天下三分RTA   作:月神サチ

13 / 20
後半戦は近日公開予定(走者の気力次第)


第五章 前半 海老で釣った鯛でマグロを釣る

ランキング入りしてて困惑しかないRTA、はーじめーるよー。

 

帰還したら抜擢ガチャが始まりました。

 

終盤に領地まかせるモブはたくさんいて困らない(手のひらクルー)

 

さて、誰がいるのかな―――

 

陶濬(トウシュン)(男) 武勇64 統率72 知力55 政治51 魅力53 歌唱91 料理100 芸術1

 

羊コ(女)  武勇64 統率90 知力84 政治89 魅力81 歌唱71 料理80 芸術77

 

田予(女)  武勇62 統率80 知力83 政治72 魅力75 歌唱81 料理77 芸術50

 

……名将祭りだぁ!!!?

 

呉の最後に頑張った将軍に魏と晋にいた万能型の都督に劉備が逃がした大魚と名高い清廉潔白な名将!

 

後ろ2名、属性的に中立・善っぽいからこれからやることの結果次第では離反されそう(こなみ)

 

んー……ここまで来たら編成を

 

慶次郎・恋・ねね

 

高順・カクフク

 

華雄・閻圃

 

張遼・洋コ

 

皇甫嵩・盧植

 

田予・陶濬

 

こんな感じにしておけばいいかな。

 

さて、洛陽に戻った後からの再開になります。

 

論功行賞のお時間です。

 

月ちゃんから正直に言っていいのかなと心配されます。

 

「大丈夫だよ」

 

「群雄の功績も全部オレたちの功績と言い張っちゃおうぜ」

 

「オレが付いていく。いやー―オレが矢面に立つ」

 

モチロン選ぶのは、「オレが付いていく。いやー―オレが矢面に立つ」です。

 

このタイミングを持って、事実上の董卓軍乗っ取りである。(とっくにそうなってた? おっ、そうだな)

 

選択肢に対して、ようやくか、見たいなアクションを全員が示して、特に月がホッとした顔を見せます。

 

ついでに新規に来た3名に「えっ? 今までアンタトップじゃなかったの?」的なリアクションをされました。

 

解せぬ。

 

そんなわけで論功行賞に向かいます。

 

ここで4人選抜します。

 

もっとも、月と詠固定なので、あと2名を選ぶだけです。

 

んー……ここは盧植さんと霞を連れていきましょう。

 

 

 

 

謁見の間に行くと、ご機嫌そうにしてる何進と、面白くなさそうな十常侍、あとお菓子まだなのっていう霊帝様、そしてしっかりとしてる劉協様。

 

……うーん……この章は何度走っても複雑な気分になるんだな、コレが。

 

まあ、それはさておき、冷静に選択肢を選んでいきます。

 

「多くの群雄がそれぞれの民のために戦いましたので」

 

「あれだけの大乱を収めるのに助力した者たちには相応の報酬を与えるべきかと」

 

「この程度を出せぬとは、皇帝の権威の、同時に皇帝を支えるあなた方の器が疑われます」

 

かなり煽りを含めた選択肢選ぶと十常侍の大半と何進がキレます。

 

まあ、それも計算の内です。

 

大抵は劉協様が正論言って、同時にこっちにも「もっと丸く収まる言い方なかったの?」的なことを言いますが、今回はそれに加えて瑞姫(何太后)も劉協に援護射撃。

 

勝ったな(確信)

 

 

 

 

 

 

 

というわけで(自分だけ)意気揚々と帰ってきます。

 

結論だけ言うとこの態度のせいで功績もパァ、月ちゃんも将軍位からまた司隷校尉に逆戻りとなります、しょうがないね(他人事)

 

ちなみに忠誠心低そうな抜擢3名と盧植、皇甫嵩が

 

「失望しました、那珂ちゃんのファン辞めます」とか言い出すかと内心ビクビクしながら確認したところ

 

「恩あるし、それはそれとして毒を食らわば皿まで」的なことを言ってくれました。

 

え、毒なんてそんな……やるなら首ちょんぱデスよ?(島津感)

 

