歴史はヒーローになれるのか   作:おたま

10 / 30
力や知性ではなく、地道な努力こそが能力を解き放つ鍵である

ウィンストン・チャーチル


少年は競い合っている

今、僕が登っている山は標高300メートル位でなだらかな、初心者用の山らしい。

 

昨日オットーさんが教えてくれた。少年なら、すぐに登れてしまうと言っていた。

 

山に登って1時間くらいたつ。今は1つ目の休憩ポイントだ。

皆すごく疲れていて、水をがぶ飲みしている。

 

僕はなんともない。

 

汗はかいたが、疲れは特にないし。

正直言ってこの位の山であれば、一回も休まずに登れると思う。

 

そして、僕の隣には、同じように全く疲れていない男の子がいる。

名前は轟焦凍と言うらしい。

 

凄くかっこいい名前だ。

 

珍しく、髪の毛の色が紅白に分かれている。縁起がよさそうだ。

 

しかも、目の色も分かれている。かっこいい。

そして、左目にはやけどの跡があった。痛そうだ。

 

僕も気を付けなければならない。

 

そんなことを考えていたら休憩の終わりの笛が鳴った。

 

 

 

 

「先生。大丈夫でしょうか?」

 

若い先生は言った。何が?と返せば、

 

「今、ネットで見たのですが、ここらへんで殺人事件が起こったらしいです。私心配で・・・」

 

「大丈夫ですよ。生徒と先生もしっかりと、固まって動きますし、ヒーローも巡回している。心配はありません。」

 

「わかりました・・・」

 

 

 

 

 笛の音がなった。生徒や先生方は歩かなければならない。生徒がブーイングを言う。

 

そりゃそうだ。

上り坂をぶっ通しで歩いて、ようやく心待ちにしていた休みが、たったの5分だ。

 

それに笛を持っている先生は体育の先生だ。

 

この伝馬がいる小学校では、体育だけ専門の先生が、授業を行うのだ。

 

生徒は思った。

ふざけるんじゃない。僕たちは、先生の様な体力を持っていないのだ。と。

 

他の先生方は思った。

ふざけるんじゃあない!!こちとら、もう足腰が限界なんじゃ!!!せめてあと5分休ませろや!!!と。

 

皆はこの思いを目で必死に訴える。

 

だが、体育の先生は何処吹く風だ。

まったくの非難の目に気づいていない。

 

このハイキングは地獄になるかもしれないと。3人を除いて思った。

 

 

手遅れである。

 

 

 

 

休憩から1時間立った。

 

さて、さっき3人を除いてと書いたが、その3人とは誰か分かるがろうか。

 

体育の教師。

 

轟焦凍。

 

大歴伝馬。

 

の三人である。

 

彼らはどんどん先へ進む。

先生や生徒が無断で休憩しても構わず、どんどんと進む。

 

彼らは、もはやライバル関係だ。

 

誰が一番に山頂にたどり着いて、昼飯を食べ終わるか。

意地を抱え、足を踏みしめる。

 

この3人は割と疲れていた。

 

突然、体育の教師は禁断の戦法に出る。

 

 

なんと走り出したのだ。

 

 

二人はびっくりした。

そこまでして、勝ちたいのか。

 

伝馬は心の中で罵倒を浴びせる。

 

轟は素直にドン引きしている。

 

二人は顔を見合わせる。

 

しょうがないから、自分たちで頑張ろうと意見が一致したのだ。

因みに二人とも、後退の二文字はない。あの体育教師に一泡吹かせたいのだ。

 

二人で歩いていく。

 

そうすると、分かれ道だ。

 

右か左か。分からないので、棒倒しで決めた。

 

左だ。

 

彼らは、左へ進む。

 

実は、この山はゲームではないが、難易度設定ができる。

右に行ったら、直線ルート、左に行ったら、急がば回れルート。

 

 

ハイキング競争は、体育教師が一位になった。

 

 

 

急がば回れルートは山をぐるぐる回るルートだ。

 

直線ルートよりも、長さが3倍になる。

しかも、殆ど人が行かないルートであるため、舗装などもお粗末であった。

 

だからだろうか。

 

男がいる。道端で穴を掘っている。深さは1メートルにもなる。その中にドサッと、何かを入れた。

 

男は道を戻る。

 

二人がいる方向に。




あの無駄口ききの、飲んだくれのチャーチルめ、奴が全人生で成し遂げた事などあるか?偽りの標本め。第一級の不精者め

アドルフ・ヒトラー

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。