ひねくれ提督の鎮守府建て直し計画   作:鹿倉 零

44 / 57
道化の戦い方

【side. 】

 

「…そこまでだ。」

…そんな声が聞こえた気がした。

島風も漣も、驚愕から目を見開く。

「この馬鹿共が…

…いや、今回馬鹿だったのは俺、だな。」

二人の無線から同時に、よく知る男の声がした。

 

「まさか…ッ!!」

島風を睨み付ける漣だが、

その島風すら驚き、慌てたような態度を取る。

次に無線機から流れるのは、

拙く幼い、妖精の声。

「まったく…わたしがまけをみとめたのですから

むだにはしてほしくないものです。

かってにむせんをつなげさせていただきました

…もちろんもんくなんてありませんよね?」

「タ、タマちゃん…?!」

島風の声が、静かな海にやけに響いた。

「ほかでもないあなたが"そう"なって、

いったいどうするというのですか。

あなたがえらんだんです。

"ゆるす"というせんたくを。

けわしくくるしいいばらのみちを。

ならば、それがどれだけつらくても、

どれだけがまんならなくても。

いまさらまげることなんて、

ほかでもないわたしがゆるしません。」

その"声"で、少しずつ島風の瞳に光が灯る。

「あと、ていとくさんがごりっぷくですよ」

「えっ」

「島風…後で話がある…」

「ご…ごめんなさいっ!?」

「駄目だ。頭を冷やしてやるからな。」

「うぅ…」

項垂れる島風。

「とはいえ…それは俺にも言えることか。

…玲の奴に言われた通りだな…笑えねぇ。」

「………」

先程から声すら出ない漣に、

提督はようやく声をかけた。

「…悪かった。漣。…辛い思いをさせたな。」

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「………何を」

「お前の思いを知らなかった俺が悪い。

本当に申し訳なかった。」

「…………。」

「全てお前の言うとおりだよ。

否定する気にもなれん。

俺は糞野郎だし、好かれる権利も無い。

ましてお前らに好いて貰おうなど思わん。

嫌いなら嫌いで良い。憎んでくれても良い。」

「だから…私は…っ!」

「だが、お前がそう思ってなくても、

…お前は俺の艦だよ。漣。」

目から涙が溢れる。

「違うんです…私は…」

ただ、自分を見て欲しかっただけ。

ただ、あの輪に入れて欲しかっただけ。

「…私は…っ!」

声は続かない。

耳を塞ぎたくなるような爆音。

漣の視界の端で、

文字通り空を飛ぶ島風の姿が映った。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

異様なほどの滞空時間を経て、

島風は海面に叩き付けられる。

「何が…?!」

漣が慌てて周囲を見渡すと、

此方に砲を構えている深海棲艦が居た。

「…っ?!」

「おい、どうした!?」

無線機から大きな声がする。

「…深海棲艦!!」

「恐らく軽巡ホ級です。

一匹だけのようですが…」

返答はない。

訝しげに思い、無線の音声をあげると、

とても小さな声が聞こえていた。

「深海棲艦…深海棲艦か…そうか…

ようやく…俺は…ここまで…」

「…あの?」

漣の声で正気に返ったのか、

提督からの無線が入る。

「おそらく撃ち漏らしだろう。

トドメを刺してやれ。」

その指示を聞き、島風は立ち上がる。

「島風、やれるな?」

「…やれます!」

「漣。お前にも頼みたいことがある。」

「…はい」

満身創痍の島風、暗い表情の漣。

まるで開始の合図のように、

深海棲艦が再び砲撃を行った。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

島風がその速度で以て敵を翻弄し、

その隙を見て漣が魚雷や砲撃を放つ。

だが、問題となるのは、

両者、"相手に合わせようとしない"ことだ。

「ちょっ…」

「…!!」

島風は長波との演習でも、妖精との戦いでも、

"他人に合わせる"という動きをしなかった。

その為、戦闘中に相手の動きだけでなく、

味方の動きを確認し、

随時合わせるということが出来ない。

長波は以前の島風の戦い方を知っていた。

細かな動きなどは違うものの、

限界や得意な動きなどは知り尽くしている。

そして響も、持ち前の観察眼でなんとか

島風の動きに合わせていただけなのだ。

だが、漣は違う。

「もう少し合わせてくださいよ!」

「だって遅いもん!」