それはさておき、オマケに盧植と皇甫嵩がそれぞれ風鈴、楼杏と真名を預けてくれたり。

 

いいゾ~コレ

 

あ、此処で離反というか去っていくかは運です(1919敗)

無理に引き留めておくと土壇場で離反してくれやがりますので(88敗)その時は潔く諦めましょう。

 

さて、ここからしばらくは5章。

 

何もしなければ起こる何進と十常侍の政争前のインターミッションです。

 

時間換算で大体1か月ほど。

 

まあ、この縛りのRTAでこの章を遊び惚けてるなんてするやつはRTAガチじゃないです(真顔)

 

それはさておき、月ちゃんたちを慰めーの

 

「病んでしまったのであとは吾妻に仕事任せます」と月ちゃんに書いてもらいーの(本人嬉しそう)

 

月ちゃんに改めてコミュして「何もしないのはつらいので……ご主人様の侍女したいです」ってイベントおこしーの

 

 

 

 

としてたら1日経過!

 

 

 

 

時間流れるの早いね。

 

みんな切り替えが早いのか、過半が元の仕事に戻る感じだったからか、他の面々は特に文句もなく仕事を再開。

 

月ちゃんはどこから調達したのかメイド服になってる。

 

……毎回思うんだけどどこから調達してきてるんだろう(困惑)

 

プロローグ時点はおろか、このタイミングまでどこにも売ってないんですよね。

 

芸術60以上と教養「異世界転生モノのチート知識」、または芸術90以上あるとイベントで作られて発展していくのは知ってるんだけど……。

 

まあ、可愛いからいっか(思考放棄)

 

それはさておき。

 

仕掛けを増やしていきましょう。

 

 

 

◆◆◆

 

 

 

 

気分はさながらお手紙将軍

 

え?何をしてるかって?

 

黄巾党討伐に参加した諸侯、

 

袁紹、袁術、曹操、孫策、公孫賛、劉備に

 

今安定と武威を治めてる馬騰さん、ついでに2章で交流得た馬休さんと文通を行ってるだけですよ(ギリワンスマイル)

 

袁紹と袁術はおべっかでとりあえずおだてて、曹操、孫策、劉備にはコンゴトモヨロシクと書き、馬騰さんには「有事の際、軍隊を通過させてください」と土下座外交、馬休さんにはラブコールを書いて置きます。

 

手紙はこまめに、だけどしつこすぎないように、この匙加減が大切。

 

過ぎたるは猶及ばざるが如しといいますからね。

 

それを送ったら次に暇な時間は恋を連れて街中を放浪します。

 

え? 遊んでる暇なんてないって言ってなかったって? そうだよ(便乗)

 

いや、これにはマリアナ海溝並みに深い理由がありまして……まあ後で理由いいます。

 

ちなみに月ちゃんが恋ちゃんに恨めしそうな目で見て、恋ちゃんが無意識か後ずさりするシーンがありました(おそらく歴史に残る貴重シーン)がさておき。

 

路地裏、魚屋の近く、人のいいおばあちゃんの家回りを重点的に放浪します。

 

……できれば見つかってほしいな……(願望)

 

 

 

 

◆◆◆

 

 

 

 

「お猫様~……」

 

あれから数日後の夕方。

 

路地裏の猫だまりで、ネコに懐かれなくて(´・ω・`)してるくのいちコスの少女がいました。

 

―――みぃつけたぁ(ねっとり)

 

なにしてるのかな? 子ネコちゃん とナンパを仕掛けます。

 

驚いてあわわわしますのでネコ関連で彼女の興味を引きましょう。

 

ちなみに恋ちゃんを連れまわした理由ですが……

 

「……? ネコに、触りたい……?」

 

そういって恋がおいでおいでするとあら不思議。

 

数匹が近寄って恋の手に身体こすりつけ。

 

見とけよ見とけよ~

 

そんな様子に驚いているので肩をポンと叩いてささやきます。

 

「君も一緒にどうだい?」と

 

恋がそれに合わせてネコ一匹抱き上げて少女に渡します。

 

すると彼女が見てるこっちまで幸せになりそうな蕩け顔を見せるのでネコが飽きて逃げるまでそっと見守ってあげます。

 

動物を大切にし、同時に好かれやすい体質な恋ちゃんだからこそなせる職人技(違う)です。

 

ネコが飽きて逃げてしまった後、彼女が恋ちゃんに弟子入りを願ってきます。

 

世の中何でもかんでも弟子入りして修行すれば身につくなんてことはない。

 

適正とか素質とか色々あるんだよ、当たり前だよなァ?

