継ぎ接ぎだらけの中立区   作:緋寺

11 / 138
理解者

深海双子棲姫、シロとクロが目を覚ました午後。今回の来客は明日の午前中から来るということで、その準備に勤しんだ。準備と言ってもある程度工廠なり談話室を片付ける程度。日頃の雷の家事のおかげで、皆で手分けしてちょっと入念に掃除をするくらいで済んだ。

私、若葉も当然その掃除に参加。朝のランニングが頓挫した分を取り戻すように、掃除で体力を使うことに。

 

シロとクロは丸一日は安静にするという話だったが、怪我の後遺症もなくあまりにも健康体だったため、医務室での軟禁期間を短縮し、掃除終了後にこちらも終了。今後は医務室ではなく、私達と同様に私室を与えられることになる。

2人は常に一緒にいたいらしく、部屋は1つでいいと志願。飛鳥医師もそれを了承した。深海双子棲姫が()()()()()()であることは今までの言動である程度わかる。それをわざわざ離す必要もない。

 

「あとは服だが……回復が早すぎて間に合ってないぞ。それに、深海棲艦の服だなんて手に入れようがない」

 

検査着のままで生活してもらうのは流石にまずい。とはいえ、何も着ないわけにはいかない。ここに運び込んだ時に着ていたものは、処置の際に廃棄している。そもそも怪我のせいで破損しており、着れたものではなかったし。

 

「なんでもいいよ」

「……」

 

2人とも興味なさげ。だがそれだといろいろと面倒事が増える。ただでさえ明日には来客があるのに、この格好のまま客前に出てもらうわけにはいかない。

すぐに渡せそうなのは、私や雷の運動着だろう。体格的には私や雷が丁度いいくらいであり、これなら制服より替えが利く。枚数も多い。

 

ということで着替えてもらった。私と雷のものでもサイズが丁度いいくらい。心機一転といった感じで、興味なさげだった2人も初めての服には少し高揚していた。

 

「こう見ると、本当に深海棲艦には見えないわ」

「な。頭にフィンみたいなもんが付いてるくらいで、あたしらと同じじゃねぇか」

 

おそらく、頭に付いたフィンのようなものは、深海棲艦特有の『角』ではないかと飛鳥医師が予想している。処置中にいろいろと調査し、しっかりと頭に食い込んでいたのだとか。とはいえそんなところはもう気にならない。

 

 

 

そして翌日。朝食後に施設に到着するということで、ほんの少し慌ただしい朝。提督という役職を持つ人間がやってくるというのは、それだけでも緊張するのだが、ただでさえ苦手な人種なので余計に悪化している。

今から来る提督は、私の知っている唯一の提督とは別人。飛鳥医師以外にも、雷や摩耶の反応からして、私にしたようなことはしないような人間だ。それに、あの文月達を束ねる鎮守府の長なのだから、尚のこと信用できるはず。

 

「ワカバ、なんか震えてるねぇ」

「……人間……嫌い?」

「武者震いだ。何でもない」

 

相変わらず見透かすようなシロの発言にドキリとするが、真意は隠して来客を待つ。

流石に深海棲艦を匿っているということはまだ伝わっていないため、今は部屋に行ってもらうことにした。穏便に事を済ませるために我慢してもらう。

 

少しすると、海の向こうに影が見えた。あれは以前にも見た大発動艇。今回は鋼材を持って帰るわけではないので、1隻だけがこちらに向かっている。あれに件の来栖提督が乗っているのだろうか。

大発動艇の横、艦娘が4人。以前にも会った第二二駆逐隊の4人だ。ここに来るのはもうその4人と決まっているのかもしれない。遠目にも文月と皐月がこちらに手を振っているのがわかる。こちらからも手を振り返した。

 

「若葉、来栖は少し()()な奴なんだ。それだけは気に留めておいてほしい」

「アレとは」

「アレだ」

 

意味がわからないが、忠告が必要な人間なようなので、肝に銘じておく。

 

「少しぶりぃ〜」

「ああ」

 

まず文月が工廠に到着。その後、皐月、水無月と工廠に上がる。最後に長月が大発動艇に乗り込み、中にいるものを引っ張り出した。まず私の知らない人間であることに安心した。

 

「ついたぞ司令官。まさかまた酔ったとか言わないだろうな」

「大丈夫! 大丈夫だぞォ! 飛鳥に酔い止めとか事前に貰ってるからなァ!」

 

やたらめったら大きな男の声が響いた。と同時に大発動艇から知らない男が工廠に下りる。この人が件の来栖提督なのだろうが、その姿を見たとき、飛鳥医師が言っていた()()の意味がわかった。

