転生したら柱の女だった件   作:ひさなぽぴー

3 / 56
3.任務は子育て

 はい、というわけで人間改め、闇の一族改め、柱の男……じゃない、柱の女ことアルフィーちゃん大体八千歳です。紀元前六千年くらいかな?

 え? 一気に時間が飛んだって? そりゃああの大虐殺のあと、みんなで揃っておねむの時間でしたからね!

 

 それはともかく、起きて思ったことはなんというか、やってしまったなぁ、って感じだ。

 うん、完全に人間をやめてしまったよ。もう後戻りはできない。わたしは、自分だけ生き残るために仲間全員を売ったんだ。

 

 後悔は……あんまりない。少なくとも、普通に生活できるくらいには。

 この辺りも、石仮面の副作用なのかなぁ。あの瞬間は確かに、ものすごいショックがあったはずなんだけど。

 でも確かに、わたしはあの瞬間に変わってしまったんだとは思う。何せあのあと、普通に人間を食べられるようになっちゃってたから……。前はあんなに避けてたのに……。

 

 そんな風にわたしが一人葛藤しながらも、複雑な心境で人間を食べる日々を過ごしていたある日、ふと思い出したようにエシディシが言った。

 

「ところでカーズよぉ。こいつらのことはなんて呼べばいいんだ?」

「名前か……考えたこともなかったな……」

 

 ネグレクト全開なカーズ様の発言に、思わずジト目を向けてしまったのは悪くないと思う。この人は本当に、自分ファーストだなぁ。

 

 いや、気持ちはわからなくはないんだよ。わたしも、自分の好きな研究やってるときは周りが見えなくなってる自覚はある。楽しいからね、仕方ないね。オタクってそういうとこある。

 でもそれはそれとして、子育てのほうが優先度が高いことは理解してるつもりだよ。だって放っておいたら死んじゃうんだもの。

 というか、そもそも彼ら生まれてから二千年の間、あなたたちも同じ場所で生活してたはずでしょーが!

 

 なんてことを言ってしまったわたしを殴りたい。なんなら【バイツァダスト】でも構わない。

 

「そうか。ならばお前が育てるといい」

 

 なんて丸投げされたんだもん!

 エシディシも何笑ってるんだよ! かくなる上は、お前がパパになるんだよ!

 

 というわけで、まさかの八千歳にして未婚の母になってしまった。種族的には、姉って感じなんだけど。

 でも()()ワムウとサンタナを育てる羽目になるとは、誰が予想したことやら……。

 

「で、名前は?」

「あ、はい。先に生まれたこの子がワムウで、こっちの子がサンタナです」

「そうか。覚えておく」

 

 簡潔に答えて、頷くカーズ様。

 

 うん、知ってた。優先すべきはそこじゃないもんね。

 

「あれ? あとに生まれたガキの名前、そんなんだったかぁ?」

 

 あ。

 

 しまった、普通にジョジョラーの観点で答えちゃったけど、サンタナってあいつの本名じゃないや。シュトロハイムのつけた人間側のコードネームだった。

 

 ……い、いや、でももう言っちゃったし。それに違う名前だったとしても困らないよね誰も!

 

「そ、そうです。そういう名前でした」

「そうか? まあ、別にどうでもいいか」

 

 どうでもよくはないと思いますけどね!

 

 ま、まあ、かと言って今さら撤回して疑いをかけられたくない。

 だから末っ子くん、君はサンタナなのだ。誰がなんと言おうと、君の名前はサンタナなのだ!

 

 このアルフィーが名づけ親(ゴッドマザー)であるぞッ!

 

 

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

 

 

 さて、そんなわけで子育てをすることになってしまったわたしだけど。これが思ってたより楽だった。

 というのも、そもそもわたしたちは人間より普通にハイスペックなので……。色んな意味で成長が早くて、手がかかったのは最初のうちくらいだった。

 

 というか、そうでもなきゃ原作でカーズ様とエシディシに子育てができたとは思えない。

 この時期は、まだ石仮面の完成に必要なものをつきとめられていない。だから研究と子育てを並行してたはずで……これが人間と同レベルの苦労が必要なら、あの人普通に殺してたんじゃないかな。

 

「ふんっ!」

「ぎゃあ!」

 

 そして五百年ほどが経った今、サンタナがワムウにぶっ飛ばされるのをわたしはため息混じりに眺めている。

 

