ひねくれ提督の鎮守府建て直し計画   作:鹿倉 零

10 / 58
手伝い

「…あっ、あのっ、あのっ!」

司令官の気を引く、とは言ったものの、どうやって引けば良いのかが分からない。

入り口から声をかけると、中に入れ、と言われ、なおのこと頭が真っ白になる。

「あわ…あわ…」

私の後ろで震える暁ちゃん。

覚悟を決めようとしたときに、男は椅子から立ち上がり、此方へと歩いてきた。

「…っ!」

慌てて数歩下がる。

此処からが勝負所だ。

もし私達が失敗すれば、雷ちゃんはきっと酷い目に遭わされるだろう。

だから、彼女を守るためにも、私がしっかりしないといけないのだ。

震える身体を奮い立たせ、部屋から出てきた男と向き合う。

「い、良い天気なのです!!」

私の口から出たのは、そんな言葉だった。

 

「…そうだな、良い天気だな。」

沈黙が流れる。

不味い。会話が途切れてしまった。

雷は既に室内に入ってしまっている。

私がなんとしても止めないといけないのに、止めないと大変なことになるのに、焦れば焦るほど脳はどんどん真っ白になって行く。

「あのっ!あの…」

何とかして会話をしようとするが、

何一つとして言葉が出てこない。

最早泣きそうになりながら、必死に言葉を探していると、救いの手を差し伸べてきたのは他でもない彼自身だった。

「大丈夫だ。ほら、深呼吸な。深呼吸。」

肩を捕まれ、悲鳴を上げそうになるが必死にこらえて、深呼吸ってなんだったっけ、そうだ、ひっひっふー…ひっひ…あれ?

「自分のペースで話してくれ。急がなくて良い」

…そんな言葉で、改めて目の前の男の瞳を覗く

「あ、あぅ…」

口から情けない声が零れた。

自分でも顔が赤くなってきているのを感じる。

それも、初めとは違う理由で。

「な、なのです…」

時間稼ぎじゃなく、普通にお話をしてみたい。

なにか話すことはないだろうか。

必死で模索していると、彼は唐突に扉を開け…

「島風?俺は少し席を外すからー」

「あっ」

「あっ」

「あっ」

私達三人の声が重なる。

あぁ…終わった。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

汚い執務室だ。

電と暁が司令官の気を引いている内に、執務室に入って思ったのはそれだった。

机の上には大量の書類が所狭しと乱雑に置かれており、床だってボロボロ、椅子もギシギシ音を立てるような…言ってしまえば、汚部屋だった。

「私達にあちこち掃除をさせる前に自分の場所を掃除させるべきじゃないかしら…」

呟いてから、部屋の中に居た島風を手招きする。

「…?」

可哀想に。きっと助けが来るなんて思ってもいなかったのだろう。

首を傾げるとトコトコと島風は側によって来た

「…島風ちゃん、私よ。覚えてる?」

「…ぉぅ?雷…?」

どうやらお昼に一度話していたことは覚えていたようで、私は笑みを浮かべた。

「そう!雷よっ!助けに来たわ!」

「…??」

未だ首を傾げる少女。

とはいえあまりもたついてはいられない。

「話は後よ。今は兎に角ここからー」

「島風、俺は少し席を外すからー」

慌てて振り向くと、此方を見る男と目が合った。

 

