川崎大志の初恋の人がブラコンだった件   作:狩る雄

3 / 17
第3話 お義兄さんとの邂逅、そして依頼

ショッピングモールのカフェの1つにいる。才色兼備な雪ノ下さん、派手な茶髪女子の由比ヶ浜さん、男の娘の戸塚さん、あどけない笑顔が可愛い比企谷さん、絶世の美少女が揃っている場所に、腐った目のイケメン、平凡な容姿の中学男子。

 

俺の場違い感、すごいね。

 

 

「それでは。本日はよろしくお願いします、お兄さん。」

「お前にお兄さんと呼ばれる筋合いはねぇ!」

「何を喚いているのよ。」

 

初対面で威嚇された。

雪ノ下さんは大きな溜息をついた。

 

「でも。比企谷さんと呼ぶと、どちらか区別がつかなくなるじゃないですか。」

「なら。俺のことを呼び捨てしろ。決して小町を小町と呼ぶな。」

「はい。八幡先輩。」

「せんぱい……おれが先パイ……?」

 

一度も呼ばれたことがなかったんだな。

そして比企谷さんが、兄の肩をぐいっと引き寄せた。

 

 

お兄ちゃん!ようやく小町のこと小町って呼んでくれると思ったのに!

待て、小町。それはお兄ちゃんだけの特権でな。

 

なるほど。

 

ブラコンに対して、シスコンだったか。

勝ち目ないじゃん。

 

 

「この小悪党が怖がらせてしまって申し訳ないわね。」

「いえ。はい、大丈夫です。」

 

素の顔で、小悪党って雪ノ下さんが呼ぶ。

遠慮というものを知らないらしい。

 

それにしても、由比ヶ浜さんが気まずそうなのはなぜか。

 

「そうそう。このマッ缶は、お近づきのしるしに。」

「あ、ありがとう……俺って、後輩からのプレゼントなんて初めてなんだよ……」

「ヒッキー泣いてるし!?」

 

「はっ!くっ!こいつの甘さに油断した。こいつコミュ力たけーな、おい!!」

 

こうやって、義理の兄のポイント稼ぎをだな。

いや、むしろさらに睨まれたけれど。

 

 

「さて。そろそろ本題に入りましょうか。」

「はい。まず、自分の姉の名前は川崎沙希と言います。」

 

反応を見せたのは、雪ノ下さん以外というところか。

 

「あー川崎さんのこと? ちょっと不良っぽいというか少し怖い系というか。」

「ん?お前、友達じゃないの?」

「友達、ではないかなー?」

 

というか女の子にそういうこと聞かないでよね、って発言を続ける。見た目通り広い交友関係を持つらしい由比ヶ浜さんですら、姉とはあまり関わりがないらしい。

 

もしかしてうちの姉って、ボッチ?

 

「僕も、川崎さんが誰かと話しているのを見たことがないなぁ。」

 

ボッチなんだな。

 

「お姉さんが不良化したのはいつから?」

「帰りが遅くなったのは高2からですね。まあ、1年前に俺が事故に遭った時くらいから、少しずつ。」

「ん?お前も交通事故に遭ったのか?」

 

はわわ、と動揺している由比ヶ浜さんは交通事故の話は禁句か?

 

 

「はい。比企谷さんから聞きましたけど、八幡先輩もそうらしいですね。」

「まあ、過ぎたことだ。」

 

呆気からんと話す彼は、もう気にしてはいないらしい。

 

 

「んで。それが理由なのか?」

「確証はありません。時期で言えば、中学高校のギャップやクラス替えの影響もあてはまります。」

 

中1ギャップの方が悩みを抱える生徒の数は多いだろうが、高校入学直後も多いことは確かだ。学年が変わる際のクラス替えについても良くも悪くも影響を及ぼすものである。

 

ところで。比企谷さんとは今年も同じクラスでよかったなーって思う。

 

「つまり、比企谷君と同じクラス...確かF組になったことにも原因の可能性があるわけね。」

「なんで俺が原因みたいな言い方なんだよ。」

「そんなことは言っていないわ。被害妄想が過ぎるんじゃないかしら。」

 

比企谷先輩と雪ノ下さんは『言葉遊び』が好きなようで。

 

「でもさ、帰りが遅いって何時くらい?あたしも遅い時あるし、友達ん家泊まるときもあるし。」

「……午前5時。しかも香水の香りがしてて。」

 

由比ヶ浜さんや比企谷先輩が目をぱちくりする。

2人も、思春期の女子男子ということだ。

 

比企谷さんや戸塚さんはピンと来ていないらしい。対して、雪ノ下さんは達観しているらしい。

 

「えっと、大志君のご両親は何も言わないの?」

 

