歴史はヒーローになれるのか   作:おたま

17 / 30
じっくり考えろ。しかし、行動する時が来たなら、考えるのをやめて、進め。

ナポレオン・ボナパルト


青年は試験を受ける

伝馬は、雄英高校に来た。

 

受験をする為である。

 

校門を見る。

 

そして歩いていく。

 

後ろからは五月蠅い声で、デクだかなんだが言っている。怖い人もいるようだ。

 

 

筆記試験が終わった。

 

100年以上前とはいえ、エリートぞろいだ。勿論、勉強も教えてもらっていた。

筆記は大丈夫であろう。

 

 

 

 

「今日は俺のライヴにようこそー!!!」

 

教壇の前にいるのは、プレゼント・マイク。

「ボイスヒーロー」の肩書きを持つプロヒーローだ。

全身黒ずくめで、黒い革ジャンを羽織っている。襟を立て過ぎだ。

髪の毛は金髪で立っており、まるでインコのようだ。

サングラスをしており、首のあたりには、四角い機械を装着している。

 

返事が来ることを期待していたプレゼント・マイクは、返事が来なく悲しそうだ。

 

しかし、めげていないようだ。

 

「受験生のリスナー!実技試験の概要をサクッとプレゼンするぜ!!」

 

 

皆は受験に来ている。

 

それは、人生で初めての的確な試練だ。

 

私も苦労をした。

 

 

伝馬の前の席のもじゃもじゃがプレゼント・マイクについて、ボソボソと独り言を言っている。

隣の人が注意をしていた。さっきの怒声に似ている。

 

プレゼント・マイクが、実技試験の説明をしている。

 

実技試験は10分間の【模擬市街地演習】のようだ。

 

演習会場にて、ポイントが振り分けられている”仮想敵”を行動不能にしてポイントを稼ぐ方法になっている。

仮想敵は3種類。それぞれの、「攻略難易度」に応じてポイントを設けてある。

 

「質問よろしいでしょうか!」

 

突然声が響く。その声は、堂々としている。いかにも、真面目って声だ。

 

「プリントには四種の敵が記載されています!誤載であれば、日本最高峰たる雄英に於いて恥ずべき痴態!我々受験者は、規範となるヒーローのご指導を求め!この場に座しているのです!」

 

確かにそうだ。

4種類プリントに載っている。

 

「ついでにそこの縮れ毛の君!先程からボソボソと・・・物見遊山のつもりなら即刻、ここから去り給え!」

 

どうやら、伝馬の前の子を注意した。

喋っている彼は非常に固く、ド真面目のようだ。

注意された前の子も「すいません」と謝って、周囲にくすくすと笑われている。

 

「オーケー、オーケー。受験番号7111君、ナイスお便りサンキューな!」

四種目の敵は0P!!そいつはいわばお邪魔虫。各演習場に一体!所狭しと大暴れしているギミックよ!倒せない事は無いが、倒しても意味はない。リスナーには上手く避ける事をオススメするぜ?」

 

ひょうきんにプレゼント・マイクは答える。

 

真面目な青年は、お礼を言い、着席した。

 

「他に質問があるリスナーはいるか?・・・いないなら、俺からは以上だ。最後に、リスナーへ、我が校から校訓をプレゼントするとしよう。かの英雄ナポレオン・ボナパルトは言った・・・。『真の英雄とは、人生の不幸を乗り越えていく者』だと!」

 

「更に向こうへ――”Plus Ultra”!!それでは皆、良い受難を」

 

”知っているさ”。と伝馬は思った。

 

ナポレオンの子孫に、直々に兵としての技術を、9年間教わっているのだ。ナポレオン・ボナパルトの事を知らないはずがない。

 

それに彼の周りには、沢山の苦難にまみれた人生を、送った人たちが何万といる。

 

戦死した者。命令した者。生き残った者。英雄として表彰された者。戦犯として裁かれた者。

 

受難を受ける覚悟は、すでに出来上がっている。

 

此処にいる誰よりも、遥かに。

 

 

 

小豆色のジャージに着替え、バスに乗り下って行けばそこには街があった。

 

現代日本の街並みだ。いや、どちらかと言えば、都市であろう。ビルが何個も建っている。

此処まで試験に力を入れた雄英に、伝馬は驚嘆した。

 

「はいスタート!・・・どうした!?実戦にカウントなんざねぇんだよ!!走れ走れ!賽は投げられてんぞぉ!?」

 