目の前の男と島風の会話を聞く。

おかしな事に、会話の内容から察すると島風は彼の側に侍らされている所か、寧ろ彼は引き剥がそうとしており…

「やったー!!」

抱きつく島風。

彼女は本当に、本当に、自分の意思で彼の側に居ようとしているように思えた。

「ちょっ…島風ちゃん?!」

だが、抱きつくのは不味い。

駆逐艦が司令官に対してそんな事をするなど言語道断であり、私は次に起こるであろう光景を想像して、目を瞑る。

だが、私の予想とは裏腹に、男はそのまま島風をポンポンと撫でたあと、優しい声色で、優しい瞳で、私の頭をそっと撫でた。

「折角声をかけてくれたのにすまんな。」

何故私なんかにそんな声をかけるのだろう。

「島風のこと、これからも頼めるか?」

…その声で、私の何かが動いた気がした。

「…あ、あぇっ」

顔が自然と赤くなってしまい、慌てて片手で隠しながら、もう片手で手を動かす。

これからも頼めるか?という言葉が、ずっと頭のなかで反響していて、それを振り払うように手をブンブンと振った。

そんなことをしてる内に、彼はスッと手を離す。

「あっ…」

我ながら情けない声だ。

微妙に背後から刺々しい視線を感じ、そっと後ろを盗み見ると島風と電が此方をじっと睨んでいた。

いや、島風はともかく電は何でなのよ。

貴女あの一瞬で何があったの。

島風がいたずらっ子の様な笑みを浮かべ、塩だろうか?白い粉の入った瓶を持ち上げた。

「おい!!」

男は珍しく怒りの声を上げたが、島風は構ってもらえて嬉しいのだろう。

ご機嫌そうにくるくる回りながら、笑って言う

「晩御飯もこれにするつもりでしょ!」

待って、今あの子は何と言った?晩御飯も?

瓶に目が釘付けになる。

これが晩御飯?しかも、も、ということは昼もこれだったのではないだろうか。

お昼に食べたラーメンを思い出す。

私達があれを食べている中、彼はこの汚い執務室で一人、あんなものを食べていたのか?

「そっ…そんなんじゃダメよ!?!?」

…気がついてみれば、

私は自分を抑えることが出来なくなっていた。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

雷、と名乗るその少女は、島風の手から塩の小瓶を奪い取ると窓から思いっきり投げる。

「あ゛━━━━━━ ッ!!!!!」

窓から身を乗り出し、叫んだ。

俺の飯が。

俺の唯一の晩飯が。

当の本人はというと、腰に手を当てて、咎めるような瞳でこちらを見ていた。

「ご飯はきちんと食べないとダメよ!」

「くっ…そういうお前はきちんと食べたのか」

「食べたわ!…というかこの書類は…」

チラッと机の上に山ほど置かれた書類達を見る。

「…仕事だが。」

嫌な予感がした。

そしてそれはすぐに現実となる。

「私も手伝うわ!頼って良いのよ!!」

胸を反らす少女。

「い、電も手伝うのです!!」

すると張り合うかのように茶色い髪の毛を後ろで束ねた少女も声を出した。

おう…お前もか…。

「えっちょっ…」

慌てたような声を出す帽子を被った少女

「暁は部屋に戻っていて良いわ!」

「暁ちゃんは部屋に戻るのです!!」

「暁だって執務くらい出来るわ?!」

おい待て、何故張り合うんだお前も。

「島風が一番なんだよっ!だって速いもん!」

神様は心底俺の事が嫌いなんだろう。

上を見上げ、日頃信じてない神を呪った。

 

