任務に来た訳も、鬼殺隊の長である産屋敷──通称、お館様に告げられたからである。鎹鴉を通し、直々に指令された。

 

『気になる隊士が居るから、様子を見て欲しい。多分、相手は十二鬼月だと思うけど──彼には、どうしても違和感を抱いてしまってね』

 

 悪意のある違和感ではない。なにか漠然と、理解できないという違和感だと話していたことを思いながら悲鳴嶼は音のした方へと駆けた。

 

 悲鳴嶼行冥から見て、不磨回帰という人物は真っ直ぐな人間だと思っている。ひたすら真っ直ぐ、鬼を殺す。いつかの日にかくる自分の目標の為に、生命すら厭わず投げ出す。そういう人物だと、あの少しの邂逅で悲鳴嶼は把握していた。

 全盲であるから、他者を他の要素で視る力が強くなったのだ。

 

 声から、仕草から判別し、悲鳴嶼は人を疑り深く見ていた。

 

 サクサクと音を立てて歩く。そうして、悲鳴嶼は辿り着いた。

 

 木々が薙ぎ倒され、まるで何かが吹き飛んだような──大きな熊が、とてつもない勢いで突撃したような跡。その入口、小さな広場の様な場所に、月の光が差し込んでいる。

 

「──……悲鳴嶼殿、ですか」

 

 その中心、刀を納めて正座で座り込んでいる。

 腹部から、腕から、至る所から血の跡が残っている──不磨。

 

「少々、手こずってしまいまして。申し訳ありません」

 

 後ろ姿を見せたまま動かない不磨に、悲鳴嶼は声をかける。

 

「大丈夫か」

「はい。()は、生きてます」

 

 そう言いながら、立ち上がる。振り向き、頭から僅かに流れた血液が頬を滴っている。

 

「鬼は、殺してくれましたか?」

 

 光の陰になっていて、表情は上手く読み取れない。だが、何かしら──歪な物を感じ取った。恐怖と、怒りと、憎しみと、喜びと──いろいろな感情が、混ざり合っている。これほどまでに歪なのは、悲鳴嶼にとって初めての人物であった。

 

「……ああ」

 

 果たして、嗤っているのか──それとも。

 悲鳴嶼には、測ることが出来なかった。

 

 お館様が違和感を感じた理由、今ならば──理解できる。そして、同様に。

 

 これから、長い付き合いになる──漠然とだが、そう感じた。

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。