国際連邦日本エリア召喚   作:TOMOKOTA

6 / 25
6 ロウリア王国の終焉

―ロウリア王国東部諸侯団

 

 副将アデムはイラついていた

 

「どうなっているのですかぁ!」

 

 部下たちは冷や汗を掻く。悲鳴と共に12騎の偵察隊とは、連絡が途絶えた。

 そのいずれもが、黒い、恐ろしく速い竜に追われているといった言葉を最後に連絡が取れなくなった。

 

「現在調査中でして……」

 

「具体的にどのような方法で調査しているのか!たわけがぁ!」

 

 静まり返る。

将軍パンドールが話し始める。

 

「まあしかたがない。出来る事をしよう。本軍の護衛は?」

 

「ワイバーンが50騎常時直衛にあがります。残りはギムの竜舎で休ませています。もちろん、命あれば、いつでも出撃いたします」

 

「50も?多くないか?」

 

「いえ、今までの軍の原因不明の消失、もしかしたら敵はとてつもない力を手に入れたのかもしれません。本軍が壊滅したら、今回のクワトイネ攻略作戦は失敗します」

 

「そうか……」

 

 上空には多数のワイバーンが編隊を組み、乱舞している。その雄姿は何が来ても勝てると思わせるほどの威容だ。

 伝説の「魔帝軍の行進」でさえ、これほどの軍があれば、きっと跳ね返せるだろう。

 しかし、敵はいったい……

 

 パンドールの思考は強制的に一時中断させられた。

上空を乱舞していたワイバーンが何かわめぎ声を上げ始める。竜騎士はコントロールを失いかけていた。

 

「なっ何だ!?何が起こったあ!」

 

 彼には知る由も無いことだが、その時ワイバーンたちはCP-237のレーダー照射攻撃を受けて眼球を焼かれていた。鱗によって他の部位は助かったし、乗っていた竜騎士も全身を覆う装具のおかげで熱を感じただけで焼かれることからは逃れられたのだが、突如眼を焼かれたワイバーンたちはパニックを起こしていた。

 やがて、東の空に黒い点が6つ、音も無く近づく。超音速!

 

 軍上空を『それ』は凄まじい速度で通り過ぎた。矢じりのような形、真っ黒に塗られた機体。

 

 遠雷のような轟音と共に衝撃波が彼らを襲う。

彼らが見たのは、マッハ3.3という猛烈な速度で軍上空をフライパスしたCP-237の姿だった。

 

「は……は……速すぎる!!!」

 

「なんなんだ!!」

 

「あああああああああ」

 

「バカな・・バカなぁ!」

 

 飛び去るその時、CP-237はワイバーンのすれすれを飛行していた。もちろん、攻撃の意図があってのことだ。乗騎から振り落とされた竜騎士たちが悲鳴を上げながら落ちてくる。

 

 恐怖。

 しかし、悲劇は待ってくれなかった。

 先ほど飛び去った敵の鉄龍が戻ってくる。

と同時に、軍団の兵たちが炎に焼かれるような苦しみの声を上げ始める。再びのフライパス、竜騎士が乗騎から落とされる。

 精鋭騎士団が一方的に殺戮されていく……

 ワイバーンの数こそが軍の力と思っていた。これだけの数のワイバーンがいれば、炎神竜にさえ勝てると思っていた。

 それが、まるで何かのゲームのように一方的に撃破される。

否、これは、もはやゲームそのものだ、敵は、武器や導力火炎弾を使ってすらいないではないか。

 

「ちく……しょぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」

 

 上空から精鋭ワイバーン部隊が一掃された。

再び向かってくる鉄竜。体に焼き焦がされるような、また、湧き上がって来るような熱を感じ。

 将軍パンドールは、その熱と共にこの世を去った。

 

 

 

―数日後

―ロウリア王国首都 ジン・ハーク ハーク城

 

 

 6年もの歳月をかけ、列強の支援と、服従と言っていいほどの屈辱的なまでの条件を飲み、ようやく実現したロデニウス大陸を統一するための軍隊、錬度も列強式兵隊教育により上げてきた

 資材も国力のギリギリまで投じ、数十年先まで借金をしてようやく作った軍、念には念を入れ、石橋を叩いて渡るかのごとく軍事力に差をつけた。

 圧倒的勝利で勝つはずだった。

 それが、日本とかいうデタラメな強さを持つ国の参戦により、保有していた軍事力のほとんどを失った。

 当初、国交を結ぶために訪れた日本の使者を、丁重に扱えば良かった。もっとあの国を調べておくべきだった。

 ワイバーンのいない蛮国だと?とんでもない。

ワイバーンが全く必要無いほどの超文明を持った国家ではないか!

 軍のほとんどを失った。大船団も、精鋭騎士団も、みんな海や大地の内に散った。

 こちらの軍は壊滅的被害を受けているのに、相手は、日本人は1人たりとも死んでいない。

 とてつもないキルレシオ、文明圏の列強国を相手にしても、ここまで酷い結果にはならないだろう。

 もっと、最初にきちんとした対応をとるべきだった。くやんでも、くやんでも、くやみきれない。

 敵は、もうそこまで来ている。

首都上空を、黒い影のような敵竜が、我が物顔で飛び回っている。

 ワイバーン部隊も全滅した。

 もう、どうしようもない……

 

 近衛兵の悲鳴が聞こえる。軍の足音が聞こえる。

扉が荒々しく開かれ、王の謁見の間に、軍勢が流れ込んで来る。掲げた旗、鎧の色、クワ・トイネ兵だった。

 

「クワ・トイネだと?」

 

「ロウリア王国国王、ハーク・ロウリアだな!?

この場で首を取ってやりたいところだが…… 殺すなとのお達しだ。

貴殿には捕虜となって頂く」

 

 ハーク・ロウリアの両手に手錠がかけられた。日本エリアからの輸入品だった。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。