歴史はヒーローになれるのか   作:おたま

21 / 30
政治家は心にもないことを口にするのが常なので、それを真に受ける人がいるとびっくりする。

シャルル・ド・ゴール


青年は入学する

雄英に行ったその夜。

 

大歴一家が寝静まったころ、リビングだけは、電気がついていた。

 

椅子に座っているのは、スーツや軍服を着た男たちである。

 

ウィンストン・チャーチル、アドルフ・ヒトラー、シャルル・ド・ゴール、ムッソリーニ。

ヨシフ・スターリンと東條英機。そしてフランクリン・ルーズベルトが座っている。

 

ホワイトボードにはこう書かれていた。

 

第1回ヒーロー制圧作戦

と。

 

ド・ゴールは考える。

 

シャルル・ド・ゴール:フランスの軍人、政治家。

 

中学校を卒業後、、サン・シール陸軍士官学校に入学。卒業後、歩兵第33連隊に陸軍少尉として配属された。

 

第一次世界大戦では大尉としてドイツ軍と戦い、1916年にはヴェルダン戦で部隊を指揮した。この時に、従来の戦術では無く、戦車などを使う電撃戦を重要視していた。

 

第二次世界大戦が勃発し、ドイツ軍のフランス侵攻が始まった。「マジノ線」をドイツ軍は機動力のある装甲部隊で迂回し、フランス軍はわずか1か月間で敗北。

 

そして、イギリスに亡命。ロンドンに亡命政府「自由フランス」を結成し、BBCラジオを通じて、対独抗戦の継続とヴィシー政権への抵抗をフランス国民に呼びかけた

 

そして、レジスタンス組織を指揮。戦勝国となる。

 

終戦後。国民からの指示で、大統領に。第五共和制が始まったのだ。

 

1970年11月に解離性大動脈瘤破裂により79歳で死去した。

 

彼が居なければ、フランスは降伏したままで、戦勝国にはなれなかったであろう。WW1終了後、誰よりも戦術の改革に積極で先を見据えていた。文句なしの名将であろう。

 

ド・ゴールは考える。

 

今回の会議は毛色が違う。

なぜか、それはヒーローが我々を危険といったからだ。要するに仮想敵と宣言したようなものだからだ。

 

自衛隊も、アメリカ軍も、双方を制圧する戦闘計画はある。ここで考えるの当然の事であろう。

 

だが、同時に我々がヒーローを攻撃ができないと言う事が分かっているからだ。伝馬はヒーローになりたいのだ。

だから、我々も気を付けないといけない。

 

そして、彼らは雄英の中に居ろという。「雄英の中では個性を使ってもよい。」と言うことなのだろう。監視しようとしているのだ。我々7人を。

 

そして、根津と相澤の矛盾。それは、何かほころびがあるか、意見が違うのか、教師としての矜持か、上からの圧か・・・今はまだわからない。

 

それか、我々の脅威度に関して、いまだ決定していないと言う事か。

 

それなら都合がいい。どうにかして、奴らの腹の中に食い込もうか。

 

 

 

そして彼らは、話し合う。

そんなことがないほうがとても良いが、もしも伝馬が夢をあきらめ、ヴィランとなってしまった時、彼らと戦う時に備えて・・・。

 

 

 

伝馬は今雄英の制服を着て、校門の前に立つ。今は8時。

まだまだ時間はある。雄英を見て回ろうかな?

 

ヒトラーが突然出てきた。

 

「初めての場所についたのであれば、何をする?机に突っ伏しているのか?そんな事は決して、してはいけないのだ。いいか?まずは、探索だ。」

 

そう言って、早歩きでスタスタと歩いていく。伝馬は付いて行った。

 

ちゃんと、教室にカバンを置いてから。

 

大体を見終わった伝馬は、教室に戻っていく。

 

”ヒトラーはまだ見るところがある。”と言い速足に歩いて行った。

 

廊下のには、ボサボサ頭の子が歩いてくる。1年であろうか。

 

 

 

 

ぼくは今、雄英に来ている。

来て分かったことがある。雄英はとても広い。僕の教室になる1-Aがどこにあるのかが全くわからない。

向こうに制服を着た大人びた人がいる。三年生かな?彼なら1-Aを分かるかもしれない。

「あ、あの1-Aってどこか分りますか?」

 

身長はかっちゃんと同じくらいかな?体格はがっしりしている。顔は、整っており、黒髪で黒目だ。髪の毛は、短く整っている、シンプルなショートヘアだ。目は大きく鋭いが話しかけると笑顔を浮かべ、温和そうだ。

 

「分かるよ。君は一年生かい?」

 

優しく話しかけてくる。なんだか、安心するような・・・少し変な感じだ。

 

「は、はい!」

 

「私も一年生なんだ。1-Aなんだろ?私もだ。」

 

い?い、一年?

