歴史はヒーローになれるのか   作:おたま

1 / 30
決して屈するな。決して、決して、決して!

ウィンストン・チャーチル





幼年編
男の子は風邪を引いた


  

本を読んでいる男の子がいる。

 

外からはけたたましい鳴き声がする。

 

外はとても暑い。太陽が赤く照り付け、コンクリートが反射して黒色のなかにキラキラ輝いている。

外を歩いていたら10分も経たずにイラついてしまうだろう。

 

 

その男の子はまだ5歳。

いつもなら幼稚園に行っているが、その日は熱が出てた。

 

医者が言うには只の風邪らしいがもう3日間経っており、夏風邪にしか思えない。両親は心配しどちらも3日休んでいる。

だが、今両親はいない。いや正確にはその部屋にはいない。母は買い物に行き、父は昼寝をしていた。呑気なものである。

 

男の子は本を読んでいる。

 

本は歴史の本。彼の父親は歴史が好きで、沢山の歴史の本を持っている。男の子は余りにも暇なのでなんでもいいから、暇つぶしの為に本を読むことにした。

 

父に「おとうさん。ほんがよみたい。」と言ったら、父は「興味を持ってくれた!」と喜び、小学生の歴史のマンガを貸した。

 

その後喜び疲れ父は寝た。子供よりも子供っぽいのだ。

 

マンガの最初のページには、主要な歴史人物がのっている。

だが、そのマンガにはルビがふられていなかった。

勿論、5才児が漢字を分かるわけがない。そして、カタカナもわからない。

平仮名が分かるだけでも、とても頭の良い子だと思うが。

 

なので男の子は、絵や写真だけを見ることにした。本の中では皆、父が仕事に行くときと同じ服を着ている人だらけだ。

なかにはネクタイではなく、蝶ネクタイの人もいる。

その写真は小太りの男が葉巻を吸いながら、笑顔でピースサインをしている。

 

だが何人かは、学生服みたいな服装をしていた。

 

その中の写真には、髪を七三分けにし、髭が海苔の様に四角い。顔も父より年を重ねていた。それに学生服なのにネクタイをしている妙な男がいた。

男の子は学生服をテレビでしか見たことしかないが、学生服は名前の通り学生が着るものだ。

 

因みに、男の子の言う学生服とは学ランの事である。

 

男の子は”ヘンなの”と思いながらページを進める。ページをめくった瞬間、後ろから声が聞こえた。

 

「ここはどこだ?」

 

野太い声だ。男の子は振り返った。

 

その男は大人なのに小さかった。

きっと180cmある父と並ぶと、シルクハットがあるお陰で身長が同じに見えるだろう。

その男は、スーツ姿だがネクタイではなく、蝶ネクタイをしていた。

有名な探偵の赤色ではなく、黒色だ。

 

彼の顔はまるでブルドックのようだった。闘争心にあふれて、頑固な顔をしている.

目もまた、ギラギラと輝いており、まるで”闘犬”の様だ。

 

左手には葉巻をしっかり握りしめ、右手にはステッキを持っていた。

 

男の子はその時は気づかなかったが、前のページにそのブルドックの様な男がのっていたのだ。男の子は読めなかったが、その本にはこう書かれていた。

 

『ナチスドイツの侵略から6年間イギリスを守り続け、鉄のカーテンを宣言した国を愛するブルドッグ』

 

“”元英国首相 ウィンストン・チャーチル""

 

 

と書いていた。

 

 

 

 

可笑しい。

 

私は何故立っている。私はベットの上だったはずだ。それに家族がいて、医者もいた。治ったのか?

分からない。

なんで私は服を着ているんだ?それにステッキや葉巻はなんだ?寝る前は病院服で葉巻も吸わせてくれなかったのに。

それよりもここは何処だ?記憶にないぞ。なんだあの黒く四角く薄いものは。あんなの見たことがないぞ。

 

「ここはどこだ?」

 

ふと下をみる。子供だ。服からして男の子だろう。顔は丸く、平べったい。アジア人だろう。本の文字はなんだ?アルファベットではない。漢字か?漢字だけでなく他にも文字がある?

 

このままじゃ何もわからない。話しかけてみようか。

 

「君、申し訳ないがここは何処かわかるかね?」

 

男の子は答えない。突然男の子はソファの後ろに隠れようとした。

 

「おいおい。どこに行くのかね?私は怪しくないよ」

 

「・・・しらない人とはおはなしちゃいけなんだよ」

 

男の子は答えた、英語だ。ここはイギリスのアジア人の家庭とかか?

 

それならなぜ英語じゃない本を読んでいる?・・・分からないことがたくさんだ。

 

「私は怪しくないよ。大丈夫だ。有名だよ私は。自分でいうのもなんだがな。

私はチャーチル。ウィンストン・チャーチルだ。知らない?これでも我が国の首相をしてたんだ。ずいぶん昔だがね。街頭のテレビで見たことはないかい?

もう君は私を知らなくはないよ。さあ、名前をいってごらん。」

 

 

男の子はしゃべろうとする。

だが、その言葉は打ち消された。ドンと、廊下から音がした。何かが落ちた音だ。

 

男の子は見に行こうとする。

 

「大丈夫だ。待ってなさい。私が見てくるよ。ついでにトイレに行ってこよう。あー・・トイレは何処かね?」

 

「ドアを出てすぐ右だよ」

 

チャーチルはお礼を言うと、ドアまで歩き、ステッキを手首に掛け、葉巻を口にくわえると、ドアを開けようとドアノブに手を伸ばした。

 

だか、ドアはチャーチルはドアノブに手をかける前に開いた。

 

そう。開けたのではなく、開いたのだ。チャーチルは驚愕した。葉巻が口から落ちる。

 

だってその男は20年前に死んだのだ。

 

地下壕で自殺したはずだ。愛犬のシェパードと愛人とともに。

 

そこにいたのは、ちょび髭で、七三分け。目は意志が固そうな目をしている。だがその目の奥には、狂気を感じるのだ。

しわが濃く、鷲の紋章がある軍帽をかぶり、軍服を着ている。

その軍服の胸の部分には、鉄十字のバッチが付いている。

左腕にはあの悪名高き鍵十字(ハーケンクロイツ)が付いている。

 

この男もまた、男の子が読んでいた本に載っている。

 

『世界に戦火をばら撒いた演説の天才で世界一の独裁者。』

 

””総統(ヒューラー)アドルフ・ヒトラー””




永遠の争いが人類を強くし、永遠の平和が人類を弱くするのだ

 アドルフ・ヒトラー

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。