ギャルゲーの友人キャラに転生したら主人公が女だった。   作:4kibou

139 / 141


 ――それは、別たれた結末に。


 寒さは意外なほど、肌をさしていた。






いつまでも

 

 ◇◆◇

 

 

 

 

 

 

 

 

「……広那」

 

 

「うん。なに」

 

 

 

 

「そこに、いるかい」

 

 

「いるよ。ちゃんといる」

 

 

 

 

「そっか」

 

 

 

 

「…………、」

 

 

「…………、」

 

 

 

 

「……いまは、何月だっけ」

 

 

「十一月。もうちょっとで、冬本番かな」

 

 

 

 

「そっか。……もう、そんなになるのか」

 

 

「そんなになるよ。落ち葉もなくなって。ほら、枯れ木ばっかり」

 

 

 

 

「……ん。それは、見られたら良かったんだけどね」

 

 

「……だね」

 

 

 

 

「…………、」

 

 

「…………、」

 

 

 

 

「……もう、五年になるのかあ」

 

 

「そうだね……もう、五年」

 

 

 

 

「意外と早かったね。本当、そんなに、経つのか」

 

 

「私も、それは同じ。早かった。……きっと、クロトと一緒だったからかな」

 

 

 

 

「そう言ってもらえると、俺は嬉しいものだけど……」

 

 

「ううん。絶対そう。クロトがいたから、私はここまで来れたんだよ」

 

 

 

 

「……嘘だろう。ここまで生きていくぐらいなら、別に、君だけでも」

 

 

「長さじゃないって。もう。……私の、気持ちの問題」

 

 

 

 

「……そっか」

 

 

「……そうなの」

 

 

 

 

「…………、」

 

 

「…………、」

 

 

 

 

「――ねえ、広那」

 

 

「……うん、なに」

 

 

 

 

「ひとつだけ、訊きたいことがある」

 

 

「だから、なに?」

 

 

 

 

「………………君は、幸せだったかな」

 

 

「――――――、」

 

 

 

 

「あ、いや……深い意味は、ないん、だけど……」

 

 

「……もう、クロトってば。そんなことも、知らないでいたの?」

 

 

 

 

「……そりゃあ、だって俺は……」

 

 

「幸せだったよ。クロトが居るんだもん。ずっと、ずっと、幸せだった」

 

 

 

 

「――っ……そっ、かぁ……」

 

 

「…………、」

 

 

 

 

「幸せ、だったのか……」

 

 

「…………うん」

 

 

 

 

「………………、」

 

 

「………………、」

 

 

 

 

「…………………………、」

 

 

「…………クロト?」

 

 

 

 

「…………あ、うん。……どうか、した?」

 

 

「…………いや、ごめん。なんでも、ない」

 

 

 

 

「……広那」

 

 

「違うから。本当、に……なんでも、なくて……っ」

 

 

 

 

「謝るのは、俺のほうなんだから……」

 

 

「ちがっ……クロト、は……っ……だってっ……」

 

 

 

 

「ごめん。これは、仕方ないんだ。……頑張ってはみたけど、そもそも、元からね」

 

 

「……っ」

 

 

 

 

「そこまで長くは、なかった、みたい……」

 

 

「そん、なの……っ」

 

 

 

 

「だから、広那……。一度、掴んだ感覚は……それだけは、忘れないでいて。俺のことは……どうでも、いいけどさ……」

 

 

「くっ、クロトはっ……どうでも、よくなんか……!」

 

 

 

 

「――……いいんだ。幸せだって、君が、笑えたら。きっと、ぜんぶ。……だから、忘れないで。ちゃんと、君が、笑えてたって、いうこと」

 

 

「…………っ……」

 

 

 

 

「広那は、ちゃんと、綺麗に笑えるんだっていうこと」

 

 

「……わすれ、ないって……そん、なの……」

 

 

 

 

「……そっか。なら、良いのかなあ……」

 

 

「……う、ん……っ」

 

 

 

 

「……………………、」

 

 

「……………………っ」

 

 

 

 

「…………広那」

 

 

「…………うん。な、なに? クロト」

 

 

 

 

「眠いから、すこしだけ、寝るよ。最近、ねむりが……よく、無かったんだけど。いまなら、ゆっくり眠れそうだ」

 

 

「…………うん。じゃあ、ゆっくり……っ。……寝たら、いいよ」

 

 

 

 

「そう、させてもらうかな。……うん。よかった……本当、俺には、それが……いい……ゆめ、で…………――」

 

 

「…………、」

 

 

 

 

「………………、」

 

 

「…………クロト?」

 

 

 

 

「…………、」

 

 

「…………、」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「……、」

 

 

「…………ごめんね。ありがとう。

 

 

 ……おやすみ、クロト。どうか、いい夢を、見てね――――」

 

 

 







果たして先が短いと知りながら、なにも知らない他人に任せるのと。

先が短いと知りながら、それでも一緒に居たいとワガママを通すのは。


一体どちらが、正しい選択肢なのだろう――?

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。