 なんていうか、あれね。原作でカーズ様から直々に「戦闘の天才」と言われるだけあって、ワムウが強すぎる。

 それに対して、原作でカーズ様から直々に「青っちろいガキ」と言われるだけあって、サンタナが弱すぎる。

 

 二人ともほぼ同い年のはずなのに、なんだろうこの差。いや、階級に差があるのは知ってるけど、だとしてもこれじゃあ戦闘訓練にならないよ。

 カーズ様からは戦闘力も伸ばせと言う育児方針を与えられてる以上、成果を出さないとわたしの首が物理的に危ないのに。

 

 ちなみにそれがなんでかって言うと、どうも石仮面の効果向上は掛け算っぽくて、素の能力が高ければ高いほどあとあとよりすごくなれるっぽい……という研究結果が出たからだ。

 それで行くと、あまり訓練がないまま石仮面をかぶったわたしは戦力としてはかなり低いんだろう。わたしが他の面子に勝る能力と言えば、日光耐性くらいじゃあないだろうか。

 

 それにわたしの最大の目的は歴史や文化の観察と研究だから、極論そこまで強さは必要ない。人間相手なら今のままでも十分オーバーキルだし、スタンド相手だと肉体的なスペックはあんまり意味がなかったりするしね。

 

 ただわたしとしては、そっち方面じゃなくて平和的な子たちに育ってほしいんだけど、命令とあれば仕方ない。まあ、ワムウは戦い方を教えないと逆に歪んでしまいそうな気もするけど、サンタナはもうちょっとあるんじゃないのとは思う。

 

 そんなことを考えながら、わたしはサンタナに近寄る。

 ああ、これ完全に気絶してますね。そりゃまあ、頭にクリーンヒットだったから仕方ないか……。

 

「うーん、今日はここまでかなぁ」

 

 思わずそうつぶやいたら、残心し続けていたワムウが心底つまらなさそうにため息をついた。

 

「サンタナは弱すぎる。これでは鍛錬にならん!」

 

 原作では戦うことに生きる意味を見出してただけあって、ワムウは既にそういう気質を見せている。一方的な、戦いとも呼ばないようなやり取りは本当につまらないんだろうなぁ。

 

 でもサンタナの名誉のために擁護しておくと、手先が器用なのは断然サンタナのほうなんだよね。道具を作ったり料理したり……そういう細かい作業をさせたら既にわたしよりできるまである。

 カーズ様たちはそういうところ評価対象にしてないみたいなんだけど、わたしはそうは思わない。サンタナに作ってもらった紙とか、かなりの逸品ですよ? 細かいところにも結構気が利くし、研究の助手としてはかなり向いてるんじゃないかなぁ。

 もっと彼のことを認めてあげてほしいよ、まったくもう。

 

 とはいえ、ワムウの気持ちはわからなくはない。スポーツでもなんでも、ある程度実力の近い人とやるのが一番楽しいもんね。

 お前どっちの味方だよって言われれば反論の余地はないけどね! だって二人ともほとんどわたしが育ててるんだもん、それぞれのいいところは褒めたくなるでしょ。

 

 まあそれはともかく、仕方ないからわたしが続きを引き受けよう。

 ホラ、わたしもせめて流法(モード)には開眼しておきたいしね。原作を見る限り、たぶんあれは戦いの中で目覚めるものだろうし。

 

「じゃあ、少しわたしとやろうか」

「ぜひッ!」

 

 そしたらワムウってば、一転して楽しそうにそう言ってきた。まだ変声期を迎えてない声はどこからどう聞いても真綾さんだし、目なんかもうキラッキラしててとてもかわいい。

 いやはや、このイケショタがのちのち明夫ボイスの超マッチョになるなんてとても思えないな……。

 

「じゃあ、いつも通り投げた石が地面に落ちたら始めってことで」

「はいッ!」

 

 同意を得たわたしは、そこらへんに転がっていた小石を拾い、手のひらに乗せてしっかりワムウに見せる。で、それをぽーんと軽く真上に放り投げて……。

 

「ふッ!」

「甘い!」

 

 地面に落ちた瞬間、すごい勢いでワムウが突進してきた。

 けど、わたしはそれをなんなく回避する。動体視力や反射神経は、人間の頃とは比べ物にならないくらい良くなってるのだ。元が一般人でも、スペックの暴力でこれくらいはできる。

 

 そして回避と同時に、まずは軽くパンチで攻撃だ。

 ワムウはこれをあっさり見切って回避……しようとしたけど、そうは問屋がおろさない。これは人間同士の戦いじゃあないッ!