来栖提督は飛鳥医師よりも大きく、聞いていた通りガタイのいい男だった。それだけなら良かったのだが、浅黒い肌にスキンヘッド、そしてサングラス。殺し屋と言われても疑問を抱かない。本来着ているであろう軍服も肩からかけるだけと、正直提督という役職には全く見えない。

 

「来栖、お前相変わらずだな」

「そういうお前もな飛鳥ァ。ちゃんと食ってんのかァ?」

「当然だ。食は健康の土台だ」

 

旧友というだけあり、面と向かった瞬間から雰囲気が明るい。軽く拳をぶつけ合った後、私の方にのっしのっしとやってくる。

 

「言ってた若葉だ」

「おおッ、この子がその若葉かァ!」

 

シロの時よりも恐怖心が先立った。近くに来ると、その大きさが痛いほどわかる。迫力が凄まじい。深海棲艦よりも恐ろしい。

 

「わ、若葉だ」

「俺ァ知っての通り来栖ってモンだ。階級は大佐、こいつらの頭張らせてもらってる。よろしくなァ!」

 

ガッチリ握手され、腕をブンブン振られる。サングラス越しだが、笑顔が眩しい。それが逆に怖い。

 

「しれーかーん、若葉ちゃん、驚いちゃってるよぉ」

「スマンスマン、新人にテンション上がっちまった。俺ァ初対面の艦娘に泣かれることがよくあるんだ。文月にも初対面の時にワンワン泣かれてなァ」

「しれーかん! 余計なこと言っちゃダメだよぉ!」

 

気さくな人間であることは理解した。この人は見た目で完全に損している人だ。せめてサングラスくらい外せばいいと思う。

 

「おーっす、来栖提督、元気そうで何よりだぜ」

「いつ見ても元気ね!」

「摩耶ァ、雷ィ、お前らも元気そうだなァ!」

 

摩耶とはハイタッチするも、痛そうに手を押さえていた。男の力とかそういう問題ではなく、来栖提督は力加減があまり出来ない人なのかも。それを知ってか、雷はハイタッチじゃなく軽めの握手で挨拶。

 

「ここの住人が増えたって聞いたからな、一応見に来させてもらった。何でも、今までで一番重傷だったんだってェ?」

「ああ、でもこの通りだ。命を救うことが出来た」

「流石だなァ」

 

バンバン背中を叩かれ、飛鳥医師も痛そうに小突いている。あんな飛鳥医師を見るのは初めてだ。友人の前ではあんな一面も見せるのか。

今回のメインは私という存在である。来栖提督にジロジロ見られた挙句、ニッカリ笑ってサムズアップ。

 

「五体満足、何処も悪いとこは無ェな。いいことだ。ここに来ちまった理由は聞かんが、死ぬより生きている方がいい」

「ああ、若葉もそう思う」

「拾った命は大事にしろよォ。ヌハハハッ!」

 

豪快に笑い飛ばした。飛鳥医師と信念が同じところにある、と言っていたが、こういうところかもしれない。死より生、どういう状況であれ、生きていれば報われる。来栖提督もその信念の下、鎮守府運営をしているらしい。

 

「若葉ちゃん、元気だった〜?」

「ああ」

 

前回の最後と同じようにハグされた。また会おうと別れて、また会えたことが一番嬉しい。生死の境界を渡り歩く艦娘には、これだけでも大きな喜びになる。

第二二駆逐隊は誰も怪我することなく過ごせていたようだ。ここ最近は遠征もそこそこだったらしく、のんびりとした毎日らしい。

 

「あの後から、若葉もトレーニングを始めたんだ」

「ほほう、それはいいことだ。かく言う私もトレーニングは欠かしていない。鍛えるのは楽しいからな」

 

長月とは気が合いそうだ。鍛えて身体を痛めつけると、成長していることが実感できて悪くない。無理しすぎると飛鳥医師から叱責を受けそうなので程々にしているが。

 

「ところでよォ飛鳥。お前、なんか隠してるだろ」

「隠してるとは?」

「拾ったの、若葉だけじゃないんじゃないかァ?」

 

他にも人が増えていると勘付いている。一度も姿を見せておらず、工廠からは真反対な私室にいてもらっているにもかかわらずに。洞察力とかそういうものではなく、直感だけでそれに勘付いたのか。

 

「お前本当に勘いいな」

「これくらいでないと提督なんて出来ねェよ。俺の前には出しづらいのか?」

「お前だけじゃない。誰に対しても出しづらいんだ。でも隠せそうにないな。雷、呼んできてくれ」

 

諦めたように雷に指示した。雷も苦笑しながら2人を呼びに向かう。

 