連携とは、本来お互いが合わせて行うものだ。

一方的な、悪く言えば独り善がりな戦い方をする艦娘など、駆逐艦には居ない。

居たとしても、協調が出来なくては沈むだけだ

だから彼女にとって、

島風のその動きは"異物"そのものであり、

到底認められるものではなかった。

「このっ…!」

対する軽巡は、手負いの為、動きが鈍い。

…だが、手負いな故に、動きは慎重であった。

それが島風を焦らせ、漣を苛立たせる。

はっきり言って、彼女らの連携は最悪だ。

「…!!」

だから、それが訪れるのも早かった。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

漣の艤装から、カチリ、という音がする。

「弾切れ…?!」

「…漣、もういい。一度戻れ。」

魚雷という牙を失った漣は、

砲撃を行いながら少しずつ戦線から離脱していく

「島風、頼むぞ!」

「はいっ!」

時間を稼ぐ島風だが、

深海棲艦がその隙を見逃す筈がなかった。

今までの慎重且つ堅実な立ち回りから一転、

素早く、攻撃も意に介さず漣に突起するその姿は

まさに文字通りの"特攻"。

「…っ?!」

弱った相手に致命的な損害を与えるため、

自身の被害すら考えずに、沈むのを意に介さず、

ただ突撃する相手の動きを、

島風は予測できなかった。

何故ならそれは、人ではなく。

最早、兵器としての動きだから。

「…漣ちゃん!!!」

島風の大きな声がする。

深海棲艦の顔が嫌らしく歪んだ気がした。

…だが、

「…かかったな。"本命"はこっちだ。」

「…決めて!!!」

二人の声が重なる。

漣はゆっくりと頷き、油断たっぷりの相手に、

魚雷という名の牙を突き立てた。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

声を上げて沈む軽巡を見ながら、

漣は肩で息をする。

「…っはぁ…」

「両者良くやった。

周囲に気を配りながら戻ってこい。」

ぶつりと途切れる無線を確認してから、

漣は島風に問いかけた。

「…何処から知っていたんですか」

提督から頼まれていたことは二点。

島風にはあまり合わせないこと。

そしてー

「魚雷がなくなったフリをしろ。

絶対に敵は突っ込んでくる筈だ。」

「深海棲艦に知性などありません。

それに、私に敵を騙せと?」

「欺くのがお前の戦い方だろ?」

だから彼女は騙していたのだ。

島風も、深海棲艦も。

「…別に知ってたわけじゃないよ。

ただ、提督が魚雷の弾数がなくなったときに

あまりにも慌ててなかったから。」

自分じゃなく、あの人を見ていたのかと

漣は納得すると同時に、少し顔をしかめた。

「それより…」

「…?」

「合わせられなくてごめんなさい」

島風の言葉に、顔をあげる漣。

「…手遅れになってたら、危なかったから」

あぁ、本当に。

この艦は嫌いだと漣はため息をつく。

「…私もすみませんでした」

「……え?」

「…謝らないとですね。」

ふいっとそっぽを向いたまま、

ぶっきらぼうに呟く漣。

…彼女と向き合っていれば、

汚い自分が浮き彫りになり、本当に惨めになる。

だが、目を反らし、ずっと甘んじているのは、

…今日限りで卒業だ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「提督ーっ!!!」

「怒ってる奴に飛び付いて来んな?!」

鎮守府に近付くにつれ、島風の速度が上がり、

堤防に立つ提督の姿を認めたときには、

最早全力疾走で彼の元へと飛びかかっていた。

「んー…」

スリスリと顔を擦る島風。

ため息をつきながら彼女を撫でる提督を見て、

私はまた少しだけ表情を曇らせた。

が、今度はいつもとは違う。

「ほれ、漣も。お疲れさん。」

「あっ…」

ぐいっと手を引かれ、頭を撫でられる。

暫く撫でたあと、提督が心配そうに顔を覗く

「…え、なにその嫌そうな顔。」

「いや、別に嫌じゃないですけど」

「めっちゃ嫌そうなんだけど」

「はぁ…?」

声をあげ、ため息をつく。

「何回も言わせないでください

…嫌じゃ、ないです」

「そうかよ。」

グリグリと頭に力が込められる。

私は提督に気付かれないよう、少しだけ微笑んだ

 

この翌日、提督は鎮守府から姿を消すことになる


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。