プレゼント・マイクからのスタートの合図を聞いた受験生たちが、一斉に街へと走り込んでいく。

 

伝馬は「はいスタート!」の時点で走っていたのだ。

 

何度も、”実戦ではだれも合図しないぞ!!”と、

ルイ・ナポレオンに言われていたからだ。

 

彼はとある場所を見つけようと走った。

 

その途中には、当然のように仮想敵が現れた。1P。早いが、脆い。

 

彼はすぐにロシアで開発、製造された、モシン・ナガンM1891/30を取り出し、仮想敵の赤いカメラに突き刺す。

その後、弾を2発撃ちこんだ。

 

それだけで、1Pは機能を停止させた。

 

だが、気が抜けない。伝馬は走る。目的の場所まで。

 

1分ほど走ったであろうか。目的の場所にたどり着いた。

その場所は公園である。

開けており、余計なものがなく軍事拠点を作るのに適している。

すぐさま七人のトップを召喚する。どんどんと彼らが兵を召喚していく。

 

10秒ほどで、1000人の兵がそろった。

 

戦車や、航空機、火砲は後で召喚する。

 

アメリカ軍、200名。イギリス軍、30名。フランス軍、100名。ドイツ軍、200名。イタリア軍、150名。ソビエト軍、200名。日本軍、120名。

 

公園に並び直立している。

 

彼らの前には司令官がいる。

 

階級に関係なく、その軍一の名将である。

 

イギリス軍の前には、バーナード・モントゴメリー 。

 

ドイツ軍の前には、ハインツ・グデーリアン。

   

イタリア軍の前には、ジョヴァンニ・メッセ。

  

フランス軍の前には、ジャン・ド ラトル・ド・タシニー

  

アメリカ軍の前には、ジョージ・パットン。

  

ソビエト軍の前には、ゲオルギー・ジューコフ。 

 

日本軍の前には、山下 奉文。

 

 

 

ジャンは、オリーブ色の軍服を着ている。そしてド・ゴールと同じ軍帽を被っている。違う点は、柄だ。柄は、4つの星が付けられている。

 

常に笑っている。優しそうなお爺さんだ。

 

だが、目を見てみろ。まるで”老獪”の様だ。常に思案し、効率よい戦い方を考えているようだ。

 

 

パットンの見た目は個性的だ。黒の軍服。金の装飾があり、まるで近代の軍服のようだ。ズボンはカーキー色をしている。ベルトはボクシングのベルトをそのまま小さくみたいだ。

目は、燃えている。自分で言っているように、骨の髄から、”軍人”なのであろう。

 

 

ジューコフは、青い軍服を着ている。胸には大量の勲章が付いている。

顔は、けつ顎で、眉毛が凛々しい。

目は、スターリンほどではないが、ドロドロとしている。

ソビエトは恐ろしい。

 

 

山下の軍服は、緑色だ。そして、胸には勲章が付いている。そして、日本軍人の象徴。日本刀を差している。

頭は坊主だ。顔つきは典型的な日本人顔だ。

目は、猛然と獲物に飛び掛かろうとしている、虎のように爛爛としている。

 

皆、歴史に名を残す名将である。

 

伝馬は敬礼をした。そこにいる千人の軍人が、一糸乱れぬ敬礼を返す。

 

『話は省略します。時間が短いから。各々の奮戦を期待します。』

 

そう伝馬が言った瞬間、千人が自らの役割を果たすために、行動をし始めている。

 

アメリカ軍は、戦車を召喚しながら前進を始めている。

 

イギリス軍は、ロボットがいつ来てもいいように公園の入り口で見張っている。

 

フランス軍は、フェンスの上に鉄条網を設置し、土嚢を積みながら、フェンスの間に機関銃を配備している。

 

ドイツ軍は、ティーガーなどの戦車に乗り込み、前進を始めていた。

 

イタリア軍は、C.V.33に乗り込み、突っ走っている。

 

ソビエト軍は、兵士を戦車の上に載らせ、前進している。様々なところに狙撃兵を配備させる予定だ。

 

日本軍は、兵士のための救護基地を作り試験生の為の救護所を作っている。

 

 

準備は整った。

 

 




一頭の狼に率いられた百頭の羊の群れは、一頭の羊に率いられた百頭の狼の群れにまさる。

ナポレオン・ボナパルト 

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。