やってきた2人を見て、来栖提督も第二二駆逐隊も目を見開いて驚いた。何せ、今まで戦ってきた深海棲艦が目の前にいるのだ。2人が非武装とはいえ警戒態勢に。

提督をここに連れてくるという任務のため、全員しっかり武装している。敵が非武装でも、いざという時は撃つということだろう。

 

「お前、マジか」

「大マジだ。漂着している2人を発見し、治療した。艦娘と同じ要領で治療出来ることを確認している」

 

緊張感が高まる中、2人をマジマジと見つめる。サングラスをしているためにどんな目で見つめているかはわからないが、敵か味方か吟味しているように見えた。

直感だけで2人の存在を言い当てた人だ。敵意の有無も直感で嗅ぎ分けそうである。2人は少なくとも、私達に対して敵対する仕草は一度も見せたことはない。来栖提督のお眼鏡に叶うといいのだが。

 

「……双子棲姫かい。そういやァ、最近近場で目撃情報が出てたなァ」

「そうだったのか。で、それはどうなった?」

「俺んトコには別の鎮守府が討伐したっつってたぜェ。まさか生きてるたァ思わなかった」

 

シロとクロに近付く来栖提督。こんな状況でも敵対心を一切持っていないクロ。それに対して、警戒心が強いシロ。見知らぬ人間相手ではいつものぼんやりした雰囲気も何処かに行ってしまっている。ただでさえ威圧的な外見なので、余計に警戒心を強めてしまった。

 

「飛鳥よォ、いつかやるんじゃないかと思ってたぜェ。前から言ってたもんなァ。怪我人は深海棲艦でも救ってやるって」

「ああ。有言実行だ」

 

得意げな飛鳥医師。

 

「お前も、犠牲を出さないように戦えてるらしいじゃないか」

「当たり前だろォ。艦娘だって生体兵器かもしれねェが人間と同じだ。死んでいい奴なんていねェよ。深海棲艦だってそうだ。戦いたくねェなら死ぬ必要は無ェ」

 

来栖提督が2人の前でしゃがみ込むと、クロの頭を撫でた。元々一切警戒していなかったクロだが、笑顔を見せるように。第二二駆逐隊も警戒態勢を解いた。

 

飛鳥医師が来栖提督のことを『知る限りでは真の英雄』と言った意味がわかった気がする。この人は、豪快だが人一倍命の尊さを知っている。この勝てるかどうかもわからない戦いの中で、勝利より命を尊ぶ精神を持てていることが素晴らしい。

私の知る最低な提督に、爪の垢を煎じて飲ませてやりたいくらいである。

 

「俺ァ、戦いたい奴だけが戦えばいいと思ってんだ。お前さん達みたいなのは、深海棲艦でも保護すりゃいいと思ってる。無駄な殺し合いなんてしてる場合じゃあ無ェからな」

「オッチャン、話がわかる人だね!」

 

まさかのオッチャン呼ばわりである。飛鳥医師含めて、皆が一斉に吹き出した。

 

「黒いの、俺ァこれでも結構若いんだ。飛鳥と同い年なんだぜェ?」

「そうなの? 見えないなぁ。ねぇ姉貴?」

「……………………うん」

 

たっぷり間が空いた後に肯定してしまった。もう皐月や水無月に至ってはゲラゲラ笑ってしまっている。

 

「こればっかりは諦めろ」

「いやなァ、飛鳥は若く見えるから仕方ねェんだよ。で、俺ァ老け顔なんだ。こいつと並ぶとどうもこういう損な役回りになっちまう」

 

などと飛鳥医師に言い返すも、全く嫌そうにはしていない。自分がどういう役回りかを察して、この空気を和ませるように努めている。

さすが提督だと素直に感じた。艦娘の感情の機微に敏感で、いち早く察知し、その場で最善な行動を取る。さらにそれは全てが本心。疑いようのないほどにいい人。本当に外見で損をしている。

 

「来栖、この施設に一番近い鎮守府はお前のところだろ。それなら、深海双子棲姫の艤装が流されているのを見たことがないか?」

「無ェなァ。ここに来るまでにも何も見なかったぜェ」

 

その言葉に少し落ち込むクロ。

 

「何か見つけたら連絡する。潜水艦に周辺調査でもしてもらうさァ」

「ああ、頼んだ」

 

察した来栖提督がすかさずフォロー。こういうところも流石としか言いようがない。

 

 

 

たったこれだけしか話せていないが、それでも来栖提督が良き理解者であることがよくわかった。

飛鳥医師と旧友だから見逃してくれているとかではない。この人は飛鳥医師が間違った事をしているのなら、それを正すために尽力してくれるような人だ。

 

この人なら信用出来る。これからもいい付き合いをしていきたい。

 




来栖提督の外見イメージは色黒な伊集院隼人、つまりは海坊主。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。