個性ソビエト   作:ゆっくり霊沙

13 / 28
1日目 夜 個性把握訓練と悪夢

 ~夜~

 

「う~ん、今日だけじゃ無理か」

 

 未知さんと個性の把握を心理テスト形式で試しましたが、普通の病院なら解ることくらいでした

 

「明日も夕方からやろうか。傾向の確認は済んだから専門の道具も使えるようにしておくからね」

 

「あの……その専門の道具は今日は使わなかったのですか?」

 

「んーとね、本当に来てくれるか怪しかったし、歌舞が信用しなかったらするつもりは無かったの。……法に抵触する可能性が有るから」

 

「違法なんですか?」

 

「……トリガーっていう個性増強薬を知っているかな」

 

「違法な薬じゃないですか」

 

「これね、違法なの日本だけなの。本来の使用目的は個性の検査薬か鎮痛剤なんだよ」

 

「鎮痛剤? ですか……副作用が実は本来の使用目的!!」

 

「そう。トリガーは鎮痛成分に含まれる成分の割合を変更して個性の増強という副作用を発生させてるだけなんだ……だから薬が切れると使用者の大半が体が個性に耐えれなくてボロボロになるの……あ、明日使うのはトリガーじゃなくてちゃんとした検査薬だからね。まぁグレーゾーンの薬だから表沙汰にしたくないんだ。これでダメなら別の方法も有るから気を楽にね!」

 

「は、はい」

 

 その後は夕食と歌舞さん、仁菜さん、未知さん以外の職員の方との歓迎会をしてお風呂に入り、眠りについた

 

 

 

 

 

 

 

 

 チャポン

 

「ん?」

 

 目が覚めると暗い洞窟の中だった

 

 後ろは洞窟の入り口らしく光りが漏れているが凄く寒そうだ

 

 個性で急いで防寒着に着替えてなければ凍え死んでいただろう

 

 外を見ると雪が積もっていた

 

 洞窟の中に戻り、個性でランプを作るとそれを洞窟の中を照らしてみる

 

「……なんだこれ?」

 

 赤黒い液体が何かに引きづられた跡が残っていた

 

 私はその液体が直感で人の血液であることを認識してしまう

 

 吐いた

 

 胃の中が空っぽになるくらい吐いた

 

 逃げ出したくなるが外は吹雪、スマホは勿論県外

 

 ……何か来る

 

 足音だ

 

 私は咄嗟に岩の陰に隠れる

 

 ドスッドスッと質量感ある足音で普通の人ならこんな音は意識しないと出せないだろう

 

 私は音に意識しすぎて手にランプが無いことに気がつく

 

 ランプを床に置いたまま隠れてしまった

 

 新しく個性を作ろうにも手元にも胃袋にも食べ物も燃料もない

 

 脂肪を消費すれば良いのだか私はパニックになっていてそんな当たり前の行為が出来なかった

 

 それよりも岩の陰で声を殺して足音が遠くに行くのを待った

 

 ドスッ

 

 足音が止まる

 

 恐らくランプに気がついたのだ

 

 ドスッドスッドスッドスッドドドド

 

 走ってランプに近づいた様だ

 

 まだ私には気がついていない

 

 ドスッドスッ

 

 私の隠れている岩の前で止まる

 

 上から強い光りが見えた

 

 咄嗟に上を向いてしまった

 

 そこに居たのは狼の顔をした化け物だった

 

 私の頭を大きな手で掴むと岩の陰から引きづりだし、洞窟の通路に叩きつける

 

 痛みがある

 

 首がもげなかったのが奇跡だ

 

 痛みで上手く体が動かせない

 

 背中から硬い洞窟の床に落ちたのだ

 

 噎せて呼吸も上手く出来ない

 

 何故こんな目に

 

 何故いきなりこんな事に

 

≪しっかりしろ! おい! 星野鈴!! これは夢だ。貴様干渉されているぞ!!≫

 

 

 

 

 

 

 

 失敗作の声で目が覚めた

 

 凄まじい汗を私はかいており、服は寝間着から防寒着にいつの間にか着替えていた

 

 いや、夢の中でしたことをある程度体も反応して生成したのだろう

 

 現にランプも光りが消えた状態で床に転がっていた

 

「なんだったんだ……今のは」

 

 時刻は3:17とデジタル時計が表示していた……

 

 

 

 

 

 

 

 ~朝~

 

 目が覚めた私はその後2度寝することもなく、4時半には起きて外の駐車場でストレッチをしながら夢の事を考えていた

 

 明らかに普通ではないその夢と個性に住み着く精神体である失敗作の干渉という言葉

 

 何より普通の夢で有るならば痛みなど感じないからだ

 

「おっ早いね。いやぁけっこうけっこう。もうすぐ皆来ると思うから頑張って朝市を終わらせよう!!」

 

「はい」

 

 仕事が始まるため、私は一旦悪夢のことは忘れる事にした

 

 

 

 

 

 

 

 朝市が一段落した8時半、朝食をいただいた

 

 朝カレーを食べ終わり、私は歌舞さんとパトロールに出掛けていた

 

 服装は薄い焦げ茶色のトレンチコートに下はジーパン、ベルトにポーチを着けるいった完全に私服の様に見えるが、戦闘服の体操服でパトロールするのは完全に場違いなのでこの姿だ

 

 歌舞さんも楯と杖をバックと野球バットをしまうケースの中に入れている以外は普通に私服だ

 

「都市部だと戦闘服でパトロールした方が活動しているのが民衆にわかって活動実績として加算されやすいからな。まぁ僕はそんな価値の無いものにこったりしないのさ」

 

「へー、そうなのですか」

 

 畑畑田園田園牧場田園……のどかな場所だなぁ

 

「さて、学校側から貰った成績表だけど近接戦闘が苦手な様だな」

 

「はい」

 

「ならば、鍛えてあげよう……といっても護身術と棒術の基礎くらいだけどね」

 

「助かります」

 

「体はできてるからまずは間のとり方から始めよう」

 

 

 

 

 

 

 

 パトロール後の時間、昼食、午後4時まで指導してもらい、風呂に入った後、個性把握訓練に入る

 

「昨日の夜言っていた通りこの検査薬を使って個性の検査を行います」

 

「じゃあ腕を捲って」

 

 プス

 

 ジンワリと検査薬が体内に入ってくる……

 

 私は深く沈む感覚に陥った


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。