jail   作:水原渉

12 / 12
エピローグ

 

 ルーマシー群島を形成する大きな森のとある場所に、澄んだ水を湛える小さな池があった。

 その透き通る水で、二人はこれでもかというほど体を洗いっこして、今は池のほとりに並んで座っている。

 ルリアはジータの肩に頭を乗せ、キラキラ光る池の水面を見つめていたが、やがて顔を上げずにぽつりと呟いた。

「ごめんなさい」

「うん、いいよ……」

 何のことかわからないが、ジータは即答した。まったく何一つ、ルリアを責める感情はない。

 ルリアが少し沈黙を挟んでから、小さく笑う。ジータも笑った。

 今度は顔を上げて、ルリアがいたずらな目でジータを見る。

「ジータ、あのシチュー、美味しそうに食べてました」

「忘れて。私はもう忘れたから」

「美味しかったんですか?」

 ルリアの綺麗な瞳に、ジータの金色の髪が映っている。大きくて明るい瞳。

 想像を絶するほど痛い思いをしたはずなのに、よくその話題をこんな笑顔でできるものだ。

 ジータは優しくルリアを抱きしめ、剥き出しになった首筋に顔を埋めた。そして、白くて柔らかな肌に唇を当てて、甘噛みする。

「ジータ?」

 怪訝そうな声を無視して、歯形が残るくらい一度強く噛んでからそっと離した。

 そのまま目を閉じてキスをする。

 ルリアもジータの背中に両腕を回し、二人はしばらく、まどろむように唇を重ね合った。

 鼻息がくすぐったい。そんな些細なことが、たまらなく幸せだった。

 やがて、ジータが何も言わないでいると、ルリアが口を開いた。

「ジータ。助けてくれてありがとう。何度も、何度も、ジータは私を助けてくれる」

「シェロのおかげね」

「ああ、あの鍵、シェロさんですかー」

 可笑しそうにルリアが声を弾ませる。それから両手を後ろについて空を見上げた。

 つられて顔を上げると、緑の向こうに青い空が広がっている。どこまでも深い蒼。

「お散歩の続きをしたいですね」

「まずはみんなのところに帰ってからね。きっと心配してる」

 元々アウギュステにいたので、別の島に連れて来られたことになる。

 もっとも、仲間と合流するのはそれほど難しくはないだろう。街に出れば他の騎空団がいる。騎空団同士の繋がりで、すぐにでも自分たちのことは、仲間に伝わるはずだ。

「ジータと二人きりの時間も、私は好きです」

 なんでもないように呟いて、それから急に恥ずかしそうにルリアが頬を赤らめた。

 ジータはくすっと笑った。

 黙って頭を撫でてやると、ルリアが嬉しそうにすり寄ってきた。

 目指す場所がある。

 大切な仲間がいる。

 毎日は緊張の連続だけれど、それが刺激的でとても面白い。

 ただ、何もかも忘れて、ルリアと二人で、静かに平穏な日々を過ごすのも、それはそれでいいかもしれない。

「あのシチュー、美味しかったなぁ……」

 髪を撫でながら、懐かしむようにそう呟くと、ルリアが大袈裟に驚いて身を仰け反らせた。

「ええーっ!?」

「また食べたいわ」

 わざとらしく舌なめずりする。

 ルリアが座ったまま後ずさりした。

「冗談よ」

「あ、当たり前です!」

 ルリアとなら、きっとどんな毎日でも楽しい。

 世界で一番大切な女の子の拗ねた顔を眺めながら、ジータは穏やかに笑った。

 

 ─ 完 ─

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。