 

「えぇ。は、はい。って、え?」

 

「私は大歴伝馬だ。よろしく頼むよ。」

 

「は、はい。僕は緑谷出久って言います。よろしくお願いします!」

 

「おいおい。同級生なんだから、かしこまらないでくれよ。」

 

一年生なんだ。三年生かと思った。纏っている空気が同年代の子より落ち着いている。

一緒に歩いていると、いろいろ聞いてくる。”いい天気だね。”とか。”出身は何処?”とか”ヒーローは誰が好き?”とか。

そんな話をしていると、1-Aに着いた。ドアが凄くデカい。

「これがバリアフリーか。」

 

「そうだな。」

声に出てた。・・・恥ずかしぃ。

 

あの受験から選ばれた人たち。怖い人たちとは別のクラスがいいなぁ・・・

 

「机に足をかけるな!雄英の先輩方や机の製作者型に申し訳ないと思わないか!?」

 

「思わねーよ。てめー、どこ中だよ端役が!」

 

2トップ!!

 

 

 

 

なんか怖い人たちが二人いる。あの人の声は、なんか受験の時デク!!とか言っていた人じゃないか?そして、あの眼鏡の人は受験の時、隣にいる緑谷君を注意していた人か?

 

怖い人たちが二人もいるじゃないか。私の高校生活大丈夫か?

 

「ボ・・・俺は私立聡明中学校出身 飯田天哉だ。」

 

頭のとても良いエリートじゃないか。

 

「聡明~~~~!?くそエリートじゃねえかブッ殺し甲斐がありそうだな」

 

口が悪いな。

 

「ブッコロシガイ!?君ひどいな。本当にヒーロー志望か!?」

 

「まあまあ。君たち少し落ち着きたまえ。高校生諸子。最初から喧嘩なんぞしてないで仲よくしたらどうだね。私が若い頃は・・・」

 

「んだぁこのおっさん。おい!!ちょび髭野郎!!なんだテメェ!」

 

なんで、ヒトラーさんがココにいる?

 

「人の話は最後まで聞くものだよ。ツンツン頭君。それは、彼の個性だからだよ。」

指をさすんじゃない。

 

「あ゛ぁ!!誰の事をツンツン頭君だって!?」

やっぱり怖い人だ。殴られる前に離さなければ。

 

「すまない。ほら、ヒトラーさん。早く出て行ってくれ。ほらほら。」

 

「押すな、押すなよ伝馬君。分かったから出ていくって。これでも私はドイt・・・」

扉を閉める。

 

ふう。

 

ん?みんなの視線がこっちに。

 

「申し訳ない、うちのが粗相をしてしまったようで。」

 

「彼はいったい誰なんだ。どこかで見たことが・・・」

 

「いいや。別にいいよ。気にしなくても。」

少し強気に言う。

 

「そ、そうか。じゃあ気を取り直して・・・。俺は私立聡明中学の・・・」

 

「大丈夫。途中まで聞いていたからな。私は、大歴伝馬だよろしく。そして隣の彼が・・・。」

 

「僕は緑谷。よろしく飯田君。」

 

「緑谷君・・・。君は、あの実技試験の構造に気づいていたのだな。俺は気づけなかった・・・。君を見誤っていたよ!!悔しいが君のほうが上手だったみたいだ。」

 

なんか緑谷君が慌てている。実技試験の構造・・・?救助ポイントかな?なんか凄い事をしたのだろうか。

 

 

「あ!そのモサモサ頭は!!地味目の!!」

彼女は、緑谷君を知っている様だ。

 

 

なんかさっきから場違い感が凄い。

パンチがどうだったとか言っている。

もしかして、パンチで倒したのだろうか。すごいな。私じゃあできんぞ。

 

なんかすごく緑谷君が照れている。初心(うぶ)なのか。

私もそうだが。

 

 

「お友達ごっこしたいならよそへ行け。」

 

何あれ?

 

「ここは・・・。ヒーロー科だぞ。」

 

 

 

『なんか!!!いるぅぅ!!!』




神は臆病な民族を原則として自由にして下さらぬ

アドルフ・ヒトラー

入試試験のポイントに批判があるので、軍隊のポイントを追加するか否か、決めようかなと思います。追加するのであれば、新しく書き直します。

  • 追加する。
  • 追加しない。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。