慟哭   作:saijya

3 / 11
第3話

一瞬、きょとん、とした男は、数秒後、合点がいったとばかりに、ああ、吐息のように吐き出す。そして、怪訝そうに尋ねた。

 

「それってさ、僕に殺されない為の方便じゃないよね?もし、そうだとしたら、すごく、ものすごーーく、心外なんだけど」

 

リーダーは必死の形相で首を縦に振る。それでも、男は訝しそうに喉の奥で唸るだけだ。

 

「だとしたら、判断が難しいなぁ……なにか、こう、僕が信用できるようなことはないかなぁ……」

 

こうも悠長に構えられていたら、遅かれ早かれ、どちらかに殺されてしまう。そこで、焦燥に駆られたリーダーは、舌を出し勢いよく自ら口を閉じた。数万個の味蕾を歯で磨り潰すのは、頭のなかにまで、鋭い針を幾度も刺されるような激痛が走っているみたいだった。鉄の味が口内を占めていき、溢れてくる血をどうにか逃がしながら言葉を繋げる。

 

「これが……忠誠の、友好の証しになるかは……貴方の考えに任せる……だから……どうか……この手をとってくれないか……」

 

リーダーが差し出した右手が包まれ、男が顔の位置を合わせた。顔面が浅黒くなり始めていたので、表情は読み取りにくくなっていたが、声の調子が弾んでいる。

 

「そうかぁ、嬉しいよ。僕に賛同する人がいてさ。どうだい?痛みは生きる素晴らしさを与えてくれているだろう?いま、君は生きているって実感できるだろう?えっと……ごめん、名前は?」

 

「早坂だ……早坂健太……」

 

共通の趣味を見付けたような明るい口調のまま、男が頷いて言った。

 

「早坂君か、僕は真田広明、これからよろしくね。それじゃあ、まずは、彼等をどうにかしようか」

 

校舎から悲鳴が木霊した。どうやら、生きる屍の大群は進行を広げているようだ。

真田と名乗った男は、立ち上がるやいなや、死者に歩み寄り、自然な手付きで額を貫き前蹴りを打ち込んだ。後続を巻き込んで倒れた死者を確認するよりも早く、二人目のこめかみに刃を沈める。大きな骨は折れてないとはいえ、こうも変わらずに動けるなど、常識的にあり得ない。生きる為に述べた早坂は、とんでもない男に捕まってしまったのだと自覚した。

早坂の口から落ち、地面に広がった朱色は、自身が吐いた言葉とともに、どれだけ月日が過ぎても残り続けるのだろう。それまで正気を保つことができるのだろうか。

生と死の間に存在する痛みを求める真田広明、生と死の狭間を生き抜いた九州地方感染事件の生存者達、この両者が出会うのは、これから四年後、世界が崩壊してから、七年後のことだった。




とあるネット小説にハマってしまった……
次回より、第1部に入ります

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。