 

「!?」

 

 ワムウの目が見開かれる。彼の目には、わたしの腕がいきなり伸びたように見えたはずだ。

 それもそのはず、腕の中の骨を外して実際に腕を伸ばしているからね。強引に。いわゆるズームパンチだ。

 

 今回はさらにその先を行く、回転も加えたドリルズームパンチだ! 速いぞ! 強いぞ!

 痛み? そんなもの、ウチにはないよ……。伊達にバケモノはやってない。

 

 けど、ワムウはさすが天才だ。彼には初めて見せた技だったんだけど、基本は普通のズームパンチと同じだからか対応が早い。回避しきれないと見るや、自らぶつかりに来て打点をずらされた。これで狙った場所には当たらず、ミスヒットとでも言うべき軽い打撃にしかならなかった。

 

「ふんぬッ!」

 

 そして彼は、そのままわたしに肉薄して投げに持ち込んでくる。

 最近のいつもの流れだ。最近の訓練で、ワムウはよくわたしに投げをかけてくるんだよね。どうも力だけでは済まないこの技術が、最近のお気に入りらしくって。習得しようと躍起になってるんだろう。実に彼らしい。

 

 ただし、わたしも素直に投げられるつもりなんて毛頭ない。四千歳も歳下の、しかもまだ石仮面もかぶってない相手には負けたくないし、第一ワムウは手加減されることをことさら嫌うしね。

 

 というわけで、くらうがよい!

 

「ちぇすとーっ!」

「ぐぬぅ!?」

 

 相手の力を利用して、大外刈り! 決まったッ!

 

 ……でもこれだけでは絶対に終わらないのがわたしたち。ここから普通に逆転しにかかってくるのも当たり前なので、わたしは技の途中でさらに力をかける。

 

「くっ!」

 

 ほらね。ワムウってば、わたしにつかまれてるところを起点にして、人間なら絶対できない体勢に身体を変形させて倒されるのを回避してきた。

 

 けどまだ甘い!

 

「よいしょ、っと!」

「ぬう! またしても!」

 

 わたしは既に全身の関節をすべて外して、タコよろしくワムウの身体にまとわりついている! 触手みたいになったこの状態、意図的にしがみついてる以上簡単には外されないぞぅ。

 まあ、カーズ様やエシディシ相手だと不利にしかならないけどね!

 

「せいっ!」

「ぐッ!?」

 

 このままわたしは一気に落としにかかる。

 生態は違えど、わたしたちも酸素で肺呼吸する生物。首を絞められたらいずれ失神してしまうのは避けられないさだめなのだ!

 

 ワムウはすぐにわたしを外そうとするものの、起点がなかなかつかめず四苦八苦している。

 ジョセフたちと戦ったときのワムウなら風を操って対応してくるんだろうし、そうでなくとも何かしら手を打ってくるだろうけど、今のワムウはまだ自身の流法(モード)に目覚めていないうえに子供。圧倒的に経験が足りてない。

 

 これでわたしの勝ち、だと思うけど……カーズ様からは容赦するなって言われてるから、さらに一発行くとしよう。

 全身でワムウの身体にしがみついてるこの状態から、さらに骨を操って体内から射出。ちょうど原作のサンタナがやった露骨な肋骨(リブス・ブレード)と同じ形で、全方位からワムウの身体を骨で串刺しだ。

 

「ぐはぁっ!?」

 

 さらにその骨を地面に突き刺し、完全なる固定を実現する。

 ついでに、少しだけ肌伝いの吸収もかけようか。憎き肉片(ミート・インベイド)の再現だ! じわじわと肌を削られる痛みを味わうがよい!

 

「ぐぬ……ぬぅ……! ぐふ……っ!」

 

 ふっ、勝ったな。

 

 ……石仮面をかぶったことによる恩恵を全振りして、全力で歳下をハメにかかるとか大人気ない、なんて言わないでほしい。わたし決定的に攻撃力に欠けるんだよ。こうでもしないと千日手になるんだよ……。




サンタナ器用説は作者の独自解釈です。
精密機器の正規手順による分解を原作中で披露してるのはサンタナだけなので、彼にも一つくらい長所があってもいいだろうなと思って。
原作のサンタナって不遇すぎひん・・・?
ちなみに本作における柱の男一味の階級は
カーズ=エシディシ>主人公≧ワムウ>サンタナ
のつもりで書いています。中間管理職アルフィーちゃん。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。