国際連邦日本エリア召喚   作:TOMOKOTA

2 / 25
2 動乱

クワ・トイネ公国、そしてクイラ王国が日本エリアと国交を締結してから、2ヶ月が経とうとしていた。

この2ヶ月間は、クワ・トイネ公国にとって、歴史上で最も変化した2ヶ月間であった。

2ヶ月前、日本エリアは、クワ・トイネ公国と、クイラ王国両方に同時に接触し、双方と国交を結んだ。

日本エリアからの食料の買い付け量はとてつもない規模であったが、大地の神の祝福を受けた土地を持ち、家畜にさえ旨い食料を与えることが出来る農耕国たるクワ・トイネ公国は日本エリアからの受注に応える事が出来た。

 クイラ王国についても、元々作物が育たない不毛の土地であったが、日本エリアにとっては資源の宝庫であるらしくクイラ王国は大量の資源を日本エリアに輸出していた。

 

 一方日本エリアはこれらと引き換えにインフラを輸出してきた。

 大都市間を結ぶ、石畳の進化したような継ぎ目の無い道路、そして鉄道と呼ばれる大規模輸送システムを構築しようとしていた。これが完成すれば各地の流通が活発化し、いままでとは比較にならない発展を遂げるだろうとの試算が経済部から上がってきている。

 各種技術や武器の提供も求めたが、検討中とのことですぐには手に入らなかった。

 

彼らからもたらされた便利なものは、今までの常識を全く塗り替えてしまうほどのものであった。

 真水ではとても飲めるものではなかった今までのものと違い、いつでも清潔な水が飲めるようになる水道技術、夜でも昼のように明るく出来る照明、ボタン一つで発熱し、火と同じように調理ができるクッキングヒーター。これだけでも生活はとてつもなく楽になる。

 まだ、2ヶ月しか経っていないために普及はしていないが、それらのサンプルを見た経済部の担当者は驚愕で放心状態になったという。

 国がとてつもなく豊かになると……。

 

「すごいものだな、日本は……。明らかに三大文明圏を超えている。もしかしたら、我が国も生活水準において、三大文明圏を超えるやもしれぬぞ」

 

 クワ・トイネ公国首相カナタは、秘書に語りかける。

まだ見ぬ国の劇的発展を、彼は見据えていた。

日本エリアの呼称については、日本で構わないということになった。日本エリアは日本には違いないし、

国際連邦などという奇妙な名称からもわかる通り、地球の現状というのは異なる常識を持った相手にはっきり説明できるようなものではなかったのだ。

世界各国の実質的な統合は緩やかに進んだもので、明確な制度として定められたものではない曖昧なものだった。

国際連邦というのも元々は、連邦制が最も近いとして国際連合の名から生まれた通称であり、それがそのまま使われているのだ。

 

「いや、それだけではない。国としても三大文明圏を超えられるだろう。」

 

日本から流入してきている技術。

現段階でも夢のようなものばかりだが、彼らはさらにとてつもないものを多く持っているという。

しかも、いずれそれらも輸出しようというのだ。未来への展望は広がるばかりだ。

 

「彼らが平和主義で助かりました。彼らが覇権国家だったらと考えるとぞっとします。」

 

落ちる夕日が穀倉地帯を照らし、一面金色の美しい風景が広がる。

この世界でも太陽は東から西へと沈む。日の沈む方には、ロウリア王国があった。

 

「……しかし、武器をすぐに輸出してくれなかったのはいささか残念だ。ロウリア王国はいつまで待ってくれるだろうか……」

 

カナタは夕日を眺めながらそう嘆いた。

 

 

 

―ロウリア王国 王都 ジン・ハーク ハーク城

―御前会議

 

 「我が王よ、準備はすべて整いました」

 

 白銀の鎧に身を包み、鎧の上からでもその盛り上がった筋肉がわかるほどの鍛え上げられた体を持った30代ほどの男が王に跪き、報告する。

 彼の名はパタジン、ロウリア王国の将軍である。

 

 「二国を同時に敵に回して、勝てるか?」

 

 34代ロウリア王国、大王ハーク・ロウリア34世はその男に尋ねる。

 

 「一国は、農民の集まりであり、もう一国は不毛の地に住まう者、どちらも亜人比率が多い国などに、負けることはありませぬ。」

 

「その両国と関係を結んだ日本とやらはどうだ。」

 

「ワイバーンも持たない蛮国の模様でございます。気が向いた時にでも、攻め滅ぼしてやりましょう。」

 

 「そうか……。しかし、ついにこのロデニウス大陸が統一され、忌々しい亜人どもが根絶やしにされると思うと、余は嬉しいぞ」

 

この時のために6年も前から準備をしてきた。屈辱的な条件を飲み、列強パーパルディア皇国の支援も取り付けた。負けるなどあり得なかった。

 

王は哄笑する。

 

「この日は、我が人生で一番良い日だ……余は、ロウリア王国大王の名をもって、クワ・トイネ、クイラ両国との開戦を命ずる!!」

 

王城は多いに沸いた。

 

 

 

―クワ・トイネ公国国際連邦日本エリア大使館

 

「本当ですか!?」

 

クワ・トイネ公国外交官ヤゴウの喜びの声が響く。

彼はロウリア王国との開戦により食料の輸出が困難になること、援軍を要請したいことを伝えに来ていたのだが、日本側の田中大使から最良の答えが返ってきたのだ。

 

「ええ、我々は貴国を支援することを決定しました。

資源を輸出してくれる貴国は、まさに我々の命綱ですから、当然のことです。」

 

頼もしい答え。ヤゴウは大きな安心を感じていた。

 

「そのためにも貴国との軍についての情報共有が必要です。

お伝え願えますか?」

 

「勿論です!すぐにお伝えします!」

 

この要望は迅速に首相まで届けられ、首相カナタはこれを許可。日本軍とクワ・トイネ軍は作戦会議をすぐに始めることができた。

そしてロウリア王国がクワ・トイネ公国、クイラ王国両国に宣戦布告したとき、日本はロウリア王国に宣戦を布告、四勢力は戦争へと突入した。




ところで誰か『企業連召喚』(ACfA)書いてくれませんかね(

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。