「出来たわ!司令官!!」

満面の笑みを浮かべ、紙を持ってくる雷。

「ありがとうな、助かるぞ。」

受け取り、頭を撫でたあと、ご機嫌そうに喉をならす雷の隙を見てそのまま引き出しへ直行させる。

俺が渡したのは白紙の紙、若しくは不必要な紙。

向かいの机の上では、まだその紙にクレヨンで何かを書く、暁と電の姿があった。

「で、出来たのです!」

次の紙を受け取り、スキップで戻る雷と入れ替わるようにして紙を持ってきたのは電。

白い紙に清々しいほど大きく、幼い文字で

"なのです"と書かれていた。

一文字ごとに別々の色が使われているな…まるで幼稚園の先生にでもなった気分だ。

「うん。凄いな、電。やるじゃないか。」

「なのです!!」

再び頭を撫で、隙を見て引き出しに入れた。

…娘ができたときの父親というのはこんな気分なのだろうか。

なんておっさん臭い事を考えながら、未だ涙目で必死に紙に文字を書く暁を見る。

「あ、暁だって出来るんだからぁ…」

因みに島風は速攻で五枚程書いたあと、

「…なんかつまんない」などとほざきやがり

某猫型ロボットアニメの少年も驚くほどの速度で寝たので部屋の隅に移動させ、俺の上着をかけている

「…ぐすっ」

あぁ糞。泣くな泣くな。

立ち上がって暁の紙を覗き込んだ。

「…ほう。」

雷、電、暁、もう一人はわからないが、兎に角そのような、四人の何かの絵が書かれていた。

「し、司令官…!」

「…遅くても良い。その分お前の絵には心がこもってるんだから。…良い絵じゃないか。」

「あ、ありがと…ござ…ます…」

片言でお礼を言ってくる暁。

「司令官!これはどうかしら!」

「雷も本当にありがとな。凄く助かるぞ」

何故か慌てるように持ってくる雷の頭を撫でる。

「あ、できた…」

その時、後ろで暁が心底嬉しそうな声で呟いた。

「…できたか?」

「はっ…はい!」

完成した絵を受け取り、親指を立てる。

「流石は一番艦だな。相応しく素晴らしい絵だ」

「…!」

目を輝かせる暁に、そっと絵を渡す。

「…え、」

「これは受けとれん。」

再び泣きそうな顔をした暁を手で制すと、スーツケースから金色の額縁を取り出した。

「…うん、これで良いか。」

額縁に絵を入れ、見せる。

「…別のが良いか?なんか…ダサいな額縁が」

誰だよこれを買って来た奴は。…俺か。

「…司令官…?」

「これはお前達の部屋に飾るべきだろ?」

帽子の上から頭を撫で、額縁付きの絵を返した

お世辞抜きで、皆に対する愛情が沢山染み込んだ、とても良い絵だ。

椅子に座り執務を再開すると、暁は放心したかのように此方を、雷電は頬を膨らませるようにして此方を見つめてくる。

…執務が進まねぇ!誰か助けてくれ…!!

そんな俺の心の叫びが誰かに届くことはなかった

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「…このメッセージを聞いている方へ」

暗い部屋で、大淀の声が響く。

ある女性が握りしめたその録音機から、

淡々とした声が流れていた。

「これを聞いている人が、提督様、若しくは各艦種代表者であることを願います…その他の人でも良い。どうか、このメッセージを聞いた人は、より多くの人に伝えてください」

「…恐らく、あの妖精は私達の知る妖精ではありません。理由は沢山ありますが…今は割愛させていただきます。兎に角私は、一度妖精さんの元に、話を伺いに行きます。これはあくまで私の推測なので。それでもし、私の身に何かあったら…あったから、このメッセージを貴女が聞いているのでしょうけど。兎に角、貴女が、鎮守府の危機をより沢山の人に伝えてください。」

ザザ、とノイズがはしり、場面が切り替わる

「貴女は…"何者ですか"?」

「ようせいさんです」

「…言い方を変えましょう。

…"何を企んでいるんですか"?」

「…」

「私は知っています。妖精は…」

光の差さない暗い部屋で、彼女は黙ったまま音声を聞いていた。

「これから"消す"からー、なにはなしてもかんけいないよー?」

録音機から出る音はそこでブツリと途切れる。

その女性は録音機を握りしめ、笑いながら呟いた

「…ほう。成る程な。」




今回も読んでくださって本当に本当にありがとうございます…っ!!
だんだん一話毎の文字数の増減が落ち着いてきたものの、やはり艦娘視点って難しいですよね…
本当これを上手くかける人って凄いなぁって…!!!
さてさて、この前消されてしまった大淀さんですが、只でやられた訳ではございませんでした!
提督が執務室で幼女とてんやわんやしている中、暗い部屋で一人、大淀の残した録音音声を聞く艦娘!
彼女の正体はいったい誰なのでしょうか!
また、彼女はこれからどうするのでしょうか!

どうかこれからも!彼等の行く末を暖かく見守っていただけると嬉しいです…!!

追記
誤字を修正させて頂きました…!
本当に本当にありがとうございます…っ!!

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。