戸塚さんから質問される。

 

「両親は共働きなので。また、父は単身赴任をしています。」

「「たんしんふにん?」」

「こいつの父ちゃんだけが別のところに住んで、働くことだよ。異動や転勤が多い会社にありがちなことだな。」

「家庭の事情ということね……」

 

首を傾げた比企谷さんや由比ヶ浜さんに、八幡先輩が説明する。今度は雪ノ下さんが暗い表情を見せたし、さっきの由比ヶ浜さんといい、悩みを解決すべき奉仕部員が悩んだままじゃないか。

 

「雪ノ下……」

「何かしら?」

「いや、なんでもない。」

 

まあ、初対面の俺には話してくれないだろう。

俺も隠し事をしていることもある。

 

 

「付け加えて。昨夜に電話がかかってきたんです。」

「ほう?」

「どこから?」

 

料理を作った姉さんが、慌ただしく出ていった後だ。

 

「声が聞き取りにくく、店名に『エンジェル』というフレーズがありました。ちなみに俺もやばい店の可能性を考えましたが、検索した限りの2つの候補には当てはまりません。」

「ん。ああ、そうなんだな。」

 

首の裏を掻くあたり、思春期男子ならまずはそこに行きつく。

 

 

「電話番号については?」

「残念ながら、携帯電話でした。そして相手もかけ間違ったのだと伝えてきました。」

 

顎に手を当てて、話を整理し始めた。

由比ヶ浜先輩もうーんうーんと腕を組んで考えている。

 

 

「ありがとう。こちらが求めている情報をよく簡潔にまとめてくれたわ。」

「いえ。依頼人として協力は惜しみません。」

「謙遜しなくていいわ。もし可能ならば、この男とトレードしたいくらいよ。」

「おっと!雪ノ下さんと言えど、うちの生徒会役員は渡せませんよっ!」

 

いつも通り八幡先輩が反論するのかと思えば、比企谷さんが先を越す。だからってその威嚇を俺に対して行うということは、お義兄さんポイントマイナスに達している証拠なのだろうか。

 

 

「さて。朝方まで働いているという状況はあまりよろしくないわね。」

「たぶん、やめさせてもまた違う店で働くよね?」

 

由比ヶ浜さんの言う通り、姉さんは強情だ。

 

「うんうん。ハブとマングースってやつですね。」

「……いたちごっこと言いたいのかしら。」

 

たまにちょっと抜けている発言、天然あざとい!それある!

 

「まあ、ニュアンスは伝わりますよ。」

「大志君はわかってくれたよ!お兄ちゃん!」

「……そだね。」

 

ぷいっと、八幡先輩が顔を逸らす。

 

「解決策なのだけれど。対症療法と根本治療、どちらも並行してやるしかないということね。」

 

理由を理解して、対処方法を共に考え、姉さんを変える。

 

「俺たち家族のことなんですけどね。これ以上踏み込めば、さらに反発されそうで。」

「というか、俺たちが何かするつもりなのか?」

「いいじゃない。川崎沙希さんは総武高生であって、まして相談内容は彼女自身のこと。これも奉仕部の仕事の範疇だと思うのだけれど。」

 

これは俺にとっても賭けである。この依頼を通してボッチ脱却をしてほしいという欲も含む。俺やけーちゃん、ひいては父母のためにと、自分の人生をおろそかにする姉さんをこれ以上見てはいられない。

 

もし上手くいかないときは、俺を犠牲にしてもいい。

 

「まあ、小町の頼みだ。手伝ってやる。」

「ありがとうございます。なにか進展があればこちらからも連絡します。連絡先を交換しておきたいのですが。」

「ん。ほれ。」

 

苦笑いが零れる。

連絡先交換で、携帯を手渡された経験は今までないな。

 

「ヒッキー、友達紹介知らないの?」

「前提として。俺には友達がいないからな。それなに?」

「私が大志君を紹介するってことだよ、お兄ちゃん。」

「は? 親父と共闘して門前払いするんだけど。」

 

今のままだと、俺って門前払いされるのかよ。

 

「そうじゃなくてさ。アカウントを誰かに教えることが簡単にできるってことだよ。」

「待て。まさか小町の連絡先をこいつは知っているのか? 危険だ。おい、消せ。」

「個人情報が安易に広まるということじゃない。由比ヶ浜さんも今すぐ私のアドレスを消しなさい。」

「えー、やだよー!?というか、ゆきのんってラインやってないからEメールじゃん!ぶっちゃけ遅れてるよ!」

 

和気藹々としているなと思いつつ、苦笑いしている戸塚さんと連絡先を交換した。まじでこの先輩って女の子にしか見えねぇな。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。