 

それはさておき、恋ちゃんがどうすればいいのかな、とアイコンタクトで訴えてきますので「好きにさせてあげよう」を選びます。

 

恋は「好きに……して……」と答え、少女はうれしくてくるくる回りだしました。

 

腰より下まで伸びる髪で絡まりそう(こなみ)

 

まあ、そんなことは起きることなく、これでお猫様大好き周泰と太いパイプを確保しました。

 

ついでにこのまま、交流していきます。

 

 

 

◆◆◆

 

 

 

 

近くの食堂でディナーがてらお話しタイム。

 

お猫様同盟(周泰視点)だから隠し事などしないらしく、

 

孫家の家臣であることや洛陽で董卓軍について調べてこいと言われて潜伏してることなど教えてくれます。

 

それでいいのか(困惑)

 

ここで名前を改めて言うと、木魚のなる音からのお鈴(おりん)のなる音で繋がったのか「はうわっ!?」と驚きます。

 

あーもう1回言ってくれとか言われなくてよかった。

 

このイベントやるたびにこの子はわわ軍師たち並みに慌てふためきます。(冷静に突然なったらそっちの方が怖い)

 

最初はおっ、大丈夫か大丈夫か?となりましたが3桁回繰り返したら慣れました()

 

とりあえず落ち着かせて「孫策に手紙とかを直接渡してくれたらうれしいなー」と提案し、見返りに「こっちなりに知ってること教えるからさ」と出すと少し考えた後納得してくれます。

 

そのあと、嘘ついてるかもしれんぞ?と茶化しを選択すると

 

「お猫様好きに悪い人はいません」と笑顔で断言します。

 

そんな純粋な笑顔で見ないでくれ……浄化されそう()

 

それはさておき、屋敷の位置を教えておき、出来たら顔見せてくれ、と伝えましょう。

 

いい返事で了承してくれます。

 

お礼として食事代を彼女分まで払います。

 

悪いですよといわれますが「大丈夫だ、問題ない」と答えましょう。

 

……横で皿や丼を積み上げてる恋の料金考えたら誤差なんだよなァ。

 

っと脱線しましたが、申し訳なさそうにするので

 

「なら手紙をしっかりと届けること、コレが対価ね?」といっておきましょう。

 

手紙を託すの代わりがこの一食で済む(しかも確実性はこちらが格段に上)のですからむしろお金を渡さないといけないくらい。

 

……なんか罪悪感湧いてきたから小銭かもしれないけど今度から配達代渡そう。

 

そんなこんなで彼女と恋との会話と食事の時間を楽しみ、彼女と別れ、帰路につきます。

 

思ったよりも時間が過ぎて朝になっていました。

 

朝帰りですね。

 

 

 

 

 

門前には仁王立ちする詠とその横で背後に修羅を顕現させる月ちゃんが立っていました。

 

……コレは死んだかな?




やめて!ツンツンツンデレ詠ちゃんとヤンヤンヤンデレ月ちゃんで、吾妻慶次郎を押し倒したら、いくら絶倫な慶次郎でも燃え尽きちゃう!

お願い、死なないで慶次郎!あんたが今ここで倒れたら、のさばってる十常侍や何進、あと腐敗した官僚はだれが薙ぎ払うの? ライフはまだ残ってる。ここを耐えれば、RTAを完走できるんだから!

次回、「慶次郎死す」。デュエルスタンバイ!

裏面についてだけど……(締め切り11月20日まで)

  • 遅くなっていいから表となるべく交互に
  • 表終わったらで良い
  • うるせぇ!とにかく書け!
  • R-18の方書けばいいのよ?
  • ランナーの御心のままに

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。